和田 (杉並区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 杉並区 > 和田 (杉並区)
和田
—  町丁  —
佼成学園中学校・高等学校
和田の位置(東京23区内)
和田
和田
和田の位置
座標: 北緯35度41分33.49秒 東経139度39分23.39秒 / 北緯35.6926361度 東経139.6564972度 / 35.6926361; 139.6564972
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Suginami, Tokyo.svg 杉並区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 19,702人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 166-0012[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 杉並

和田(わだ)は、東京都杉並区の地名。住居表示実施済み。現行行政地名は和田一丁目から和田三丁目。郵便番号は166-0012[2]

地理[編集]

杉並区の東部に位置する。 北部は青梅街道に接し、これを境に高円寺南になる。 西部は環七通りに接し、これを境に梅里堀ノ内になる。 南部は善福寺川に接し、これを境に方南になる。 東側は中野区との区界となり、東部は中野区本町に、南東部は中野区弥生町に接する。 古くから団地社員寮など集合住宅が多く、現在も主に住宅地として利用されている。 和田二丁目の南部一帯は、立正佼成会の本部があり普門館佼成病院佼成学園高等学校などの関連施設がある。また、救世軍杉並小隊、救世軍士官学校、救世軍ブース記念病院など、救世軍関連の宗教施設・医療福祉施設の集中している地域でもある。

北部の青梅街道沿いには蚕糸の森公園杉並区立第十小学校がある。この地は、元農林水産省の蚕糸試験場跡地であり、レンガ造りの正門は当時のまま現存している(試験場は1980年つくば市に移転)。杉並区立杉並第十小学校とは連続した空間を構成しており、地域の防災公園としての機能をもつ。

歴史[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
和田一丁目 5,245世帯 8,812人
和田二丁目 2,364世帯 4,198人
和田三丁目 4,066世帯 6,692人
11,675世帯 19,702人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4]

丁目 番地 小学校 中学校
和田一丁目 44~54番
58~69番
杉並区立杉並第十小学校 杉並区立和田中学校
その他 杉並区立和田小学校
和田二丁目 1~5番
8~47番
その他 杉並区立泉南中学校
和田三丁目 1~7番
27番
30~62番
杉並区立杉並第十小学校 杉並区立高南中学校
その他 杉並区立和田小学校

交通[編集]

町域内には東京メトロ丸ノ内線東高円寺駅があり、新中野駅を利用する住人も多い。また、南部の中野区弥生町との境目付近に、同線の中野富士見町駅があり、南部は同駅の方が近い。バスの便の利用も多い。

施設[編集]

教育機関[編集]

私立[編集]

区立[編集]

宗教施設[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁別世帯数及び人口”. 杉並区 (2017年12月1日). 2017年12月26日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月26日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月26日閲覧。
  4. ^ 区立学校学区域一覧”. 杉並区 (2016年1月14日). 2017年12月26日閲覧。

外部リンク[編集]