松江自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高速自動車国道
(有料 / 無料)

松江自動車道

E54 松江自動車道
路線延長 71.6 km
開通年 2003年 - 2013年
起点 三次東IC/JCT広島県三次市
主な
経由都市
広島県庄原市
島根県雲南市
終点 宍道JCT島根県松江市
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
口和インターチェンジから南約700メートル地点(広島県庄原市、松江方面)

松江自動車道(まつえじどうしゃどう、MATSUE EXPRESSWAY)は、広島県三次市から島根県松江市へ至る高速道路高速自動車国道)。略称は松江道(まつえどう、MATSUE EXPWY)。政令上の路線名は「中国横断自動車道尾道松江線」(広島県尾道市 - 島根県松江市)であり、その一部である。市町村合併前は松江市を通過していなかった。高速道路ナンバリング(高速道路等路線番号)では尾道自動車道とともにE54が割り振られている。

2003年3月16日三刀屋木次インターチェンジ (IC) - 宍道ジャンクション (JCT) 間が開通した。三刀屋木次IC以南は新直轄方式で整備され、2012年3月24日吉田掛合ICから三刀屋木次ICまで開通した。2013年3月30日に全線開通した[1]

新直轄方式で60 km以上もあるので、無料で通行できる区間が一番長い高速道路となった。さらに三次JCTで全区間のほとんどが新直轄方式(無料区間)の尾道自動車道と接続するため、合わせると三刀屋木次ICから尾道北ICまで100 km以上も無料で通行できる。

事業名[編集]

インターチェンジなど[編集]

  • IC番号欄の背景色がである区間は既開通区間に存在する。施設欄の背景色がである区間は未開通区間または未供用施設に該当する。未開通区間の施設名称は全て2012年12月27日に発表[2]
  • BS(バス停留所)のうち、○は運用中、◆は休止中の施設。△は隣接する施設(道の駅等)に設置。無印はBSなし。
  • 路線名の特記がないものは市道
  • 三次東JCT/IC - 三刀屋木次IC間:中国横断自動車道尾道松江線(松江自動車道、新直轄方式)
  • 三刀屋木次IC - 宍道JCT間:中国横断自動車道尾道松江線(松江自動車道、有料道路方式)
IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
BS 備考 所在地
E54 尾道自動車道 世羅尾道方面
21-1
1
三次東JCT
三次東IC
E2A 中国自動車道
県道434号和知三次線
0.0 広島県 三次市
2 口和IC 県道39号三次高野線
県道62号庄原作木線
13.3 [3] 庄原市
3 高野IC 県道39号三次高野線
道の駅たかのに隣接
28.8 [3]
4 雲南吉田IC 道の駅たたらば壱番地に隣接 44.9 地域活性化IC[4] 島根県 雲南市
5 吉田掛合IC 県道336号吉田掛合インター線 48.7 [3]
- 木次BS 60.5
6 三刀屋木次IC 県道332号三刀屋木次インター線 61.0 [3]
- 三刀屋木次TB 61.2
- 加茂BS/SIC 66.0 SICは事業中[5]
- 加茂岩倉PA 68.2 [6]
29 宍道JCT E9 山陰自動車道 71.6 松江市

歴史[編集]

  • 2003年3月16日 : 三刀屋木次IC - 宍道JCT間開通。
  • 2010年1月13日 : 三刀屋木次本線料金所開設、同時に三刀屋木次料金所廃止。
  • 2010年2月2日 : 供用中区間の全線が、無料化社会実験の対象区間に指定される。
  • 2011年12月19日 : 区間最長(中国地方の道路トンネルとしても最長)となる大万木(おおよろぎ)トンネル(高野IC - 雲南吉田IC間、4878 m)が貫通[7]
  • 2012年3月24日 : 吉田掛合IC - 三刀屋木次IC間開通[8]
  • 2012年12月27日 : 中国道接続部 - 吉田掛合IC間のIC・JCTの正式名称が決定。名称は次の通り。三次IC/JCT → 三次東IC/JCT、吉田IC → 雲南吉田IC(口和IC・高野ICは変更なし)。
  • 2013年3月17日 : 加茂岩倉PA供用開始[9][6]
  • 2013年3月30日 : 17時より三次東IC/JCT - 吉田掛合IC間開通により、全線開通[1]。吉田掛合IC - 三刀屋木次IC間を国土交通省中国地方整備局松江国道事務所から国土交通省中国地方整備局三次河川国道事務所に移管。
  • 2014年3月30日 : 三次東JCTにて尾道自動車道と接続。
  • 2014年12月25日 : 尾道松江線の愛称が「中国やまなみ街道」に決まる。[10]

路線状況[編集]

車線・最高速度・料金[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度 料金
三次東JCT/IC - 三刀屋木次IC 2=1+1 70km/h 無料
三刀屋木次IC - 宍道JCT 有料

※一部区間に追い越し車線あり。

サービスエリア・パーキングエリア[編集]

松江自動車道の本線上の休憩施設は、コスト削減や採算性の問題もあって[11]、2013年3月に開業した加茂岩倉パーキングエリア(トイレ・情報提供コーナーのみ)の1ヶ所のみしかない。

新直轄方式区間ではインターチェンジ (IC) に近接する道の駅として道の駅ふぉレスト君田(口和ICから約3.3km)、道の駅たかの(高野IC連絡路上、2013年4月12日開設[12])、道の駅たたらば壱番地(雲南吉田IC連絡路上、2013年3月30日開設[13])、道の駅さくらの里きすき(三刀屋木次ICから約3.8km)などがあり、国土交通省では全線開通の際のインフォメーションの中でこれらの施設を利用して休憩することを推奨している[14]。また、島根県東部高速道路利用促進協議会では「手軽に使える高速道路トイレマップ」[参 1]を用意しており、インターチェンジ/本線料金所管理事務所やインターチェンジ周辺のコンビニエンスストアトイレ(いずれも道路外の施設)を案内している。

一方、本線上にガソリンスタンドを併設した休憩施設が存在しないことから、国土交通省では全線開通の際のインフォメーションの中でインターチェンジ近くでの給油を推奨している[14]。しかし、インターチェンジ近くのガソリンスタンドが少ないこともあって、新直轄区間を管理する国土交通省中国地方整備局では一般道のガソリンスタンドに案内する看板設置を検討する一方で、松江道に入る前に十分な給油を促す看板の設置を考えたいとしている[11]

主なトンネル[編集]

  • 高茂トンネル [2](三次東JCT.IC - 口和IC) : 535 m
  • 川平トンネル [2](三次東JCT.IC - 口和IC) : 1,030 m
  • ほたる見トンネル [2](口和IC - 高野IC) : 394 m
  • 下本谷トンネル [2](口和IC - 高野IC) : 166 m
  • 中本谷トンネル[2](口和IC - 高野IC) : 688 m
  • 野呂谷トンネル[2](口和IC - 高野IC) : 2,428 m
  • 麻志トンネル [2](口和IC - 高野IC) : 209 m
  • 竹地谷トンネル [2](口和IC - 高野IC) : 1,329 m
  • 大万木トンネル [2](高野IC - 雲南吉田IC) : 4,878 m
  • 杉戸トンネル [2](高野IC - 雲南吉田IC) : 547 m
  • 吉田トンネル[2](高野IC - 雲南吉田IC) : 1,485 m
  • 川尻トンネル[2](雲南吉田IC - 吉田掛合IC) : 425 m
  • 高瀬山トンネル(吉田掛合IC - 三刀屋木次IC) : 801 m
  • 上熊谷トンネル(吉田掛合IC - 三刀屋木次IC) : 971 m
  • 三刀屋トンネル(三刀屋木次IC - 加茂岩倉PA) : 1,360 m
  • 加茂トンネル(加茂岩倉PA - 宍道JCT) : 800 m

トンネルの数[編集]

暫定2車線の対面通行のため、上下線で1本のトンネルとなっている。

区間 上り線 下り線
三次東JCT - 口和IC 2
口和IC - 高野IC 6
高野IC - 雲南吉田IC 3
雲南吉田IC - 吉田掛合IC 1
吉田掛合IC - 三刀屋木次IC 2
三刀屋木次IC - 加茂岩倉PA 1
加茂岩倉PA - 宍道JCT 1
合計 16

道路管理者[編集]

交通量[編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度 平成27(2015)年度
三次東JCT/IC - 口和IC 調査当時未開通 7,561
口和IC - 高野IC 7,465
高野IC - 雲南吉田IC 6,232
雲南吉田IC - 吉田掛合IC 6,375
吉田掛合IC - 三刀屋木次IC 7,115
三刀屋木次IC - 宍道JCT 1,682 6,932 4,866

(出典:「平成22年度道路交通センサス」・「平成27年度全国道路・街路交通情勢調査」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

接続する高速道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参照[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 松江自動車道(中国横断自動車道尾道松江線)が開通”. 国土交通省中国整備局松江国道事務所・三次河川国道事務所、西日本高速道路株式会社 (2013年2月4日). 2013年2月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 松江自動車道(中国自動車道〜 吉田掛合IC) のインターチェンジ等の名称決定のお知らせ(国土交通省松江国道事務所 (2012年12月27日)
  3. ^ a b c d 中国横断自動車道尾道松江線 - 広島県道路企画課
  4. ^ 高速自動車国道へのインターチェンジの追加設置について (PDF)”. 国土交通省中国地方整備局 (2012年4月20日). 2012年4月29日閲覧。
  5. ^ スマートインターチェンジの新規事業化、準備段階調査の箇所を決定 〜高速道路の有効利用や地域経済の活性化に向けて〜 (PDF)”. 国土交通省道路局 (2017年7月21日). 2017年7月21日閲覧。
  6. ^ a b 松江自動車道 加茂岩倉パーキングエリアのオープン”. 西日本高速道路株式会社 (2013年2月5日). 2013年2月5日閲覧。
  7. ^ 最長の自動車トンネルが貫通 - 中国新聞2011年12月20日
  8. ^ 松江自動車道(中国横断自動車道尾道松江線)吉田掛合IC〜三刀屋木次ICおよび一般県道吉田掛合インター線が3月24日(土曜)に開通します”. NEXCO西日本 (2012年1月20日). 2012年1月20日閲覧。
  9. ^ “高速自動車国道に関する件(平成25年3月15日国土交通省告示第244号)”, 官報 号外第53号: 3, (2013年3月15日) 
  10. ^ 中国横断自動車道 尾道松江線の愛称が決まりました 2014年12月25日 広島県
  11. ^ a b “「GSゼロ高速」ガス欠懸念”. 中国新聞. (2013年3月28日). http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201303280170.html 2013年3月30日閲覧。 
  12. ^ 道の駅の名称は「道の駅たかの」に決定 広島県庄原市ホームページ
  13. ^ 「道の駅」の新規登録について(国土交通省 中国地方整備局 2012年9月14日閲覧)
  14. ^ a b “松江自動車道(中国横断自動車道尾道松江線)が3月30日(土)に全線開通します 〜通行に際しての注意事項について~” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省中国地方整備局松江国道事務所・同三次河川国道事務所・西日本高速道路中国支社, (2013年3月28日), http://www.cgr.mlit.go.jp/miyoshi/press/H24/0328.pdf 2013年3月30日閲覧。 
  15. ^ 庄原市役所口和支所に設置。
  16. ^ 道路管理担当窓口一覧表(国土交通省中国地方整備局 H25.4.1現在)”. 国土交通省中国地方整備局 (2013年4月1日). 2013年9月30日閲覧。
  17. ^ 尾道松江線の道路管理”. 国土交通省中国地方整備局三次河川国道事務所. 2016年2月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]