港北インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:現料金所およびジャンクション施設の外観の画像提供をお願いします。2017年6月
港北インターチェンジ
所属路線 E83 第三京浜道路
IC番号 5
料金所番号 20-005
本線標識の表記 港北[K7]首都高 ✈湾岸線
起点からの距離 11.1km(玉川IC起点)
都筑IC/PA (3.1km)
(3.6km) 羽沢IC
供用開始日 1965年12月19日
通行台数 x台/日
所在地 224-0044
神奈川県横浜市都筑区川向町
テンプレートを表示
横浜港北ジャンクション
所属路線 E83 第三京浜道路
IC番号 5
本線標識の表記 [K7]首都高 ✈湾岸線
起点からの距離 11.1km(玉川IC起点)
都筑IC/PA (3.1km)
(3.6km) 羽沢IC
所属路線 首都高速神奈川7号横浜北線
本線標識の表記 [E83]第三京浜
起点からの距離 0.0km(横浜港北JCT起点)
供用開始日 2017年3月18日
通行台数 x台/日
所在地 224-0044
神奈川県横浜市都筑区川向町
テンプレートを表示

港北インターチェンジ(こうほくインターチェンジ)は、神奈川県横浜市都筑区川向町にある第三京浜道路インターチェンジである。インターチェンジ名は、開設当時の所在地である港北区(1969年の分区後は緑区、1994年以降は再度の分区により都筑区)にちなんだものである。

2017年3月18日には港北ICと同位置に横浜港北ジャンクションが設置され、首都高速神奈川7号横浜北線と接続した。将来的には横浜環状北西線2021年度予定)も接続する計画である。また、横浜北線と横浜環状北西線から一般道へ接続する港北出入口も設置される予定だが[1]、2017年3月18日の横浜北線開通時には一般道から横浜北線への出入りはできない[2]

歴史[編集]

料金所[編集]

旧料金所(2004年10月撮影)

横浜北線の開通に先立ち、2015年11月2日より料金所の位置が移動された。

入口/横浜北線→第三京浜[編集]

  • ブース数 : 4

第三京浜(玉川川崎方面)→出口/横浜北線[編集]

  • ブース数 : 3
    • ETC専用 : 2
    • 一般 : 1

第三京浜(保土ヶ谷戸塚方面)→出口/横浜北線[編集]

  • ブース数 : 3
    • ETC専用 : 2
    • 一般 : 1

周辺[編集]

[編集]

E83 第三京浜道路
(4)都筑IC/PA(PAは上り線のみ) - (5)港北IC/横浜港北JCT- (6)羽沢IC - 保土ヶ谷TB - 保土ヶ谷PA(下り線のみ) - E83 横浜新道連絡路接続 - 三ツ沢JCT - (7)保土ヶ谷IC
首都高速神奈川7号横浜北線
横浜港北JCT/港北出入口 - (755)新横浜出入口
横浜環状北西線(事業中)
横浜青葉JCT - 横浜港北JCT/港北出入口

脚注[編集]

  1. ^ 横浜環状北西線 計画概要 港北ジャンクション”. 横浜市道路局事業調整課. 2015年12月3日閲覧。
  2. ^ a b c 第三京浜道路 港北ICのご利用方法が平成28年12月12日午前4時に変わりました”. 首都高速道路株式会社. 2017年2月1日閲覧。
  3. ^ 第三京浜道路 港北IC出口位置変更のお知らせ (PDF)”. 東日本高速道路(株) 関東支社、首都高速道路(株)、横浜市道路局. 2015年12月3日閲覧。
  4. ^ 横浜北線(横羽線〜第三京浜)が2017年3月18日(土)16時に開通します”. 首都高速道路株式会社 (2017年2月1日). 2017年2月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]