西富士道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
自動車専用道路
無料

Nishifuji Road Route Sign.svg

西富士道路
Japanese National Route Sign 0139.svg国道139号
路線延長 6.8km
開通年 1982年昭和57年)4月2日
起点 静岡県富士市
終点 静岡県富士宮市
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

西富士道路(にしふじどうろ)は、静岡県富士市から静岡県富士宮市を通る国道139号における自動車専用道路である。

概要[編集]

静岡県東部に位置する富士市と隣接する富士宮市の南端部を結ぶ、路線延長約7kmの自動車専用道路区間で、並行する国道139号の東名高速道路開通に伴う混雑の解消に資するバイパスとして建設され、1982年の供用開始以来日本道路公団および中日本高速道路が管理する一般有料道路として運用された。その後、2012年4月に償還期限を終えて無料開放され、現在の管理者である国土交通省へと移管された。長らくバイパス道路として供用されたが、2015年4月より現道の対象区間が国道から県道へ指定され[1]、一般国道は西富士道路に一本化された[2]

道路法における自動車専用道路に係る法規制の示す通り、当路線においても125cc以下の車両および歩行者は通行不可となっている。

路線概況[編集]

富士IC付近。南北に西富士道路が走り、東西に東名高速が架かる。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

南北に隣接する富士市と富士宮市を結び、路線形は概ね北西方向に延び、途中に東名高速と新東名高速が交差する。全線で旧道にあたる静岡県道414号富士富士宮線と並行しており、一般道とは起点と終点でそれぞれ接続している。片側一車線の旧道に対して全線が片側二車線で運用されており、富士IC-広見ICおよび、以前料金所が設置されていた西富士TB付近と一般道と平面交差する小泉IC付近は最高速度が60km/hに制限され、その他の区間においては80km/hでの走行が可能である。

起点は国道139号と接続する地点ではなく、国道を高架で通過して東名高速のアクセス道路である静岡県道353号田子浦港富士インター線(通称:港大通り)から延びる本線部分としている。その影響で下り線は起点手前で一般道と接続されるが、上り線は東名高速とランプが共同になっており、交通整理のための信号機も設置されているなど、上下線で一般道との接続地点と構造が異なっている。高速道路と一般道の相互利用が可能となっているが、その影響で富士ICの一帯は構造が複雑になっており、東名高速と一般道との接続はすべて西富士道路の本線または側道を経由するという特徴がある。

富士IC通過後に差し掛かる広見ICは市内北部の大渕地区の最寄出入口となり、市道を介して静岡県道72号富士白糸滝公園線と接続する。路線の中間地点にあたる新富士ICで新東名高速に繋がるが、富士ICとは違い一般道(静岡県道88号一色久沢線)への出入口をもたない実質的なジャンクションであるため、インターチェンジが所在する厚原地区へは従来通り広見ICか小泉ICを利用する事となる。終点である小泉ICで静岡県道76号富士富士宮由比線と分岐する小泉若宮交差点と平面交差し、本線はそのまま国道139号の一般道である富士宮バイパスとなり、富士宮市北部を通過する自動車専用道路の富士宮道路へ接続する外神出入口に至る。

渋滞[編集]

沿線周辺に所在する主要な観光地へのアクセス路線という土地柄、大型連休や行楽シーズンといった時季は特に混雑しやすく、場合によっては接続する東名高速や新東名高速の本線に連なる車列にまで膨れ上がる事もある。一例として、新東名高速の開通によって以前の渋滞ポイントであった東名高速への流入車両に伴う渋滞が頻発した上り線富士ICの混雑は解消に向かったたが、下り線では新東名から合流する車両で新富士ICが新たな渋滞地点となった。特に新富士ICの場合は、東名富士ICと違い富士宮方面に向かう基幹路線が西富士道路に限られる事もあり、同方向に交通が集中するという側面がある。また、一般道と平面交差する起終点は信号待ちの車列が発生するため混雑しやすくなっている。

通過する自治体[編集]

接続する道路[編集]

高速道路
一般道

歴史[編集]

  • 1974年昭和49年) : 着工開始[3]
  • 1982年(昭和57年)4月2日 : 富士IC-小泉IC間開通に伴い全線開通
  • 2005年平成17年)10月1日 : 日本道路公団からNEXCO中日本に移管
  • 2010年(平成22年)6月28日 : 無料化社会実験開始
  • 2011年(平成23年)6月19日 : 無料化社会実験終了
  • 2012年(平成24年)4月1日 : 償還完了に伴い無料開放 道路管理者が中日本高速道路から国土交通省に移管
  • 2012年(平成24年)4月14日 : 新富士IC開通 新東名高速道路と接続

インターチェンジなど[編集]

IC
番号
施設名 接続路線名 起点
から

(km)
BS 備考 所在地
静岡県道353号 国道1号田子の浦港方面
9 富士IC 国道139号
静岡県道414号富士富士宮線
0.0 上り線は東名方面との共同ランプにて接続 静岡県 富士市
東名高速道路 0.7
広見IC 1.7
7 新富士IC 新東名高速道路 3.4
西富士TB 6.2 本線料金所
2012年4月1日廃止
富士宮市
小泉IC 静岡県道76号富士富士宮由比線 6.8
国道139号 朝霧高原富士吉田方面

通行料金[編集]

  • 均一料金で、西富士TBでの単純支払い方式。
  • 西富士料金所は小泉ICと広見ICの間にあるため、広見IC以南は無料で通行できた。
  • 2009年(平成21年)3月28日からETC時間帯割引(深夜、通勤、平日夜間、平日昼間、休日特別)を実施。
  • 2010年(平成22年)度に実施された高速道路無料化社会実験の対象路線として、2010年(平成22年)6月28日から2011年(平成23年)6月19日まで通行料金は無料であった。無料化社会実験が終了してから無料開放まではETC各種割引制度が適用されていた。
  • 中日本高速道路株式会社より2012年(平成24年)4月1日から全線が無料開放され、西富士料金所の供用を終了した[4]

有料時代の通行料金[編集]

料金所・車種 普通車 大型車 特大車
西富士 200円 310円 730円

道路管理者[編集]

(2012年3月31日までは中日本高速道路株式会社 東京支社富士保全・サービスセンターが管轄していた)

車線・最高速度[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度
富士IC-広見IC 4=2+2 60km/h
広見IC-旧西富士TB 80km/h
旧西富士TB-小泉IC 60km/h

交通量[編集]

  • 2005年平成17年)度平日24時間交通量(平成17年度道路交通センサスによる[5]
    • 富士IC-小泉IC(終点) : 21,465
  • 2010年(平成22年)度平日24時間交通量(平成22年度道路交通センサスによる[6]
    • 富士IC-小泉IC(終点) : 57,867

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]