井上尚弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井上 尚弥
Replace this image JA.svg
基本情報
本名 井上 尚弥
通称 Monster(怪物)
階級 ライトフライ級
スーパーフライ級
身長 163cm
リーチ 170cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1993年4月10日(22歳)
出身地 神奈川県座間市
スタイル 右ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 9
勝ち 9
KO勝ち 8
敗け 0
テンプレートを表示
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 ボクシング
インドネシア大統領杯
2011 ジャカルタ ライトフライ級
アジア選手権
2012 アスタナ ライトフライ級

井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本プロボクサー神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。パワーピットとマネジメント契約。第36代日本ライトフライ級王者。第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。第33代WBC世界ライトフライ級王者。第17代WBO世界スーパーフライ級王者。世界最速での2階級制覇王者[1]

人物[編集]

アマチュア時代は同じく元アマチュア選手の父・真吾が経営していた井上ボクシングジムで練習をしていた[2]。プロ転向に当たり、父も専属トレーナーとして大橋ジム入りしており[3]、井上はプロキャリアの初期から具志堅用高の持つ世界王座最多防衛記録(13度)の更新を目標に掲げている[4]

弟の拓真もボクサーであり、2011年には綾瀬西高校からインターハイのピン級を制して兄弟優勝を達成[5]、2013年12月に兄を追ってプロデビュー。従兄の浩樹[2]もまたアマチュア選手として相模原青陵高校時代に三冠を達成し[6]拓殖大学に在学していたが[7]、中退し現在は和歌山の建設会社に勤務しつつアマチュア活動中[8]

入場曲はWham!の「Freedom」。家族とのドライブでよく聴いていた曲だという[9]

ロンドンオリンピック金メダリストの村田諒太とは、国際大会や強化合宿で一緒に練習し、宿舎で同部屋だったこともあり、弟のように可愛がられていた[10]。また、秀でた才能と真面目な人柄はアマチュア時代、他の選手からも愛され、井上のプロデビュー戦には川内将嗣須佐勝明清水聡鈴木康弘といった選手の他に[11][12]、プロとの関係が正常化された日本アマチュアボクシング連盟(現・日本ボクシング連盟。プロ団体との関係については連盟記事中の「プロとの雪解け」節を参照)会長の山根明をはじめとする関係者らも来場した[11]

2015年12月1日に、相模原青陵高校の同級生だった一般女性と結婚[13]

来歴[編集]

アマチュアキャリア[編集]

小学校1年で父の下でボクシングを始める[14]。初の試合出場は6年生の時で、全国大会で中学2年生の相手にRSC(レフェリーストップコンテスト)勝ちを収めた[15]。中学校3年のときに行われた第1回全国U-15大会で優秀選手賞を受賞。

新磯高校(現・相模原青陵高校)1年でインターハイ国体選抜の三冠を達成し、アジアユース選手権でも銅メダル獲得[16]

2年時には世界ユース選手権ベスト16入りし[17]、インターハイはベスト8に終わるものの、国体連覇して、さらに初出場の全日本アマチュア選手権では決勝で林田太郎に敗れるも準優勝を果たす。

3年時にはインドネシア大統領杯で初の国際大会金メダルを獲得。さらに世界選手権出場も果たし、フライ級で3回戦まで進むが、キューバの選手に12-15の判定負けを喫しベスト16。国内ではインターハイに加え、全日本選手権で初優勝を収めるとともに技能賞を獲得[18]。高校生初のアマチュア7冠を達成した[14][19]

2012年にロンドンオリンピック予選会を兼ねたアジア選手権に出場し、ライトフライ級で決勝まで進むが、過去に世界選手権で銅メダリストとなっている地元カザフスタンのビルジャン・ジャキポフに11-16の判定負けを喫して銀メダルにとどまり、目標としていたロンドンオリンピック出場を逸した[20][21][22][23][映像 1]

プロキャリア[編集]

2012年大橋ボクシングジムに入門[19]。ジムとの契約書には井上自身の希望で「強い選手と戦う。弱い選手とは戦わない」との条件が付帯された[24]。7月2日に開かれたプロ転向・大橋ジム入りの発表会見では井岡一翔井岡)が持つ世界王座最短奪取記録の更新を宣言した[25]。プロテストはスーパーバンタム級B級ライセンスを受験[26]。実技試験は後楽園ホールの興行内で公開され[映像 2]、日本ライトフライ級王者黒田雅之(川崎新田)相手に左右の連打でコーナーに追い詰めるなど、実力を示して合格を果たした[27]

プロデビュー戦は、10月2日に後楽園ホールにてOPBF東洋太平洋ミニマム級7位にランクされているクリソン・オマヤオ(フィリピン)と49キロ契約8回戦で対戦[14][28]。A級でのデビューは1987年の赤城武幸以来25年ぶり7人目で10代は初[29]。また、この試合は深夜録画ながらTBSの地上波「ガッツファイティング」で中継された[30][29]。試合は1回に右ボディーブローでダウンを奪い、4回に左ボディーブローを打ち込んでマットに沈め4回2分4秒KOで勝利[31]。10代では初の8回戦デビューを白星で飾り、プロ転向からわずか3か月でOPBF東洋太平洋ライトフライ級10位にランクインし[32]、日本ライトフライ級6位にもランクされた[33]

2013年1月5日、後楽園ホールにて八重樫東(大橋)の前座で、タイ・ライトフライ級王者ガオプラチャン・チュワタナ(タイ)と50キロ契約8回戦で対戦。当初陣営は、世界ランカーとの対戦を計画し3選手と交渉し1選手とは契約寸前までいったが、相手側の交渉人が井上のデビュー戦の動画を見てキャンセルしてきたという。また、この試合はデビュー2戦目では異例の地上波生中継された[34]。試合はガオプラチャンの右の打ち終わりに合わせたシャープな左フックで相手をキャンバスに沈め、1回1分50秒KOで下した[35]。この試合で、デビュー戦以来2試合連続となる月間最優秀選手賞を東日本ボクシング協会から受けた[36]

2013年4月16日、後楽園ホールにて日本ライトフライ級1位の佐野友樹(松田)とノンタイトル10回戦で対戦。この試合は2月16日放送フジテレビ系列NEWジャンクSPORTS 浜田×スーパーアスリート=噂の真相飛び出す!SP」内にて同局では21年ぶりにゴールデンタイムカスペ! EXCITING TIME)で生中継された[37]。試合は1回に左フックで相手の右目尻をカットさせると、2回に左フック、4回に左フックからの連打でダウンを奪い、10回1分9秒TKO勝ちで下した[38]。この勝利で日本ライトフライ級1位にランクされた[39]

5月19日の「ボクシングの日」イベントのトークショーに高野人母美(山上)らとともに参加[40]

日本王座獲得[編集]

2013年8月25日、神奈川県スカイアリーナ座間にて日本ライトフライ級王者の田口良一ワタナベ)と対戦。試合は3-0(97-94、98-93、98-92)の判定勝ちで、辰吉丈一郎以来23年ぶりに国内最短タイ記録となる4戦目での日本王座を獲得した[41]。この勝利でOPBF東洋太平洋ライトフライ級1位にランクインし[42]WBA世界ライトフライ級5位[43]WBC世界ライトフライ級10位[44]WBO世界ライトフライ級15位[45]にもランクされ、プロ4戦を終えての世界ランク入りとなった。また、田口からは『リング』誌のランクも奪い、この試合後には同誌の定めるライトフライ級ランキングにも初登場した[46]。しかし、このランク入りによって同誌による年間最有望選手賞の選考対象からは外れた[47]

2013年10月18日付で日本ライトフライ級王座を返上。3日後の10月21日、八重樫東と3分2回のエキシビションマッチを披露した[48]

東洋太平洋王座獲得[編集]

2013年12月6日、東京両国国技館にて小野心(ワタナベ)の王座返上に伴い行われたOPBF東洋太平洋ライトフライ級王座決定戦で、OPBF東洋太平洋ライトフライ級2位のヘルソン・マンシオ(フィリピン)と対戦。試合は2回に連打でダウンを奪うなど有利に進め、5回2分51秒TKO勝ちで八重樫東らと並ぶ当時の国内男子最短タイ記録となるデビュー5戦目(2014年に田中恒成に更新される。女子を含めた記録は当時は藤岡奈穂子らの4戦だが、2014年好川菜々が3戦に更新)でOPBF王座を獲得した[49]

2014年2月28日、世界タイトル挑戦のためOPBF王座を返上[50]

6戦目での世界王座獲得[編集]

2014年4月6日、東京・大田区総合体育館にてWBC世界ライトフライ級王者アドリアン・エルナンデスメキシコ)と対戦。試合は6回に接近戦で右フックでダウンを奪うとレフェリーがストップし6回2分54秒TKO勝ちを収め、プロテスト実技試験終了後に宣言した通り[映像 2]、当時日本人男子最速となるプロ入り6戦目での世界王座獲得に成功した[51](後に田中恒成がデビュー5戦目で王座獲得し記録更新。女子も含めた最速は富樫直美の4戦[52])。この勝利はWBCから評価され、2014年4月度の月間MVPに選出された[53]。試合を中継したフジテレビは5月18日午前3時58分からの1時間枠で、「井上尚弥SP衝撃の世界奪取!〜日本ボクシング史上最速6戦目の戴冠〜」と題し、この世界王座獲得試合の完全保存版を放送することを決めた[54]

2014年9月5日、東京・国立代々木第二体育館にて元PABAミニマム級王者でWBC世界ライトフライ級13位のサマートレック・ゴーキャットジム(タイ)と対戦。試合は4回と6回にダウンを奪い、11回1分8秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した[55]

2014年11月6日、スーパーフライ級へ転向するためにWBC世界ライトフライ級王座の返上を発表。同月15日にWBO世界スーパーフライ級8位にランクインした[56][57]

2014年11月24日、元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)の指導を受けた[58]

8戦目での2階級制覇達成[編集]

2014年12月15日、WBOは最新ランキングを発表し、井上尚弥はWBO世界スーパーフライ級8位のまま変動は無かった[59]

2014年12月21日、トレーナーである父・真吾が2014年度のエディ・タウンゼント賞を受賞した[60]

2014年12月30日、東京体育館でWBO世界スーパーフライ級王者オマール・ナルバエスアルゼンチン)と対戦。試合は序盤から井上が攻勢に出て初回から2度のダウンを奪うと、2回も井上の攻勢は続き、この試合4度目のダウンでナルバエスが立ち上がることが出来ず、2回3分1秒KO勝ちを収め世界最速となる8戦目での2階級制覇を達成し、それまで世界最速だったポール・ウェアーの9戦目での2階級制覇を20年ぶりに塗り替えた[61][62]。試合直後のリング上ではナルバエス陣営がグローブに鉛を仕込んでいるのではないか?とクレームをつけた。大橋秀行会長が井上尚弥のグローブをその場で外して相手に確認させるとナルバエスのトレーナーは、苦笑いを浮かべて「グレートなニューチャンプだ!」と一言返したとのこと[63]。この試合で井上は右拳を痛めてしまい、治療に専念するため初防衛戦までの期間が開いた[64]

2014年12月31日、井上は上述のナルバエス戦が評価され、ボクシング・シーン・ドットコムの2014年の年間MVPに選出された[65]

2015年1月1日、井上は上述のナルバエス戦が評価され、ファイトニュース・ドットコムの2014年の年間MVPにも選出された[66]

2015年1月6日、後楽園飯店で行われた2014年の年間表彰選手選考会に於いて、井上は2014年度最優秀選手賞とKO賞に選出され、上述のナルバエス戦が年間最高試合に選出されるなど3冠を達成した[67]

2015年1月10日、WBOは最新ランキングを発表し、上述のナルバエス戦の勝利が評価され、井上はWBOの2015年1月度の月間MVPに選出された[68][69]

2015年3月、前年12月のナルバエス戦で痛めた右拳が脱臼していたことが判明した為、手術を行った[70]

2015年12月1日、弟・拓真とともに大手芸能プロダクションのホリプロと専属マネジメント契約を締結した[71]

2015年12月29日、有明コロシアムでWBO世界スーパーフライ級1位の指名挑戦者ワーリト・パレナス(フィリピン)と対戦。2回に2度のダウンを奪い、1分20秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した[72]。この一戦を評した元世界スーパーフライ級チャンピオンの佐藤洋太は、パレナスとのスパーリング中にダウンを喫した逸話を紹介してパレナスの強さを称えつつ、そのパレナスを圧倒した井上を高く評価している[73]

2016年1月13日、WBOからWBO世界スーパーフライ級2位のダビ・カルモナ(メキシコ)と指名試合を行うように通告された[74]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:81戦 75勝 (48KO/RSC) 6敗[14]
  • プロボクシング:9戦 9勝 (8KO) 無敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2012年10月2日 4R 2:04 KO クリソン・オマヤオ フィリピンの旗 フィリピン プロデビュー戦
2 2013年1月5日 1R 1:50 KO ガオプラチャン・チュワタナ タイ王国の旗 タイ
3 2013年4月16日 10R 1:09 TKO 佐野友樹(松田 日本の旗 日本
4 2013年8月25日 10R 判定3-0 田口良一ワタナベ 日本の旗 日本 日本ライトフライ級タイトルマッチ
5 2013年12月6日 5R 2:51 TKO ヘルソン・マンシオ フィリピンの旗 フィリピン OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座決定戦
6 2014年4月6日 6R 2:54 TKO アドリアン・エルナンデス メキシコの旗 メキシコ WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
7 2014年9月5日 11R 1:08 TKO サマーッレック・ゴーキャットジム タイ王国の旗 タイ WBC防衛1
8 2014年12月30日 2R 3:01 KO オマール・ナルバエス アルゼンチンの旗 アルゼンチン WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
9 2015年12月29日 2R 1:20 KO ワーリト・パレナス フィリピンの旗 フィリピン WBO防衛1

獲得タイトル[編集]

アマチュア
  • 平成21年度全国高等学校総合体育大会ライトフライ級優勝
  • 第64回国民体育大会ライトフライ級優勝
  • 2010年アジアユース選手権ライトフライ級銅メダル
  • 第21回全国高等学校ボクシング選抜大会兼JOCジュニアオリンピックカップライトフライ級優勝
  • 第65回国民体育大会ライトフライ級優勝
  • 第80回全日本アマチュアボクシング選手権大会ライトフライ級準優勝
  • 2011年インドネシア大統領杯ライトフライ級金メダル
  • 平成23年度全国高等学校総合体育大会ライトフライ級優勝
  • 第81回全日本アマチュアボクシング選手権大会ライトフライ級優勝
プロ

受賞歴[編集]

  • プロ・アマチュア年間表彰
    • 2011年アマチュアボクシング部門 新鋭賞[75]
    • 2012年プロボクシング部門 新鋭賞[76]
    • 2014年プロボクシング部門 最優秀選手賞・KO賞[77]
    • 2014年プロボクシング部門 年間最高試合賞(=2014年12月30日 WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ オマール・ナルバエス vs. 井上尚弥)
    • 2015年プロボクシング部門 KO賞[78]
  • 座間市体育協会 功労者(2013年)[79]
  • 日本プロスポーツ大賞 新人賞(2013年)[80]
  • WBC 2014年4月度月間MVP
  • 座間市市民栄誉賞(2014年)[81]
  • BoxingScene.com's 2014 Fighter of The Year[82]
  • Fightnews.com “Fighter of the Year” for 2014[83]
  • WBO 2015年1月度月間MVP

著書[編集]

  • 真っすぐに生きる。 (扶桑社出版、2014年4月)[84]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 井上2回KO勝利で世界最速2階級制覇 日刊スポーツ 2014年12月30日
  2. ^ a b 井上浩樹さん 尚弥さんが優勝”. タウンニュース (2010年6月12日). 2012年8月17日閲覧。
  3. ^ “井上父も専属トレーナーで大橋ジム入り”. 日刊スポーツ. (2012年7月3日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20120703-976998.html 2012年8月17日閲覧。 
  4. ^ “高校アマ7冠井上が具志堅さん超え誓う”. デイリースポーツ. (2013年2月11日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2013/02/11/0005734547.shtml 2013年2月21日閲覧。 
  5. ^ 井上兄弟がダブル優勝”. タウンニュース (2011年8月26日). 2012年8月17日閲覧。
  6. ^ 井上 浩樹”. 井上ボクシングジム. 2012年8月17日閲覧。
  7. ^ 好調な”. 拓殖大学ボクシング部 (2012年6月7日). 2012年8月17日閲覧。
  8. ^ せりしゅんや (2014年12月4日). “全日本社会人 総合優勝は東京”. 2015年4月6日閲覧。
  9. ^ 善理俊哉 (2014年4月7日). “井上尚弥を最速世界王者に導いた“ニュータイプ親子鷹””. 日刊SPA!. http://nikkan-spa.jp/618236 2014年5月13日閲覧。 
  10. ^ “村田の“弟”井上が「金の教え」スパー”. 日刊スポーツ. (2012年8月16日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20120816-1001332.html 2012年8月17日閲覧。 
  11. ^ a b “ロンドン金・村田 井上にエール「伝説をつくるつもりで」”. スポーツニッポン. (2012年10月3日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2012/10/03/kiji/K20121003004245800.html 2012年10月8日閲覧。 
  12. ^ 善理俊哉 (2012年10月3日). “今日の試合会場(10月2日)”. せりしゅんや的アマボク通信. 2012年10月8日閲覧。
  13. ^ 井上尚弥が結婚! 29日の防衛戦に弾み Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月4日
  14. ^ a b c d “アマ7冠井上デビュー戦は東洋太平洋1位”. 日刊スポーツ. (2012年8月8日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20120808-997120.html 2012年8月15日閲覧。 
  15. ^ 竹下陽二 (2012年10月3日). “井上尚弥 やっぱり怪物だった”. 中日スポーツ. http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/battle/news/CK2012100302000167.html 2012年10月8日閲覧。 
  16. ^ 4.Asian Youth Championships - Tehran, Iran - March 3-10 2010”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年7月1日閲覧。
  17. ^ 2.AIBA Youth World Championships - Baku, Azerbaijan - April 25 - May 3 2010”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年7月1日閲覧。
  18. ^ 村田がMVPアマ全日本選手権”. ボクシングニュース「Box-on!」 (2011年11月20日). 2012年10月8日閲覧。
  19. ^ a b “怪物ボクサー井上プロ転向!大橋ジムへ”. 日刊スポーツ. (2012年7月2日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20120702-976703.html 2012年8月15日閲覧。 
  20. ^ ロンドン五輪ボクシングアジア最終予選 決勝速報”. 全国高等学校体育連盟ボクシング専門部. 2012年8月15日閲覧。
  21. ^ AIBA(国際ボクシング協会)による井上の主な試合結果(アマチュア時代) (英語)
  22. ^ AIBA(国際ボクシング協会)によるビルジャン・ジャキポフの主な試合結果 (英語)(2005年の世界選手権銅メダルを皮切りに、AIBAプレジデントカップアジア競技大会などで多数のメダルを獲得)
  23. ^ Asian Olympic Qualifier - Astana, Kazakhstan - April 5-12 2012”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年7月1日閲覧。
  24. ^ 田口潤 (2012年10月3日). “井上 東洋7位をボコボコ”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20121003-1026848.html 2012年10月8日閲覧。 
  25. ^ “アマ7冠・井上 プロ転向会見で“井岡超え”宣言”. スポーツニッポン. (2012年7月3日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2012/07/03/kiji/K20120703003593450.html 2012年8月17日閲覧。 
  26. ^ プロボクサーテスト合格発表”. 日本ボクシングコミッション (2012年7月). 2013年7月4日閲覧。
  27. ^ “高校7冠井上がプロテスト合格”. 日刊スポーツ. (2012年7月12日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20120712-981939.html 2012年8月15日閲覧。 
  28. ^ ““怪物”井上 デビュー戦地上波放送”. デイリースポーツ. (2012年9月28日). http://www.daily.co.jp/ring/2012/09/28/0005410739.shtml 
  29. ^ a b ““怪物”井上、強烈4回KOデビュー!”. デイリースポーツ: p. 1. (2012年10月3日). http://www.daily.co.jp/ring/2012/10/03/0005422583.shtml 2012年10月8日閲覧。 
  30. ^ TBS『S☆1 plus Guts Fighting』”. TBSテレビ (2012年). 2012年10月8日閲覧。
  31. ^ 井上がデビュー戦でKO勝利 原はミニマム新王者に ボクシングニュース「Box-on!」 2012年10月2日閲覧。
  32. ^ “井上いきなり東洋太平洋10位”. 日刊スポーツ. (2012年10月5日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20121005-1028056.html 
  33. ^ “「7冠」井上 初日本ランク6位”. 日刊スポーツ. (2012年10月25日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20121025-1037280.html 
  34. ^ “19歳「アマ7冠」井上の2戦目は生中継!”. 日刊スポーツ. (2012年10月21日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20121021-1035509.html 
  35. ^ 井上が会心のKO勝利 デビュー2戦目 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年1月5日閲覧
  36. ^ 1月の月間最優秀選手賞に井上尚弥”. ボクシングニュース「Box-on!」 (2013年2月7日). 2013年2月21日閲覧。
  37. ^ ““怪物”井上4・16フジ系で生中継”. デイリースポーツ. (2013年2月17日). http://www.daily.co.jp/ring/2013/02/17/0005746994.shtml 
  38. ^ 井上が10回TKO勝ち 右拳痛め途中から左手1本 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月16日閲覧。
  39. ^ “20歳の井上日本1位に「意外と早かった」”. 日刊スポーツ. (2013年4月24日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20130424-1117140.html 
  40. ^ “モデルボクサー高野ドレス姿 スターと共演うれしい”. スポーツニッポン. (2013年5月20日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/05/20/kiji/K20130520005841240.html 
  41. ^ 井上が4戦目で日本タイトル獲得、田口に3-0判定 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年8月25日閲覧
  42. ^ OPBF最新ランキング、村田がミドル級1位に Boxing News(ボクシングニュース) 2013年9月6日
  43. ^ WBAランキング発表、井上が初登場5位 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年10月23日
  44. ^ WBCランキング、井上がL・フライ級10位 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年9月13日
  45. ^ WBO最新ランキング、井上らがランクイン Boxing News(ボクシングニュース) 2013年10月19日
  46. ^ Chuck Giampa (2013年8月30日). “Ring Rankings Update: Gonzalez causes featherweight shuffle” (英語). RingTV.com. 2014年3月4日閲覧。
  47. ^ Doug Fischer (2014年4月7日). “Dougie’s Monday mailbag” (英語). RingTV.com. 2014年5月13日閲覧。
  48. ^ “八重樫vs井上エキシビション戦に1150人”. 日刊スポーツ. (2013年10月21日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20131021-1207448.html 2013年12月12日閲覧。 
  49. ^ 井上尚弥がOPBFタイトル獲得、弟拓真も初陣飾る Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月6日
  50. ^ OPBFランキング発表、山口と竹中がランクイン Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2月28日
  51. ^ 井上、日本最短のプロ6戦目で世界タイトル獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月6日
  52. ^ “好川菜々東洋王座戦決定!注目の雅ジム”. デイリースポーツ. (2014年2月6日). http://www.daily.co.jp/opinion-d/2014/02/06/1p_0006688988.shtml 
  53. ^ 井上尚弥、WBCの月間最優秀選手に Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月14日
  54. ^ “井上尚弥SP衝撃の世界奪取!〜日本ボクシング史上最速6戦目の戴冠〜〈フジバラナイト SAT〉”. フジテレビ. (2014年5月13日). http://www.fujitv.co.jp/b_hp/140517boxing/index.html 
  55. ^ 井上尚弥 11回TKOで初防衛も「情けない試合」 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月5日
  56. ^ WBO Ranking Nov. 2014 WBO公式サイト 2014年11月15日
  57. ^ 高山勝成1位、大平剛2位 WBO最新ランキング Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月18日
  58. ^ 井上尚弥に援軍、ドネアがナルバエス対策伝授 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月24日
  59. ^ WBO RANKING DEC. 2014 WBO公式サイト 2014年12月15日
  60. ^ 井上尚弥の父、真吾トレーナーにエディ賞 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月21日
  61. ^ 井上尚弥 2階級制覇、2回KOでナルバエスを一蹴 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月30日
  62. ^ NAOYA INOUE WINS SECOND TITLE WBO公式サイト 2014年12月31日
  63. ^ 井上の衝撃2回KO劇の真相 THE PAGE(ザ・ページ) 2014年12月30日
  64. ^ 井上尚弥が初防衛戦延期を発表、右拳治療のため Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月24日
  65. ^ BoxingScene.com's 2014 Fighter of The Year BoxingScene.com(英語) 2014年12月31日
  66. ^ Fightnews.com “Fighter of the Year” for 2014 is WBO super flyweight champion Naoya Inoue 2015年1月1日
  67. ^ 井上尚弥がMVP含め3冠獲得、2014年表彰選手決定 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月6日
  68. ^ WBO RANKING JAN. 2015 WBO公式サイト 2015年1月10日
  69. ^ WBO最新ランキング発表、月間MVPは井上尚弥 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月13日
  70. ^ “尚弥 衝撃の2回TKO!手術の右拳でガードの上から粉砕初防衛”. スポニチ Sponichi Annex. (2015年12月30日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2015/12/30/kiji/K20151230011778150.html 
  71. ^ 井上兄弟がホリプロと契約、OPBFランクに4選手 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2015年12月1日
  72. ^ 井上尚弥が強すぎる! 1年ぶり復帰戦で2回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月29日
  73. ^ [1]
  74. ^ 井上尚弥の次期防衛戦は? WBOが指名戦オーダー Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月13日
  75. ^ 年間優秀選手決定”. 日本ボクシングコミッション (2012年1月6日). 2012年8月15日閲覧。
  76. ^ MVPは井岡!ボクシング年間表彰者発表”. 日刊スポーツ (2013年1月26日). 2013年2月9日閲覧。
  77. ^ 井上尚弥、初の最優秀選手賞を受賞”. 日刊スポーツ (2015年1月6日). 2015年1月6日閲覧。
  78. ^ V11内山高志が初MVP、女子は藤岡奈穂子”. 日刊スポーツ (2016年1月22日). 2016年1月23日閲覧。
  79. ^ 78人と7団体を表彰”. タウンニュース座間版 (2013年12月20日). 2014年1月8日閲覧。
  80. ^ 新人賞・井上「来年は勝負」もっと上へ デイリースポーツ 2013年12月28日
  81. ^ 井上尚弥に座間市民栄誉賞 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2014年4月22日
  82. ^ 井上尚弥、米有力ボクシング・サイト年間MVP Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月1日
  83. ^ ファイトニュースも井上尚弥を年間MVPに選出 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月2日
  84. ^ 井上尚弥の本「真っすぐに生きる。」発売 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月1日

映像資料[編集]

  1. ^ Light Fly (49kg) Final - Zhakypov (KAZ) vs Inoue (JPN) - 2012 AIBA Asian Olympic Qualifying Event (試合全容). AIBAによるYouTube動画.. (2012年4月14日). https://www.youtube.com/watch?v=qoqp-8EW47Q 2012年8月15日閲覧。 
  2. ^ a b 井上尚弥 公開プロテスト 後楽園ホール12/07/10. 会場で撮影されたYouTube動画.. (2012年7月14日). 該当時間: 6' 48"(世界王座最短奪取記録更新を宣言). https://www.youtube.com/watch?v=uAP3NoNTI_k 2012年8月15日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
田口良一
第36代日本ライトフライ級王者

2013年8月25日 - 2013年10月18日(返上)

空位
次タイトル獲得者
木村悠
空位
前タイトル保持者
小野心
第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者

2013年12月6日 - 2014年2月28日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ジョナサン・タコニング
前王者
アドリアン・エルナンデス
第33代WBC世界ライトフライ級王者

2014年4月6日 - 2014年11月6日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ペドロ・ゲバラ
前王者
オマール・ナルバエス
第17代WBO世界スーパーフライ級王者

2014年12月30日 - 現在

次王者
N/A