守山パーキングエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
守山パーキングエリア
守山スマートインターチェンジ
下り線施設
下り線施設
所属路線 E1 東名高速道路
IC番号 21-1
本線標識の表記 守山
起点からの距離 333.6km(東京IC起点)
名古屋IC (8.1km)
(4.0km) 春日井IC
接続する一般道 市道志段味環状線
供用開始日 1968年昭和43年)4月25日 (PA)
2018年平成30年)3月24日 (SIC)
スマートIC 24時間
上り線事務所 7:00 - 21:00
下り線事務所 6:30 - 21:00
所在地 463-0003
愛知県名古屋市守山区下志段味
テンプレートを表示
道路外からの店舗利用も可能

守山パーキングエリア(もりやまパーキングエリア)は、愛知県名古屋市守山区にある東名高速道路パーキングエリアである。スマートインターチェンジを併設する。

道路[編集]

施設[編集]

上り線(東京・静岡・浜松・豊田・名古屋IC方面)[編集]

  • 駐車場
    • 大型 - 41台
    • 小型 - 65台
  • トイレ
    • 男性 - 大7(和式6・洋式1)・小20
    • 女性 - 24(和式14・洋式10)
      • 同伴の男児用 - 2
    • 車椅子用 1
  • スナック(7:00 - 21:00)
  • ショッピング(7:00 - 21:00)
  • 自動販売機

下り線(春日井・小牧・京都方面)[編集]

  • 駐車場
    • 大型 - 36台
    • 小型 - 61台
  • トイレ
    • 男性 - 大7(和式6・洋式1)・小20
    • 女性 - 24(和式14・洋式10)
      • 同伴の男児用 - 2
    • 車椅子用 - 1
  • スナック(7:00 - 21:00)
  • ショッピング(7:00 - 21:00)
  • 自動販売機

守山スマートインターチェンジ[編集]

守山スマートインターチェンジ(もりやまスマートインターチェンジ)は、守山パーキングエリアに併設のスマートICである。

2018年平成30年)3月24日供用開始[1][2]。利用可能車種はETC搭載の全車種で24時間運用[2]。上下線ともに出入可となっている[2]

名古屋市が2006年(平成18年)12月に策定した「名古屋新世紀計画2010 第3次実施計画(案)」では、住宅都市局が所管でスマートインターチェンジを2010年(平成22年)までに整備することになっていたが、アクセス道路を建設する際に水道管を移設するといった大規模な工事が必要になったため、2011年(平成23年)は調査が行われ、新たに用地買収や工事を行うことになった[3]。最終的に2014年(平成26年)9月の開通予定は2018年(平成30年)3月へと延期された[2]

[編集]

E1 東名高速道路
(21)名古屋IC - (21-1)守山PA/SIC - (22)春日井IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ E1 東名高速道路 守山スマートインターチェンジが 2018年3月24日(土)15時に開通します”. 名古屋市・中日本高速道路株式会社 (2018年2月1日). 2018年2月1日閲覧。
  2. ^ a b c d 守山スマートインターチェンジについて”. 名古屋市 (2017年6月1日). 2018年1月20日閲覧。
  3. ^ 東名・守山スマートIC 17年度に開設延期

関連項目[編集]

外部リンク[編集]