東京都道428号高円寺砧浄水場線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荒玉水道道路(東京都世田谷区砧)
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
東京都道428号標識

東京都道428号高円寺砧浄水場線(とうきょうとどう428ごう こうえんじきぬたじょうすいじょうせん)は、東京都杉並区梅里から東京都世田谷区喜多見に至る、特例都道である。通称は荒玉水道道路である[1]

概要[編集]

道路の地下には荒玉水道水道管が埋設されており、ほぼ全線が一直線の道路形状となっている。1934年昭和9年)竣工、当初は歩行者専用道路1962年(昭和37年)より自動車通行可能となった。しかし、水道管保護のため重量制限が設けられ、車両幅 1.7m、1.8m を超える車両の通行を制限する交通規制が取られており[2]、他道路との交差部等にポールが設けられているのが特徴である。一部区間では、車両の重量規制の他に、埋設に関して特別な補強がなされてもいる。

路線データ[編集]

交差道路[編集]

道路に面した主な施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京都通称道路名ではないが通称として使われている(世田谷区内の国道・都道及び東京都通称道路名一覧
  2. ^ 東京都建設局/第二建設事務所/道路・河川の管理/車両制限令による交通規制[1]

関連項目[編集]