ルー大柴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルー大柴
本名 大柴 亨
生年月日 (1954-01-14) 1954年1月14日(62歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都新宿区市谷冨久町
血液型 A型
身長 174cm
方言 共通語
事務所 Carino
活動時期 1977年 -
同期 小堺一機
所ジョージ
村上ショージ
配偶者  あり
公式サイト ルー大柴オフィシャルブログ『TOGETHER』

ルー 大柴(ルー おおしば、1954年1月14日 - )は、日本俳優お笑いタレント茶人。本名、大柴 亨(おおしば とおる)。茶人名としては大柴宗徹[1]

東京都新宿区富久町出身。浅井企画2008年1月末まで)→株式会社Carino所属。山野美容芸術短期大学客員教授[2]遠州流茶道師範。身長174cm、体重65kg。立教高等学校(現・立教新座高等学校)卒業。

略歴[編集]

第二次世界大戦後にシベリア抑留から引き揚げてきた父と日本で知り合った母との間に、東京で生まれた。父親は旧満州ハルビンで生まれ育ち、ロシア語中国語英語に堪能で、幼少のルーにハグ接吻をするような人物であったという。また、ルーの父方の祖父はロシアウラジオストクで宝石商を営み、ロシア革命後に満州に移り、日本軍に飛行機を一機寄付してしまうほど富裕だったという。母親は再婚で、既に2女の親だった[3]。母親の実家は印刷所を営んでおり、父親は婿養子に入っていた。

両親が不仲になったこともあり、高校卒業を機に家を出て独立。欧米各地で、自作のアクセサリーを露天商売販売しながら数年間放浪。これを機に英会話が特技となる。

帰国したとき、両親は離婚しており、一旦は実家が経営する印刷会社に就職するものの即退職。三橋達也付き人を経て、1977年にテレビドラマ『俺たちの朝』で俳優としてデビューする(ただし、一話限りの出演でそれも端役扱い)。1979年勝新太郎が主宰した『勝アカデミー』に第一期生として参加。この時、同期だった小堺一機と知り合う。この間、俳優業は鳴かず飛ばずで、司会業やモデル業をして雌伏の時を過ごす。また、この時期に関根勤とも知り合う。

折り込みチラシなど、モデル時代の事務所のパンフレットに掲載されていた“カジュアルなスタイルにウエストポーチをつけた格好”が『スーパーギャング・コサキン無理矢理100%』で話題となり、番組内で“ポシェット・ルー”として人気に火がつく。後に番組内でレギュラーとしてポエムコーナー『ルー大柴のパックインミュージック』が出来るまでになった。

1989年、関根の主宰する劇団『カンコンキンシアター』の旗揚げに参加し、その独特のキャラクターが脚光を浴びる。

アデランスのCMでの「トゥギャザーしようぜ!!」のキャッチフレーズで一躍有名になる(ただし、ルーは35歳で完全に遅咲きだった)。

1992年、第29回ゴールデン・アロー賞芸能新人賞受賞。

また『浅草橋ヤング洋品店』の司会、『笑っていいとも!』曜日レギュラー、NHK大河ドラマ花の乱』や、舞台『ハムレット』などに出演。またタレントとしてのキャラクターとは裏腹な演技力を発揮する俳優としての側面も持ち、近年では舞台俳優としても多くの作品に参加している。

1990年代前半の短期間のブレイク後、しばらくはカンコンキンシアターをはじめとする舞台演劇に活動の重点を置いていたせいもあり、テレビでの出演機会が少なくなり世間の露出度としては「控えめ」の状態が続いた。

しかし、2007年初頭頃からは「クド過ぎるブログ」と発言自体が「ルー語」と言われ、以前ならば最も嫌われていた女子高生層の間で話題となり、再びブレイク[4]。「寝耳にウォーター(「寝耳に水」の意味)」「藪からスティック(「藪から棒」の意味)」などのギャグで露出が増加する。

みんなのうたにも起用された自身のCDがきっかけで、ワンガリ・マータイが提唱したMOTTAINAIプロジェクトに賛同し、テレビ出演時にはそのTシャツを着ていることが多い。

2010年4月遠州流より準師範を許可され、当代家元小堀宗実より、宗徹(そうてつ)の名前をいただく。

2012年10月、「ルー語」の英語と日本語が混ざった独特の口調でナビゲートしてくれるAndroid™端末用カメラアプリ「ルー大柴のCameraでLet's TOGETHER」をリリース

2013年4月 遠州流より師範を許可される。茶道当代家元小堀宗実お家元より貫庵(かんあん)大柴宗徹(そうてつ)の庵号をいただく。

芸名の由来[編集]

ルー」は、本名の「(とおる)」から。家のなかで暴れる幼い大柴を、父親が「ルー台風」と呼んでいたのが由来だという[5]。役者活動を始めた22歳の頃は大柴允人(まさひと)、新劇に参加し始めた1983年からは大柴亨介と名乗っていた[6]

人物[編集]

自称「職業は旅人」。 愛車は2代目トヨタ・プリウス。 1981年に結婚した妻の万規[7]との間に2人の息子がいる。

俳優を目指して研鑚を積み、数々の舞台・テレビでは一般庶民も含めた様々なキャラクターを演じ、ミュージカルタイトル・ロールもこなして見せるなど、演技者としての力量は高い。完全に抑制した、地味な脇役もこなせる。しかしルーと言えば、くどくてアクと押しが強くやや空回りしたようなキャラクター、またうるさ過ぎるタレントとしての顔の方が有名である。本人は自分の芸風を「西川のりおをおしゃれにしたような芸風」と、テレビ番組で語っている。

小堺や関根が指摘するように、常識がないというわけでもない所も特徴的である。実際、テレビに出演している時は絶えずモニターをチェックし、モニターチェックが終わった後にはスタッフに「今の良かっただろ?」と、確認するほどである。

タレントとしてはキャラクター作りとして「Togetherしようぜ!」「この間department storeで」「Januaryで50歳になるんだよ!」など、会話の中に簡単な英単語を入れるのが特徴(しかも我流当て嵌めで文法にも適っておらず正しくない)。その発端は、高校生時代に帰国子女の同学年生と交際していて、どうしても言葉の端々で英単語が出てしまうから、と述べている[8]。また、実父が満州生まれで日本語は無論の3カ国語をも自由に話せるマルチリンガルであったという、幼少時の体験も少なからず影響していた。

一方でラジオで共演した伊集院光に対して、それまで英単語を混ぜてしゃべっていたにも関わらず、別れ際に「さらば!」と日本語であいさつしたことを、後で突っ込まれていた。また関根勤のことを「トム」、その娘の麻里のことを「メァ〜リ〜」と呼び、前述の伊集院光のラジオ番組内では、恩師・勝新太郎のことを「“ビクトリーNEW太郎”」と呼んでいた。

また俳優を目指していた経緯から演劇指向が強く、舞台に生きる自らの事を「板人(いたじん)」、また『カンコンキンシアター』では、後輩達に自身の事を「板長(いたちょう)」と呼ばせようとしている。業界でもそんな呼び名はないが、板=舞台の長として団員をまとめあげる、座長の直下のポストであるという自負から来た造語であると推測される。実際、『カンコンキンシアター』では、年齢的にもキャリアも座長の関根に次ぐ年長者でもあり、舞台公演時にカーテンコールで座長を紹介できる唯一の人物でもある。

小堺や関根らによれば、普段の素顔はテレビのキャラクターは必ずしも当てはまらず、実像はよく気がつく人柄のいい人物だという。

水辺の生き物が好きで、趣味の一つに“ローチ”の飼育があり、川などに出て採集したり、白変種などを観賞魚店で買い求めているという。現在まで続いている“ローチ”との出会いと付き合いは、1998年頃、ルーのテレビ出演が激減しスケジュール帳はいつも真っ白の時期に、息子が通う自然教室についていった際「どじょうってかわいい」と開眼したのがきっかけ。当時のルーは自ら「人生の“バッドタイム”」であったと思っていたが、今思えばそれは必要な時間であったかもしれないと語っている[9]。2006年11月に観賞魚雑誌の月刊アクアライフ2006年12月号で、インタビューを受け、飼育風景の一部が掲載され、その後同誌2007年5月号から連載を開始した。記事の内容は川や用水路での採集や、珍しい“ローチ”の紹介、時には大学の研究室(“ローチ”関係の研究を行っている研究室である)を取材することもあり、独特な文章と裏腹にかなり専門性が高い内容となっている。愛魚には10年以上飼育したヒドジョウのチャッピーなどがいる。2007年6月に『ゆうどきネットワーク』にゲスト出演し、密着取材でオフの日に多摩川で小魚採取に興じるルーを特集した。『どうぶつ奇想天外!』でも、魚部の子供たちと魚捕りをした。 自宅でくつろぐ方法の1つに、愛する“ローチ”たちを眺め、バッハG線上のアリアを聴きながら“ポテト焼酎”をゆっくり飲むスタイルであると語っている。

横浜が好きで、コサキンではよく横浜好きをアピールしていた。

交友関係[編集]

福山雅治とは新人でまったくの無名時代からの交友関係で当時無名だった彼に親身になって相談に乗ったりアドバイスしたり彼のアルバムの帯にタイトルバックして欲しいと頼まれ快諾し「僕のようにビッグになりなよ!」と書き込んだが大柴曰く「今じゃ福山君の方が遥かにビッグなってしまった。」と述べている。定期的に彼から携帯電話に掛って来るらしく一度、福山本人から「ルーさんの自宅にお邪魔して良いですか?」と言われたが大柴の妻が彼の大ファンで大柴の妻曰く「恐れ多い」との事で流れてしまった。

関根勤の娘・関根麻里とも長い付き合いである。クリスマスの日にルーがサンタクロースに変装し、関根家に来たことがある[10]。なお、「お父さんが勤からルー大柴に変わると言われてもタダ(0円)で受け入れることができる」と麻里が発言したことがあり[11]、周囲を驚愕させた。

石田純一とは生年月日・血液型が全く同じで、よくネタにしており、これまでに二人は『快傑!ドクターランド』や『ダウンタウンDX』等で顔合わせをしており、後者によるところでは生年月日も血液型も同じなのに生き方が違っていることを羨ましく思っているが(例えば石田に離婚歴と再婚歴があっても自身にはない)、実際には以前から仲がよいことを自身のブログで語っている。

2007年5月18日に『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」に登場した際には、福山雅治から花が届いた。ルーは次の回お友達として、谷原章介を紹介している。また、ブレイク前の福山とラジオ番組で共演した際には、福山に色々とアドバイスをしていた[12]

2008年、所属する浅井企画をマネージャーと共に退社し独立。

エピソード[編集]

  • 坂上二郎に好かれていた。ゴルフコンペでルーと坂上がペアになったとき関根は、坂上に「ルーに気をつけて下さい」と予め伝えた。しかし、コンペ終了後に「ルーはどうでした?」と尋ねたところ「いいね、好きになっちゃったよ」と、坂上は上機嫌だったという。この話を披露した後、関根は「俺が坂上さんに心を開いてもらえるまでは30年かかった」と述べている。[13]
  • 本格的に演劇の世界へ足を踏み入れた頃は「大柴亭」「大紫亭」などのように、落語家の様な名前で誤表記される事が多く、インパクトのある名前を。と言う事で、「ルー大柴」という芸名にした。が、テレビに出始めたころは、新聞見出しに「ノレー大柴」や「ルール大柴」「ルー大紫」「ルー太柴」「ルー芝浦」「ルー犬柴」と誤表記されたことがあった。また、初めて書いたサインに対しては、「ノレー大紫(のれーおおむらさき)さんですか?」と聞かれたという逸話もある。
  • クイズ!ヘキサゴンII』内の「日本列島クイズの旅」コーナーにおいて、町人から「ルーキー大島」「ルーキー柴」「ルー大島」「大ルー柴」「ウー大柴」と答えられるなど、一般に芸名が浸透していないことをうかがわせている。
    しかし、2008年春に放映の『島田紳助がオールスターの皆様に芸能界の厳しさ教えますスペシャル!』内において、一般人へのアンケートの結果、知名度が出演者の中で最も高い97%であった事に、本人も島田紳助も驚嘆すると共に喜んだシーンがOAされた。
  • 和田アキ子は、名前が思い出せずに、「ヘイ大久保」と言っていたことをテレビ番組『アッコとマチャミの新型テレビ』ならびに『アッコのいいかげんに1000回』で告白している。
    これは、和田がTBS楽屋でテレビを見ていたとき、『大江戸を駈ける!』に出演していたルーを見て、名前の前がカタカナで後ろが漢字のところまで思い出したものの、該当の名前がデーブ大久保以外思いつかず、でも「こいつそんなに太ってないもんなぁ」と思い直し、それで出た言葉が「ヘイ大久保」だったとのこと。
  • ラッキィ池田が離婚問題で悩んでいたときに心配し、『浅草橋ヤング洋品店』に出演させ「男の涙は屋台で泣け!」と言うコーナーを設け、未練を断ち切らせた。
  • かつて『笑っていいとも!』では、ダウンタウン・関根勤と共に月曜レギュラーとして出演。タモリ・ダウンタウンからかなり鬱陶しがられていたが、近年『ダウンタウンDX』などで再び共演し、ダウンタウンの二人から「久しぶりに絡むと面白い」と再評価された。
  • 『笑っていいとも!』のワンコーナーで、ルーに関する情報やネタが寄せられた際、ピザ・パスタチェーン店『るーぱん』に掛けた「ルーパン」と言う、ルーの顔に似せた自家製パンにほくろ部分を正露丸を使用したパンが、視聴者から送られた事があった。
  • 近年は舞台活動をメインにしていて「ルーさん最近テレビに出てないね」と“風のボイス”を耳にしたルーと、ルーのマネージャーとの話の中から「50歳になって、今までの自分にないことをしよう」というきっかけで、自らのブログを開設する事にした。そのブログに関しての話題が「2006年の“ノーベンバー”頃から、2ちゃんねる経由で火がつき」、世間の人々が注目するようになったという[14]
  • ルーが弟分と称している福山雅治は、ルーマニアを公言している。
  • 2003年放映の『探偵!ナイトスクープ』にて、「まさか!?祖父がルー!?」の依頼VTRに出演した際、完璧と言えるほど自然に依頼者の家の亡くなったおじいちゃん役を務め、依頼者だけでなくルー自身も涙を流し、スタジオ中を感動の渦に巻き込んだ。この時探偵を務めていた普段“お涙モノ”に無縁の桂小枝ですら、依頼者と共に涙ぐみ、進行役である局長の西田敏行も感動していた。この依頼を機に顧問として『ナイトスクープ』に出演するようになった。ルー自身も「今まで出たテレビの中で、こんなに素晴らしい番組に出たのは初めて」と語ったほど。現在も『ナイトスクープ』出演時には、本番収録前後にABCホールの客席を隅々まで回ってパフォーマンスを行うことが恒例となっている。また依頼に対しても、真面目にコメントしている。
  • 2007年5月18日、『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」に出演した際、この時の孫の女の子から電報が届き、ルーはこの時の『ナイトスクープ』の事を話した。また、2007年12月14日放送の『ナイトスクープ』において、「(再ブレイクの)はじまりは、この番組からでした」と語るなど、ルー本人にとっても再ブレイクのきっかけは『ナイトスクープ』視聴者によるイメージアップからと認識していたことがうかがえる。
  • 俳優志望時代に『太陽にほえろ!』(日本テレビ)の出演者オーディションを受験した事がある。その時に、彼は自ら考案したキャラクター「アムステルダム帰りの“アムス刑事”」を選考で提案したが、合格には到らなかった。「アムス刑事」の選考時の提案方法は「ボス、俺を“アムス”と呼んで下さい! アムステルダム帰りの“アムス”です!」。なお、この時の合格者が勝野洋(テキサス刑事)。ルーはその勝野が『太陽にほえろ!』降板後に主演した『俺たちの朝』に一話だけゲスト出演(ただし、メインではなく端役)して共演。役柄は、勝野演じるうだつの上がらない水泳コーチの職を奪ってしまうエリートの元オリンピック選手。当時の俳優としてキャリアにおいては勝野は超人気者で、一方のルーは芽が出ない時代で、まさに劇中の境遇はあべこべだった。また、勝野とは大河ドラマ花の乱』でも共演している。
  • 本人のコメントなどから、西川のりおと芸風が似ているという理由だけで『関口宏の東京フレンドパークII』では「友達同士」としてブッキングされ出演している。ただし両者にあまり面識はない。
  • 『ダウンタウンDX』などのフリートーク番組などで、しばしば過去の話として勝新太郎のエピソードを話す。中でも『警視-K』の、主人公のに商品を薦める紳士服店員の役の話は、概ね当時の映像と共に、よく出ている。この場面のセリフは、アドリブであったという。
  • 「音痴」なことでも有名で、「ルー節」とも呼ばれる歌い方はコサキンのラジオ番組では度々ネタにされている。『YOKOHAMA』という曲では、気持ち悪い歌い方でコサキンの2人の失笑を買う。
  • 夢はアカデミー主演男優賞受賞だが、『MOTTAINAI 〜もったいない〜』で“レッド・ホワイト歌合戦”出場も夢だと『徹子の部屋』において黒柳徹子に語った。
  • 2007年、森喜朗が会長を務める『ゆうもあ大賞』を受賞・表彰された。表彰式では森が表彰状の文面を何回か噛みながら読み、特に「〜ファンから『ルーマニア』と呼ばれ…ん? ルーマニアは、国名だろう」と言った際には、MCやルー本人からフォローを入れられていた。同時に表彰された太田光は受賞後のスピーチで「〜“サドゥンリー”、僕がユーモア賞を表彰されると“藪からスティック”に聞かされて…」等と発言し、その都度ルーは「おいそれ俺のネタだからさ」と突っ込んでいた。
  • アクの強いキャラクターが災いして、再ブレイク前は出川哲朗江頭2:50とともに「女性が嫌いなタレント」(フライデー調べ)の常連であった。
  • 1996年11月6日笑っていいとも!テレフォンショッキング」では登場した際に観客に「いえ~い!元気かぁ!」と発言し、観客も「いえ~い!」と応えていた。
  • 若い頃はイタリア人アラブ人に顔が似ていたと発言しており、地中海の顔と認めている。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ゲーム[編集]

声の出演[編集]

CM[編集]

その他[編集]

舞台[編集]

著書[編集]

雑誌連載[編集]

  • 月刊アクアライフ(毎月11日発売 株式会社エムピージェー )「ルー大柴PRESENTS リバーとトゥギャザーキャッチキャッチキャッチ!」

音楽[編集]

DVD[編集]

  • 楽しい夜遊び STEPPER'S PARADICE with ルー大柴 2007年5月30日発売
  • ルー大柴革命 〜ルー語でトゥギャザーしようぜ!〜 2007年8月24日発売
  • 爆笑アニメ版!問題な日本語 2008年5月15日発売
  • ルー語で覚えるお手軽クッキング 2008年5月21日発売
  • ルー大柴のイングリッシュTOGETHER!!~ハワイ篇~ 2009年2月11日発売

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ルー大柴公式ブログ2010年4月13日「頂きました!」
  2. ^ ルー先生からひとこと 山野美容芸術短期大学
  3. ^ 文藝春秋』2007年10月)
  4. ^ ルー大柴ブログが人気 「トゥギャザーしようぜ!!」J-CASTニュース 2006年12月25日 11時42分
  5. ^ 『文藝春秋』2007年10月
  6. ^ シンコー・ミュージック 『ルー大柴のLIFE IS ONCE』より
  7. ^ シンコー・ミュージック 『ルー大柴のLIFE IS ONCE』P69より
  8. ^ 『ろみひー』『英語でしゃべらナイト』で本人談
  9. ^ 2008年6月、株式会社ユートシャルム発行「からころ」内のコーナー『わたしの気分転換』インタビューによる。その際、テレビから遠ざかっていた頃を支えてくれた“ワイフ”と、その後「ブログを始めてみては?」と勧めてくれたマネージャー・増田に感謝していると語っている
  10. ^ 『コサキン無理矢理100%』にて勤が言及
  11. ^ 『クイズ!ヘキサゴンII』2006年10月25日放送にて
  12. ^ サンデージャポン』SONYの近藤プロデューサーのWEBラジオのゲストとして登場。その後夕食を、近藤プロデューサーと彼が手がけている歌手YUIも誘って行った。その際、ルーの息子がファンで息子にサインをお願いされたため、YUIにサインをお願いした。YUIには人間性に共感し、その場でファンになった。家ではそのときもらったCD「YUI CAN'T BUY MY LOVE」を聴いて感動して泣いた、と自身のブログで綴った。その後、ルーのブログはYUI効果でコメントが殺到した。
  13. ^ 雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』にて、関根
  14. ^ 読売新聞』2007年12月26日
  15. ^ ルー大柴一人芝居 『ライスカレー』
  16. ^ 過去のMen of the Year受賞者たち【国内編】”. GQ JAPAN. 2014年11月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

メールマガジン
Androidカメラアプリ
新作英語アプリ