地上げ屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

地上げ屋(じあげや)とは、建築用地を確保するため、地主や借地・借家人と交渉して土地を買収する人・企業のこと。バブル景気時には、強引な手法による不動産の売買が問題となった。

以下では特に断り書きがない限り、日本での事例について述べる。

「地上げ」とは[編集]

地上げに応じないと、家は残っても周囲を壁で囲まれたり、深く掘られたりする。写真はアメリカ、シアトルの事例。
中国の重慶にて、絶対に地上げに応じない決意を掲げる家

都市における土地は、細切れの状態よりも街区単位でまとまっている方が大規模な建築物が建てられ、面積あたりの利用価値が高くなる。そのため細切れの土地を買い取り区画を大きくして、再開発用地に提供する手法である。

土地の整理分合によって公共用地を生み出し、なおかつ地区全体の土地の価値を高めるという点では、土地区画整理事業市街地再開発事業などの都市計画事業(面整備)は、公的な地上げ行為と言える。

バブル期においては地主や住民を恫喝して強引に土地を買い漁り、街区単位でまとまった段階で転売して膨大な利益を上げる地上げ屋が台頭していた為、ネガティブなイメージがつくきっかけになった。

しかし本来の地上げは、権利関係の複雑な土地・建物を買収する都市開発の専門業者として存在していたものである。

景気動向と地上げ[編集]

1980年代後半のバブル景気の時には、地価が右肩上がりで上昇を続けた。こうした中で、暴力団が関わり暴力的手段によって立ち退きを迫ったり[1]、金銭に糸目を付けない買い取りを行うなど、強引な手法で土地の売買を行う業者が目立つようになり、地上げ屋はネガティブな表現として用いられることが多かった。

1991年 (平成3年)に、バブル崩壊し、東京都区部の地価が下落。それに伴い、地上げ屋は目立たなくなっていった。地上げ途中だった街区は、買収済みの更地がまだら状に残り、旧来の町並みは破壊されたまま、再開発も進まないという「中途半端な状態」で放置され、問題となった。その空き地は、固定資産税対策として「駐車場運営」で細々と運営されている。

その後、1990年代後半に、世界からの資金により、不動産ファンドが活性化、市場に勢いが出てくると、それに釣られて地上げ屋は再び姿を現すようになった[2]

2000年代に入り、景気回復に伴って、オフィスなど不動産市場は活況を呈した。だが、サブプライム問題などもあり、不動産市況に水を差され、活動が沈静化した[2]

2015年には、1980年代に地上げで虫食い状態になった土地を都市再開発した富久クロスが完成し、話題となった。

脚注[編集]

  1. ^ その最たる例として、営業中の店に事故を装ったダンプカーやトラックを突っ込ませるという手法がある。
  2. ^ a b 篠原匡 (2008年3月6日). “ファンドバブルの裏に暴力団あり “スルガ流”ビジネスモデルが崩壊”. 日経ビジネスオンライン (日経BP). オリジナルの2016年11月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161111060928/http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20080305/149009/ 2016年11月10日閲覧。 
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]