東中野 (中野区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 中野区 > 東中野 (中野区)

東中野(ひがしなかの)は、東京都中野区町名。現行行政地名は東中野一丁目から五丁目。住居表示実施済み区域である。郵便番号は164-0003。

地理[編集]

中野区の最東部に位置し、神田川にも接している。西部は中野区中野、南部は大久保通りを境に中野区中央、神田川を境に東部を新宿区北新宿、北部は早稲田通りを境に新宿区上落合と中野区上高田に接する。北東部は新宿区高田馬場にも接している。町域内は主に住宅地として利用されている。鎮守は、氷川神社

東中野には東中野駅があり、中央・総武緩行線都営大江戸線が利用可能である。また、上落合の境目に当たる早稲田通り沿いに東京メトロ東西線落合駅もあり、こちらも利用可能である。地域のほぼ中央を山手通りが縦貫し、の往来も多い。

明治大学付属中野中学校・高等学校があり、山手通り早稲田通り間にある東中野ギンザ通りには、学生向けの飲食店が立ち並び時には、学生で賑わう。

東中野一丁目から三丁目は住宅が密集している。東中野駅西口から明治大学付属中野中学校・高等学校にかけて、二丁目と三丁目の境を走るJR線は堀切になっており、その側崖にはサクラが植えられ、になると多くの写真家や鉄道愛好者などが撮影に訪れる有名なスポットである。

東中野四丁目は駅周辺にポレポレ東中野というミニシアターや飲食店街の東中野ムーンロード、居酒屋パチンコ店などが並ぶ商業地となっている。

東中野五丁目には2008年度まで中野区立東中野小学校があったが、2009年度より中野区立中野昭和小学校と統廃合したため、昭和小の名称を変更した中野区立白桜小学校に通うようになった。

結婚披露宴場のWest53rd日本閣も当地にあることでも知られている。なお、旧日本閣跡地には、現在高層マンションがあり、複合商業施設「ユニゾンモール」が2007年12月1日にオープンした。

JR・都営地下鉄 東中野駅の西方の中央線線路沿いの桜並木と菜の花

歴史[編集]

旧町名と現町名との対比[編集]

1966年10月1日住居表示実施により、現行の東中野一丁目から五丁目が成立した。旧町名との対比は以下のとおり。

  • 東中野一丁目 = 氷川町、川添町、宮園通一丁目の各一部
  • 東中野二丁目 = 上ノ原町、高根町の各全域、氷川町、宮園通一丁目の各一部
  • 東中野三丁目 = 桜山町、昭和通一丁目の各一部
  • 東中野四丁目 = 住吉町の全域、桜山町、小滝町、氷川町の各一部
  • 東中野五丁目 = 小滝町の一部

交通[編集]

鉄道[編集]

路線バス[編集]

  • 東中野駅停留所(西武バス
    • 宿20他 - 池袋駅東口(西武百貨店前)行、新宿駅西口行
  • 並木通り停留所(西武バス)
    • 宿20他 - 池袋駅東口(西武百貨店前)行、新宿駅西口行
  • 東中野駅西口停留所(関東バス
    • 百01 - 高田馬場駅行
  • 東中野駅東口停留所(関東バス)
    • 百01 - 高田馬場駅行
  • 東中野一丁目停留所(東中野駅南側)(関東バス)
    • 百01 - 高田馬場駅行
  • 東中野一丁目停留所(大久保通り沿い)(関東バス)[1]
    • 宿05/中01 - 野方駅行、新宿西口行
  • 東中野地域センター停留所(関東バス)
    • 百01 - 高田馬場駅行、東中野駅行
  • 東中野本通り停留所(関東バス)
    • 百01 - 高田馬場駅行、東中野駅行
  • 東中野二丁目停留所(京王バス)
    • 渋64 - 中野車庫行、中野駅行

道路[編集]

愛称のある区道[編集]

  • 神田川四季の道(東中野1丁目19番~東中野5丁目30番)
  • 桜山通り(東中野3丁目)
  • 東中野ギンザ通り(東中野3丁目)

商店街[編集]

  • 東中野名店会商店街(東中野1丁目)
  • 東中野並木通商店会(東中野2丁目)
  • 東中野ギンザ通り(東中野銀座商店会、東中野3丁目)
  • 東中野ムーンロード(東中野駅前飲食店会、東中野4丁目)
  • 東中野本通り共栄会(東中野4丁目、5丁目)

施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東中野駅南側の停留所とは別の場所にある
  2. ^ 東中野所在のものの、小滝橋の境界地付近になるためこの営業所から当地へ向かう都バスの便は存在しない

外部リンク[編集]