今川 (杉並区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 杉並区 > 今川 (杉並区)
今川
観泉寺
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 東京都
特別区 杉並区
人口 (2016年(平成28年)2月1日現在)
 - 計 9,472人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 167-0035 
市外局番 03(東京MA)
ナンバープレート 杉並

今川(いまがわ)は、東京都杉並区の地名。現行行政地名は今川一丁目から今川四丁目。住居表示実施済み区域である。

地理[編集]

杉並区北部に位置する。北辺は早稲田通りを境に上井草に、西辺は青梅街道を境に善福寺に、南部は桃井に、東辺は環八通りを境に清水に、それぞれ接している(地名はいずれも杉並区)。東西に長い長方形状の区域で、東から順に一丁目から四丁目までが並んでいる。

町域内は主に住宅地として利用されている。また、今川には中央大学杉並高等学校都立農芸高等学校が置かれている。

歴史[編集]

江戸時代[編集]

江戸時代武蔵国多摩郡上井草村の一部にあたる。

1645年正保2年)、今川直房今川義元の曾孫)に対し、多摩郡井草村(江戸時代初期、上井草村・下井草村に分割)・上鷺宮村(現・中野区上鷺宮一帯)および豊島郡中村(現・練馬区中村一帯)が知行地として与えられた。以後、この地域は幕末まで今川氏の所領であった。今川氏の菩提寺として庇護を受けた観泉寺は、その知行地支配の拠点でもあった。観泉寺境内には今川氏歴代当主の墓所(都旧跡)がある。

近代[編集]

1889年明治22年)の町村制施行により、東多摩郡井荻村の一部となった。1896年(明治29年)に東多摩郡は豊多摩郡1926年大正15年)7月1日に井荻村は町制施行して井荻町となる。1932年昭和7年)、豊多摩郡井荻町は東京市に編入され、杉並区の一部となったが、この際、観泉寺周辺に今川町という町名が生まれている。この「今川町」の一部は現在上井草に編入されている。

現代[編集]

1964年(昭和39年)9月1日住居表示実施に伴い、現在の今川一丁目から四丁目が編成された。旧地名では、沓掛町・中通町・神戸町・柿ノ木町・四宮町・今川町・三谷町・新町の各一部にあたる。

地名の由来[編集]

二丁目にある観泉寺は、江戸時代に当地を治めた高家旗本今川氏ゆかりの寺院で、本堂(1764年明和元年)再建)は杉並区最古の木造建築である。「今川」の地名はこれに因んでいる。

交通[編集]

町域内には鉄道駅が置かれていない。西武新宿線井荻駅上井草駅上石神井駅(練馬区)が利用される他、バスの便が多く利用されている。

施設[編集]

1928年(昭和3年)、東京府立農芸学校(現・東京都立農芸高等学校)が当地に移転した。1935年(昭和10年)には旧制目白中学校が当地(当時・杉並区中通町)に移転し、杉並中学校(現・中央大学附属中学校・高等学校)に改称した。旧制杉並中学校の跡地には現在中央大学杉並高等学校がある。

外部リンク[編集]