東京都道311号環状八号線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
特例主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
東京都道0311号標識
東京都道311号
環状八号線
地図
Map of Kanpachi-Dori Ave.Tokyo Metropolitan Road Route 311.png
路線延長 約44.220
起点 東京都大田区
終点 東京都北区
接続する
主な道路
記法
本文参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
東京都世田谷区瀬田二丁目(東急トランセ瀬田営業所)付近 内回り
外回りは瀬田交差点を前に渋滞することが多い。
東京都杉並区高井戸駅より外回り。

東京都道311号環状八号線(とうきょうとどう311ごう かんじょうはちごうせん)は、東京都大田区羽田空港から、世田谷区杉並区練馬区板橋区を経由して東京都北区赤羽に至る環状(実際には計画当初から半円状:後述)の都道主要地方道)である。

路線名は、本路線の都市計画道路事業名である「東京都市計画道路幹線街路環状第8号線」に由来する。この道路は一般に「環状八号線」「環八通り(かんぱちどおり)」「環八」と呼ばれる。

概要[編集]

起点付近に羽田空港があり、第三京浜東名高速道路中央自動車道の起点インターと接続し、笹目通りおよび目白通り経由で関越自動車道とも接続している。また、国道20号甲州街道)、国道246号(玉川通り)といった主要一般道路とも交差しており、まさに東京の大動脈といっても差し支えないほどの重要な道路となっている。東京外環自動車道大泉IC以南が開通していない時点では、神奈川埼玉間を移動する車両の都心部寄りの最短通過ルートにもなっている。

早朝から深夜まで終日交通量が非常に多い。一般に東京23区の道路は日曜祝日の交通量は少ないが、環八は日曜祝日も渋滞するのが特異的である。国道20号と交差する高井戸周辺や、国道246号と交差する瀬田周辺は、交通容量不足から慢性的な渋滞となっており、その渋滞長は東京都内でも屈指である。

なお、高井戸ICからは中央自動車道に入れないため、環状八号線から中央自動車道へ向かうには、上高井戸一丁目交差点で甲州街道に入り調布ICまで行く必要がある。

路線データ[編集]

都道「環状八号線」の路線認定上の起点は大田区羽田空港三丁目であるが、道路区域の起点は穴守橋東詰である(国道131号重用)。湾岸道路交点(おおとり橋)から羽田空港トンネルを抜けて国際貨物ターミナル付近までは国道357号の指定区間として国土交通省関東地方整備局東京国道事務所が、国際貨物ターミナル付近から穴守橋東詰までは東京国際空港の構内道路として国土交通省東京航空局東京空港事務所が、それぞれ管理している[1]

歴史[編集]

元々の構想は、旧東京市1927年昭和2年)に発表した「大東京道路網計画」に含まれていたものである。当初から現在の東京23区の西側半周のみを結ぶ計画であった。しかし、実際には着工らしい着工はされぬまま、ところどころルート上の既存の道路を「環状道路」に指定した程度で、戦時体制に入って計画はほとんど凍結された。

戦後に入り、改めて都市計画決定されたのは、1946年(昭和21年)3月の「戦災地復興計画方針」においてである。しかし、その後も瀬田交差点世田谷区)を挟むわずかな区間の既存の道路が拡幅された程度で、実際に本格的に着工されたのはそれから10年後の1956年(昭和31年)、着工後も実際の施工は遅々として進まなかった。同時期に構想・計画された環七通り産業道路1964年(昭和39年)の東京オリンピック関連工事とされて速やかに着工されたのに比べると、当時の沿線は未だ高速道路はおろか多摩川を渡るさえも少なく、交通需要が小さかったため後回しとされたのである。

1965年(昭和40年)に第三京浜道路が開通し、瀬田交差点から玉川ICまで(いずれも世田谷区)が重複区間とされた頃から、沿線が急速に住宅地化されて自家用車が普及し、交通需要が急増した。更に、以降次々に開通する東名高速道路1968年(昭和43年))、中央自動車道1976年(昭和51年))、東京川越道路1971年(昭和46年)、後の関越自動車道)の各起点を、渋滞が激しく線形も悪い首都高速道路に代わって短絡するルートとなり、大型車をはじめとする通過需要も加わったため、整備が急がれることになった。しかし、もはや過密化した土地利用と急上昇した地価に対して用地取得は一向に進まず、一部を建設費や工期のかさむ地下ルートとせざるを得なくなるなど、全線開通は遅れに遅れることとなった。

最後まで残ったのは練馬区井荻トンネルから目白通りまでと、練馬区の川越街道から板橋区の環八高速下交差点(首都高速5号池袋線との交差場所)までの区間である。2006年平成18年)5月28日にようやく供用が開始された。全線開通は最初の構想から実に80年近く、戦後の正式な計画決定からも60年かかったことになる。なお、全線開通記念式典で東京都知事石原慎太郎(当時)は『(本格着工から)50年かかった』と発言している。この間の総工費はおよそ5千億円であったと言われる[2]

路線状況[編集]

練馬中央陸橋。目白通り(前後)との交点。
井荻トンネル 外回り 分岐部
練馬トンネル 外回り
北町若木トンネル 外回り

最高速度は概ね60km/h。大田区内は50km/hであったが、最高速度規制の見直しにより法定速度に見直された[3]

通称[編集]

  • 環八(かんぱち)通り(東京都通称名設定公告 整理番号87、1984年5月1日 東京都広報)

重複区間[編集]

国道131号
大田区羽田空港(穴守橋交差点付近) - 大田区東糀谷(大鳥居交差点
国道466号
世田谷区瀬田・玉川台(瀬田交差点) - 世田谷区上野毛・野毛(第三京浜道路玉川IC
東京都道441号池袋谷原線(旧富士街道
練馬区春日町(春日町交番前(練馬春日町駅付近)交差点) - 練馬区平和台(平和台駅前交差点)

支線[編集]

補助126号線が世田谷区奥沢4丁目で分岐しているが、この路線の環八通り〜東玉川交差点の区間も都道311号線に指定されている。

道路施設[編集]

橋梁[編集]

トンネル[編集]

渋滞の原因となっている箇所[編集]

川南交差点
変則的信号で環八通り側の青時間が比較的短いのが要因。また、高井戸陸橋から続いた3車線区間がここで2車線になるため、特に外回り(井荻方面)の渋滞が激しい。この交差点は、歩行者信号だけの時間も設定されている。
中の橋交差点~高井戸駅周辺
特に外回りの渋滞が激しい。これは、瀬田方面から続いてきた直進3車線が、中の橋交差点で直進2車線に車線減少するためである。この付近は環八通りの中でも特に交通量が多いので、中の橋交差点のように変則的信号で環八側の青時間が短い交差点があると、そこがボトルネックとなってどうしても渋滞する。中の橋付近の渋滞長は都内ワースト2位となっている[4]。また2007年(平成19年)2011年(平成23年)2012年(平成24年)の3年で東京都で最も多い交通事故多発交差点[5]になった。
なお、中の橋を過ぎても、信号が連続しており、また神田川を越えるための谷越え構造による大型車の速度低下、スーパーの駐車場に出入りする車があるなど、高井戸駅付近は交通容量を低下させる要素がいくつもある。
環八東名入口交差点(東京インターチェンジ
この交差点は内回り・外回りともに片側5車線であるが、左折レーン1車線、直進レーン2車線、右折レーン2車線という構成であるため、2車線分しか直進できず、直進の交通容量不足である。
瀬田交差点
玉川通り(国道246号)との交差点。第三京浜と東名の間を行き来する車両が多いのが渋滞の一因。詳細は当該項目を参照。
南蒲田交差点
第一京浜との平面交差が原因(かつては京急本線との踏切がそれに拍車をかけていた)。交差点信号は京急本線との踏切の関係上、第一京浜品川方からの右折信号しか連動していなかったが、京急本線上り線は2008年(平成20年)5月18日に、下り線は2010年(平成22年)9月26日に高架化されたことで踏切による渋滞は解消された。その後、2012年(平成24年)12月9日に第一京浜側の立体交差も完成したことから渋滞は大幅に緩和されている。

地理[編集]

周辺には、東京国際空港(羽田空港)などがある。

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

交差する道路 交差点名 所在地
国道357号東京湾岸道路 おおとり橋 大田区
首都高速道路湾岸線湾岸環八出入口
国道131号
首都高速1号羽田線羽田出入口 首都高速神奈川1号横羽線(羽田出入口) 羽田ランプ
国道131号 東京都道6号東京大師横浜線(産業道路) 大鳥居
国道15号第一京浜 南蒲田
補助27号線(東邦医大通り) 蒲田郵便局
東京都道11号大田調布線(多摩堤通り) 多摩川1丁目
国道1号第二京浜 矢口陸橋
東京都道11号大田調布線(多摩堤通り) 東京都道421号東品川下丸子線(池上通り) 千鳥3丁目
東京都道11号大田調布線(多摩堤通り) 下丸子駅
東京都道2号東京丸子横浜線中原街道 田園調布警察
東京都道312号白金台町等々力線(目黒通り) 等々力不動前 世田谷区
国道466号第三京浜玉川IC 第三京浜入口
東京都道416号古川橋二子玉川線(駒沢通り) 多摩美大
東京都道427号瀬田貫井線
国道246号(玉川通り)
瀬田
東名高速道路東京IC 首都高速3号渋谷線用賀出入口
東京都道3号世田谷町田線(世田谷通り) 三本杉陸橋
東京都道428号高円寺砧浄水場線(荒玉水道道路) ※信号なし
東京都道118号調布経堂停車場線 千歳台
国道20号(甲州街道) 上高井戸1丁目
東京都道14号新宿国立線東八道路 中の橋 杉並区
東京都道14号新宿国立線(人見街道
東京都道7号杉並あきる野線井ノ頭通り 東京都道413号赤坂杉並線(井ノ頭通り) 環八井の頭
東京都道7号杉並あきる野線(五日市街道 環八五日市
東京都道4号東京所沢線青梅街道 四面道
東京都道438号向井町新町線早稲田通り 清水3丁目
東京都道245号杉並田無線新青梅街道 東京都道440号落合井草線(新青梅街道) 井草3丁目
東京都道439号椎名町上石神井線千川通り
東京都道25号飯田橋石神井新座線(旧早稲田通り) 練馬区
東京都道443号南田中町旭町線笹目通り 環八南田中
東京都道8号千代田練馬田無線目白通り 練馬中央陸橋
東京都道443号南田中町旭町線
東京都道441号池袋谷原線 - ※信号なし
東京都道442号北町豊玉線
東京都道441号池袋谷原線 平和台駅
国道254号川越街道 練馬北町陸橋
東京都道447号赤羽西台線 首都高速5号池袋線中台出入口 環八高速下 板橋区
国道17号中山道 志村3丁目
東京都道447号赤羽西台線 赤羽北2丁目 北区
国道122号岩槻街道北本通り 東京都道445号常盤台赤羽線 赤羽
  • なお、環八南田中交差点 - 練馬中央陸橋が未開通だった頃は、環八通りと笹目通りが一体的な道路として認識されていたこともあり、笹目通りも環八と呼ばれることも多く、今でもそう認識している人が多いようである。

交差・並行している鉄道路線と駅[編集]

環七と比べ、道路と駅の隣接率が低い、鉄道路線との並行区間が多いことなどが特徴である。■印は、道路建設当時に高架化された鉄道。

環八雲[編集]

夏の暑い日などに東京の西側、特に環八通り沿線に半円状に現れる積雲列。

1969年(昭和44年)に、アマチュア気象学者によって発見された。晩夏から初秋にかけて頻繁に発生し、ゲリラ豪雨(都市型集中豪雨)が発生する一因となっている。同様の現象として環七雲がある。積雲である環八雲がゲリラ豪雨を降らせるわけではないが、強い上昇気流で積乱雲が発生する気象条件下、その途上で雲の核ができやすい環八上空は周囲よりも先に積雲列が出来ることがある。

ヒートアイランド現象により東京都心の温度が周囲に比べて高くなり、そこに相模湾東京湾からそれぞれ吹き込む海風が大田区世田谷区の東京都区内の西側を走る環状八号線付近で収束し、上昇気流ができることが原因とされる。

さらに、環八上空では自動車排気ガスによる汚染物質が多く存在し、これが核となって雲が発生しやすくなっているとされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京都第二建設事務所管内図 (PDF)”. 2014年6月14日閲覧。
  2. ^ 環八通り 28日に全線開通へ ライブドアニュース
  3. ^ 最高速度規制の見直しについて 警視庁” (2016年5月25日). 2016年6月8日閲覧。
  4. ^ 交通量統計表(平成20年調査) 警視庁交通部
  5. ^ 全国交通事故多発交差点マップ」 日本損害保険協会、2015年8月13日
  6. ^ 同駅で東京メトロ丸ノ内線が接続しているが、環八通りとは交差はしていない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]