神奈川県道50号座間大和線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
神奈川県道50号標識
神奈川県道50号
座間大和線
路線延長 4.8km
起点 神奈川県座間市相模が丘
終点 神奈川県大和市下鶴間
接続する
主な道路
記法
東京都道・神奈川県道51号町田厚木線
神奈川県道・東京都道56号目黒町町田線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

座標: 北緯35度30分4.2秒 東経139度25分53.9秒 / 北緯35.501167度 東経139.431639度 / 35.501167; 139.431639 (神奈川県道50号線 座間市・大和市境界)

坂上橋付近(大和市つきみ野1丁目)

神奈川県道50号座間大和線(かながわけんどう50ごう ざまやまとせん)とは、神奈川県座間市相模が丘の相武台団地入口交差点から大和市下鶴間の下鶴間交差点までの主要地方道である。

概要[編集]

この道路は通称「座間街道」と呼ばれており、起点の相武台団地入口交差点の延長上に神奈川県道507号相武台相模原線があり、地元では神奈川県道507号相武台相模原線(村富線)と一体化して認識されている。

また、神奈川県道50号と同507号をあわせると国道16号の旧道と接続されていることから、国道16号の迂回路としても利用されている。

元々周辺に物流拠点や工場が多く存在し、付近の大型商業施設への接続道路となっていたために渋滞が発生していたが、座間市の道路脇にイオンモールが開店したことにより慢性的に渋滞が発生する状況である。週末の昼間は渋滞が県道内で捌ききれず、付近の道路まで連鎖的に渋滞しているような状態になっている。行政側もこの問題は認識しており、変則交差点(小松原交差点、座間市)を改良して信号を減らすなどの対策が実施されたが根本的な解決には程遠いというのが現状である。

路線データ[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

経路および交差する道路・鉄道路線[編集]

起点・終点の両区間内に交差する国道はなし。県道は、始点相武台団地入口交差点で県道51号(通称行幸道路)と交差する。

周辺の施設[編集]

その他、多数の工場が沿線に立地する。

関連項目[編集]