米子自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高速自動車国道
(有料 / 無料)
米子自動車道
E73 米子自動車道
路線延長 66.5 km
開通年 1992年平成3年) -
起点 岡山県真庭市落合JCT
主な
経由都市
鳥取県伯耆町
終点 鳥取県米子市米子IC/JCT
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
日野川中流域岡山県境付近を通過する米子自動車道。奥に俣野川発電所の上池(土用ダム湖)と下池(猿飛湖)を望む。
久世インターチェンジ付近
岡山県真庭市目木で撮影
江府インターチェンジ付近
鳥取県日野郡江府町佐川で撮影

米子自動車道(よなごじどうしゃどう、YONAGO EXPRESSWAY)は、岡山県真庭市落合ジャンクション (JCT) を起点とし、鳥取県米子市へ至る、高速道路高速自動車国道)である。略称は米子道(よなごどう、YONAGO EXPWY)。法定路線名は岡山自動車道と併せて中国横断自動車道岡山米子線岡山市北区 - 境港市)である。高速道路ナンバリング(高速道路等路線番号)では、岡山自動車道中国自動車道[注釈 1]とともに「E73」が割り振られている。

概要[編集]

岡山県の真庭市と鳥取県の米子市を結ぶ高速道路で、中国横断自動車道岡山米子線の一部である。1989年(平成元年)12月14日に最初の区間である江府インターチェンジ (IC) - 米子IC間が供用を開始した。

全区間を西日本高速道路(NEXCO西日本)が管理・運営している。

険しい中国山地を通過するためトンネルやカーブが多く、冬季は湯原IC - 江府IC間でチェーン規制を実施することが多い。

ゴールデンウィークやお盆などの行楽シーズンや年末年始は溝口IC - 米子IC/JCT間などで渋滞が発生しており、NEXCO西日本も例年5 - 15キロメートル (km) の渋滞予測を発表している。落合JCT - 蒜山IC間も毎度のように渋滞予想が出されていたが、4車線化により回数は大幅に減少した。

蒜山高原サービスエリア及び大山パーキングエリアからは日本百名山の一つである大山が一望できる。

インターチェンジなど[編集]

IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
BS 備考 所在地
(15) 落合JCT E2A 中国自動車道 0.0 - 岡山県 真庭市
1 久世IC 国道181号 3.2
- 上野PA - 7.2
- 摺鉢山TN - - 上り線 4,090 m
下り線 4,100 m
2 湯原IC 国道313号
北条湯原道路(予定)
15.6
- 玉田山TN - - 上り線 1,655 m
下り線 1,630 m
- 二川BS - 24.0 2016年7月15日供用再開[1][2]
- 蒜山高原SA - 32.5
3 蒜山IC 国道482号 33.5
- 三平山TN - - 長さ 2,260 m
鳥取県 江府町
- 宮市TN - - 上り線 340 m
下り線 370 m
4 江府IC 国道181号
国道183号
国道482号
江府三次道路(予定)
48.9
- 根雨原TN - - 長さ 720 m 伯耆町
5 溝口IC 県道45号倉吉江府溝口線 57.2
5-1 大山PA
大山高原SIC
県道326号大山高原スマートインター線 61.7
- 米子TB - 66.1 - 本線料金所 米子市
6
(16)
米子IC/JCT E9 山陰自動車道
国道431号
66.5 ICとJCTが一体化構造
JCTは松江・出雲方面のみ接続
ICは中国道・岡山方面出入口のみ
境港方面(基本計画区間)

歴史[編集]

  • 1989年平成元年)12月14日 : 江府ICと米子IC間の供用を開始する。
  • 1992年(平成4年)12月18日 : 落合JCTと江府IC間の供用を開始し、全線が供用される。なお、この時点では落合JCTから久世IC間のみ両側4車線で、他の区間は暫定2車線となっていた。
  • 2004年(平成16年)11月30日 : 上野PAと湯原IC間が両側4車線化される。
  • 2005年(平成17年)
  • 2006年(平成18年)8月11日 : 米子JCTの一部が供用を開始し、米子自動車道の落合・岡山方面から山陰自動車道の松江・出雲方面が直結される。
  • 2009年(平成21年)12月18日 : 蒜山高原SA(上下線)のトイレが改装される。
  • 2011年(平成23年)
    • 2月9日 : 落合JCTと米子IC間が、高速道路無料化社会実験対象区間に指定される[3](実際には社会実験は行われなかった)。
    • 6月30日 : 大山高原スマートICの供用を開始する[4][5]
    • 10月12日 : 久世ICと上野PA間の対面通行が解消される[6]
    • 12月9日 : 久世ICと上野PA間が両側4車線化され、落合JCTから蒜山IC間の両側4車線化が完了する[7]

路線状況[編集]

車線・最高速度[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度
落合JCT - 蒜山IC 4=2+2 80 km/h
蒜山IC - 宮市トンネル 2=1+1
(暫定2車線)
70 km/h
宮市トンネル 4=2+2 80 km/h
宮市トンネル - 溝口IC 2=1+1
(暫定2車線)
70 km/h
溝口IC - 大山PA 4=2+2 80 km/h
大山PA - 米子IC/JCT 2=1+1
(暫定2車線)
70 km/h

サービスエリア・パーキングエリア[編集]

  • 米子道のサービスエリア (SA) は蒜山高原SAのみである。一般的なSAの設備をもつが、下り線のガソリンスタンドについては深夜営業を行っていない。
  • 売店があるパーキングエリア (PA) は、大山PA上り線のみだが、下り線からも歩行者用通路を介して利用することができる。なお、その他のPAは自動販売機のみの営業である。
  • 大山PA - 宍道湖SA山陰自動車道)間にはSA・PAがない。なお、島根県東部高速道路利用促進協議会では、インターチェンジや管理事務所及びインターチェンジ周辺のコンビニエンスストアにあるトイレ(いずれも道路外の施設)を記した案内図を独自に制作・配布し、利用者の便宜に供している[8]

トンネル[編集]

米子道沿線には、22のトンネルが設けられている。トンネル要目およびIC間ごとの設置数は下記を参照。

トンネル名と長さ
区間 トンネル名 長さ 備考
落合JCT - 久世IC なし
久世IC - 湯原IC 大内原トンネル(おおうちばら) 220 m
米来トンネル(めき) 160 m
木谷山トンネル(きたにやま) 100 m
二川トンネル(ふたがわ) 250 m
横瀬トンネル(よこせ) 170m
打井畑トンネル(うついばた) 120 m
伏ヶ茅トンネル(ふしがかや) 距離表示のない短いトンネル
芦谷トンネル(あしだに) 170 m
摺鉢山トンネル(すりばちやま) 上り 4,090 m
下り 4,100 m
米子自動車道の中で最長のトンネル
湯原IC側トンネル出口付近に
チェーンベースあり
湯原IC - 蒜山IC 久見トンネル(ひさみ) 710 m
玉田山トンネル(たまだやま) 上り 1,655 m
下り 1,630 m[注釈 2]
近くにチェーンベースあり
鳥居トンネル(とりい) 610 m
蒜山IC - 江府IC 三平山トンネル(みひらやま) 2,260 m トンネル内は対面通行
宮市トンネル(みやいち) 上り 340 m
下り 370 m
小江尾トンネル(こえび) 210 m トンネル内は対面通行
江府トンネル(こうふ) 470 m
江府IC - 溝口IC 佐川トンネル(さがわ) 170 m
柿原トンネル(かきばら) 230 m
根雨原トンネル(ねうばら) 720 m
宮原トンネル(みやばら) 500 m
谷川トンネル(たにがわ) 600 m
添谷トンネル(そえだに) 190 m
溝口IC - 米子IC/JCT なし

道路管理者[編集]

警察[編集]

ハイウェイラジオ[編集]

  • 蒜山(湯原IC - 蒜山IC)

全線4車線化に向けた動き[編集]

米子自動車道は前述の通り、1992年(平成4年)の全線開通時点で落合JCT - 久世IC間を除く殆どの区間が暫定2車線で供用された。これは工期短縮および初期投資抑制という目的に合わせたもので、米子道以外にも日本各地でこの手法による整備が行われた(また、現在も行われている)。 しかし全線開通の結果、同じく中国道と山陰道を繋ぐ鳥取自動車道松江自動車道がまだ全通していなかった事もあり中国地方から山陰方面へのアクセスとして米子道が重宝され、ゴールデンウィークお盆正月等の連休には落合JCT - 湯原ICなどで容量オーバーによる交通渋滞が頻発した。

この状況を打開するためNEXCO西日本では起点側区間で重点的に4車線化拡幅工事を進め、2011年(平成23年)12月までに落合JCT - 蒜山ICまでの33.6 km間が4車線供用に至っており、混雑も改善が見られた。

一方で残りの蒜山IC - 米子JCTの32.6 kmについては、一部IC付近での追越車線を除いた約22 kmで対面通行が続いており[9]、積雪のある冬期をはじめ安全性の問題が指摘されている。鳥取県米子市など沿線自治体では国土交通省やNEXCO西日本に対し、安全性・定時性の確保や災害時に避難路として活用できるよう全線の4車線化を再三要望してきたが[10]、これに対する動きは見られない[注釈 3]。 こうした状況を踏まえ、2014年(平成26年)10月には鳥取県西部の9市町村のほか商工団体、旅館組合、バス・トラック協会など41機関で構成される期成同盟会(会長:野坂康夫米子市長)が設立された[9]。会では、道路全体の4車線への整備計画変更を最終目標としつつ、なかでも事故が頻発している岡山鳥取県境の三平山トンネル付近での付加車線を優先的に整備するよう関係機関に働きかけを強めていく事としている[9]

交通量[編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度 平成27(2015)年度
落合JCT - 久世IC 08,145 10,572 08,742
久世IC - 湯原IC 08,397 10,790 08,846
湯原IC - 蒜山IC 06,503 08,693 06,980
蒜山IC - 江府IC 05,916 07,435 06,364
江府IC - 溝口IC 05,757 07,335 06,274
溝口IC - 大山高原SIC 05,542 07,177 06,107
大山高原SIC - 米子IC 06,057

(出典:「平成22年度道路交通センサス」・「平成27年度全国道路・街路交通情勢調査」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

接続する高速道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 北房JCT - 落合JCT間、「E2A」と重複ナンバリング。
  2. ^ 距離は、トンネル入口手前に設置された標識の記述に準拠。
  3. ^ 理由として、当該区間の交通量が4車線化の目安とされる1日1万台に満たない事や、鳥取県内では他に山陰自動車道の整備が全盛を迎えている事などが影響していると考えられる。

出典[編集]

  1. ^ 高速バス|米子線「湯原・蒜山【二川BS】(ゆばらひるぜん【ふたかわばすすとっぷ】)」 バス停新設”. 日本交通株式会社 (2016年6月14日). 2016年6月25日閲覧。
  2. ^ 大阪方面高速バスが湯原・蒜山(二川BS)に停車します”. 生活環境部くらし安全課. 真庭市 (2016年6月22日). 2016年6月25日閲覧。
  3. ^ “膨らむ期待 米子道で高速道無料化実験へ”. 日本海新聞 (新日本海新聞社). (2011年2月9日). オリジナル2011年2月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110216013319/http://www.nnn.co.jp/news/110209/20110209040.html 
  4. ^ “米子自動車道 大山高原スマートインターチェンジが平成23年6月30日(木曜)に開通します” (プレスリリース), 鳥取県・伯耆町・西日本高速道路中国支社, (2011年5月20日), http://corp.w-nexco.co.jp/corporate/release/chugoku/h23/0520/ 2011年7月15日閲覧。 
  5. ^ “大山高原スマートIC 6月30日供用開始”. 日本海新聞 (新日本海新聞社). (2011年6月1日). オリジナル2011年6月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110603061938/http://www.nnn.co.jp/news/110601/20110601006.html 2011年7月15日閲覧。 
  6. ^ “米子自動車道 久世インターチェンジ〜湯原インターチェンジの対面通行が解消されます!” (プレスリリース), 西日本高速道路中国支社, (2011年9月14日), http://corp.w-nexco.co.jp/corporate/release/chugoku/h23/0914b/ 
  7. ^ “米子自動車道 久世インターチェンジ〜湯原インターチェンジ間の4車線化工事が完成します!” (プレスリリース), 西日本高速道路中国支社, (2011年11月16日), http://corp.w-nexco.co.jp/corporate/release/chugoku/h23/1116/ 
  8. ^ 24h 島根県東部のICランプ周辺 手軽に使えるトイレマップ (PDF)”. 松江市. 島根県東部高速道路利用促進協議会. 2018年7月24日閲覧。
  9. ^ a b c “米子道4車線化目指す 官民の期成同盟会が発足”. 日本海新聞 (新日本海新聞社). (2014年10月10日) 
  10. ^ 国の施策等に関する提案・要望書 (PDF)”. 元気づくり総本部広域連携課. 鳥取県 (2014年4月). 2018年7月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]