東京都道484号豊洲有明線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
特例都道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
東京都道484号標識
東京都道484号
豊洲有明線
地図
東京都道484号豊洲有明線の位置(東京23区内)
豊洲
豊洲
有明
有明
主な経由地
路線延長 3.0 km
制定年 未調査
起点 江東区豊洲二丁目
終点 江東区有明三丁目
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0357.svg国道357号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
豊洲市場、左管理施設棟 右水産仲卸売場棟(2018年10月15日撮影)

東京都道484号豊洲有明線(とうきょうとどう484ごう とよすありあけせん)は、東京都江東区内を通過する特例都道である。支線は中央区も通る。

概要[編集]

江東区豊洲と江東区有明を結ぶ路線。2006年3月に全線開通した道路である。国道357号以南は旧東京都道483号有明線であった。

全体として、片側2車線 - 片側3車線という、広幅員の道路となっており、また、交通量もさほど多くないため、日中でもほとんど渋滞せず、流れはスムーズである。2006年(平成18年)11月に開通した有明通りと併せて、港湾地区の交通分散に役立っている。

新豊洲駅から市場前駅にかけては、道路沿いに豊洲市場の施設が並ぶ。また、本線の豊洲市場前交差点から国道357号交点までの区間と豊洲大橋を通る支線は、都市計画道路環状2号線の一部を構成する。

路線データ[編集]

  • 総延長:3.0km[1]
  • 実延長:3.0km[1]
  • 起点:東京都江東区豊洲二丁目(豊洲駅前交差点)
  • 終点:東京都江東区有明三丁目(東京ビッグサイト前交差点)

路線状況[編集]

通称[編集]

環二通り:有明中央橋南交差点 - 月島警察署前交差点=東京都通称道路名設定公告(2014年4月1日)整理番号138

交通量[編集]

24時間自動車類交通量(台/日)[1]

  • 27,320(推定値)

橋梁[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

交差する道路の特記がないものは区道

本線
交差する道路 交差点名
東京都道319号環状三号線 菊川木場方面
東京都道304号日比谷豊洲埠頭東雲町線(晴海通り) 江東区 豊洲駅前
豊洲埠頭前
東京都道304号日比谷豊洲埠頭東雲町線支線(有明通り) 晴海大橋南詰
東京都道484号豊洲有明線支線(環二通り) 東京都道484号豊洲有明線支線 豊洲市場前
都橋通り(台場有明北連絡道路) 有明コロシアム東
国道357号湾岸道路 有明中央橋北
有明中央橋南
- 有明駅前
港湾道路青海有明南連絡線 東京ビッグサイト前
支線1
交差する道路 交差点名
東京都道484号豊洲有明線本線(環二通り)
東京都道484号豊洲有明線本線 東京都道484号豊洲有明線支線 江東区 豊洲市場前
東京都道304号日比谷豊洲埠頭東雲町線支線 中央区 月島警察署前
東京都道50号東京市川線支線(環二通り)築地方面
支線2
交差する道路 交差点名
東京都道484号豊洲有明線本線
東京都道484号豊洲有明線豊洲大橋支線(環二通り) 東京都道484号豊洲有明線本線(環二通り) 江東区 豊洲市場前
都橋通り(台場有明北連絡道路) 有明テニスの森
国道357号(湾岸道路) 有明二丁目
フェリー埠頭方面

接続・並行する鉄道[編集]

主なスポット[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 平成22年度道路交通センサス 2011年12月1日閲覧。

関連項目[編集]