神奈川県道12号横浜上麻生線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
神奈川県道12号標識
神奈川県道12号
横浜上麻生線
起点 神奈川県横浜市神奈川区
終点 神奈川県川崎市麻生区
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
新川向橋。鶴見川サイクリングロードより撮影。
東福寺西側交差点。右側が現道で左側がバイパス

神奈川県道12号横浜上麻生線(かながわけんどう12ごう よこはまかみあさおせん)は、神奈川県横浜市神奈川区から同市都筑区などを経て川崎市麻生区に至る主要地方道県道)である。横浜市の「3環状10放射道路」を構成する放射路線の一つである都市計画道路横浜国際港都建設計画道路3・3・32号横浜上麻生線)として整備が進められているが[1]、一部区間では市道バイパス道路として整備されている(後述)。通称は、横浜市内が「横浜上麻生道路」、川崎市内が「麻生通り」である。

路線データ[編集]

歴史[編集]

江戸時代には、横浜上麻生道路の前身となる「日野往還」と呼ばれる道があり、東海道神奈川宿から六角橋岸根小机を経て川向鶴見川を渡り、佐江戸中原街道と交差、川和を経て市ヶ尾大山街道と交差、更に下麻生大蔵図師小山田を経て日野に至るルートで通っていた[2]。この道は、村と村をつなぐ道であり、年貢を期限までに差し出すために、米俵を背に汗を拭いながら農民が歩いた道とされる[3]。 この道には地域により様々な異称が存在し、川和では「八王子道」、小野路では「神奈川街道」[2]、小机では「飯田道」と呼ばれていた。

明治になると、神奈川や横浜で消費される生活物資である薪、炭、野菜、柿などの運搬道路として農民に利用されていた[4]。この頃は、神奈川より都筑郡川和に至るので「都筑往還」とも称されていた。

1920年(大正9年)4月1日の「神奈川縣告示第百二十二號」(府縣道ノ認定)により、神奈川県道神奈川日野線(横浜市神奈川-都筑郡柿生村)が指定される。

1964年(昭和39年)12月28日の「建設省告示第三千六百二十号」により、横浜上麻生線が主要地方道として指定される。

路線状況[編集]

都田中学校入口交差点から東福寺西側交差点までの区間、及び市ヶ尾交差点から環状4号入口交差点付近までの区間は、横浜市都市計画道路として整備された市道のバイパスがある。バイパス区間は県道、および主要地方道の指定はされていない。以下、経由地は交差点名を示す。

通称[編集]

  • 横浜上麻生道路 (横浜市神奈川区・東神奈川駅前交差点 - 横浜市/川崎市境)
  • 麻生通り (横浜市/川崎市境 - 川崎市麻生区・上麻生交差点)

重複区間[編集]

道路施設[編集]

橋梁[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

  • 国道1号/第二京浜国道:(横浜市神奈川区・東神奈川駅前交差点)
  • 国道1号/横浜新道:(横浜市神奈川区・西神奈川交差点)
  • 旧綱島街道:(横浜市神奈川区・六角橋交差点)
  • 横浜市主要地方道85号鶴見駅三ツ沢線/水道道:(横浜市神奈川区/港北区・西岸根交差点)
  • 横浜市主要地方道17号環状2号線:(横浜市港北区・岸根交差点)
  • 神奈川県道13号横浜生田線 :(横浜市港北区・岸根交差点 -(重複)- 横浜市港北区・新羽踏切交差点)
  • 第三京浜道路(接続なし)
  • 横浜市道東方町216号線(都市計画道路川崎町田線)/緑産業道路:(横浜市都筑区・梅田橋交差点)
  • 神奈川県道140号川崎町田線:(横浜市都筑区・池辺町交差点 -(重複)- 横浜市都筑区・貝の坂交差点)
  • 横浜市道池辺市ケ尾線(都市計画道路横浜上麻生線):(横浜市都筑区・都田中入口交差点)
  • 横浜市道川和264号線、川和170号線(都市計画道路佐江戸北山田線):(横浜市都筑区・薮根交差点)
  • 神奈川県道45号丸子中山茅ヶ崎線:(横浜市都筑区・佐江戸交差点)
  • 横浜市道北八朔南部333号線(都市計画道路中山北山田線):(横浜市都筑区・川和町駅交差点)
  • 横浜市道池辺市ケ尾線(都市計画道路横浜上麻生線):(横浜市青葉区・東福寺西側交差点)
  • 国道246号:(横浜市青葉区・市ヶ尾交差点)
  • 横浜市道大場町456号線(都市計画道路横浜上麻生線):(横浜市青葉区・市ヶ尾交差点)
  • 横浜市道環状4号線:(横浜市青葉区・環状4号入口交差点)
  • 横浜市道寺家105号線(都市計画道路横浜上麻生線):(横浜市青葉区・環状4号入口交差点)
  • 神奈川県道3号世田谷町田線/津久井道:(川崎市麻生区・上麻生交差点)

周辺の鉄道[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 幹線道路について > 横浜上麻生線(横浜市道路局企画課)
  2. ^ a b 相澤雅雄 (1991). 横浜・緑区 歴史の舞台を歩く. 昭和書院. p. 106. ISBN 9784915122620
  3. ^ 緑区史編集委員会 (1993). 横浜緑区史 通史編. 緑区史刊行委員会. p. 495. doi:10.11501/9523036
  4. ^ 緑区史編集委員会 (1993). 横浜緑区史 通史編. 緑区史刊行委員会. p. 669. doi:10.11501/9523036

関連項目[編集]

外部リンク[編集]