横浜青葉インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横浜青葉インターチェンジ
横浜青葉ジャンクション
横浜青葉インターチェンジ (2011年2月撮影)
横浜青葉インターチェンジ (2011年2月撮影)
所属路線 E1 東名高速道路
IC番号 3-1
料金所番号 01-134
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0246.svg 横浜青葉 市ヶ尾
起点からの距離 13.3km(東京IC起点)
東名川崎IC (5.7km)
(0.8km) 港北PA
所属路線 横浜環状北西線
起点からの距離 7.1km(横浜港北JCT起点)
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0246.svg国道246号
供用開始日 1998年3月20日
通行台数 31,000台/日
所在地 227-0042
神奈川県横浜市青葉区下谷本町35番地12
テンプレートを表示
付近には谷本川が流れる
横浜青葉ICのランプウェイ

横浜青葉インターチェンジ(よこはまあおばインターチェンジ)は、神奈川県横浜市青葉区にある東名高速道路インターチェンジである。国道246号に連絡している。現在事業中の横浜環状北西線が接続し、横浜青葉ジャンクション(仮称)が併設される予定である。

道路[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:12 

入口[編集]

  • ブース数:4
    • ETC専用(時間帯によってはETC/一般):2
    • ETC/一般 : 1
    • 一般:1

出口[編集]

  • ブース数:8
    • ETC専用(時間帯によってはETC/一般):3
    • 一般:5

歴史[編集]

横浜市北西部地域の交通の利便性向上と横浜町田インターチェンジ(旧称=横浜インターチェンジ)の渋滞緩和のために開設された。

周辺[編集]

[編集]

E1 東名高速道路
(3)東名川崎IC - (3-1)横浜青葉IC - 港北PA - (4)横浜町田IC
横浜環状北西線(事業中)
横浜青葉JCT(仮称) - 港北出入口(仮称) - 横浜港北JCT

その他[編集]

橋脚は横浜環状北西線が接続できるような構造となっている (2011年2月撮影)
  • 当ICから下り線(静岡名古屋方面)に入る場合、本線に合流するとすぐに港北PAがある。その為、ICから本線へ合流する車両と本線からPAに入る車両があるので、通行には十分注意が必要である。
  • 国道246号上にICとして巨大な異様を呈するのは、横浜環状北西線が接続予定となっているためである。ランプウェイが長く、ジャンクションが建設できるようにとなっている他、以下に示す様々な立体交差を実現するため非常に大規模な構造となっている。
  • 東名高速道路唯一のY型インターチェンジである(東名高速道路でトランペット型でないインターチェンジは、他に東京IC裾野ICの2箇所のみである)。
  • 本線への流入路分岐部の方向標識は東京-清水間で唯一、下り方面が「名古屋」ではなく「静岡」と表示されている。
  • IC下は放置自転車の保管場所となっている。
  • 本ICの開設に合わせ、1998年3月10日に国道246号の接続部分も市ヶ尾立体として高架化された。
  • 料金所のほぼ真下に東急田園都市線の線路があり、インターチェンジはこの線路を跨ぐように造られている。

関連項目[編集]