座間市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ざまし ウィキデータを編集
座間市
Bando 08 Shokoku-ji 02.jpg
座間市旗 座間市章
座間市旗 座間市章
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 神奈川県
市町村コード 14216-6
法人番号 3000020142166 ウィキデータを編集
面積 17.57km2
総人口 132,265[編集]
推計人口、2021年9月1日)
人口密度 7,528人/km2
隣接自治体 相模原市大和市厚木市海老名市
市の木 モクセイ
市の花 ヒマワリ
市の鳥 シジュウカラ
座間市役所
市長 佐藤弥斗
所在地 252-8566
神奈川県座間市緑ケ丘一丁目1番1号
北緯35度29分18.9秒 東経139度24分27.4秒 / 北緯35.488583度 東経139.407611度 / 35.488583; 139.407611座標: 北緯35度29分18.9秒 東経139度24分27.4秒 / 北緯35.488583度 東経139.407611度 / 35.488583; 139.407611
座間市役所庁舎
外部リンク 公式ウェブサイト

座間市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

特記事項 市外局番 046,042(相模が丘の一部)、南端は綾瀬市境まで100m
 表示 ウィキプロジェクト

座間市(ざまし)は、神奈川県の中部に位置する。人口は約13.2万人。

概要[編集]

古くより八王子街道[注釈 1]宿場町として栄えることにより集落が形成され、現代に入り戦前は農村、戦中は陸軍士官学校及び高座海軍工廠の設置により軍都としての色合いを強めた。しかし戦後は米軍進駐を経て、昭和30年代半ば頃からは大企業の誘致が行われ自動車産業中心とした企業城下町が形成された。更に昭和40年代の急激な人口の増加により農村から工業及び住宅都市へと変貌を遂げ、現在では県下33市町村中4位の人口密度をもつ市町村となる。

しかし、バブル景気崩壊後、市の基幹産業である自動車産業も不景気の煽りで日産自動車工場などが撤退したことから、税収入の低下を招き、市の財政状況が悪化した。現在でも周辺近隣自治体と比較すると財政的には劣っており回復は厳しいものの、人口においては県下でも比較的高い水準で増加しており、隣接する相模原市大和市などと同様のベッドタウンとして現在に至っている。

県下では数少ない上水道地下水(市内の8つの水源井)を用いる自治体であり、井戸水の特徴である夏は冷たく冬は温かい「座間の地下水」は知れ渡るようになってきた。しかしながら近年の人口増加及び地下水資源の減少等により県営水道を約15%含有する状況になっている。

2000年代に入り在日米軍の再編等に伴う米国陸軍第一軍団司令部のキャンプ座間移転問題が浮上し、これに反対する活動を行政でも行っていたが、2008年平成20年)8月に防衛省との間で「米陸軍第一軍団新司令部のキャンプ座間移転に伴う基地対策に関する確認書」に市長が署名し移転容認へと転じた。

地理[編集]

東京都心から約50km横浜から約20kmの場所に位置する。市域を南北に縦断するJR東日本相模線の東側に沿って伸びる崖を境に、西部・相模川沿いの沖積低地と、東部の相模野台地(相模原台地)に属する高台に分かれる。相模野台地は河岸段丘であるが、当市域内では上段の相模原面が大部分を占め、広大な平坦面が広がる。その中で目久尻川とその支流が南流し、細長い谷戸を形成している。キャンプ座間付近から市域中央部にかけて南北に連なる座間丘陵は相模原面よりも古い時代に形成された一段高い堆積面であり、氷河期以来の侵食による開析が進んでいる。相模川沿いの沖積低地では水田が広がっている。

八王子街道沿いに形成された古くからの集落のうち、座間および入谷(座間入谷)は低位段丘上に、新田宿および四ッ谷は沖積低地内に形成された自然堤防上に分布する。目久尻川沿いの谷戸にも水田が開かれ、谷戸の周辺に栗原地区の旧集落が分布する。広大な相模野台地上は近世以前は「相模野」と呼ばれる原野であり、当市域周辺は「座間野」と呼ばれる近隣農村の入会地であった。江戸時代後期に座間野は相模川沿いの座間、入谷、新田宿、四ッ谷各村の飛び地となり、明治以降は生糸産業の発展に合わせて畑が広がるようになった。1930年代に移転・新設された軍事施設のうち、高座海軍工廠の跡地に日産自動車座間工場が誘致されると、これを中心とした工業地区が市域東部に形成された。台地上の桑畑は戦後の生糸産業の衰退とともに野菜の生産に重心が移ったが、1960年代にはベッドタウン化の波が及び、小田急線沿いの区域で宅地化が進行した。1970年代には相鉄線沿いにも波及し、南東部の栗原地区でも宅地化が進行した。この結果1990年代までには、中央部の栗原地区を除き、低位段丘面も含めた台地上のほぼ全域が市街地化されるに至っている。

自然[編集]

河川
  • 水鳥の池
  • 栗原遊水池

軍事施設[編集]

市内北西部(座間市座間)に米軍座間キャンプ及び陸上自衛隊施設部隊(第4施設群)が所在し、全体面積2,346,381.52m2(座間市分620,832.22m2、相模原市分1,725,549.30m2)であり市域の約3.5%を占有している。

在日米軍の再編成の日米最終合意に基き、米陸軍第1軍団司令部(ワシントン州)を改編し、新司令部(陸軍・海軍・空軍・海兵隊の4軍を指揮)を設置。また、2013年3月26日に陸上自衛隊中央即応集団司令部が朝霞駐屯地から移転、駐屯地に昇格する。なお、これに伴い駐屯地の所在地は座間市から相模原市に変更となる。

隣接している自治体・行政区[編集]

歴史[編集]

年表[編集]

  • 1927年(昭和2年)4月1日:小田急電鉄開通、座間駅(現相武台前駅)、6月 新座間駅(現座間駅)が開設される。
  • 1935年(昭和10年)6月23日:相模線入谷駅が開設される。
  • 1937年(昭和12年)9月30日市ヶ谷より陸軍士官学校移転、開設、通称「相武台」。
  • 1944年(昭和19年):高座海軍工廠開廠(終戦後解体)。
  • 1945年(昭和20年)9月2日:米軍により陸軍士官学校を接収。米軍座間キャンプとなる。
  • 1950年(昭和25年)8月:アメリカ陸軍第8軍司令部が米軍座間キャンプ内に設置される。
  • 1952年(昭和27年):上水道創設決定。
  • 1954年(昭和29年):公民館開設。(旧陸軍士官学校の火災時に出た廃材で建設)※現在は市役所西支所内に移転
  • 1955年(昭和30年):町営水道給水開始。
  • 1959年(昭和34年):座架依橋開通。(当初は交互通行のブレハブ橋)
  • 1963年(昭和38年):座間町(現座間市)消防署開設。(消防本部団結成)
  • 1963年(昭和38年):高座3町清掃センター設置。(所在は海老名市)
  • 1964年(昭和39年):座間電報電話局開局。
  • 1965年(昭和40年):日産自動車座間工場完成。
  • 1965年(昭和40年):座間町(現座間市)内電話自動化。
  • 1966年(昭和41年):座間郵便局(現座間中宿郵便局)が相模台(現相模が丘)に移転開設し集配局となる。
  • 1967年(昭和42年):星谷寺の梵鐘が国の重要文化財に指定される。
  • 1967年(昭和42年):座間町(現座間市)消防本部を町役場内に設置。
  • 1968年(昭和43年):町役場中央庁舎竣工。(現在は解体)
  • 1968年(昭和43年):町内の郵便番号が付与される。(〒228)
  • 1968年(昭和43年):文化福祉会館開設。(現在は解体)
  • 1970年(昭和45年):座間町(現座間市)消防本部庁舎完成。
  • 1970年(昭和45年):相武台前駅橋上駅舎竣工。
  • 1970年(昭和46年):座間バイパス一部開通。
  • 1971年(昭和46年):保健ステーション開設(現在は解体)。
  • 1971年(昭和46年):米軍座間キャンプの自衛隊との共同使用開始。(横浜防衛施設局長と町長との間で13項目の覚書と確認書を締結)
  • 1972年(昭和47年):米軍座間キャンプ一部返還。(富士山公園開園)
  • 1972年(昭和47年):相模台出張所(現、相模が丘コミュニティーセンター)開設。
  • 1973年(昭和48年):東部出張所開設。
  • 1974年(昭和49年):下水道事業開始。
  • 1974年(昭和49年):国道246号バイパス開通。
  • 1975年(昭和50年):県立青少年会館開館。(後に市に移管。現市立青少年開館)
  • 1976年(昭和51年):座間警察署開設。
  • 1976年(昭和51年):市民福祉憲章制定。
  • 1978年(昭和53年):座間駅橋上駅舎竣工。
  • 1978年(昭和53年):公共下水道供用開始。
  • 1978年(昭和53年):座間市立図書館会館(市立公民館講堂を改修利用、現在は移転に伴い解体)。
  • 1979年(昭和54年):座間市消防署東分署開設。
  • 1983年(昭和58年):市立図書館新館開館。
  • 1984年(昭和58年):座間市消防署北分署開設。
  • 1994年平成6年):スカイアリーナ座間開設(市民体育館)。
  • 1995年(平成7年):日産自動車座間工場閉鎖。(現在は座間事業所とカレスト座間
  • 1995年(平成7年):市役所移転、ハーモニーホール座間開設(市民文化会館)。
  • 1996年(平成8年):市民健康センター開設(休日急患センター)。
  • 1998年(平成10年)4月1日:防災行政無線運用開始。
  • 2000年(平成12年):電話番号逼迫に伴い市内の一部の市外局番(0427地域)が042へ3桁化。
  • 2001年(平成13年):サニープレイス座間開館(総合福祉センター、文化福祉会館から移管)
  • 2001年(平成13年):電話番号逼迫に伴い市内の市外局番(0462地域)が046へ3桁化。
  • 2010年(平成22年)4月1日:相模原市が政令指定都市移行に伴い郵便番号を変更、相模原市一部地域と上3桁「228」を共用していた座間市内も228-00xxから252-00xxに変更。
  • 2011年(平成23年)11月3日:市のマスコットキャラクターとなる「ざまりん」が命名、発表される[1]

行政区画の変遷[編集]

市名の由来[編集]

東海道が通り、宿駅「夷参(いさま)」の駅があった。これが地名「座間」の発祥とされている。

人口[編集]

Population distribution of Zama, Kanagawa, Japan.svg
座間市と全国の年齢別人口分布(2005年) 座間市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 座間市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

座間市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


地域[編集]

町名[編集]

座間市では、一部の区域で住居表示に関する法律に基づく住居表示が実施されている。住居表示実施前の町名等欄で下線がある町名はその全部、それ以外はその一部であり、町名の末尾に数字がある場合には丁目を表す。

座間市役所管内(67町丁)
町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考
栗原 くりはら 1948年9月1日 未実施
相模が丘一丁目 さがみがおか 1981年6月1日 1981年6月1日 大字相模台字北広野
相模が丘二丁目 1981年6月1日 1981年6月1日 大字相模台字中広野
相模が丘三丁目 1981年6月1日 1981年6月1日 大字相模台字中広野
相模が丘四丁目 1981年6月1日 1981年6月1日 大字相模台字中広野・字南広野
相模が丘五丁目 1981年6月1日 1981年6月1日 大字相模台字中広野
相模が丘六丁目 1981年6月1日 1981年6月1日 大字相模台字南広野
四ツ谷 よつや 1948年9月1日 未実施
新田宿 しんでんじゅく 1948年9月1日 未実施
立野台一丁目 たつのだい 1993年11月1日 1993年11月1日 大字栗原字上谷・字西原・字中谷、立野台
立野台二丁目 1993年11月1日 1993年11月1日 立野台
立野台三丁目 1993年11月1日 1993年11月1日 立野台、大字栗原字中原・字長谷・字西原、入谷5
緑ケ丘一丁目 みどりがおか 1992年12月16日[† 1] 1992年12月16日 緑ケ丘、大字栗原字上谷・字西ノ原・字東原、入谷3
緑ケ丘二丁目 1987年10月19日 1987年10月19日 緑ケ丘、大字栗原字上谷・字間ノ原
緑ケ丘三丁目 1987年10月19日 1987年10月19日 緑ケ丘、大字栗原字小池谷・字小池西原
緑ケ丘四丁目 1987年10月19日 1987年10月19日 緑ケ丘、相武台4
緑ケ丘五丁目 1987年10月19日 1987年10月19日 緑ケ丘
緑ケ丘六丁目 1987年10月19日 1987年10月19日 緑ケ丘、大字座間入谷字明王谷
明王 みょうおう 1970年11月1日[† 2] 未実施[† 3]
広野台一丁目 ひろのだい 1974年11月1日 1999年9月13日 広野台1
広野台二丁目 1974年11月1日 1999年9月13日 広野台2
小松原一丁目 こまつばら 1974年11月1日 1997年10月20日 小松原1
小松原二丁目 1974年11月1日 1997年10月20日 小松原2
座間1丁目 ざま 1975年11月1日 未実施
座間2丁目 1975年11月1日 未実施
相武台一丁目 そうぶだい 1974年1月1日 2013年10月15日 相武台1
2016年3月1日 大字座間入谷、大字座間(キャンプ座間返還地)
相武台二丁目 1974年1月1日 2013年10月15日 相武台2
相武台三丁目 1974年1月1日 2013年10月15日 相武台3
相武台四丁目 1974年1月1日 2013年10月15日 相武台4
ひばりが丘一丁目 ひばりがおか 1977年11月1日 2002年9月17日 ひばりが丘1
ひばりが丘二丁目 1977年11月1日 2002年9月17日 ひばりが丘2
ひばりが丘三丁目 1977年11月1日 2002年9月17日 ひばりが丘3
ひばりが丘四丁目 1977年11月1日 2002年9月17日 ひばりが丘4
ひばりが丘五丁目 1977年11月1日 2002年9月17日 ひばりが丘5
東原一丁目 ひがしはら 1983年11月7日 1983年11月7日 大字栗原字東原
東原二丁目 1983年11月7日 1983年11月7日 大字栗原字東原
東原三丁目 1983年11月7日 1983年11月7日 大字栗原字東原・字下谷
東原四丁目 1983年11月7日 1983年11月7日 大字栗原字東原
東原五丁目 1983年11月7日 1983年11月7日 大字栗原字東原
さがみ野一丁目 さがみの 1985年10月21日 1985年10月21日 大字栗原字東原
さがみ野二丁目 1985年10月21日 1985年10月21日 大字栗原字東原
さがみ野三丁目 1985年10月21日 1985年10月21日 大字栗原字東原・字下谷
南栗原一丁目 みなみくりはら 1989年10月16日 1989年10月16日 大字栗原字西原・字下谷
南栗原二丁目 1989年10月16日 1989年10月16日 大字栗原字下谷・字東原・字芹沢谷・字中谷
南栗原三丁目 1989年10月16日 1989年10月16日 大字栗原字下谷・字東原
南栗原四丁目 1989年10月16日 1989年10月16日 大字栗原字下谷・字東原
南栗原五丁目 1989年10月16日 1989年10月16日 大字栗原字下谷・字西原
南栗原六丁目 1989年10月16日 1989年10月16日 大字栗原字西原・字長谷・字中原
栗原中央一丁目 くりはらちゅうおう 1991年10月14日 1991年10月14日 大字栗原字上東原・字上谷・字中丸
栗原中央二丁目 1991年10月14日 1991年10月14日 大字栗原字東原・字上谷・字西原
栗原中央三丁目 1991年10月14日 1991年10月14日 大字栗原字上東原・字上谷・字中谷
栗原中央四丁目 1991年10月14日 1991年10月14日 大字栗原字中谷・字西原・字上谷・字下谷
栗原中央五丁目 1991年10月14日 1991年10月14日 大字栗原字芹沢谷・字東原・字中谷・字下谷
栗原中央六丁目 1991年10月14日 1991年10月14日 大字栗原字上東原・字中谷・字芹沢谷・字芹沢
西栗原一丁目 にしくりはら 1993年11月1日 1993年11月1日 立野台、大字栗原字西原・字長谷・字中原
西栗原二丁目 1993年11月1日 1993年11月1日 立野台、大字栗原字中原・字長谷
入谷東一丁目 いりやひがし 2019年2月12日 2019年2月12日 入谷3
入谷東二丁目 2019年2月12日 2019年2月12日 入谷4
入谷東三丁目 2019年2月12日 2019年2月12日 入谷3、入谷4、入谷5
入谷東四丁目 2019年2月12日 2019年2月12日 入谷4、入谷5
入谷西一丁目 いりやにし 2020年2月3日 2020年2月3日 入谷3
入谷西二丁目 2020年2月3日 2020年2月3日 入谷1
入谷西三丁目 2020年2月3日 2020年2月3日 入谷1、入谷3、入谷5
入谷西四丁目 2020年2月3日 2020年2月3日 入谷5
入谷西五丁目 2020年2月3日 2020年2月3日 入谷1、入谷2
座間 ざま 1948年9月1日 未実施
座間入谷 ざまいりや 1948年9月1日 未実施
  1. ^ 緑ヶ丘土地区画整理事業換地処分公告があった日(1992年12月15日)の翌日。
  2. ^ 明王土地区画整理事業換地処分公告があった日(1970年10月31日)の翌日。
  3. ^ 町名地番整理実施区域

町名の由来

  • 座間 - 座間(宿)村。諸説あり次の3つに絞られる[2]。①皇国地誌村誌によると鈴鹿明神の祭典を「イガスリ祭」といい、これを坐摩神社に倣った[3]新編相模国風土記によると高座郡の郷名「伊参」=イサマが転じた[4]相模川河畔から「石間(イサマ)」。
  • 入谷 - 座間入谷村寛文年間に座間(宿)と分村し、当時の名主が「入の谷」に住んでいたため[5][6]
  • 栗原 - 栗原村。栗の林があったため[7][8]
  • 新田宿 - 新田宿村慶長年間に新たに開発した農地[9][10]
  • 四ツ谷 - 四ツ谷村元亀2年開拓当初4軒だったので「四ツ家」「四ツ屋」と呼ばれた[11][12]

以下は昭和30年代以降の開発に伴う町名変更によるもの(次項参照)。

  • 相模が丘 - 居住者により呼称された相模台を命名。その後相模原市が後からつけた同名の地名と避けるため改正[13]
  • 立野台 - 藤原為家が周辺一帯を「たち野山」と詠む(皇国地誌村誌)のに因み、宅地造成会社が命名[14]
  • 相武台 - 陸軍士官学校一帯を総称し昭和天皇が命名したことから[15]
  • 緑ケ丘 - 座間中学校が建設されたときに公募によって座間中学校の生徒が命名したものを選定[16]
  • 明王 - 不動明王の堂があったと伝えられる[17]
  • 広野台 - 居住者による通称名[18]
  • 小松原 - 小松の生えた原野を地籍簿作成にあたりつけられた[19]
  • ひばりが丘 - ヒバリが多かったことから「雲雀ヶ丘」となり、小学校開設時に小学生にもわかりやすいように平仮名としたもの[20]
  • 東原 - 目久尻川左岸丘上の広い地域をいった[21](左岸=東側)。
  • さがみ野 - 昭和50年新設されたさがみ野駅周辺が発展したため[22]

町名整理

元は座間、座間入谷、座間新戸、栗原、四ツ谷、新田宿の6大字を編成していたが、座間および座間入谷の両大字は相互に多数の飛び地を持ち境界が錯綜していた。また、西部の相模川沿いを本来の領域とする四ッ谷、新田宿も東部境界沿いに飛び地を持っていた。そのため、特に相模線以東の区域での市街化の進行とともに救急や郵便等で該当地番を探すのが困難になってきたことから、1950年代以降相次いで新しい字・町名が設置されてきた。

  • 1959年(昭和34年)4月 - 座間、新田宿の各一部から相模台を新設。
  • 1959年(昭和34年)9月 - 座間入谷、栗原の各一部から立野台を新設。
  • 1960年(昭和35年)7月 - 座間入谷、座間、栗原の各一部から相武台を新設。
  • 1962年(昭和37年)10月 - 座間入谷、座間、栗原の各一部から緑ケ丘を新設。「緑ケ丘」は公募により決定された。
  • 1970年(昭和45年)11月 - 座間入谷、座間、栗原、緑ケ丘の各一部から明王を新設。
  • 1974年(昭和49年)1月 - 相武台から相武台1〜4丁目を新設。
  • 1974年(昭和49年)11月 - 座間入谷、四ツ谷の各一部から小松原1・2丁目を新設。
  • 1974年(昭和49年)11月 - 座間、相武台、相模台の各一部から広野台1・2丁目を新設。
  • 1975年(昭和50年)1月 - 座間入谷、座間の各一部から座間1・2丁目を新設。
  • 1976年(昭和51年)1月 - 座間入谷の一部から入谷1〜5丁目を新設。
  • 1977年(昭和52年)11月 - 座間入谷、栗原、小松原の各一部からひばりが丘1〜5丁目を新設。

相模が丘は、当初の字名変更(1959年)で「相模台」として起立した。しかし、相模原市が隣接する区域で住居表示を実施した際に「相模台」という町名を新設した(1969年)ことから、座間市側では混乱を避けるため1981年の住居表示実施時に再度変更した。

郵便[編集]

郵便番号

電話番号[編集]

市外局番等

  • 046-2xx・40x(下記の区域を除く) - 厚木MA(厚木市、海老名市、相模原市南区の一部、座間市の大部分、大和市、愛川町、清川村)
  • 042-7xx・810〜819(817を除く)・85x〜86x(相模が丘一・五丁目に限る) - 相模原MA(町田市の大部分、相模原市の大部分、座間市の一部)

行政[編集]

国会議員[編集]

衆議院[編集]

周辺の綾瀬市、海老名市、座間市から構成される神奈川13区が選挙区となる。下記は2017年に実施された第48回衆議院議員総選挙の選挙結果である。

候補者氏名 得票数 所属会派 年齢 新旧 当落
甘利明 127,214 自由民主党 68 当選
太栄志 62,779 希望の党 40
岡崎裕 36,627 日本共産党 39

歴代首長[編集]

  • 歴代村長
    • 初代 片野要助
    • 第2代 仁村喜作
    • 第3代 中村弥四郎
    • 第4代 佐藤太四郎
    • 第5代 片野要助
    • 第6代 星野保幸
    • 第7代 宮代七之助
    • 第8代 小俣権平
    • 第9代 小俣権平
    • 第10代 星野保幸
    • 第11代 星野保幸
    • 第12代 大矢稲太郎
    • 第13代 澤田鶴松
    • 第14代 長谷川藤吉
    • 第15代 稲垣許四郎
    • 第16代 稲垣許四郎
  • 歴代町長
    • 初代 稲垣許四郎
    • 第2代 稲垣許四郎
    • 第3代 稲垣俊夫
    • 第4代 鹿野文三郎
  • 市長
    • 初代 鹿野文三郎(1971年 - 1976年)
    • 第2代 本多愛男(1976年 - 1984年、2期)
    • 第3代 星野勝司(1984年 - 2008年、6期)
    • 第4代 遠藤三紀夫(2008年 - 2020年、3期)
    • 第5代 佐藤弥斗(2020年 - )

行政委員会[編集]

常任委員会
  • 予算決算常任委員会(定数22)
  • 企画総務常任委員会(定数8)
  • 民生教育常任委員会(定数8)
  • 都市環境常任委員会(定数8)
特別委員会
  • 基地政策特別委員会

消防事務[編集]

議会[編集]

座間市議会
  • 定数:22人
  • 任期:2020年10月1日 - 2024年9月30日
  • 議長:吉田義人(自民党・いさま)
  • 副議長:安田早苗(座間市公明党)
会派名 議席数 議員名(◎は代表)
自民党・いさま 8 ◎京免康彦、吉田義人、荻原健司、竹田陽介、熊切和人、髙波貴志、内藤幸男、清水剛
座間市公明党 4 ◎上沢本尚、安田早苗、加藤学、伊藤多華
ざま大志会 4 ◎沖本浩二、松橋淳郎、川﨑高一、美濃口集
日本共産党座間市議団 2 ◎守谷浩一、星野久美子
無会派 4 沖永明久、安海のぞみ、長瀨未紗、須﨑友康
22

(2020年10月16日現在[23]

経済[編集]

1957年昭和32年)頃より企業誘致を積極的に行い、昭和40年代には当時23町村の中でも財政的には常に上位にあり、周辺の市と同水準を目指す姿勢を示した。しかし、急激な人口増加に待ったなしのインフラ等の整備を余儀なくされ、地方交付金の不交付団体であった期間はオイルショックの打撃を受けた1973年(昭和48年)までの8年間しかなかった。 ちなみに、当時座間町が誘致し町の成長を促した企業として、東洋ナイロンカラーファスナー、岡本理研、田谷精機、三共紙器、東京コスモス電機日産自動車などがあげられる。

産業[編集]

  • 主な産業 - 工業・商業

都市化の波と共に著しく農業等の産業は縮小し、以前は日産自動車企業城下町だったことから、自動車工業に関連した企業が多い。1995年平成7年)には日産自動車座間工場(当時・現在の座間事業所)が閉鎖され、周辺の工業も縮小傾向にある。これゆえ、商業等の比率が高くなっているものの、相模原、厚木、大和、海老名等の近隣地域と商圏が大きく重なっており、市内商業(大型店及び商店街等の小売店)は衰退気味である。

  • 産業人口
    • 第1次産業 413人(0.6%)
    • 第2次産業 18,978人(29.8%)
    • 第3次産業 43,298人(68.0%)

(2000年国勢調査に基く)

  • 商業施設
MEGAドン・キホーテUNY座間店
コストコ座間倉庫
スーパービバホーム座間店
イオンモール座間
コジマ×ビックカメラ座間店
ヤマダデンキ家電住まいる館YAMADA座間店
ノジマnojima座間店
  • 本店・本社を置く主な企業
日本電産トーソク
東京コスモス電機
シーイーシー

姉妹都市・提携都市・その他提携[編集]

海外[編集]

アメリカ合衆国の旗スマーナ市(Smyrna)(アメリカ合衆国テネシー州
1991年3月姉妹都市提携

災害時における相互応援協定[編集]

日本の旗秋田県大仙市
2005年7月4日姉妹都市再提携(旧仙北郡中仙町と提携していたが合併のため再提携となる)

地域(犯罪情報等の提供に関する協定)[編集]

座間警察署
2007年10月22日提携

企業[編集]

イオン株式会社と「包括連携協定」を締結
2018年2月9日締結

教育[編集]

昭和40年代の急激な人口増加に伴い毎年のように施設造営を繰り返したことから、校舎等の建造物の形状、規格等が非常に類似している。近年の児童・生徒数は少子化により減少したものの、現時点において座間市内の教育施設の統廃合は行われていない。

小学校
中学校
高等学校
特別支援学校

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

路線バス[編集]

座間市コミュニティバス「ザマフレンド号」

昨今の道路事情、利用者数の減少等により見直しが行われ、区間短縮及び減少傾向にある。かつては座間四ツ谷から鶴ヶ峰駅横浜駅まで至る路線もあったが廃止されている。

  • 神奈川中央交通東の路線
    • (台01)相武台前駅 - 相武台団地循環 - 相武台前駅
    • (下02)相武台下駅 - 立野台 - さがみ野駅北口
    • (台02)相武台前駅 - 相武台グリーンパーク
    • (台04)相武台前駅 - 立野台 - 座間四ッ谷
    • (台06)相武台前駅 - 相武台下駅 - 磯部
    • (海10)海老名駅東口 - 立野台 - 相武台前駅
    • (台12)相武台前駅 - ひばりヶ丘 - 南林間駅
    • (台13)相武台前駅 - 総合体育館前 - 北里大学病院北里大学
    • (台14)相武台前駅 - 座間 - 原当麻駅
    • (相27)相模原駅南口 - 北里大学病院・北里大学 - 相武台前駅
    • (綾76)相武台前駅 - さがみ野駅北口(相鉄バスから移管されたため「綾」系統)
    • (小02)小田急相模原駅 - 小松原入口 - ひばりが丘一丁目 - 南林間駅
    • (小03)小田急相模原駅 - 小松原入口 - イオンモール座間 - 小松原入口 - ひばりが丘一丁目 - 南林間駅
    • (小05)小田急相模原駅 -(直行)- イオンモール座間
    • (林03)南林間駅 - ひばりが丘一丁目 - 小松原入口 - イオンモール座間
    • (林05)イオンモール座間 →(直行)→ 南林間駅
  • 座間市コミュニティバス(ザマフレンド号)の路線
    • (A)さがみ野コース
    • (B)小松原・病院経由コース
    • (C)相模が丘コース
    • (D)東原・ひばりが丘南コース
    • (E)西部方面循環コース(2009年11月に入谷コース、座間・新田宿・四ツ谷コースを統廃合)

タクシー[編集]

名所・旧跡・公園・観光スポット・祭事・催事[編集]

特産品[編集]

  • やまといも
  • 純米吟醸いさま
  • ひまわり焼酎
  • 熟成焼酎“冬のひまわり”
  • 石川のとん漬け
  • どんぶり豆腐
  • 大凧最中
  • 大凧煎餅
  • 座間音頭(和菓子)
  • 銘菓 むかしむかし
  • 凧サブレ
  • 谷戸山公園ポテト(洋菓子)
  • 谷戸山公園石畳(生チョコ
  • 座間ひまわり畑(洋菓子)
  • ざまみず

公園・観光スポット[編集]

祭り[編集]

座間の大凧祭り

座間の大凧祭り[編集]

例年5月4日 - 5日相模川河川敷の相模川グラウンドで開催。神奈川県のまつり50選に選ばれている。

大凧の文字
  • 昭和
    • 40年 清和
    • 41年 青嵐
    • 42年 飛揚
    • 43年 祝明治百年
    • 44年 慶雲
    • 45年 慶瑞
    • 46年 待望
    • 47年 瑞雲
    • 48年 勢嵐
    • 49年 凌雲
    • 50年 風飛
    • 51年 飛龍
    • 52年 暁雲
    • 53年 晴嵐
    • 54年 雄飛
    • 55年 瑞鴻
    • 56年 慶祝
    • 57年 雄翔
    • 58年 乾坤
    • 59年 芳春
    • 60年 清節
    • 61年 闘魂
    • 62年 和風
    • 63年 湘東
  • 平成
    • 元年 平成
    • 2年 翔空
    • 3年 座間 躍動
    • 4年 精魂
    • 5年 奉祝
    • 6年 慶福
    • 7年 瑞祥
    • 8年 祝竣
    • 9年 愛郷
    • 10年 国体
    • 11年 雄風
    • 12年 昇龍
    • 13年 座間 祝風
    • 14年 敬愛
    • 15年 勇翔
    • 16年 悠郷
    • 17年 翔湧
    • 18年 慶翔
    • 19年 翔雲
    • 20年 清風
    • 21年 輝郷
    • 22年 薫風
    • 23年 盛栄
    • 24年 興龍
    • 25年 祥風
    • 26年 陽駿
    • 27年 輝風
    • 28年 凱風


その他の主な祭り[編集]

  • 座間市民ふるさと祭り – 11月上旬開催
  • さがみ野さくら祭 – 4月上旬さがみ野桜並木で開催
  • 相模が丘さくら祭 – 4月上旬相模が丘桜並木で開催
  • 日米親善盆踊り大会 – 8月上旬から中旬「米軍座間キャンプ」内で開催
  • 座間キャンプ桜まつり – 4月上旬「米軍座間キャンプ」内で開催
  • アメリカ独立記念日 – 7月上旬「米軍座間キャンプ」内で開催
  • 緑化まつり – 4月下旬「かにが沢公園」で開催
  • ZAMA燦夏祭 – 9月日産座間事業所及び近辺道路で開催
  • ふれあい農業祭 – 4月第4土曜日「JAさがみ座間支店」で開催
  • 座間市ひまわりまつり – 8月中旬ひまわり開花時期
  • 座間神社例大祭 – 8月下旬開催
  • 鈴鹿明神社例大祭 – 8月1日開催
  • 栗原神社例大祭 – 9月上旬開催
  • 座間ハイツ盆踊り祭り – 8月に開催

旧跡[編集]

文化[編集]

出身の有名人[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 平塚宿を起点に田村で中原街道と交差し、厚木海老名、座間、相模原を経て八王子に通じる。

出典[編集]

  1. ^ “座間市が市制施行40年で式典、マスコットキャラは「ざまりん」に/神奈川|カナロコ|神奈川新聞ニュース”. 神奈川新聞社. (2011年11月3日). http://www.kanaloco.jp/article/41745 2015年9月2日閲覧。 
  2. ^ 『座間の地名』p32
  3. ^ 『皇国地誌村誌』p39
  4. ^ 『語り伝え村制編1』p2
  5. ^ 『皇国地誌村誌』p23
  6. ^ 『座間の地名』p38,p72
  7. ^ 『皇国地誌村誌』p49
  8. ^ 『座間の地名』p108
  9. ^ 『皇国地誌村誌』p61
  10. ^ 『座間の地名』p94
  11. ^ 『皇国地誌村誌』p71
  12. ^ 『座間の地名』p102
  13. ^ 『座間の地名』p26
  14. ^ 『座間の地名』p27,p119
  15. ^ 『座間の地名』p27,p25
  16. ^ 『座間の地名』p124
  17. ^ 『座間の地名』p28,p68
  18. ^ 『座間の地名』p28
  19. ^ 『座間の地名』p50
  20. ^ 『座間の地名』p123
  21. ^ 『座間の地名』p122
  22. ^ 『座間の地名』p30
  23. ^ 座間市議会各派名簿(令和2年10月16日現在)
  24. ^ 専福寺 八百万の神
  25. ^ 猫の足あとyaokami
  26. ^ 座間山心岩寺 八百万の神
  27. ^ 猫の足あとyaokami
  28. ^ 公式yaokami
  29. ^ 座間市[1]ブログ
  30. ^ 円教寺 八百万の神
  31. ^ Facebook公式谷津建設株式会社yaokami小桜姫伝説で知られる水上山龍源院の本堂上棟式
  32. ^ 土木学会選奨土木遺産 - 土木学会
  33. ^ 文化遺産オンライン 基線中間点 - 文化庁
  34. ^ 市指定重要文化財(建造物、史跡) - 座間市

参考文献[編集]

  • 語り伝え聞き取り調査団、「座間の語り伝え〔7〕村制編1」、1986
  • 座間市立図書館市史編さん係、座間市史資料叢書6「皇国地誌村誌」、1992
  • 座間市文化財調査員協議会、「座間の地名」、2005

関連項目[編集]

外部リンク[編集]