半地下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

半地下(はんちか)とは、建築物において完全な地下室ではなく半分が地下にある状態、あるいはその部屋を指す。

イギリスリンカンシャーにあるボルトンハウス。最下階に見える部分は使用人のための半地下の部屋である。

韓国における半地下[編集]

半地下
各種表記
ハングル 반지하
漢字 半地下
発音 パンジハ
日本語読み: はんちか
テンプレートを表示

韓国における半地下(バンジハ、はんちか)は、下層住居として知られる。韓国における格差社会や貧困の象徴となっている[1][2][3][4][5]

経緯・概要[編集]

1968年北朝鮮朝鮮人民軍のゲリラ部隊が当時の朴正煕韓国大統領の暗殺を計画し、潜入した青瓦台襲撃未遂事件が発生。大統領官邸が襲撃された。以降も武装した北朝鮮工作員が韓国に侵入するテロ事件が相次いだ。そのため、1970年の建築基準法改定では新築の低層住宅には国家非常事態のための防空壕として地下室を設置することが義務づけられた。当初は貸し出すことは禁止されていたが、1980年代にソウルを中心に住宅不足危機になると貸与が解禁された[1]

今日に至っても、特に家賃急騰が続くソウルでは20代の平均月収が約200万ウォンで、月々の家賃は約54万ウォンと収入のうち家賃が占める割合は高く、貧困層にとって半地下物件は重要な選択肢の一つになっている。日光が届かず薄暗く、夏には蒸し暑く、湿度が高いためにカビが発生しやすい。天井が低く、頭をぶつけないように両脚を思い切り広げるうように立たなければ頭をぶつけてしまうような物件もある[1]。韓国国内では半地下は有名だが、ポン・ジュノ監督による映画『パラサイト 半地下の家族』によって、国外での認知度が上昇した[1][3]

『パラサイト 半地下の家族』では半地下の劣悪な生活環境が描かれているが[1]、近年では半地下でも、改修された綺麗で広さもある物件がある[6][7]

住居による韓国社会階級[編集]

韓国では2008年に『不動産階級社会』という本によって、住居による6つの階級区分が話題になった。

  1. 多住宅所有世帯の最富裕層
  2. 住宅所有世帯
  3. 所有住宅はあるがローン等のために賃貸に住む世帯
  4. 保証金5000万ウォン(約500万円)以上の賃貸で暮らす世帯
  5. 保証金5000万ウォン以下の賃貸で暮らす世帯
  6. 地下室、ビニールハウス等で暮らす最貧困層

朝日新聞社によると、10年後の2018年時点では韓国社会の貧困格差は悪化したことで、単純な比較は出来ないが、韓国社会の第1階級が複数不動産所有者やその家族であり、最下層である第6階級に半地下や全地下といった「地下室」であることは変わりないと報じられている[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 【写真で見る】 「パラサイト」の半地下 そこで本当に暮らす人たち” (日本語). BBCニュース (2020年2月10日). 2020年11月18日閲覧。
  2. ^ 【写真で見る】 「パラサイト」の半地下 そこで本当に暮らす人たち” (日本語). BBCニュース (2020年2月10日). 2020年11月18日閲覧。
  3. ^ a b c Company, The Asahi Shimbun. “韓国の「半地下」で暮らした私と『パラサイト』 - 伊東順子|論座 - 朝日新聞社の言論サイト” (日本語). 論座(RONZA). 2020年11月18日閲覧。
  4. ^ “Parasite: The real people living in Seoul's basement apartments” (英語). BBC News. (2020年2月10日). https://www.bbc.com/news/world-asia-51321661 2020年11月18日閲覧。 
  5. ^ 「パラサイト 半地下の家族」に出てくるアパート、住み心地は?” (日本語). BBCニュース (2020年2月10日). 2020年11月18日閲覧。
  6. ^ ジェジュン:「ボンビーガール」で家賃1万円の下積み時代明かす 韓国のお得な物件も紹介” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2020年11月19日閲覧。
  7. ^ 日本テレビ放送網株式会社. “韓国のリアルな“半地下物件”事情を紹介!夢を叶えるため渡韓したボンビーガール登場” (日本語). 日本テレビ. 2020年11月19日閲覧。

関連項目[編集]

  • 地下生活 - (半)地下空間を住宅とすること一般についての記事