東京都道11号大田調布線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
東京都道11号標識
東京都道11号大田調布線
路線延長 25.0 km(実延長)
起点 東京都大田区東蒲田
終点 東京都調布市国領町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0015.svg国道15号
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
Japanese National Route Sign 0466.svg国道466号
Japanese National Route Sign 0246.svg国道246号
Japanese National Route Sign 0020.svg国道20号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
大田区下丸子付近(2010年6月5日)

東京都道11号大田調布線(とうきょうとどう11ごうおおたちょうふせん)は、東京都大田区から東京都調布市に至る都道主要地方道)である。

概要[編集]

  • 起点:東京都大田区東蒲田(東蒲田二丁目交差点)
  • 終点:東京都調布市国領町(旧甲州街道入口交差点)
  • 路線延長:25,009 m(実延長、2013年4月1日現在)[1]

歴史[編集]

現在の東京都道11号大田調布線は、1993年平成5年)5月11日の「建設省告示第千二百七十号」(道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道)により、主要地方道として指定されている。

京王線地下化以前は国領駅付近の踏切がネックとなり踏切渋滞や事故が多く、危険であったが、2012年8月に京王線が国領駅とともに地下化され、同時に交差する踏切も廃止・撤去された。

路線状況[編集]

通称[編集]

  • 多摩堤通り(大田区・東蒲田二丁目交差点 - 世田谷区喜多見/成城
  • 世田谷通り(世田谷区喜多見/成城 - 狛江市東和泉・狛江三叉路交差点)
  • 狛江通り(狛江市東和泉・狛江三叉路交差点 - 調布市国領町・国領駅入口交差点)
  • 旧甲州街道(調布市国領町・国領駅入口 - 調布市国領町・旧甲州街道入口交差点)

重複区間[編集]

橋梁[編集]

  • 菖浦橋
  • 新井橋
  • 中之橋(都道3号重複区間)

都市計画路線名[編集]

  • 補125(世田谷区大蔵)
  • 補214(狛江市岩戸南)

道路交通センサス[編集]

道路交通センサスによる大田調布線の各観測地点での交通量はそれぞれ以下の通りである(いずれも平成22年2010年度時点)[2]

観測地点
大型車台数 小型車台数 二輪車類 自転車類 歩行者類 車道部 歩道部 車線数
世田谷区玉堤1 1,363台 7,612台 なし 96台 21台 6.50m 0.00m 2
世田谷区大蔵6-19 1,510台 7,787台 841台 943台 584台 11.50m 1.00m 2
狛江市岩戸南4-22 349台 5,193台 なし 661台 269台 5.50m 1.00m 2

将来の対策など[編集]

  • 緊急輸送道路として当道については、世田谷通り(都道3号重複)は第一次緊急輸送道路、狛江通りと旧甲州街道の全区間は第二次緊急輸送道路、多摩堤通りの内、起点付近は第三次緊急輸送道路、多摩川駅から二子玉川駅間の多摩川沿い区間では緊急河川敷道路に分類されている[3]

地理[編集]

多摩川左岸に沿う経路である。

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

交差する鉄道[編集]

この内、東急池上線と東急多摩川線(3箇所全て)との交差については現在も踏切が存在している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『東京都道路現況調書 平成25年度』 東京都建設局道路管理課、2014年1月、80頁。
  2. ^ 平成22年度道路交通センサス交通量調査(区部) (PDF) 東京都交通量報告書(区部)。32-34頁。
  3. ^ 東京都 緊急輸送道路ネットワーク計画 (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]