国際女子ボクシング連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国際女子ボクシング連盟(こくさいじょしボクシングれんめい、International Women's Boxing Federation / IWBF)は女子ボクシングの世界王座認定団体である。本部はニューヨーク

歴史[編集]

1992年設立。

1997年10月24日、キャシー・コリンズを最初のチャンピオンに認定。

日本人初の女子ボクシング世界王者であるシュガーみゆきがタイトルを獲得した団体でもある。また、レイラ・アリはスーパーミドル級とライトヘビー級の2階級制覇を果たしている。

女子国際ボクシング連盟(WIBF)に次ぐ歴史を持つ団体であるが、2008年7月31日のエラ・ヌネス vs. ドミンガ・オリボのスーパーバンタム級王座決定戦を最後に王座の認定は行っておらず、公式HPも閉鎖されている。

関連項目[編集]

団体[編集]