国際ボクシング協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国際ボクシング協会
International Boxing Association
略称 IBA
設立 1946年
種類 国際競技連盟
本部 スイスの旗 スイス
ローザンヌ
分野 ボクシング
会長 ロシアの旗 ウマル・クレムレフ
関連組織 国際オリンピック委員会(IOC)
ウェブサイト iba.sport
テンプレートを表示

国際ボクシング協会(こくさいボクシングきょうかい、英:International Boxing Association[1]、略称:IBA(アイバ)、別名:国際ボクシング連盟)は、アマチュアボクシングを統括する国際競技連盟である。2019年に資格停止処分を受けるまでは国際オリンピック委員会(IOC)に加盟していた。

2008年北京オリンピックに関するIOCの評価報告書では加盟国は196か国とされており、その地域構成比はヨーロッパ50 (25.5%)、アフリカ46 (23.5%)、アジア44 (22.4%)、アメリカ42 (21.4%)、オセアニア14 (7.1%) となっている[2]

歴史[編集]

1920年8月24日イングランドフランスベルギーブラジルオランダの5ヶ国により、国際アマチュアボクシング連盟(FIBA、Fédération Internationale de Boxe Amateur)として創設。

1946年11月、FIBAを解散するとともに、新たな統括機関として国際アマチュアボクシング協会(AIBA、仏:Association Internationale de Boxe Amateur、英:Amateur International Boxing Association)を創設。

2007年11月、名称から「アマチュア」を外し、国際ボクシング協会(International Boxing Associationn)に改めた。ただし略称はAIBAを継続使用した。

2009年8月から、それまで年に1度発表していたランキングを毎月公開している[3]

2010年、初のプロ大会となるプロボクシングリーグ「ワールド・シリーズ・オブ・ボクシング」(World Series of Boxing)を開催した。

2012年2月23日、アメリカ合衆国財務省が、日本の暴力団組織「山口組」の幹部2人と、ユーラシア一帯で暗躍するロシア系犯罪組織グループ「ブラザーズ・サークル」の7人の主要メンバーに対する金融制裁を発表。また、AIBA会長代行のガフール・ラヒモフウズベキスタン)が、このロシア系組織の幹部で、この組織は最大のヘロイン生産国アフガニスタンなどアジア各地で生産された麻薬をカフカス地方を経て欧州に密輸する秘密組織とし、ラヒモフは「ウズベキスタンの犯罪組織のリーダーで、中央アジアでのヘロイン生産から密輸に至る大シンジケートを運営している」と発表した[4]

2013年3月、北京開催の会議で、オリンピックアジア競技大会に出場できる年齢の上限を34歳から40歳に引き上げることを決議した[5][6][7]。また同時に、同年6月1日からは、脳震盪頭部外傷を減らすためとして男子エリート (19歳以上) のヘッドギアの着用を廃止することを決めた[7][8]。一方で、女子やジュニア、ユースの選手には着用廃止にならずヘッドギア着用の義務が継続された[5]

2014年10月1日、韓国仁川で開催された第17回アジア競技大会において、女子ボクシングのライト級で疑惑の判定の末に敗れ3位に入ったインドのサリタ・デビが、疑惑の判定への抗議の意思表示として表彰式で泣きながら銅メダルの受け取りを拒み、準決勝で敗れた韓国のパク・チンアの首に銅メダルをかけた。このデビの行動に対して、アジア大会の組織委員会は、「選手には試合の結果を受け止める義務があり、それを尊重しなければならない」、「彼女がメダルの受け取りを拒んだことは、スポーツマン精神に反している」としてフェアプレーの徹底を求めAIBAへ書面を送った[9]

デビの行為に激怒したAIBAは処分の協議に入り、AIBAは声明で、インド代表団がAIBAの呉経国会長に渡した書簡の中で、デビが「表彰式での不適切な行為について謝罪した」ことと、デビが「感情を爆発させた」ことに対して「無条件で謝罪」したことを明らかにし、デビに出場停止処分を科した[10][11]

プロ解禁[編集]

2016年6月1日、プロボクサーの参加をリオデジャネイロオリンピックから認める決定を下した。リオで実施される28競技の中で、プロ選手の参加を認めていなかったのはボクシングだけであった[12]

2016年9月30日、リオデジャネイロオリンピックのボクシング競技において、一部の試合の前に審判会議でどちらの選手が勝つべきかが指示されていたなど、不正に試合結果を操作する仕組みが存在したことを独立調査チームが発表した。報告書では、レフェリーや採点担当のジャッジを管轄する委員会が不正を主導したと指摘。リオオリンピックの出場枠を争う予選は「腐敗と操作のための練習場だった」とし「不正の種は何年も前、少なくとも2000年以降のオリンピックからまかれていた」と断じた。この調査結果により、八百長・買収疑惑で36人の関係者やレフェリーが資格停止となった[13][14]

2017年11月20日、2006年からAIBA会長を務めていたが、多数のAIBA理事から財務不正や不正経理など規約違反をしているとの申し立てを受け、調査のため暫定的に資格停止となっていたAIBA会長の呉経国(ウー・チンクォ)が辞任を表明した[15]

2017年12月、IOCはAIBAの組織運営に、財政、ガバナンス、倫理および審判の分野における深刻な問題があるとして監視を開始。

2018年11月30日、米財務省から麻薬売買などを手掛けるロシア系国際犯罪組織の関係者と指摘されるガフール・ラヒモフが前月にAIBAの新会長に選出されたことに加え、AIBAの組織運営に依然として懸念が残されているとして、IOCは、東京オリンピックへ向けた、AIBAと東京オリンピック組織委員会の接触、ボクシング競技のチケット販売、テスト大会の計画や競技スケジュールの最終決定を凍結するよう命じ、調査結果によってはAIBAの「(国際競技団体としての)認可を取り消す可能性」も示唆した[16]

2019年3月23日、ガフール・ラヒモフがAIBA会長からの辞任を表明した[17][14]

2019年3月29日、ロシア・ボクシング連盟の事務局長を務めるウマル・クレムレフがAIBAが抱えている1600万ドル(約17億7000万円)の負債を肩代わりすると表明した[18]

オリンピック資格剥奪[編集]

2019年6月26日、IOC総会東京オリンピックにおいてのAIBAの資格停止を満場一致で承認した。オリンピックでの競技運営の資格を剥奪された競技団体はAIBAが史上初めとなった[19]。一方でアスリート優先の考えからボクシング競技は実施することとなり、国際体操連盟渡邊守成が座長に就く特別作業部会がオリンピックボクシングの予選と本選を運営することになった[20]

2020年12月12日、ウマル・クレムレフが57.33%の投票率で新会長に選出された[21]

2021年4月、ロシアの半国営の天然ガス独占企業「ガスプロム」とゼネラルパートナー契約を交わした[22]。翌月にはAIBAの借金完済が報告された[23]

2021年10月、AIBA世界ボクシング選手権において、13階級の金メダリストに、一律で10万ドル(約1100万円)、銀メダリストに5万ドル(約550万円)、銅メダリストに2万5千ドル(約280万円)の賞金が支給されることになった[23]

2021年9月30日、リオデジャネイロオリンピックの本戦と予選において、事前に試合の勝者を決め、そのためのジャッジとレフェリーが選ばれるなどの金銭目的による試合結果の不正操作が行われ、AIBAの関係者らが関わって組織的に行われていた可能性があることが、AIBAによって任命された独立調査チームの報告書で明らかになった。試合結果を操作するため、最大25万ドル(約2800万円)の賄賂が審判に提示されたケースもあったという[24][25][26]。報告書では、「AIBAでは試合の不正操作や汚職が長期にわたり行われていた」とされ、当時AIBA会長を務めていた呉経国と元運営責任者のカリム・ボウジディが中心となり、共謀して不正行為を可能にしていたと補足された[27]

2021年12月、組織体制改革の一環として、略称をAIBAからIBAに変更した[28]

2021年12月9日、IOC会長トーマス・バッハが、「AIBAは組織のガバナンス、財務の透明性、そして審判の判定に関する高潔性への懸念に対処したことを証明しなければならない」と指摘して、ボクシングが2028年に開催されるロサンゼルスオリンピックの実施競技に含まれるか疑わしいと警告した[29]

2022年5月14日、会長選挙でウマル・クレムレフが2期目となる再選を果たした[30]。しかし、6月14日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、対抗候補者であるボリス・ファンデルフォルスト(オランダ)の、会長選で不適格認定により出馬が取り消された決定を不服とした訴えを支持する決定を下した[31]

再度オリンピック資格剥奪[編集]

2022年6月24日、国際オリンピック委員会(IOC)は、競技運営資格停止中のIBAを東京オリンピックに続き2024年に開催されるパリオリンピックにおいても競技運営資格を剥奪すると発表した[32]。IOCは「IBAの運営、レフェリングや判定のプロセス、そして財務状況を深く憂慮している」と明かし、またIBAが財政面でガスプロムに依存していることに懸念を示した[33]

買収報道[編集]

2011年9月22日、バクー世界選手権が開催される直前に、英国国営放送の英国放送協会 (BBC) はニュース番組 Newsnight で、開催国・アゼルバイジャンの政府高官が900万米ドルワールド・シリーズ・オブ・ボクシング (WSB) の幹部イワン・コダバシュに送金し、代わりにロンドンオリンピックのボクシング競技で2つの金メダルを保証されたというスクープを放送し、関係者の証言やメールのやりとりも公表した[34][35][映像 1]。AIBAの弁護士はこの報道を否定し[34]、AIBA会長のCK・ウーは支払いを受けたことは事実だが、アゼルバイジャンの政府ではなく匿名の一投資家からの寄付行為だとして、買収は事実無根と主張した[36]

AIBAはこの放送直後に開かれたバクーでの臨時総会で特別調査委員会の設置を決議した。この委員会は規律委員長のトム・バーゲットを委員長として弁護士、法律家ら5名から成り、10月6日の第1回会合ではBBCに撮影テープの提供などを求めたが、BBCは取材ソース秘匿を原則としてこれを拒否した。IOC会長のジャック・ロゲは特別調査委員会の設置を歓迎したが、ウーもIOCメンバーの一人であり、調査が公正に進行するかどうか皮肉な見方をする関係者もあった[36]

1988年のソウルオリンピックライトミドル級決勝では、ロイ・ジョーンズ・ジュニアが一方的に朴時憲を攻めたが、地元・韓国の朴が3-2のスプリットデシジョンで勝利し、アマチュアボクシング史上最大のスキャンダルと言われている。この時、ジャッジが買収されていたとして3人が処分を受けたが判定は覆らず、これを機にIOCはAIBAに改善を求め、コンピュータ採点が導入された。しかし、この採点法は有効打に対してジャッジが人為的にボタンを押すというもので、不正は完全に回避されていない。BBCの番組ではこの試合の画像がしきりに映し出された[34]

WSBはAIBAと広告代理店が共同出資し[34]、大口スポンサーからの広告料やテレビの放映権料によって運営されるが、米国の2チーム(マイアミ、メンフィス)が撤退して経済基盤は苦しく、アゼルバイジャンからの投資は赤字補填金とも報じられた。旧ソ連勢はアマチュアボクシングの強豪国としてAIBAへの政治的な影響力を保っており、アゼルバイジャンはWSBに「バクー・ファイヤーズ」というチームを持っている。英国のメディアは2011年の世界選手権に出場したアゼルバイジャンの選手9名のうち5名が実際のランキングより優遇されてシードされていたことを指摘しており、同大会準決勝終了の時点でアゼルバイジャンからは2選手がオリンピック出場権を獲得していた[36]

このスキャンダル報道の背景として、英国はAIBAの会長選挙で候補者を立てながらウーに敗れており、新執行部から疎まれているとされている[36]

IBA主催大会[編集]

ここではIBAが主催、もしくは主管となって開催する大会を挙げる。

APB[編集]

AIBAプロボクシング(APB)は、当時のAIBA会長・呉経国のもとAIBAが立ち上げた、アマチュアボクサーの参加を目的としたヘッドギア非着用でプロ同様の採点法を採用したプロボクシング団体で、2014年10月に最初のイベントが開催されるが[37]、主にAIBAの財政難が原因となり2016年に終了した。

当時のオリンピックと同様の10階級で実施され、各階級8選手が参加する変則トーナメントで各階級の世界王者が決められた[38]

2016年のリオデジャネイロオリンピックのボクシング競技では、プロボクサーの出場が解禁されたが、APBの各階級ランキング上位2選手にオリンピック出場権が与えられた[39]

日本の選手も参加要請を受けていたが不参加を表明していた[40]。しかし、2016年リオデジャネイロオリンピックではAPBからの出場枠の比重が高まり、日本もAPBへの参加を決定した[41]。なお、村田諒太はAPB参加を巡りAIBA及び日本ボクシング連盟(JABF)との間でトラブルが発生し、JABFは村田に対し異例の引退勧告を下す結末となった。2013年7月にAPB初の興行を韓国・済州島で開催し、エキシビションとして山崎静代が韓国選手と対戦予定だった[42]が、興行自体が中止になった。

脚注[編集]

  1. ^ Home - IBA”. IBA. 2021年1月6日閲覧。
  2. ^ Report on the 26 core sports for the games of the XXXI Olympiad – FILA” (英語). 国際オリンピック委員会. p. 7 (2009年9月). 2013年3月7日閲覧。
  3. ^ AIBAの世界ランキング発表 日本の8選手も”. ボクシングニュース「Box-on!」 (2009年8月22日). 2012年8月15日閲覧。
  4. ^ 「東京五輪」で危ぶまれる「ボクシング」の開催 国際連盟のトップはロシア系マフィア幹部か”. 東洋経済オンライン (2018年8月24日). 2019年7月19日閲覧。
  5. ^ a b Nitin Sharma (2012年3月13日). “Boxers can fight till 40: AIBA” (英語). The Indian Express. http://www.indianexpress.com/news/boxers-can-fight-till-40-aiba/1087177/ 2012年3月15日閲覧。 
  6. ^ “アマチュアボクシング 年齢制限を40歳に引き上げ”. スポーツニッポン. (2013年4月9日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/04/09/kiji/K20130409005577860.html 2013年5月6日閲覧。 
  7. ^ a b 一般社団法人日本ボクシング連盟 「AIBA世界ボクシング連盟のルール変更について(重要)」2013年4月12日
  8. ^ Shirley S. Wang (2012年3月14日). “Boxing Group Bans Headgear to Reduce Concussions” (英語). ウォール・ストリート・ジャーナル. 2012年3月15日閲覧。
  9. ^ アジア大会組織委、ボクシングのメダル拒否受け「フェアプレーの徹底を」”. AFPBB News (2014年10月2日). 2014年10月29日閲覧。
  10. ^ インドの女子ボクサー、メダル受け取り拒否を謝罪”. AFPBB News (2014年10月3日). 2014年10月29日閲覧。
  11. ^ 国際ボクシング協会、メダル受け取り拒否の女子ボクサーに出場停止処分”. AFPBB News (2014年10月23日). 2014年10月29日閲覧。
  12. ^ リオ五輪、プロボクサー参加可能に 協会が決定”. AFPBB News (2016年6月2日). 2022年1月9日閲覧。
  13. ^ リオ五輪ボクシング、勝敗不正操作を特定 調査チーム”. 日本経済新聞 (2021年10月1日). 2022年1月6日閲覧。
  14. ^ a b AIBAの疑惑の新会長が4ヶ月で辞任へ 東京五輪ボクシング実現に影響?”. スポーティングニュース (2021年3月23日). 2022年1月6日閲覧。
  15. ^ 国際ボクシング連盟の呉会長辞任、暫定資格停止中に”. 日刊スポーツ (2021年11月20日). 2022年1月6日閲覧。
  16. ^ 東京五輪のボクシング競技、IOCが準備凍結 AIBAを調査へ”. AFPBB News (2018年12月1日). 2022年1月9日閲覧。
  17. ^ AIBA会長が辞任表明、ボクシング除外を検討中のIOCは歓迎”. AFPBB News (2019年3月23日). 2022年1月6日閲覧。
  18. ^ 東京五輪でのボクシング生き残りへ、ロ連盟役員がAIBAの負債肩代わりか”. AFPBB News (2019年3月29日). 2022年1月6日閲覧。
  19. ^ AIBAの資格停止を承認、IOCが東京五輪のボクシングを統括”. AFPBB News (2019年6月27日). 2022年1月9日閲覧。
  20. ^ Ingle, Sean (2019年5月22日). “Aiba stripped of right to run boxing tournament at Tokyo Olympics”. The Guardian. https://www.theguardian.com/sport/2019/may/22/aiba-stripped-of-right-to-run-boxing-tokyo-olympics 2019年5月22日閲覧。 
  21. ^ AIBA新会長にクレムレフ氏選出、協会の復権誓う”. AFPBB News (2021年12月13日). 2022年1月6日閲覧。
  22. ^ 【AIBA】ロシアの巨大インフラ企業と協力協定”. 日本ボクシング連盟 (2021年4月16日). 2022年6月26日閲覧。
  23. ^ a b 【男子世界選手権】13階級のメダリストに高額賞金を用意し、モチベーション向上を狙う”. 日本ボクシング連盟 (2021年9月18日). 2021年10月21日閲覧。
  24. ^ リオ五輪で複数の不正 独立機関が調査―ボクシング”. 時事通信社 (2021年10月1日). 2022年1月6日閲覧。
  25. ^ Investigation Shows Fix Was in at Rio Olympics”. Boxing Scene.com (2021年9月30日). 2022年6月21日閲覧。
  26. ^ Joe Joyce Calls On The IOC To Award Him a Gold Medal For 2016 Yoka Clash”. Boxing Scene.com (2021年10月1日). 2022年6月21日閲覧。
  27. ^ リオ五輪ボクシングで不正 AIBA元関係者らの関与指摘 報告書”. AFPBB News (2021年10月1日). 2022年1月6日閲覧。
  28. ^ 略称を「IBA」に 国際ボクシング協会”. 時事通信社 (2021年12月14日). 2022年1月6日閲覧。
  29. ^ 重量挙げ、ボクシングは「問題児」 IOC会長が今後の課題提示”. AFPBB News (2021年12月10日). 2022年1月9日閲覧。
  30. ^ クレムレフ会長が再選 国際ボクシング協会”. JIJI.com (2022年5月14日). 2022年6月26日閲覧。
  31. ^ IBA会長選の再実施も CASが候補者除外認めず”. 産経新聞 (2022年6月15日). 2022年6月26日閲覧。
  32. ^ パリ五輪のボクシング、予選も含めてIBA管理下で行わず IOC理事会で決定”. 日刊スポーツ (2022年6月25日). 2022年6月26日閲覧。
  33. ^ IOC、資格停止中の国際ボクシング協会をパリ五輪から除外”. AFPBB News (2022年6月25日). 2022年6月26日閲覧。
  34. ^ a b c d 『ボクシング・ビート』 & 2011年11月号, p. 112
  35. ^ Anna Adams, Meirion Jones (BBC Newsnight) (2011年9月22日). “Allegations of deal to fix 2012 Olympic boxing medals” (英語). 英国放送協会. 2012年8月4日閲覧。
  36. ^ a b c d 『ボクシング・ビート』 & 2011年11月号, p. 113
  37. ^ AIBA announces date of first official APB Event” (英語). AIBA. 2014年4月19日閲覧。
  38. ^ “Join APB – AIBA” (英語). AIBA. (2012年). pp. 7, 9, 10, 12, 19. http://www.aiba.org/documents/site1/AIBA_Brochure_Final_Full_2_BR.pdf 2013年2月4日閲覧。 
  39. ^ アマ側が立ち上げたプロボクシング組織APB”. サンケイスポーツ. p. 2 (2014年4月11日). 2014年4月13日閲覧。
  40. ^ “女子ボクシング リオ五輪で階級増へ”. スポーツニッポン. (2012年11月9日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2012/11/09/kiji/K20121109004514980.html 
  41. ^ “AIBA、独自プロ大会への対策委員会設立”. スポーツ報知. (2013年2月4日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20130203-OHT1T00240.htm 2013年2月4日閲覧。 
  42. ^ “しずちゃん7月に韓国で試合”. 日刊スポーツ. (2013年5月25日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20130525-1132909.html 2013年5月25日閲覧。 

映像資料[編集]

  1. ^ (英語) Olympics: Allegations of boxing bribe (ニュース番組 Newsnight より抜粋). 英国放送協会. (2011年9月23日). http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-15034317 2012年8月4日閲覧。 

参考文献[編集]

  • MACC出版「須佐ら5選手、五輪予選出場決定」『アイアンマン』3月号増刊(『ボクシング・ビート』3月号)、フィットネススポーツ、2012年2月15日、 p. 106。
  • MACC出版「アゼルバイジャンは7億円払って金メダル2個を約束されていた?」『アイアンマン』11月号増刊(『ボクシング・ビート』11月号)、フィットネススポーツ、2011年10月15日、 pp. 112–113。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]