北新宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 新宿区 > 北新宿

北新宿(きたしんじゅく)は、東京都新宿区町名[1]郵便番号は169-0074。

地理[編集]

東京都新宿区北新宿の航空写真(2009年4月27日撮影)

北新宿は青梅街道税務署通り小滝橋通り神田川に囲まれており、面積0.90平方キロメートルを占める。新宿区西部に位置する。北西から北にかけて中野区東中野、北東で高田馬場、東で百人町、南で西新宿、南西の道路上の一点で中野区本町、西で中野区中央と隣接する。

かつての柏木二~四丁目の全部と五丁目の一部にあたる。古くからの住宅地や中小の商店街が数多く密集しているが、西新宿八丁目・北新宿一・二丁目における税務署通り(東京都道・埼玉県道4号東京所沢線)の整備と併せて、北新宿地区再開発事業が進行中で、2011年5月に高層ビルである新宿フロントタワーが完成した。また隣接する西新宿八丁目地区でも190メートルの高層オフィスビルが建設された(2011年に完成)。

河川・橋梁[編集]

  • 神田川
    • 淀橋青梅街道) - 徳川3代将軍家光による改名と伝わる。 それ以前は「姿見ずの橋」、「いとま乞いの橋」と呼ばれ、当地の長者がこの橋を渡って財産を隠しに行った帰り、隠し場所が知れるのを恐れて、手伝った下男を殺害し神田川に捨てたことに由来しているという。鷹狩で訪れた家光がこの故事を、「不吉である」として改名を命じたとされる。(その他に諸説あり。「淀橋」の項参照。)
    • 末広橋(大久保通り)
    • 小滝橋(小滝橋通り) - かぐや姫のヒット曲「神田川」は、作詞家喜多条忠が、車でこの橋を通りかかった際、自らの学生時代を想起して作ったという。

歴史[編集]

沿革[編集]

施設[編集]

公共施設
宗教施設

ゆかりの人物[編集]

北新宿を舞台とした作品[編集]

映画「容疑者 室井慎次」は、新宿北警察署(架空)管内が舞台となっているが、現実の北新宿地区をイメージした設定ではなく、北新宿で撮影された様子はない(実際に北新宿を管轄する警察署は、新宿警察署)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、P873

外部リンク[編集]