スーパーフェザー級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スーパーフェザー級: super feather weight)は、ボクシングで用いられる階級の一つである。フェザー級の“やや上”なので「スーパー」が付く。

ボクシング[編集]

プロボクシングでの契約ウェートは、126 - 130ポンド (57.153 - 58.967kg) である。フェザー級ライト級の間の階級であり、全17階級中8番目に軽い階級である。日本のプロボクシングでの旧名は「ジュニアライト級」(英:junior light weight)。

アマチュアではこの階級に相当する階級は存在せず、ライト級に属する。ザ・おやじファイト(同関連のB-UPやSP-1含め)では58.1kg~60.0kg。

初代世界王者はジョニー・ダンディーアメリカ合衆国

日本人として初めて同級世界王座を獲得したのは沼田義明極東)、初防衛戦・指名試合が史上初の日本人同士の世界戦となり小林弘(中村)にKO負。日本人初のスーパー王者内山高志ワタナベ / WBA)。

この階級の世界王座最多防衛記録はトッド・モーガン(アメリカ合衆国)とブライアン・ミッチェル南アフリカ共和国 / WBA)の12度。日本の選手の最多防衛記録は内山(継続中)の10度。

バルセロナオリンピックにおけるボクシング競技男子ライト級で金メダル獲得したゴールデン・ボーイ、契約金100万ドルでプロ転向し12年後に史上最多の6階級制覇を達成したオスカー・デ・ラ・ホーヤが最初に世界王座を獲得した階級でもある。同じカリフォルニア州出身のWBA世界スーパーフェザー級王者ヘナロ・エルナンデスとの夢の無敗対決を自身がWBA世界スーパーフェザー級1位にランクされた際にエルナンデスに指名試合で挑戦出来たが回避しWBO世界スーパーフェザー級王座へ迂回した、自身がWBO世界ライト級王座獲得後に6回TKOで制し、5度目の防衛に成功)

女子ボクシングではJBC公認前に風神ライカ(当時のリングネームはライカ、当時の所属先は山木ジム)がWIBA王座やWCBF王座に、水谷智佳(当時の所属先は宮田ジム女子部門の白鳥良子ボクシングジム)がIFBA国際女子ボクサー協会王座に挑戦、両者ともJBCボクサーライセンス取得後に崔賢美とWBA世界王座戦で戦い判定負。

1998年のチャンピオン・カーニバル_(ボクシング)、このクラスが史上最大の日本タイトルマッチと銘打たれ、両国国技館でフジテレビで全国生中継され5ヶ月前デビューから無敗でWBA世界王座初挑戦し引分で失敗した挑戦者畑山隆則横浜光ボクシングジム)が5連続KO防衛中のコウジ有沢草加有沢ボクシングジム)からKO奪取。ファイトマネー両者500万、勝利者ボーナス500万円だった。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]