市谷左内町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 新宿区 > 市谷左内町
市谷左内町
—  町丁  —
左内坂
市谷左内町の位置(東京23区内)
市谷左内町
市谷左内町
市谷左内町の位置
座標: 北緯35度41分36.57秒 東経139度44分4.84秒 / 北緯35.6934917度 東経139.7346778度 / 35.6934917; 139.7346778
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Shinjuku, Tokyo.svg 新宿区
地域 牛込地域
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 449人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 162-0846[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬

市谷左内町(いちがやさないちょう)は、東京都新宿区町名[4]。「丁目」の設定のない単独町名である。住居表示未実施。郵便番号は162-0846[2]

地理[編集]

新宿区東部に位置する。町域北部は納戸町市谷鷹匠町市谷長延寺町市谷砂土原町一丁目にそれぞれ接する。東部は市谷田町一丁目に接する。南部は市谷八幡町市谷本村町にそれぞれ接する。西部は市谷加賀町に接する。市谷左内町は市ケ谷駅の西側の一角にあたる。町域の西南に左内坂というがあり、この左内坂に面する市谷本村町地内の防衛省の裏門は、「左内門」と呼ばれる。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)の公示地価によれば、市谷左内町22番の地点で92万1000円/m2となっている[5]

歴史[編集]

1990年代半ばに差し掛かる頃より業務の拡充を図る大日本印刷の関連施設が増加していった。

地名の由来[編集]

由来は、この地を開いた名主島田左内に由来する。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
市谷左内町 236世帯 449人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

番地 小学校 中学校
全域 新宿区立愛日小学校 新宿区立牛込第三中学校

交通[編集]

東京メトロ南北線市ケ谷駅が地下に設置されているが町域内に利用可能な出入口は設置されていない。

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 住民基本台帳人口 町丁別世帯数及び男女別人口”. 新宿区 (2017年12月1日). 2017年12月22日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月22日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、P871
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 通学区域”. 新宿区 (2017年9月19日). 2017年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]