若葉 (新宿区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 新宿区 > 若葉 (新宿区)
若葉
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 東京都
特別区 新宿区
地域 四谷地域
人口 (2015年(平成27年)12月1日現在[1])
 - 計 4,176人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 160-0011 
市外局番 03(東京MA)
ナンバープレート 練馬

若葉(わかば)は、東京都新宿区町名[2]。現行行政地名は若葉一丁目から若葉三丁目。住居表示未実施。

地理[編集]

新宿区の南東部に位置し、町域の北から東は新宿区四谷一・二丁目、東から南は港区元赤坂、南西は新宿区南元町、西は同区須賀町に接する。

町域の南東部をJR中央線高架信濃町駅 - 四ツ谷駅)と、それに並走する首都高速4号新宿線外苑 - 三宅坂ジャンクション)の高架橋が横切っている。新宿方面から走ってくる中央線と首都高速道路は、若葉1丁目の南端の崖から若葉1丁目の台地下を貫通する。これらのトンネルは、中央線が「御所トンネル」、首都高速が「赤坂トンネル」という名称で、それぞれ四ツ谷駅と赤坂見附方面に通じる。

二丁目付近には寺院も多く見られる。

歴史[編集]

町内の谷筋一帯は戦前まで鮫河橋(さめがはし)と呼ばれ、江戸時代初期には火葬場の所在地であった[3]。江戸時代から続く「三大貧民窟」の一つで、代々木の非人頭久兵衛の支配下にあった[3]。東京への人口流入が顕著であった明治期から昭和初期頃まで、東京市内有数の貧民街が形成されていた。

なお、江戸時代には、貧民街、つまりスラムは若葉に存在していないし、代々木の非人久兵衛の支配下は現在の代々木である[要出典]。塩見鮮一郎『弾左衛門とその時代』[要ページ番号]

「若葉」の地名は、東京都制が施行された1943年(昭和18年)7月、それまでの「鮫河橋谷町」や「元鮫河橋南町」などの町名を廃止して新たに制定されたものである。

沿革[編集]

  • 1943年昭和18年)7月:東京都四谷区若葉(一、二、三丁目)として成立
  • 1947年(昭和22年)3月:区再編に伴い、新宿区若葉(一、二、三丁目)となる

交通[編集]

町域内には鉄道駅はないが、町域西部方面は東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅が、南部方面は中央・総武線(各駅停車)の信濃町駅が、東部方面は東京メトロ丸ノ内線・東京メトロ南北線・中央線の四ツ谷駅がそれぞれ利用可能である。

施設[編集]

  • 学習院初等科
  • 祥山寺
  • 法蔵寺
  • 真英寺
  • 東福院
  • 妙行寺
  • 真成寺
  • 蓮乗院
  • 信寿院
  • 愛染院 - 高松喜六の墓、塙保己一の墓がある。
  • 西念寺 - 服部半蔵の墓と槍がある。また、徳川家康の長男、松平信康の供養塔もある。
  • たいやき わかば - 店舗名は地名からきている。たいやきの中のあんこをたくさん入れてくれる店舗として、東京都内でも有名なたい焼きの製造販売店。
  • 三国 - レストラン
  • 丸正若葉店

かつては文化放送の社屋が創業当初から地内にあったが、2006年7月に港区浜松町に移転した(旧局舎跡地は新たに建てられたマンションと共に現在も文化放送が所有しており、同局の非常用送信設備が設けられている)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 住民基本台帳の町丁別世帯数及び男女別人口(日本人と外国人の合計) 新宿区
  2. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、P880
  3. ^ a b 川元祥一・藤沢靖介『東京の被差別部落』p.31(三一書房、1984年)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]