インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
米国ダラスハイ・ファイブ。インターチェンジの構造の一例。複雑な5層構造型であり、側道及びHOVレーン付近用のインターチェンジである。この混合設計は、高速道路の4層構造及び側道管制目的の3層ダイヤモンド型インターチェンジの各部分に基づく。

インターチェンジ: interchange)とは、複数の道路が交差する、又は近接する箇所において、その道路の相互を連結するランプを設けて、これらの道路を立体的に接続する構造の施設である。

日本のインターチェンジ[編集]

日本でのインターチェンジは、その多くが道路法(昭和二十七年六月十日法律第百八十号)第四十八条の三に定義された「自動車専用道路の部分を道路軌道一般自動車道又は交通の用に供する通路その他の施設と交差させようとする場合の当該交差の方式」に規定された立体交差となる施設であり、インターチェンジの所属する道路の道路管理者(国土交通省、道路管理会社、都道府県等)が管理し名称等を決定している。

  • 「インターチェンジの構造」は、複数の道路との間をランプを介して接続し、交差は立体交差となっている構造である。
    • 道路構造令における第1種の高速自動車国道、及び自動車専用道路の場合は、第3種や第4種とランプで接続しているインターチェンジの構造のとき、インターチェンジとしている。
    • 道路構造令における第2種の都市高速道路等は、インターチェンジの構造であってもランプが1本や2本など少ないこともあり特にインターチェンジの名称は付けていないことが殆どである(例:福岡高速環状線天神北出入口(天神北ランプ)等)。
    • 道路構造令における第1種の高速自動車国道、及び自動車専用道路や第2種の都市高速道路等のそれぞれをランプで接続している構造は、インターチェンジの構造であるが特にジャンクションとしている。
    • 道路本線車道は、インターチェンジに含まれない。又、複数の道路の本線車道の相互が直接接続する場合は、インターチェンジでは無い。
    • 一般道路などでは、インターチェンジの構造であっても、名称にインターチェンジを用いないこともある。

道路構造令では、第1種と第2種の道路は他の道路との接続はランプで接続しなければならない。但し、本線車道の相互での平面接続は可能である(交差は不可)が、実際としては交通障害にならないような連続する構造が専らである。(高速道路での左右ルートへの分流・合流する箇所など)

道路立体交差の内、「ランプが複数ある構造の施設」が「インターチェンジ構造の施設」であり、そのインターチェンジ構造の施設の一部を○○インターチェンジと名称がつけられている。ジャンクションとは、インターチェンジ構造の施設であり構造上では何らインターチェンジと変わりはない。

有料道路におけるインターチェンジの付帯設備[編集]

有料道路のインターチェンジには料金所検札所が設けられることが多い。料金所の種類としては、有人によるもの(係員が発券、料金の徴収などを行うもの)、ETC設備によるもの、なんらかの機器により自動で発券・料金徴収を行うものがある。また、高速バスのためのバス停やサービスエリア (SA) やパーキングエリア (PA) と併設されることもある。

出入り口を増やす社会実験として、2005年よりSAやPAなどにETC専用の出入り口「スマートインターチェンジ」が設けられており、2009年1月現在31箇所が実験期間終了後に恒久化されている。

分類[編集]

インターチェンジ形状には、全ての車線で平面交差を許容しない「完全立体交差型」と、1箇所以上の平面交差を容認する「不完全立体交差型」に区分できる[1]。前者の代表格がトランペット型やY型で、高速道路相互または高速道路一般道路との接続に多く用いられる。後者の代表格がダイヤモンド型や平面Y型で、高速道路と交通量の多くない一般道路、あるいは一般道路同士の接続に多く用いられる。前者は後者に比べて安全性が高いが、用地面積や構造物を多く必要とするため、コストは高くつく[1]

名称 代表例 イメージ 事例
トランペット型[2] 名神高速道路北陸自動車道 米原JCT
名神高速道路(-阪神高速道路) 豊中IC
九州自動車道 門司IC
九州自動車道 太宰府IC
伊勢自動車道名阪国道 伊勢関IC
中国自動車道舞鶴若狭自動車道 吉川JCT
中国自動車道 滝野社IC
東名高速道路 名古屋IC
東北自動車道 仙台南IC
関越自動車道 長岡IC
上信越自動車道 長野IC
北陸自動車道 福井IC
中央自動車道 中津川IC
トランペット型 Ottawa River Parkway interchange.jpgカナダオタワ
Y型(直結Y型)[3] 首都高速道路 小菅JCT堀切JCT江北JCT板橋JCT Y型
Y型(準直結Y型)[3] 東北自動車道 仙台宮城IC
磐越自動車道 磐梯熱海IC
北陸自動車道上信越自動車道 上越JCT
上信越自動車道 上田菅平IC
長野自動車道 塩尻北IC
東海北陸自動車道 飛騨清見IC
東名高速道路 横浜青葉IC
中央自動車道 小牧東IC
舞鶴若狭自動車道 舞鶴西IC
名神高速道路 京都東IC
九州自動車道 南関IC
Y型 California SR 85 and SR 87 Interchange.jpgカリフォルニア州サンノゼ
Tボーン型 東北自動車道 郡山IC
磐越自動車道 小野IC
長野自動車道 岡谷IC
北陸自動車道 美川IC
中央自動車道 土岐IC
Tボーン型
ダイヤモンド型[4] 東名高速道路 裾野IC
名神高速道路 尼崎IC
阪和自動車道 岸和田和泉IC
西名阪自動車道 法隆寺IC
首都圏中央連絡自動車道 幸手IC
山陽自動車道 龍野IC
ダイヤモンド型 Overview of West Lancaster.jpgオハイオ州ファイエット郡
完全ダイヤモンド型 ・- 完全ダイヤモンド型
折畳みダイヤモンド型
(折畳み部分的クローバー型とも)
日本海東北自動車道 松ヶ崎亀田IC
椎田道路 築城IC(改築前)[5]
折畳みダイヤモンド型(折畳み部分的クローバー型とも)
3層ダイヤモンド型 国道16号東大宮バイパス埼玉県道3号さいたま栗橋線 原市交差点・陸橋・地下道 3層ダイヤモンド型
分岐ダイヤモンド型 ・- 分岐ダイヤモンド型
平面Y型[6] 山形自動車道 庄内あさひIC
東関東自動車道 四街道IC
中央自動車道 上野原IC
磐越自動車道 三川IC
関越自動車道 水上IC
上信越自動車道 豊田飯山IC
北陸自動車道 片山津IC
東海北陸自動車道 郡上八幡IC
舞鶴若狭自動車道 小浜西IC
中国自動車道 美祢西IC
九州自動車道 みやま柳川IC
T型
クローバー型[7] 九州自動車道 鳥栖JCT[8]
国道16号袖ヶ浦IC[9]
国道357号浦安IC
クローバー型 Klaverblad unknown location .jpg
トルコイスタンブル
不完全クローバー型[4] 東名阪自動車道名阪国道 亀山IC
名神高速道路 大垣IC
宮崎自動車道東九州自動車道 清武JCT
B2
A4
Derry and 407.jpgカナダオンタリオ州
半クローバー型 ・- 半クローバー型
対向ループ型[4] 東京外環自動車道東北自動車道 川口JCT Two-level cloverstack型
Three-level cloverstack型
Ridderkerk interchange.jpg
オランダKnooppunt Ridderkerk
タービン型[3] 東京外環自動車道常磐自動車道 三郷JCT
第二京阪道路京滋バイパス 久御山JCT
大阪中央環状線新御堂筋 千里IC
Two-level Turbine
Three-level Turbine
Two-level Turbineイリノイ州シカゴ
ロータリー型[10] 首都高速道路 箱崎ロータリー ロータリー型
ラウンドアバウト型 Kinsale Road Roundabout (アイルランドコーク)
Denham Roundabout (英国Denham)
Staples Corner (英国ロンドン)
Roundabout interchange Opatovice nad Labem kruhový objezd from air K2 -1.jpgチェコパルドゥビツェ州
3方向ラウンドアバウト型 ・- 3方向ラウンドアバウト型
スタック型 Four Level Interchange (カリフォルニア州ロサンゼルス)
High Five Interchange (テキサス州ダラス)
4層構造型 Viaduct in Puxi, Shanghai.jpg
中国上海市
風車型 ・- 風車型
分岐風車型 ・- 分岐風車型
分割バレーボール型 ・- 分割バレーボール型
Uターン型 ・- Uターン型
3/4バレー型 ・- 3/4バレー型
両方向型 ・台湾の中山高速公路支線 五股楊梅高架橋 泰山轉接道 両方向インターチェンジ型 401 Basketweave Crop.jpgカナダオンタリオ州バスケットウィーブ
一点都市型 東京外環自動車道 美女木JCT 一点都市型 一点都市型フロリダ州オーランド

インターチェンジ名称[編集]

インターチェンジの命名法は、アメリカのハイウェイに倣っており、方角を示す「東西南北」などは地名の後ろに付記される[11]

名称は計画段階で立地する自治体名が仮称として用いられ、開通間近になると確定される(JCTなども同じ)。基本的に仮称時と同じであるが、自治体名の変更[※ 1]や施設の変更[※ 2]により変更される場合がある。開通後の名称変更は原則的に行われないのが通例であるが例外もある[※ 3]

インターチェンジ番号[編集]

基本的に、起点から終点に向かって番号が振られていくが、開通当初より設置する計画があるが供用が遅れる場合にその施設を一時的に欠番とする(例えば東名高速道路の場合、起点の東京ICの次は東名川崎ICであるが、その間に東京外かく環状道路とのJCTの設置が予定されているため、番号は1番から3番に飛ぶ)、幹線道路から分岐するためあえて終点から番号を振る(北陸自動車道長崎自動車道など)、全線開通すると環状道路となるため通しの番号が振りにくく、ジャンクションを過ぎることでインターチェンジ番号を繰り上げる(東京外環自動車道など)などの例外も存在する。

欠番がない既存のインターチェンジの途中区間にインターチェンジが追加された場合、ハイフンを用いて枝番としている(ただし、旭川紋別自動車道愛山上川IC(2-1)、関越自動車道赤城IC(12-1)・塩沢石打IC(16-1)などのように追加ICでは無いにも関わらず例外で枝番が振られた例がある)[※ 4]。更に追加された場合は枝番が大きくなるが、小さい数字の側に追加された場合、番号が振り直される(例:常磐自動車道流山ICは当初「1-1」だったが、IC番号「1」の三郷インターチェンジとの間に三郷料金所スマートICが設置されたことにより「1-2」に振りなおされた。また、当初より設置計画がある場合、あえて欠番にしておくこともある。例:IC番号「5-1」の中国自動車道神戸JCTが開通する前より神戸三田ICの番号は5-2だった)。

将来的に本線が延伸された際に備えて、接続する支線に枝番を振る例もある(長崎多良見ICから分岐する長崎バイパスなど。後に長崎自動車道本線が開通した)。

他の道路と接続がない場合、接続されるまでインターチェンジ番号が振られないこともある。また、後から既開通区間の番号が新規開通区間に合わせて振り直されることもある(宇佐別府道路など)。

1972年頃までは明確な番号割り当てルールがなく、各路線ごとに番号割り当てルールが決められていた。

利便増進施設の占用[編集]

1998年9月の道路法改正により、高速自動車国道又は自動車専用道路の連結路附属地(インターチェンジの敷地)に、食事施設、購買施設その他これらに類する施設(これらは「利便増進施設」と総称される)の事業者を公募して、占用料を徴収した上で占用を許可できるようになった。同年12月、沼田IC袋井ICにおけるコンビニエンスストアの開業を皮切りに、各地で事業化された。

インターチェンジ周辺に立地する施設[編集]

基本的には一般道路の幹線道路に準じる。ガソリンスタンド、駐車場を備えた飲食店(ファミリーレストランドライブインなど)など乗用車の利用者向け店舗が多い。また娯楽施設としてボウリング場、パチンコ店なども見られる。自動車販売店や、インターチェンジの物流機能を期待して工場・倉庫・トラックターミナルなども多い。

この他に特徴的なものとして、ラブホテルまたはモーテルがしばしば見られ、多数立地することも多い。特に周辺部が文教地区や住宅地である場合、風紀や教育環境を乱すとしてトラブルも起きる。自動車の増加による騒音・大気汚染などの他にこのことがインターチェンジ建設への反対要因となることもある。

観光地周辺のインターチェンジではみやげ物の店舗も多い。

その他、近年ではショッピングセンター・スーパーマーケットなど、ロードサイド店舗の集積による大規模開発もしばしば見られる。特に無料道路においては、サービスエリアやパーキングエリアの代替として道の駅・コンビニ・飲食店などをインターチェンジ周辺に設ける個所もある。

暫定的なインターチェンジ[編集]

一般的にインターチェンジは恒久運用を前提として設置されるが、短期間(数か月~数年)の供用を目的とした「仮出入口」として設置される場合がある。

主に未開通区間や長期通行止め区間が存在する際、末端インターと市街地もしくは最速ルートとなる一般道が離れている場合等に利便性改善のために設けられる。また、国際科学技術博覧会(科学万博)の開催に伴い一時的に開設された例(常磐自動車道谷田部仮出口)もある。一定の期限(開通や通行止め解除)が来ると閉鎖される場合が多いが、仮出入口から正規インターチェンジに昇格する場合もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 北関東自動車道:岩瀬IC→桜川筑西ICなど。
  2. ^ 首都圏中央連絡自動車道:桶川JCT→桶川北本ICなど。
  3. ^ 東名高速道路:横浜青葉ICの新規開設に伴い、既設の横浜ICが横浜町田ICへ変更など。
  4. ^ 逆に上野原IC(9)や小牧東IC(32)など追加インターのなかでハイフンを用いない例もある

出典[編集]

  1. ^ a b 第5章 立体交差 (PDF) - 「道路構造令の解説と運用」平成15年度 地区講習会資料(日本道路協会)
  2. ^ 社団法人日本道路協会,「道路構造令の解説と運用」, 平成16年2月, p522
  3. ^ a b c 社団法人日本道路協会,「道路構造令の解説と運用」, 平成16年2月, p523
  4. ^ a b c 社団法人日本道路協会,「道路構造令の解説と運用」, 平成16年2月, p519
  5. ^ 椎田道路 大規模改築事業の概要 別紙 (PDF) , p2, 2015年6月19日閲覧
  6. ^ 社団法人日本道路協会,「道路構造令の解説と運用」, 平成16年2月, p514
  7. ^ 社団法人日本道路協会,「道路構造令の解説と運用」, 平成16年2月, p515
  8. ^ 供用後にサガンクロス橋を追加した亜種となっている。
  9. ^ 東京湾アクアライン連絡道袖ヶ浦インターチェンジではない。なお、ランプ上に京葉臨海鉄道臨海本線の踏切が存在する。
  10. ^ 社団法人日本道路協会,「道路構造令の解説と運用」, 平成16年2月, p524
  11. ^ 武部健一 2015, pp. 196-197.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]