アトム級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アトム級: atom weight)は、ボクシングなどの格闘技で用いられる階級の1つである。「アトム」は「原子」を意味する。

ボクシング[編集]

女子プロボクシングの一部団体で最軽量級として使用される。契約ウェートは、102ポンド (46.266kg) 以下である。

アトム級はWBCでの呼称であり、WIBAではミニマム級IFBAではストロー級(これら2団体はともに一つ上はミニフライ級)と呼んでいる。WBAでは2011年よりライトミニマム級として創設されている。JBCでもアトム級として創設されている。

WBCの初代アトム級王者はウィンユー・パラドーンジム。この階級での日本人初の世界王者はWIBAの池山直で、JBC公認後はWBCの小関桃(青木)。WBAの初代ライトミニマム級王者は安藤麻里フュチュール)。

キックボクシング[編集]

国際キックボクシング連盟にて117ポンド (53.1kg) 以下、国際競技空手協会(女子のみ)では108ポンド (49.1kg) 以下をアトム級と呼んでいる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]