国際女子ボクサー協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国際女子ボクサー協会International Female Boxers Association / IFBA)は女子ボクシングの世界王座認定団体である。本部はネバダ州ヘンダーソン

歴史[編集]

1997年2月設立。同年8月2日にはバンタム級のイボンヌ・トレビーノ、ライト級のトレーシー・バード、ウェルター級のキャシー・コリンズの3名を最初のIFBA王者に認定した。

IFBA世界戦は男子の4大メジャー団体同様に全米で中継されるようになり、価値が高まった。

過去にルシア・ライカホリー・ホルムカリーナ・モレノら女子トップボクサーがタイトルを獲得しており、女子国際ボクシング協会(WIBA)とともに女子プロボクシングのメジャータイトルとされている。

しかし、男子4大メジャー団体が相次いで女子を認定すると、多くのトップ選手はそれらのタイトルを目指すようになった。その結果、IFBAのタイトルマッチは激減し、ランキングも長らく更新されなくなった。2011年にテコ入れのため、元IFBA世界ライトフライ級チャンピオンのキム・メッサーがディレクターに就任した。

日本との関係[編集]

日本女子ボクシング協会(JWBC)時代にライカ(現・風神ライカ)が世界スーパーライト級王座を獲得している。

日本ボクシングコミッション(JBC)による女子公認直後にも天海ツナミがバンタム級王座を獲得しているが、JBCはIFBAを公認していないため、当時公認されていなかった男子のIBFWBOなどと同様に歴代世界王者にカウントされない。女子プロボクシングが行われている国のほとんどが加盟していることもあり、JBCに対してWBC・WBAだけでなくIFBAも公認するよう求める声もある。ただし、女子ボクシング認定から年月が浅いこともあってか、JWBC時代より活動していたり、海外で試合を行った選手を中心にIFBAにランクされている者も存在しており、海外で王座に挑戦してもJBC公認世界王者としては認定しないもののライセンス停止などの処分対象にはされない。

関連項目[編集]

団体[編集]

王者一覧表[編集]

外部リンク[編集]