本町 (中野区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 中野区 > 本町 (中野区)
本町
—  町丁  —
東京工芸大学 中野キャンパス正面
本町の位置(東京23区内)
本町
本町
本町の位置
座標: 北緯35度41分46.95秒 東経139度40分47.82秒 / 北緯35.6963750度 東経139.6799500度 / 35.6963750; 139.6799500
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Nakano, Tokyo.svg 中野区
面積[1]
 - 計 1.06km2 (0.4mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[2]
 - 計 29,041人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 164-0012[3]
市外局番 03[4]
ナンバープレート 練馬

本町(ほんちょう)は、東京都中野区町名。現行行政地名は本町一丁目から本町六丁目。住居表示実施済み区域である。郵便番号は164-0012[3]

地理[編集]

中野区のほぼ中央部に位置する。町域の東部と南部は神田川に接しており、東部は川を境に新宿区西新宿に接し、南部は中野区弥生町に接する。北部は青梅街道を境に中野区中央に、西部は杉並区和田に、それぞれ接している。町域内を中野通り山手通りが縦貫している。東京23区内には「本町」と称する町域が複数存在し、特に近接して渋谷区の本町(ほんまち)があるため、混乱を防ぐため、当地所在の店舗名などに用いられる際は「中野本町」(なかのほんちょう)と区の名前を付しているケースも見られる。町域内は主に住宅地として利用される。いわゆる木賃ベルト地帯の一角でもあり、一戸建てのほかマンションアパートも見られ、一人暮らしをしている若年層の住民も見られる。東中野には青梅街道沿いに丸ノ内線中野坂上駅新中野駅がある。中野坂上駅の交差点付近は、2000年頃の再開発により当地や隣接する中野区中央に、オフィスが入った高層ビルが立ち並ぶようになり、交差点付近は以前に比べて景観も変わった。青梅街道沿いは、中野区内でも古くから人の往来があった場所でもあり、新中野駅には鍋屋横丁と呼ばれる古くからの商店街がある。また、当地は新宿駅からも比較的近く、青梅街道沿いにはオフィスビルも見られる。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)の公示地価によれば、本町2-13-13の地点で54万1000円/m2となっている[5]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

中野区のほぼ中央部に位置するため、本町とされる。

旧町名と現町名との対比[編集]

1967年6月1日の住居表示実施により現行の本町一丁目から本町六丁目が成立した。旧町名との対比は以下のとおりである。

  • 本町一丁目 = 相生町、本町通一丁目
  • 本町二丁目 = 東郷町、朝日ヶ丘、本町通二丁目
  • 本町三丁目 = 東郷町、朝日ヶ丘、道玄町、本町通三丁目
  • 本町四丁目 = 本町通三丁目、本町通四丁目、本町通五丁目、道玄町、西町、千代田町、宮里町
  • 本町五丁目 = 宮里町、千代田町
  • 本町六丁目 = 本町通五丁目、本町通六丁目、西町

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
本町一丁目 2,380世帯 3,750人
本町二丁目 2,964世帯 4,561人
本町三丁目 3,549世帯 5,308人
本町四丁目 4,466世帯 6,798人
本町五丁目 2,496世帯 3,749人
本町六丁目 3,088世帯 4,875人
18,943世帯 29,041人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
本町一丁目 1〜12番 中野区立向台小学校 中野区立第二中学校
その他 中野区立桃園小学校
本町二丁目 10〜15番
29〜54番
その他 中野区立向台小学校
本町三丁目 1番
その他 中野区立桃園小学校
本町四丁目 全域 中野区立中野本郷小学校
本町五丁目 全域
本町六丁目 全域

施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中野区統計書”. 中野区 (2017年4月6日). 2018年1月4日閲覧。
  2. ^ a b 世帯と人口”. 中野区 (2017年12月5日). 2018年1月4日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月4日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月4日閲覧。
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 通学区域(学校別・住所別)”. 中野区 (2018年4月1日). 2018年4月15日閲覧。

外部リンク[編集]