東多摩郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 関東地方 > 東京府 > 東多摩郡
東京府東多摩郡の範囲

東多摩郡(ひがしたまぐん)は、東京府にあった

郡域[編集]

現在の東京都中野区杉並区にあたる。

隣接していた郡[編集]

歴史[編集]

郡発足までの沿革[編集]

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での、多摩郡のうち後の当郡域の支配は以下の通り。幕府領は代官・松村忠四郎支配所が管轄。●は村内に寺社領が存在。(32村)
知行 村数 村名
幕府領 幕府領 12村 中野村高円寺村馬橋村久我山村上高井戸村上高井戸宿高井戸宿)、中高井戸村下高井戸村下高井戸宿高井戸宿)、田端村成宗村本郷新田和泉新田和泉村のうち)、大宮前新田松庵村
旗本領 7村 上鷺之宮村、和泉村、上高田村片山村、●和田村、●上井草村、●下井草村
幕府領・旗本領 8村 江古田村雑色村、●永福寺村、●上荻窪村新井村下鷺之宮村上沼袋村下沼袋村
鉄砲玉薬組同心給地 1村 ●本郷村
その他 寺社領 4村 下荻窪村天沼村阿佐ヶ谷村堀之内村

郡発足以降の沿革[編集]

11.中野村 12.野方村 13.和田堀内村 14.杉並村 15.井荻村 16.高井戸村(赤:中野区 橙:杉並区 1 - 8は南豊島郡)
  • 1878年(明治11年)11月2日 - 郡区町村編制法の東京府での施行により、多摩郡のうち東京府に属する区域をもって東多摩郡が発足。郡役所を中野村に設置。
  • 1881年(明治14年) - 片山村が江古田村に編入。(31村)
  • 1889年(明治22年)5月1日 - 町村制の施行により以下の村が発足。(6村)
    • 中野村 ← 中野村、本郷村、雑色村、本郷新田(現中野区)
    • 野方村 ← 江古田村、上高田村、新井村、上沼袋村、下沼袋村、上鷺宮村、下鷺宮村(現中野区)
    • 和田堀内村 ← 和田村、堀ノ内村、和泉村、永福寺村(現杉並区)
    • 杉並村高円寺村、馬橋村、阿佐ヶ谷村、天沼村、田端村、成宗村(現杉並区)
    • 井荻村 ← 上井草村、下井草村、上荻窪村、下荻窪村(現杉並区)
    • 高井戸村 ← 松庵村、久我山村、中高井戸村、上高井戸村、下高井戸村、大宮前新田(現杉並区)
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 南豊島郡・東多摩郡の区域をもって豊多摩郡が発足。同日東多摩郡廃止。

郡役所[編集]

はじめ中野村に置かれたが、まもなく南豊島郡との連合郡役所(内藤新宿二丁目)となり、次いで1889年12月に淀橋町大字柏木291に移転。

郡長[編集]

  • 1879年(明治12年)2月10日 - 1881年(明治14年)4月26日:梅田義信
以降、南豊島郡との連合
  • 1881年(明治14年)4月26日 - 1883年(明治16年)7月11日:梅田義信
  • 1883年(明治16年)7月11日 - 1886年(明治19年)8月25日:江連堯則
  • 1886年(明治19年)8月25日 - 1890年(明治23年)11月7日:益田包義
  • 1890年(明治23年)11月7日 - 1896年(明治29年)4月1日:藤井一虎

出典[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京都品川区編 『品川県史料』〈品川区史〉、1970年NCID BN05722063 
  2. ^ 明治4年太政官布告第594号 – 国立国会図書館近代デジタルライブラリー
  3. ^ 『中野区民生活史』1、中野区民生活史編集委員会、中野区、1982年、79頁。全国書誌番号:83003326


先代:
多摩郡
行政区の変遷
1878年 - 1896年
次代:
豊多摩郡