アトム級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アトム級: atom weight)は、ボクシングなどの格闘技で用いられる階級の1つである。「アトム」は「原子」を意味する。

ボクシング[編集]

女子プロボクシングの一部団体で最軽量級として使用される。契約ウェートは、102ポンド (46.266kg) 以下である。

アトム級はWBC及びWBOでの呼称であり、WIBAではミニマム級IFBAではストロー級(これら2団体はともに一つ上はミニフライ級)と呼んでいる。WBAでは2011年よりライトミニマム級IBFでは2016年よりジュニアミニフライ級としてそれぞれ創設されている。JBCでもアトム級として創設されているが、世界戦ではそれぞれの団体別の呼称を使用していた。しかし、日本女子王座新設の翌年よりアトム級に統一されることになった[1]

WBCの初代アトム級王者はウィンユー・パラドーンジム。この階級での日本人初の世界王者はWIBAの池山直で、JBC公認後はWBCの小関桃(青木)。WBAの初代ライトミニマム級王者は安藤麻里フュチュール)、WBOの初代アトム級王者は池山直(フュチュール)、IBF初代ジュニアミニフライ級王者はヨカスタ・バジェ。2015年にWBCの小関とWBAの宮尾綾香の間で日本女子初となる王座統一戦が執り行われ、勝利した小関が日本女子初の統一王者となった。

この階級の世界王座最多防衛記録は小関桃(WBC)の17度。

キックボクシング[編集]

国際キックボクシング連盟にて117ポンド (53.1kg) 以下、国際競技空手協会(女子のみ)では108ポンド (49.1kg) 以下をアトム級と呼んでいる。

脚注[編集]

  1. ^ “JBCが女子階級の呼称をアトム級、ミニマム級に統一”. Boxing News(ボクシング・ニュース). (2018年3月14日). http://boxingnews.jp/news/56296/ 2018年3月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]