玉川インターチェンジ (東京都)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

座標: 北緯35度36分24秒 東経139度38分24秒 / 北緯35.60667度 東経139.64000度 / 35.60667; 139.64000

玉川インターチェンジ下り線入口(2007年5月24日撮影)

玉川インターチェンジ(たまがわインターチェンジ)は、東京都世田谷区野毛にある第三京浜道路インターチェンジで起点である。首都高速道路との接続はない。

環八通りを経由して最寄りの首都高速3号渋谷線用賀出入口を利用することになるが、中間地点となる「瀬田」交差点は東京都内有数の渋滞の名所である。また、環八通りと目黒通りと接続する「等々力不動」交差点が当インターチェンジから約1キロメートル先にあり、目黒方面へのアクセスも良好である。

接続している道路[編集]

直接接続[編集]

  • E83第三京浜道路(1番)
  • 東京都道311号環状八号線(環八通り)

環八通り経由[編集]

歴史[編集]

  • 1964年10月6日 : 玉川インターチェンジから京浜川崎インターチェンジまでの開通に伴い開設。
  • 当地にインターチェンジを設けたのは、将来的に延伸予定であった首都高速五反田線(現:首都高速2号目黒線)あるいは首都高速3号渋谷線との接続を考慮してのものである[1]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 安い! 広い! 走りやすい! 「第三京浜」 なぜそうなった 首都高横浜北西線の影響は?(2/3)”. 乗りものニュース (2020年6月26日). 2020年6月26日閲覧。

[編集]

E83 第三京浜道路
(1)玉川IC - 玉川TB - (2)京浜川崎IC

関連項目[編集]