富久町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 新宿区 > 富久町
富久町
—  町丁  —
成女学園中学校・成女高等学校
富久町の位置(東京23区内)
富久町
富久町
富久町の位置
座標: 北緯35度41分40.32秒 東経139度42分52.23秒 / 北緯35.6945333度 東経139.7145083度 / 35.6945333; 139.7145083
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Shinjuku, Tokyo.svg 新宿区
地域 牛込地域
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 7,200人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 162-0067[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬

富久町(とみひさちょう)は、東京都新宿区町名住居表示実施済み。丁番の設定がない単独町名である。郵便番号は162-0067[2]

地理[編集]

東京都新宿区のほぼ中央部に位置する。町域の北東から東は新宿区余丁町市谷台町住吉町に接し、町域の南は同区愛住町四谷四丁目・新宿一丁目に、西は新宿五丁目・六丁目にそれぞれ接する。

町域南端付近は靖国通りに接している。外苑西通りが町域内の靖国通りにある富久町西交差点を始点にして南に向かって伸びている。

町域内は主に住宅地として利用される。富久町の一部はバブル時代地上げに遭って多くの家屋が立ち退き虫食い状態になってしまった。この場所は近年再開発が進み2002年には超高層マンション(ローレルコート新宿タワー)が地上げ跡地に建った。また西部の西富久地区では、早稲田大学の協力のもと、再開発が行われ、富久クロスが完成した。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)の公示地価によれば、富久町32-6の地点で61万円/m2となっている[4]

歴史[編集]

1983年の住居表示実施までは、ほぼ全域が市谷冨久町(いちがやとみひさちょう、この冨久の「冨」はワかんむり)であった。市谷冨久町は公称地名としては消滅しているが、バス停の名称などで見かけられる。

地名の由来[編集]

明治時代に町が成立した時、「久しく富む町」という住民の願いから付けられたものといわれている。

町名の変遷[編集]

  • 江戸時代 - 市ヶ谷自証院門前・市ヶ谷修業院門前・市ヶ谷薬王院門前・武家地・寺地
  • 1872年7月 - 上記の区域をもって牛込区市ヶ谷冨久町が成立(のちに市谷冨久町に変更)
  • 1983年8月 - 住居表示が実施され、市谷冨久町の大部分と市谷台町余丁町の各一部をもって富久町が成立する。なお、市谷冨久町の残余は1986年11月、余丁町のうちとなり消滅した。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
富久町 4,118世帯 7,200人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番地 小学校 中学校
8~9番 新宿区立四谷小学校 新宿区立四谷中学校
その他 新宿区立富久小学校 新宿区立新宿中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

鉄道駅はないが、東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅都営新宿線曙橋駅都営大江戸線若松河田駅などが利用可能な範囲にある。

バス[編集]

道路[編集]

施設[編集]

かつて存在した施設[編集]

出身及び在住の著名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 住民基本台帳人口 町丁別世帯数及び男女別人口”. 新宿区 (2017年12月1日). 2017年12月22日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月22日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 通学区域”. 新宿区 (2017年9月19日). 2017年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]