オスカー・デ・ラ・ホーヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オスカー・デ・ラ・ホーヤ
Oscar De La Hoya
Oscar de la Hoya 2014 (cropped 2).jpg
慈善団体The Salvation Armyにて(2014年)
基本情報
本名 オスカー・デ・ラ・ホーヤ
通称 Golden Boy(ゴールデン・ボーイ)
階級 ウェルター級
身長 179cm
リーチ 185cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1973-02-04) 1973年2月4日(47歳)
出身地 カリフォルニア州イーストロサンゼルス
スタイル オーソドックス(ただし利き腕は左)
プロボクシング戦績
総試合数 45
勝ち 39
KO勝ち 30
敗け 6
テンプレートを表示
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 ボクシング
オリンピック
1992 バルセロナ ライト級

オスカー・デ・ラ・ホーヤOscar De La Hoya1973年2月4日[1] - )は、メキシコ系アメリカ人の元男子プロボクサー。名の「De La」は英語に訳すと「of the」であり、『Hoyaのオスカー』となる。アメリカ合衆国カリフォルニア州イーストロサンゼルス市出身[1]

世界ボクシング協会 (WBA)世界ボクシング評議会 (WBC)統一世界スーパーウェルター級王者[1]、史上初の6階級制覇王者[1]

人物[編集]

現役引退前からプロモーター業を開始しており、2012年現在もゴールデンボーイ・プロモーションの会長を務めている[1]

2008年12月1日、自身の功績が認められロサンゼルスステープルズ・センターの前に銅像が建てられた[注 1][2]

プロ生涯戦績は45戦39勝(30KO)6敗、ボクシング以外の活動としては、2000年に歌手活動によりグラミー賞ノミネートを経験している[1]

いとこのディエゴ・デ・ラ・ホーヤもプロボクサー。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

祖父、父、オスカーの親子三代でボクシングを経験しているというボクサーの家系で育ち、5歳でボクシングを始めた[1]ジョー小泉の著書『ボクシング・バイブル』によれば、「従兄弟とのボクシングでいつも打ちのめされていたことから当初はボクシングが嫌いだった」との記述がある[3]

アマチュアでの戦績は228戦5敗で、端正な顔立ちとボクシングの才能によりアマチュアボクサーとしては異例の人気があった[1]

1990年および翌1991年のアメリカ合衆国ライト級アマチュア王座を獲得しており、また1992年バルセロナオリンピックのライト級金メダリスト[1]

プロ契約・4階級制覇まで[編集]

金メダルを獲得した1992年バルセロナオリンピックと同年の1992年11月に破格の契約金でプロ契約、1994年3月に世界ボクシング機構 (WBO)ジュニアライト級王座を、同年7月にWBOライト級王座を獲得した[1]

1995年5月には国際ボクシング連盟 (IBF)ライト級王座を獲得、これによりIBF・WBO統一王者となった[1]。また、翌1996年6月にはWBC世界ジュニアウエルター級(現スーパーライト級)王座を賭けて当時の王者、メキシコのフリオ・セサール・チャベスに勝利し世界3階級制覇を達成した[1]

世界3階級制覇後も勝利は続き、1997年4月にアメリカのパーネル・ウィテカーと対戦、勝利しWBC世界ウェルター級王座を獲得し4階級制覇となった[1]。同ウェルター級ではその後王座防衛回数7度を数えている[1]

史上最年少・5階級制覇[編集]

1999年9月に行われたIBF世界ウェルター級統一戦で同王座を持つプエルトリコフェリックス・トリニダードと対戦したが、2ポイント差の判定負けによりデ・ラ・ホーヤはプロとなって以降初の敗北を経験した[1]

2000年2月、WBC世界ウェルター級王座の挑戦者決定戦でアメリカのダレル・コーリーと対戦しKO勝利を収め、王座挑戦権を獲得[1]。同年3月には前年に対戦したフェリックス・トリニダードが自身の所持していたWBA世界スーパーウェルター級王座の返上を行ったため、デ・ラ・ホーヤはそのまま同王座を再獲得した[1]。しかし、同年6月にアメリカのシェーン・モズレーとの対戦でWBA世界スーパーウェルター級王座防衛戦に敗れ、同王座を失った[1]

2001年6月になってWBC世界スーパーウェルター級王者、スペインハビエル・カスティリェホに判定勝利し史上最年少、かつ最短で5階級制覇を達成した[1]

2002年9月14日、WBA世界スーパーウェルター級王者、アメリカのフェルナンド・バルガスと王座統一戦を行い、11回にダウンを奪ったデラホーヤが試合を決めTKO勝ち。王座を統一した。また試合後にバルガスからは薬物検査で陽性反応が確認された[4]

2003年5月3日、元IBF世界スーパーウェルター級王者ルイス・ラモン・カンパス(メキシコ)と対戦。7回2分54秒TKO勝ちを収めWBA王座は初、WBC王座は2度目となる防衛にそれぞれ成功した[5]

しかし同年9月13日、既にWBC世界ウェルター級王座を失っていたシェーン・モズリーと再戦したが判定負けし、両王座から陥落した[6]。この対戦では採点不正の疑惑があり、後にプロモーターが召喚されている[7]

史上初・6階級制覇[編集]

2004年6月、WBOミドル級王者だったドイツフェリックス・シュトルムに判定勝利、ボクシング史上初の6階級制覇を達成した[1][8]

しかし同年9月にはWBA、WBC、IBFの3団体統一王者だったアメリカのバーナード・ホプキンスと対戦した際にプロキャリア初のKO負けを経験、所持タイトルを失った[1][9]

この敗北の後、1年8か月間休養を挟み、2006年5月6日、20か月ぶりの実戦でWBC世界スーパーウェルター級王者、ニカラグアリカルド・マヨルガと対戦した[1]。初回にダウンを奪うなど試合を有利に進め、6回TKO勝ち[1]を収め3年ぶりに同王座を再獲得した[10]。また10個目の世界王座獲得ともなった[1]

2007年5月5日、史上初めて4階級を制した無敗のフロイド・メイウェザー・ジュニア(アメリカ)(WBC世界スーパーフェザー級、WBC世界ライト級、WBC世界スーパーライト級、IBF、WBC、IBO世界ウェルター級)との「世紀の一戦」において、1-2の12回僅差判定で敗れる[11]。メイウェザーはこの試合で5階級制覇を達成し[11]、デ・ラ・ホーヤは王座を失った[1]

2008年5月3日、元IBF世界スーパーフェザー級王者のスティーブ・フォーブス(アメリカ)と対戦し、3-0の判定勝ちを収めおよそ1年振りとなる試合を白星で飾った[12]

引退・パッキャオ戦[編集]

2008年12月6日、アメリカ・ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナマニー・パッキャオフィリピン)とウェルター級12回戦というノンタイトルながらドリームマッチが実現。試合前の予想はデラホーヤ圧倒的有利だったが、試合は序盤から精彩を欠いたファイトでパッキャオの動きに全くついていけず、7回にはパッキャオの攻撃でストップ寸前に陥る(この回の採点はジャッジ三者とも8-10)など一方的な展開の末8回終了TKO負けを喫した[13]。この試合がデラホーヤのラストファイトとなった。

2009年4月14日、体力の衰えなどから現役引退を表明[14]

2011年4月8日に行われたワールドプレミアムボクシングThe REAL13 副題(東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ)ではVTRながら日本にエールを送った[15]

2011年8月30日、近年自身が重度の薬物(コカイン)、アルコール依存であることを発表し5月21日からリハビリ施設に入っていることを公表した。飲酒は幼少期の9歳頃から行い、試合前に恐怖心を紛らわすために飲酒をエスカレートさせていったとしている。引退試合となったパッキャオ戦でも体力の衰えもあり「勝てるわけがない」と思って飲酒と薬物に手を出していたという[16][17]。その後のインタビューで薬物、アルコール依存症が辛く自殺を考えたこと、浮気をしており一時期妻と別居していたことを語っている[18]

2011年9月上旬、薬物とアルコール依存を告白したのに続き「もう嘘はつきたくない、あれは自分だった」と2007年に流出した女性下着を着用した自身の写真が本物であったことを認め、当時はコカインとアルコールの飲用で気分が高揚した状況下にあったと弁明した[19][20][21]

2013年9月10日、自身のゴールデンボーイ・プロモーションズが主催するフロイド・メイウェザー・ジュニアvsサウル・アルバレスのプロモーション活動を精力的にこなしていた矢先、試合4日前に緊急でリハビリ施設へ入り療養に専念することが発表された[22]

2015年6月29日、現役復帰について五分五分であると復帰する考えがあることを一旦は公表するが、家族と話し合い自分を見つめ直した結果、現役復帰を断念したことを発表した[23]

2017年1月25日、ロサンゼルスで飲酒運転で逮捕された[24][25]

2017年11月15日、現役復帰をしてコナー・マクレガーと対戦するつもりで5ヵ月間秘密のトレーニングを積んできたと明かし、「ケージでは彼に破壊されるだろうから、リングでやろう。マクレガーを2ラウンドでKOできる」と豪語した[26][27]

2019年2月27日、ゴールデンボーイ・プロモーションズ契約選手のライアン・ガルシアに頻繁に接触したり、公の場でガーボンタ・デービスとの対戦オファーを出すなどしていたフロイド・メイウェザー・ジュニアに対し、デ・ラ・ホーヤは、それらの行為は違法行為だと通告し今後はガルシアに接触しないよう警告する法的文書を送付した[28][29]

2020年5月5日、CBS Sportsのポッドキャストで「マクレガーを2ラウンドでKOできる。オクタゴンの彼は大好きだし、尊敬もしている。彼の試合はいつも見るよ。でもボクシングは全く別の世界だ」とコナー・マクレガーを挑発すると[30]、マクレガーがツイッターで「俺はあなたの挑戦を受ける。オスカー・デ・ラ・ホーヤ」と応じるも、デ・ラ・ホーヤは「はっきりさせておくが、マクレガー。私はあなたに挑戦したことは決して無い。私は単に質問に対して本当のことを話しただけだ」とツイッターで返答し[31][32]、さらに立て続けに2017年のフロイド・メイウェザー・ジュニアvsコナー・マクレガーを批判して以来因縁が有るUFC代表ダナ・ホワイトへも「おまえはクソガキだ、ボクシングエアロビクスの先生だった時以外でボクシンググローブを着けたことないだろ。フェティータ兄弟がビジネスを築いたんだ。おまえは運良くUFCの10%を持てただけじゃないか」とツイッターで唐突に挑発した[33][34]

2020年6月23日、エキシビションでの復帰を宣言したマイク・タイソンに触発される形でデ・ラ・ホーヤ自身も、「まずタイソンの復帰戦の動きを見てから決定したい」とエキシビションではなく公式戦での現役復帰を真剣に検討していると表明した[35]

2020年7月17日、自身が謙虚になりお願いをして厳しいトレーニングに打ち込めるのは彼だけだとして、復帰をした場合のトレーナーに付いて欲しい唯一の人物としてフロイド・メイウェザー・シニアを挙げ、9月までに定期的に12ラウンドのスパーリングができるようになりたいと述べた[36]

2020年8月19日、デ・ラ・ホーヤが「本当の戦いをする。ボクシングが好きで、リングが恋しい。今があるのはボクシングのおかげ。今はそれを失っている」と、現役復帰を表明した[37][38]。このデ・ラ・ホーヤの現役復帰についてUFCの会見で記者から質問を受けたダナ・ホワイトは「コカインは安くないからな。高価だから、稼がないとな」とコメントした[39]

訴訟歴など[編集]

デ・ラ・ホーヤは1996年6月に当時15歳だった女の子をホテルに連れ込み強姦したとして1998年11月に告訴されていた[40]。この件はその後2001年に示談となり解決している[41]

2007年9月~12月、デ・ラ・ホーヤが赤いハイヒールを履き、全身網タイツなど女性もの下着を着用した写真が数枚ネット上に流出する。この写真を撮影したとされるストリッパーの女性がデラホーヤから写真を公開しないよう強制され精神的苦痛を受けたとして総額1億ドル(110億円)の損害賠償請求裁判を起こす。デラホーヤは写真はデジタル加工された偽物であるとしていた[42][43][44]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:228戦223勝(163KO・RSC)5敗
  • プロボクシング:45戦39勝(30KO)6敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1992年11月23日 勝利 1R 1:42 KO ラマー・ウィリアムズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 プロデビュー戦
2 1992年12月12日 勝利 1R 1:15 KO クリフ・ヒックス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
3 1993年1月3日 勝利 2R 1:52 TKO パリス・アレキサンダー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
4 1993年2月6日 勝利 4R 1:40 TKO カーチス・ストロング アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
5 1993年3月13日 勝利 4R 1:35 TKO ジェフ・メイウェザー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
6 1993年4月6日 勝利 4R 判定3-0 マイク・グレーブル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
7 1993年5月8日 勝利 4R 2:00 TKO フランク・アベラル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
8 1993年6月7日 勝利 1R終了 TKO トロイ・ドーシー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
9 1993年8月14日 勝利 6R 2:10 TKO レナルド・カーター アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
10 1993年8月27日 勝利 4R終了 TKO アンジェロ・ヌネス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
11 1993年10月30日 勝利 1R 2:25 TKO ナルシソ・バレンズエラ メキシコの旗 メキシコ
12 1994年3月5日 勝利 10R終了 TKO ジミー・ブレダル  デンマーク WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
13 1994年5月27日 勝利 3R 2:22 TKO ジョルジョ・カンパネラ イタリアの旗 イタリア WBO防衛1
14 1994年7月29日 勝利 2R 0:39 KO ホルヘ・パエス メキシコの旗 メキシコ WBO世界ライト級王座決定戦/2階級制覇
15 1994年11月18日 勝利 3R 1:02 TKO カール・グリフィス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBO防衛1
16 1994年12月10日 勝利 9R 1:07 TKO ジョン・アビラ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBO防衛2
17 1995年2月18日 勝利 12R 判定3-0 ジョン・ジョン・モリナ プエルトリコの旗 プエルトリコ WBO防衛3
18 1995年5月6日 勝利 2R 1:43 TKO ラファエル・ルエラス メキシコの旗 メキシコ IBF・WBO世界ライト級王座統一戦/IBF獲得・WBO防衛4
19 1995年9月9日 勝利 6R終了 TKO ヘナロ・エルナンデス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBO防衛5
20 1995年12月15日 勝利 2R終了 TKO ジェシー・ジェームズ・レイハ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBO防衛6
21 1996年2月9日 勝利 2R 2:38 KO ダリル・タイソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
22 1996年6月7日 勝利 4R 2:37 TKO フリオ・セサール・チャベス メキシコの旗 メキシコ WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ/3階級制覇
23 1997年1月18日 勝利 12R 判定3-0 ミゲル・アンヘル・ゴンザレス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC防衛1
24 1997年4月12日 勝利 12R 判定3-0 パーネル・ウィテカー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC世界ウェルター級タイトルマッチ/4階級制覇
25 1997年6月14日 勝利 2R 2:54 KO デビッド・カマウ  ケニア WBC防衛1
26 1997年9月13日 勝利 12R 判定3-0 ヘクター・カマチョ プエルトリコの旗 プエルトリコ WBC防衛2
27 1997年12月6日 勝利 8R 2:48 TKO ウィルフレッド・リベラ プエルトリコの旗 プエルトリコ WBC防衛3
28 1998年6月13日 勝利 3R 1:56 TKO パトリック・シャルパンティエ フランスの旗 フランス WBC防衛4
29 1998年9月18日 勝利 9R終了 TKO フリオ・セサール・チャベス メキシコの旗 メキシコ WBC防衛5
30 1999年2月13日 勝利 12R 判定2-1 アイク・クォーティ  ガーナ WBC防衛6
31 1999年5月22日 勝利 11R 0:55 TKO オーバ・カー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC防衛7
32 1999年9月18日 敗北 12R 判定0-2 フェリックス・トリニダード プエルトリコの旗 プエルトリコ WBC・IBF世界ウェルター級王座統一戦/WBC王座陥落
33 2000年2月28日 勝利 7R 3:00 KO ダレル・コーリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 IBA世界ウェルター級王座決定戦/WBC世界ウェルター級挑戦者決定戦・WBC王座復帰
34 2000年6月17日 敗北 12R 判定1-2 シェーン・モズリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC王座陥落
35 2001年3月24日 勝利 5R 1:16 TKO アルツロ・ガッティ カナダの旗 カナダ
36 2001年6月23日 勝利 12R 判定3-0 ハビエル・カスティリェホ スペインの旗 スペイン WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ/5階級制覇
37 2002年9月14日 勝利 11R 1:48 TKO フェルナンド・バルガス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA・WBC世界スーパーウェルター級王座統一戦/WBA・IBA獲得・WBC防衛1
38 2003年5月3日 勝利 7R 2:54 TKO ルイス・ラモン・カンパス メキシコの旗 メキシコ WBA防衛1・WBC防衛2
39 2003年9月13日 敗北 12R 判定0-3 シェーン・モズリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA・WBC王座陥落
40 2004年6月5日 勝利 12R 判定3-0 フェリックス・シュトルム ドイツの旗 ドイツ WBO世界ミドル級タイトルマッチ/6階級制覇
41 2004年9月18日 敗北 9R 1:38 KO バーナード・ホプキンス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA・WBC・IBF・WBO世界ミドル級王座統一戦/WBO王座陥落
42 2006年5月6日 勝利 6R 1:25 TKO リカルド・マヨルガ ニカラグアの旗 ニカラグア WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
43 2007年5月5日 敗北 12R 判定1-2 フロイド・メイウェザー・ジュニア アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC王座陥落
44 2008年5月3日 勝利 12R 判定3-0 スティーブ・フォーブス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
45 2008年12月6日 敗北 8R終了 TKO マニー・パッキャオ フィリピンの旗 フィリピン
テンプレート

獲得タイトル[編集]

ペイ・パー・ビュー売上げ[編集]

日付 イベント 売上げ
1995年5月6日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. ラファエル・ルエラス 33万件[45]
1995年9月9日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. ヘナロ・エルナンデス 22万件[45]
1997年1月18日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. ミゲル・アンヘル・ゴンザレス 35万件[45]
1997年4月12日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. パーネル・ウィテカー 72万件[45]
1997年9月13日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. ヘクター・カマチョ 56万件[45]
1997年12月6日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. ウィルフレッド・リベラ 24万件[45]
1998年9月18日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. フリオ・セサール・チャベス 2 52万件[45]
1999年2月13日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. アイク・クォーティ 57万件[45]
1999年9月18日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. フェリックス・トリニダード 140万件[45]
2000年6月17日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. シェーン・モズリー 1 59万件[45]
2001年6月23日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. ハビエル・カスティリェホ 40万件[45]
2002年9月14日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. フェルナンド・バルガス 93万件[45]
2003年5月3日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. ルイス・ラモン・カンパス 35万件[45]
2003年9月13日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. シェーン・モズリー 2 95万件[45]
2004年6月5日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. フェリックス・シュトルム 38万件[45]
2004年9月18日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. バーナード・ホプキンス 100万件[45]
2006年5月6日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. リカルド・マヨルガ 92万件[45]
2007年5月5日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. フロイド・メイウェザー・ジュニア 240万件[45]
2008年12月6日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. マニー・パッキャオ 125万件[45]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
脚注
  1. ^ 銅像のモデルになった2006年5月6日のリカルド・マヨルガをKOした後にコーナーの上に上ってファンの歓声に応える場面。
出典
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 日外アソシエーツ (2012). "オスカー デラホーヤ". コトバンク. 2018年4月20日閲覧
  2. ^ デラホーヤの銅像がステープルズ・センターに 「AFPBB News」 2008年12月2日
  3. ^ 『ボクシング・バイブル―ボクシングはいかに進化したか』1999年3月29日、アスペクト刊、ジョー小泉著、199頁(全339頁)。978-4757204133
  4. ^ バルガス、薬物検査で陽性 王座戦でデラホーヤに敗北 共同通信社 2002年9月27日[リンク切れ]
  5. ^ デラホーヤがTKO勝ち 統一世界Sウエルター戦 共同通信社 2003年5月4日[リンク切れ]
  6. ^ 王者、雪辱ならず 進退には明言避ける 共同通信社 2003年9月14日[リンク切れ]
  7. ^ プロモーターを召喚へ 世界戦で採点に不正 共同通信社 2003年9月17日[リンク切れ]
  8. ^ デラホーヤが6階級制覇 WBOミドル級タイトル戦 共同通信社 2004年6月6日[リンク切れ]
  9. ^ デラホーヤ初のKO負け 統一世界ミドル級戦 共同通信社 2004年9月19日[リンク切れ]
  10. ^ <ボクシング>デラホーヤがマヨルガを降して王座に返り咲く! - 米国 「AFPBB News」 2006年5月7日[リンク切れ]
  11. ^ a b メイウェザー・ジュニア デラホーヤを下し5階級制覇達成 「AFPBB News」 2007年5月6日
  12. ^ デラホーヤ フォーブスを判定で下す 「AFPBB News」 2008年5月4日
  13. ^ デラホーヤ パッキャオに敗れる 「AFPBB News」 2008年12月7日
  14. ^ 元6階級王者デラホーヤが現役引退を発表 「AFPBB News」 2009年4月15日
  15. ^ パッキャオとデラホーヤ氏「頑張れ日本」 日刊スポーツ 2011年4月9日
  16. ^ 薬と酒で「自殺も考えた」デラホーヤ氏 日刊スポーツ 2011年8月31日
  17. ^ 杉浦大介「NY摩天楼通信」 : 第203回 オスカー・デラホーヤ、衝撃の告白”. スポーツコミュニケーションズ (2011年9月2日). 2013年9月14日閲覧。
  18. ^ De La Hoya talks suicide, drugs and hitting rock bottom during Univision interview”. Yahoo.Sports.com (2011年8月31日). 2013年9月14日閲覧。
  19. ^ 「あれは自分だった」4年前のフォトスキャンダルについてデラホーヤ告白”. マーシュ (2011年9月2日). 2013年9月14日閲覧。
  20. ^ 不世出のボクサー・デラホーヤ「あの女装姿はオレ」”. J-Cast.com (2011年9月7日). 2013年9月14日閲覧。
  21. ^ Oscar De La Hoya threw kinky, coke-fueled sex party: suit”. New York Post (2011年11月10日). 2013年9月14日閲覧。
  22. ^ Oscar De La Hoya has relapsed, admitted himself into a rehab facility”. Yahoo.Sports.com (2013年9月10日). 2013年9月14日閲覧。
  23. ^ デラホーヤ氏、42歳での現役復帰を断念”. AFPBB News (2015年6月30日). 2015年7月6日閲覧。
  24. ^ ボクシング元世界王者デラホーヤ氏を逮捕、飲酒運転容疑で”. AFPBB News (2016年1月26日). 2017年2月4日閲覧。
  25. ^ Oscar De La Hoya arrested on suspicion of drunken driving”. ESPN.com (2016年1月26日). 2017年2月4日閲覧。
  26. ^ 【ボクシング】44歳デ・ラ・ホーヤが「マクレガーを2RでKO」宣言、復帰に向けて特訓も” (2017年11月15日). 2017年11月18日閲覧。
  27. ^ Oscar De La Hoya: 'Can take out Conor McGregor in two rounds'”. ESPN.com (2017年11月15日). 2017年11月18日閲覧。
  28. ^ De La Hoya Sends Legal Letter To Mayweather Over Ryan Garcia”. Boxing Scene.com (2019年2月27日). 2020年6月28日閲覧。
  29. ^ De La Hoya Explains Legal Threat To Mayweather Over Ryan Garcia”. Boxing Scene.com (2019年2月27日). 2020年6月28日閲覧。
  30. ^ UFCのコナー・マクレガーが伝説のボクサー、オスカー・デ・ラ・ホーヤの挑発に応戦”. 三尾圭 (2020年5月8日). 2020年8月29日閲覧。
  31. ^ Oscar De La Hoya takes aim at Conor McGregor, says he'd knock him out in 'two rounds'”. ESPN.com (2020年5月8日). 2020年5月13日閲覧。
  32. ^ De La Hoya Says He'd Need Only 2 Rounds To Knock Out McGregor In Boxing Match”. Boxing Scene.com (2020年5月4日). 2020年5月13日閲覧。
  33. ^ Oscar De La Hoya goes on tirade aimed at UFC President Dana White”. Bad Left Hook (2020年5月8日). 2020年5月13日閲覧。
  34. ^ De La Hoya Calls Dana White a 'Little Bitch,' Reacts To McGregor”. Boxing Scene.com (2020年5月8日). 2020年5月13日閲覧。
  35. ^ De La Hoya on Possible Comeback: I'm Really Considering It!”. Boxing Scene.com (2020年6月23日). 2020年6月24日閲覧。
  36. ^ De La Hoya: Mayweather Sr. is The Only Trainer I Want To Work With”. Boxing Scene.com (2020年7月17日). 2020年8月29日閲覧。
  37. ^ 47歳デラホーヤ氏が現役復帰表明「リング恋しい」”. 日刊スポーツ (2020年8月20日). 2020年8月29日閲覧。
  38. ^ De La Hoya: Comeback Rumors Are True; I'll Start Training In Next Few Weeks”. Boxing Scene.com (2020年8月19日). 2020年8月29日閲覧。
  39. ^ Dana White on De La Hoya's Ring Return: Cocaine is Not Cheap”. Boxing Scene.com (2020年8月23日). 2020年8月29日閲覧。
  40. ^ BOXING; DE LA HOYA ACCUSED OF RAPE”. The New York Times (1998年11月26日). 2013年9月14日閲覧。
  41. ^ Oscar De La Hoya has found a new way to score knockouts--by promoting fights himself.”. Forbes.com (2004年4月26日). 2013年9月14日閲覧。
  42. ^ デラホーヤが総額110億円訴えられた”. 日刊スポーツ.com (2007年11月17日). 2013年9月14日閲覧。
  43. ^ ボクサー、オスカー・デラホーヤの写真問題 Milana Dravnelさんが裁判所に登場”. AFP (2008年2月18日). 2013年9月14日閲覧。
  44. ^ Pix fixed, so stripper drops Oscar De La Hoya suit”. Dally News (2008年6月9日). 2013年9月14日閲覧。
  45. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Post-Mayweather-Pacquiao, interest in boxing has sagged in 2015”. Bad Left Hook (2015年10月23日). 2015年10月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ジミー・ブレダル
WBO世界スーパーフェザー級王者

1994年3月5日 - 1994年(返上)

空位
次タイトル獲得者
レジリオ・ツール
空位
前タイトル保持者
ジョバンニ・パリージ
WBO世界ライト級王者

1994年7月29日 - 1996年(返上)

空位
次タイトル獲得者
アルツール・グレゴリアン
前王者
ラファエル・ルエラス
IBF世界ライト級王者

1995年5月6日 - 1995年7月(返上)

空位
次タイトル獲得者
フィリップ・ホリデー
前王者
フリオ・セサール・チャベス
WBC世界スーパーライト級王者

1996年6月7日 - 1997年(返上)

空位
次タイトル獲得者
コンスタンチン・チュー
前王者
パーネル・ウィテカー
WBC世界ウェルター級王者

1997年4月12日 - 1999年9月18日

次王者
フェリックス・トリニダード
空位
前タイトル保持者
フェリックス・トリニダード
WBC世界ウェルター級王者

2000年2月28日 - 2000年6月17日

次王者
シェーン・モズリー
前王者
ハビエル・カスティリェホ
WBC世界スーパーウェルター級王者

2001年6月23日 - 2003年9月13日

次王者
シェーン・モズリー
前WBA正規王者
フェルナンド・バルガス
WBA世界スーパーウェルター級スーパー王者
2002年9月14日 - 2003年9月13日
次スーパー王者
シェーン・モズリー
前王者
フェリックス・シュトルム
WBO世界ミドル級王者

2004年6月5日 - 2004年9月18日

次王者
バーナード・ホプキンス
前王者
リカルド・マヨルガ
WBC世界スーパーウェルター級王者

2006年5月6日 - 2007年5月5日

次王者
フロイド・メイウェザー・ジュニア