西早稲田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 新宿区 > 西早稲田
西早稲田
—   町丁  —
早稲田大学
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 東京都
特別区 新宿区
地域 牛込地域
人口 (2015年(平成27年)12月1日現在[1])
 - 計 17,755人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 169-0051
162-0051(西早稲田二丁目1番1-23号及び2番)

西早稲田(にしわせだ)は、東京都新宿区町名[2]。現行行政地名は西早稲田一丁目から西早稲田三丁目。

地理[編集]

新宿区の北部に位置する。町域北部は、概ね神田川に接し、これを境に豊島区高田に接する。北東部は、文京区関口にも接する。東部は、新宿区戸塚町に接する。南東部は、新宿区馬場下町に接する。南部は諏訪通りに接し、これを境に新宿区戸山に接する。西部は明治通りに接し、これを境に新宿区高田馬場に接する。

町域北辺、神田川付近には新目白通りが、中央部を早稲田通りが通っている。西早稲田一丁目付近にはグランド坂通りが通っている。西早稲田一丁目には、早稲田大学のメインキャンパスである早稲田キャンパスがある。また近隣にも、早稲田大学の関連の施設が見られる。これに関連して、町域内には、古本屋や学生向けの飲食店などが見られ学生街としての様相も見られる。特に古書籍を扱う古書店街は、早稲田通り沿いに多く見られその規模は都内でも神田神保町に次ぐほどになっている。他に東京国際大学の早稲田サテライト(大学院キャンパス)を初め専門学校がいくつか見られる。その他、主に住宅地として利用される。

交通[編集]

町域内には都電荒川線面影橋停留場早稲田停留場がある。他に東部では東京メトロ東西線早稲田駅が至近にある[3]。他に早稲田通り沿いや明治通り沿いにバス便が多く設定されており、これらを利用するものも多い。また、徒歩15分 - 20分程度かかるが、山手線西武新宿線高田馬場駅からの徒歩利用者も多くいる。

西部の明治通り沿いに、2008年平成20年)6月14日より東京メトロ副都心線西早稲田駅が開業した[4]

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 住民基本台帳の町丁別世帯数及び男女別人口(日本人と外国人の合計) 新宿区
  2. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、PP877-878
  3. ^ 東京メトロ東西線の早稲田駅は町域外で、都電荒川線の同名の駅とは少し離れている。
  4. ^ 東京メトロ副都心線の西早稲田駅は「西早稲田」と言う名前が付いているが、所在地は戸山になっている[1]。また西早稲田交差点付近の都営バス西早稲田停留所とは離れている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]