払方町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 東京都 > 新宿区 > 払方町
払方町
払方町の位置(東京23区内)
払方町
払方町
払方町の位置
北緯35度41分51.58秒 東経139度44分9.36秒 / 北緯35.6976611度 東経139.7359333度 / 35.6976611; 139.7359333
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Shinjuku, Tokyo.svg 新宿区
地域 牛込地域
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 1,005人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
162-0841[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬

払方町(はらいかたまち)は、東京都新宿区町名[4]住居表示未実施。郵便番号は162-0841[2]

概要[編集]

新宿区の北東部に位置する。牛込地域の町である。町域北東部は若宮町に接する。東部は市谷砂土原町に接する。南部は市谷鷹匠町に接する。西部は納戸町に接する。北西部は南町に接する(地名はいずれも新宿区)。町域内を牛込中央通りが通っている。

歴史[編集]

払方町は、隣接する市谷砂土原町市谷船河原町と並び江戸期に大名屋敷が建ち並んでいた。幕府の財務に携わる役職者の居住する地域で、北は納戸町、南は牛込見附、東は神楽坂若宮町、西は市ヶ谷に接していた[5]。払方町は見附に近いうえ、高燥地という土地柄から、明治以降も高級な屋敷町という町の性格を維持していた[5]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
払方町 490世帯 1,005人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

番地 小学校 中学校
全域 新宿区立愛日小学校 新宿区立牛込第三中学校

施設[編集]

著名な住民[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 住民基本台帳人口 町丁別世帯数及び男女別人口”. 新宿区 (2017年12月1日). 2017年12月22日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月22日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、P878
  5. ^ a b c 銃後の日露戦争『穂積歌子日記』を読む塩崎文雄、和光大学総合文化研究所年報『東西南北』2007
  6. ^ 通学区域”. 新宿区 (2017年9月19日). 2017年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]