オスカー・デ・ラ・ホーヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オスカー・デ・ラ・ホーヤ
Oscar De La Hoya, Feb 2011.jpg
2011年ラスベガスのオフィスで
基本情報
本名 オスカー・デ・ラ・ホーヤ
通称 Golden Boy(ゴールデン・ボーイ)
階級 ウェルター級
身長 179cm
リーチ 185cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1973-02-04) 1973年2月4日(45歳)
出身地 カリフォルニア州イーストロサンゼルス
スタイル オーソドックス(ただし利き腕は左)
プロボクシング戦績
総試合数 45
勝ち 39
KO勝ち 30
敗け 6
テンプレートを表示
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 ボクシング
オリンピック
1992 バルセロナ ライト級

オスカー・デ・ラ・ホーヤOscar De La Hoya1973年2月4日 - )は、メキシコ系アメリカ人の元プロボクサー。名の「De La」は英語に訳すと「of the」であり、『Hoyaのオスカー』となる。アメリカ合衆国カリフォルニア州イーストロサンゼルス市出身。アマチュアでは1992年バルセロナオリンピックライト級で優勝(金メダル獲得)、プロでは史上初の6階級制覇を成し遂げるなど、アマ時代からエリート街道を驀進してきたその成功ぶりから「ゴールデンボーイ」の異名を持つ。

ボクサーとして、数々のビッグマッチを経験した世界屈指の人気選手で、端正なルックスから女性の支持も高かった。その活躍の場はリングだけにとどまらず、歌手デビューも果たしグラミー賞にもノミネートされた。引退後は、自らプロモーション会社「ゴールデンボーイ・プロモーションズ」を立ち上げ、ボクシング業界の一大勢力へと成長した。いとこのディエゴ・デ・ラ・ホーヤはプロボクサー。

ファイトスタイル[編集]

基本に忠実なオーソドックス・スタイルを得意とし、インファイトからアウトボクシングまで完璧にこなすことができるコンプリートファイターである。抜群のスピードとテクニックで相手を翻弄する展開を好むが、一瞬の隙を突く強打も併せ持ち通算KO率は75%を上回る。特に左フックはフィニッシュ・ブローとして幾多のKO劇を演出した。また、コンビネーションも非常に多彩。

来歴[編集]

6歳からボクシングを始めるが、従兄弟とのボクシングでいつも打ちのめされていたことから当初はボクシングが嫌いだったとのことだが[1]、試合に出始めてからは4年5か月もの間敗戦を経験しないなど、アマチュア時代から既に非凡な才能を見せる。アマ時代の通算戦績は234勝(163KO・RSC)6敗。6敗のうち2敗はシェーン・モズリーに敗れたものだった。

1992年、19歳でバルセロナオリンピックライト級に出場。同競技で米国勢唯一となる金メダルを獲得、アマ時代の華麗な遍歴を踏まえて「ゴールデンボーイ(Golden Boy)」とあだ名される。

ボブ・アラム率いるトップランク社と契約金100万ドルでプロ入りし、同年11月23日のデビュー戦でラマー・ウイリアムズ(アメリカ合衆国)に初回KO勝ちを収めプロキャリアをスタートさせた。

1993年6月7日、元IBF世界フェザー級王者トロイ・ドーシー(アメリカ)に1回終了TKO勝ち(パンチによる目のカットのため)。

スーパーフェザー級時代[編集]

1994年3月5日、プロ12戦目でWBO世界スーパーフェザー級王者ジミー・ブレダルデンマーク)を10回TKOに下し、世界初戴冠。

1994年5月27日、ジョルジョ・カンパネラ(イタリア)を3回TKOで下し初防衛の後、階級アップのため王座を返上した。

ライト級時代[編集]

1994年7月29日、元IBF・WBO世界フェザー級王者で奇抜な髪型や派手なパフォーマンスで人気を博したホルヘ・パエスメキシコ)とWBO世界ライト級王座決定戦を行い2回KO勝ちで2階級制覇を達成した。

その後2連続防衛を果たし1995年2月18日、元IBF・WBO世界スーパーフェザー級王者ジョン・ジョン・モリナプエルトリコ)に12回判定勝ちを収め3度目の防衛に成功した。

1995年5月6日、IBF世界ライト級王者ラファエル・ルエラスと王座統一戦を行い、メキシカンの対抗王者を物ともせず2回TKO勝ちでWBO王座は4度目の防衛、IBF王座獲得に成功した。IBF王座は獲得後即返上した。

1995年9月9日、同じカリフォルニア州出身の元WBA世界スーパーフェザー級王者ヘナロ・エルナンデスとの無敗対決を6回TKO勝ちで5度目の防衛に成功(実は自身がWBA世界スーパーフェザー級1位にランクされた際にエルナンデスに指名試合で挑戦出来たが回避しWBO世界スーパーフェザー級王座へ迂回した)。

1995年12月15日、同じメキシコ系アメリカ人で元WBC世界スーパーフェザー級王者のジェシー・ジェームズ・レイハに2回TKOで勝利し6度目の防衛に成功。階級アップのため6度守った王座を返上した。

スーパーライト級時代[編集]

1996年6月7日、パウンド・フォー・パウンドにも謳われた「メキシコの英雄」フリオ・セサール・チャベスを相手に、スピーディーなジャブでチャベスの顔面を切り裂き4回TKOで下す。世代交代をアピールし、3階級制覇に成功した。

1997年1月18日、WBC世界ライト級を10度防衛した元王者、ミゲル・アンヘル・ゴンザレス(メキシコ)に12回判定で勝利し無敗対決を制し初防衛に成功した。

ウェルター級時代[編集]

1997年4月12日、高度のディフェンスで「アンタッチャブル」の異名を取り4階級(IBF、WBC、WBA世界ライト級、IBF世界スーパーライト級、WBC世界ウェルター級、WBA世界スーパーウェルター級)を制したWBC世界ウェルター級王者パーネル・ウィテカー(アメリカ)と対戦。ウィテカーの卓越したディフェンス技術に苦戦したが手数で押し切り12回判定で勝ちを収め、4階級制覇に成功した。試合後WBC世界スーパーライト級王座を返上。

1997年6月14日、アメリカ合衆国・テキサス州サンアントニオアラモドームでデビッド・カマウ(ケニア)と対戦、2回TKO勝ちで初防衛に成功した。

1997年9月13日元WBC世界スーパーフェザー級、WBC世界ライト級、WBO世界スーパーライト級王者ヘクター・カマチョ(プエルトリコ)に12回判定で勝利し2度目の防衛。

その後WBC世界ウェルター級王座を2連続KOで防衛し1998年9月18日、区切りの100勝目を果たし雪辱を狙う元WBC世界スーパーライト級王者フリオ・セサール・チャベスとリマッチを行い、9回TKO勝ちで5度目の防衛に成功した。

1998年11月、デ・ラ・ホーヤが1996年6月に当時15歳だった女の子をホテルに連れ込み強姦したとして告訴される[2]。その後2001年に示談となり解決した[3]

1999年2月13日、前WBA世界ウェルター級王者アイク・クォーティガーナ)と事実上の統一戦(クォーティはこの試合のためにWBAに王座を剥奪される)。ダウンの応酬がある歴史的名勝負の末12回判定勝ちで、6度目の防衛を成功した。

1999年5月22日、オーバ・カー(アメリカ)を11回TKOで仕留め7度目の防衛に成功。

1999年9月18日、IBF世界ウェルター級王者フェリックス・トリニダード(プエルトリコ)を迎え、統一戦。無敗のスーパースター対決として注目を集めたが、途中から安全運転にシフトしたデ・ラ・ホーヤが僅差判定で敗れ、WBC王座陥落と共にプロ初黒星を喫した。

ウェルター級王座返り咲き[編集]

2000年2月26日、WBC世界ウェルター級1位デ・ラ・ホーヤ(トリニダード戦の敗戦から1位に降格)と同級2位のダレル・コーリー(デラホーヤの降格1位に伴い2位に降格)(アメリカ)による挑戦者決定戦を7回KO勝ち。しかしトリニダードが同級王座を返上したため、デラホーヤが無戦で返り咲いた。またこの試合はIBA世界ウェルター級王座決定戦も兼ねていたためIBA王座を獲得した。

2000年6月17日、前IBF世界ライト級王者シェーン・モズリー(アメリカ)との初防衛戦に12回1-2の判定で敗れ、再び王座を手放した。

2001年3月24日、元IBF世界スーパーフェザー級王者&元WBC世界スーパーライト級王者のアルツロ・ガッティカナダ)と無冠戦を行い、5回TKO勝ち。

スーパーウェルター級時代[編集]

2001年6月23日、WBC世界スーパーウェルター級王者ハビエル・カスティリェホスペイン)に挑み、スピードとテクニックで王者を圧倒し12回判定で勝利。シュガー・レイ・レナードトーマス・ハーンズに続く史上3人目の5階級制覇に成功した。なお、カスティリェホは当初大東旭の挑戦を受ける予定だった。

2002年9月14日、WBA世界スーパーウェルター級王者フェルナンド・バルガス(アメリカ)と王座統一戦。両者の意地がぶつかり合ったハイレベルの打ち合いは、11回にダウンを奪ったデラホーヤが怒濤のラッシュで試合を決めTKO勝ち。王座を統一した。また試合後にバルガスからは薬物検査で陽性反応が確認された[4]

2003年5月3日、元IBF世界スーパーウェルター級王者ルイス・ラモン・カンパス(メキシコ)と対戦。WBCランカーでKO率は80%とデ・ラ・ホーヤのKO率より高く、戦績は85戦の驚異的な数を誇るカンパスに初回にボディアッパーからの右ストレートを当てるといきなり歴戦のカンパスがふらついた。まともに得意の接近戦にすることが出来なくなったカンパスに3回にはコンビネーションを浴びせるとカンパスは完全にペースを失いマウスピースを3回吐き出した。5回終了間際にはコンビネーションを浴びせてストップ寸前まで追い詰めた。6回にはまたも鋭いコンビネーションを浴びせるもカンパスはトリニダードからダウンを奪ったショート左アッパー、ラウル・マルケスの視界を塞いだ右ショートフックとショートコンビネーションで反撃されるもIBF王座時代のような切れ味の鋭さはなく、さらに攻勢を強めカンパスがこの試合4度目のマウスピースの吐き出しで遅延行為で減点させた。7回にはこの試合5度目のマウスピースを吐き出してしまい、コンビネーションを浴びせクリンチした所でカンパスのセコンドがレフェリーにストップを要請した。7回2分54秒TKO勝ちを収めWBA王座は初、WBC王座は2度目となる防衛にそれぞれ成功した[5]。なおカンパスはこの試合がキャリア最後の世界タイトル挑戦となった。カンパスはその後2016年まで現役を続けたが1度もランキングに復活できず表舞台から姿を消した。この結果デ・ラ・ホーヤが事実上の引導を渡す結果になった。

同年9月13日、既にWBC世界ウェルター級王座を失っていたシェーン・モズリーと再戦。物議をかもす判定の結果の末敗戦し両王座から陥落した[6][7]

ミドル級時代[編集]

2004年6月5日、20戦無敗のWBO世界ミドル級王者フェリックス・シュトルムドイツ)と対戦。シュトルムの固いガードの前に苦戦するも手数で押し切り僅差判定で下し、史上初の6階級制覇に成功した[8]

2004年9月18日、シュトルム戦以前から内定していたビッグマッチ、WBA、WBC、IBF世界ミドル級3団体統一チャンピオンバーナード・ホプキンス(アメリカ)と史上初の4団体王座統一戦にミドル級の規定体重を2ポンド下回る158ポンドのキャッチウェイトで対戦。体格で勝るホプキンスに手数で対抗したが、徐々に圧力に押され、9回左ボディ一発でダウン。プロ初のKO負けを喫し、王座から陥落した[9]

スーパーウェルター級王座返り咲き[編集]

2006年5月6日、20か月ぶりの実戦でWBC世界スーパーウェルター級王者リカルド・マヨルガニカラグア)と対戦。ブランクから限界説も囁かれていたが、初回にダウンを奪うなど試合を有利に進め、6回TKO勝ちを収め3年ぶりに王座返り咲きに成功した[10]。また10度目の王座戴冠ともなった。

2007年5月5日、史上初めて4階級を制した無敗のフロイド・メイウェザー・ジュニア(アメリカ)(WBC世界スーパーフェザー級、WBC世界ライト級、WBC世界スーパーライト級、IBF、WBC、IBO世界ウェルター級)との「世紀の一戦」において、1-2の12回僅差判定で敗れる[11]。メイウェザーは5階級制覇を達成し、即日王座返上を表明。

2007年9月~12月、デ・ラ・ホーヤが赤いハイヒールを履き、全身網タイツなど女性もの下着を着用した写真が数枚ネット上に流出する。この写真を撮影したとされるストリッパーの女性がデラホーヤから写真を公開しないよう強制され精神的苦痛を受けたとして総額1億ドル(110億円)の損害賠償請求裁判を起こす。デラホーヤは写真はデジタル加工された偽物であるとしていた[12][13][14]

2008年5月3日、元IBF世界スーパーフェザー級王者のスティーブ・フォーブス(アメリカ)と対戦し、3-0の判定勝ちを収めおよそ1年振りとなる試合を白星で飾った[15]

2008年12月1日、自身の功績が認められロサンゼルスステープルズ・センターの前に銅像が建てられた(銅像のモデルになった2006年5月6日のリカルド・マヨルガをKOした後にコーナーの上に上ってファンの歓声に応える場面)[16]

引退・パッキャオ戦[編集]

2008年12月6日、アメリカ・ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナマニー・パッキャオフィリピン)とウェルター級12回戦というノンタイトルながらドリームマッチが実現。試合前の予想はデラホーヤ圧倒的有利だったが、試合は序盤から精彩を欠いたファイトでパッキャオの動きに全くついていけず、7回にはパッキャオの攻撃でストップ寸前に陥る(この回の採点はジャッジ三者とも8-10)など一方的な展開の末8回終了TKO負けを喫した[17]。この試合がデラホーヤのラストファイトとなった。

2009年4月14日、体力の衰えなどから現役引退を表明[18]

2011年4月8日に行われたワールドプレミアムボクシングThe REAL13 副題(東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ)ではVTRながら日本にエールを送った[19]

2011年8月30日、近年自身が重度の薬物(コカイン)、アルコール依存であることを発表し5月21日からリハビリ施設に入っていることを公表した。飲酒は幼少期の9歳頃から行い、試合前に恐怖心を紛らわすために飲酒をエスカレートさせていったとしている。引退試合となったパッキャオ戦でも体力の衰えもあり「勝てるわけがない」と思って飲酒と薬物に手を出していたという[20][21]。その後のインタビューで薬物、アルコール依存症が辛く自殺を考えたこと、浮気をしており一時期妻と別居していたことを語っている[22]

2011年9月上旬、薬物とアルコール依存を告白したのに続き「もう嘘はつきたくない、あれは自分だった」と2007年に流出した女性下着を着用した自身の写真が本物であったことを認め、当時はコカインとアルコールの飲用で気分が高揚した状況下にあったと弁明した[23][24][25]

2013年9月10日、自身のゴールデンボーイ・プロモーションズが主催するフロイド・メイウェザー・ジュニアvsサウル・アルバレスのプロモーション活動を精力的にこなしていた矢先、試合4日前に緊急でリハビリ施設へ入り療養に専念することが発表された[26]

2015年6月29日、現役復帰について五分五分であると復帰する考えがあることを一旦は公表するが、家族と話し合い自分を見つめ直した結果、現役復帰を断念したことを発表した[27]

2017年1月25日、ロサンゼルスで飲酒運転で逮捕された[28][29]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:228戦223勝(163KO・RSC)5敗
  • プロボクシング:45戦39勝(30KO)6敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1992年11月23日 勝利 1R 1:42 KO ラマー・ウィリアムズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 プロデビュー戦
2 1992年12月12日 勝利 1R 1:15 KO クリフ・ヒックス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
3 1993年1月3日 勝利 2R 1:52 TKO パリス・アレキサンダー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
4 1993年2月6日 勝利 4R 1:40 TKO カーチス・ストロング アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
5 1993年3月13日 勝利 4R 1:35 TKO ジェフ・メイウェザー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
6 1993年4月6日 勝利 4R 判定3-0 マイク・グレーブル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
7 1993年5月8日 勝利 4R 2:00 TKO フランク・アベラル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
8 1993年6月7日 勝利 1R終了 TKO トロイ・ドーシー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
9 1993年8月14日 勝利 6R 2:10 TKO レナルド・カーター アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
10 1993年8月27日 勝利 4R終了 TKO アンジェロ・ヌネス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
11 1993年10月30日 勝利 1R 2:25 TKO ナルシソ・バレンズエラ メキシコの旗 メキシコ
12 1994年3月5日 勝利 10R終了 TKO ジミー・ブレダル  デンマーク WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
13 1994年5月27日 勝利 3R 2:22 TKO ジョルジョ・カンパネラ イタリアの旗 イタリア WBO防衛1
14 1994年7月29日 勝利 2R 0:39 KO ホルヘ・パエス メキシコの旗 メキシコ WBO世界ライト級王座決定戦/2階級制覇
15 1994年11月18日 勝利 3R 1:02 TKO カール・グリフィス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBO防衛1
16 1994年12月10日 勝利 9R 1:07 TKO ジョン・アビラ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBO防衛2
17 1995年2月18日 勝利 12R 判定3-0 ジョン・ジョン・モリナ プエルトリコの旗 プエルトリコ WBO防衛3
18 1995年5月6日 勝利 2R 1:43 TKO ラファエル・ルエラス メキシコの旗 メキシコ IBF・WBO世界ライト級王座統一戦/IBF獲得・WBO防衛4
19 1995年9月9日 勝利 6R終了 TKO ヘナロ・エルナンデス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBO防衛5
20 1995年12月15日 勝利 2R終了 TKO ジェシー・ジェームズ・レイハ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBO防衛6
21 1996年2月9日 勝利 2R 2:38 KO ダリル・タイソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
22 1996年6月7日 勝利 4R 2:37 TKO フリオ・セサール・チャベス メキシコの旗 メキシコ WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ/3階級制覇
23 1997年1月18日 勝利 12R 判定3-0 ミゲル・アンヘル・ゴンザレス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC防衛1
24 1997年4月12日 勝利 12R 判定3-0 パーネル・ウィテカー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC世界ウェルター級タイトルマッチ/4階級制覇
25 1997年6月14日 勝利 2R 2:54 KO デビッド・カマウ  ケニア WBC防衛1
26 1997年9月13日 勝利 12R 判定3-0 ヘクター・カマチョ プエルトリコの旗 プエルトリコ WBC防衛2
27 1997年12月6日 勝利 8R 2:48 TKO ウィルフレッド・リベラ プエルトリコの旗 プエルトリコ WBC防衛3
28 1998年6月13日 勝利 3R 1:56 TKO パトリック・シャルパンティエ フランスの旗 フランス WBC防衛4
29 1998年9月18日 勝利 9R終了 TKO フリオ・セサール・チャベス メキシコの旗 メキシコ WBC防衛5
30 1999年2月13日 勝利 12R 判定2-1 アイク・クォーティ  ガーナ WBC防衛6
31 1999年5月22日 勝利 11R 0:55 TKO オーバ・カー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC防衛7
32 1999年9月18日 敗北 12R 判定0-2 フェリックス・トリニダード プエルトリコの旗 プエルトリコ WBC・IBF世界ウェルター級王座統一戦/WBC王座陥落
33 2000年2月28日 勝利 7R 3:00 KO ダレル・コーリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 IBA世界ウェルター級王座決定戦/WBC世界ウェルター級挑戦者決定戦・WBC王座復帰
34 2000年6月17日 敗北 12R 判定1-2 シェーン・モズリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC王座陥落
35 2001年3月24日 勝利 5R 1:16 TKO アルツロ・ガッティ カナダの旗 カナダ
36 2001年6月23日 勝利 12R 判定3-0 ハビエル・カスティリェホ スペインの旗 スペイン WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ/5階級制覇
37 2002年9月14日 勝利 11R 1:48 TKO フェルナンド・バルガス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA・WBC世界スーパーウェルター級王座統一戦/WBA・IBA獲得・WBC防衛1
38 2003年5月3日 勝利 7R 2:54 TKO ルイス・ラモン・カンパス メキシコの旗 メキシコ WBA防衛1・WBC防衛2
39 2003年9月13日 敗北 12R 判定0-3 シェーン・モズリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA・WBC王座陥落
40 2004年6月5日 勝利 12R 判定3-0 フェリックス・シュトルム ドイツの旗 ドイツ WBO世界ミドル級タイトルマッチ/6階級制覇
41 2004年9月18日 敗北 9R 1:38 KO バーナード・ホプキンス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA・WBC・IBF・WBO世界ミドル級王座統一戦/WBO王座陥落
42 2006年5月6日 勝利 6R 1:25 TKO リカルド・マヨルガ ニカラグアの旗 ニカラグア WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
43 2007年5月5日 敗北 12R 判定1-2 フロイド・メイウェザー・ジュニア アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC王座陥落
44 2008年5月3日 勝利 12R 判定3-0 スティーブ・フォーブス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
45 2008年12月6日 敗北 8R終了 TKO マニー・パッキャオ フィリピンの旗 フィリピン
テンプレート

獲得タイトル[編集]

ペイ・パー・ビュー売上げ[編集]

日付 イベント 売上げ
1995年5月6日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. ラファエル・ルエラス 33万件[30]
1995年9月9日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. ヘナロ・エルナンデス 22万件[30]
1997年1月18日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. ミゲル・アンヘル・ゴンザレス 35万件[30]
1997年4月12日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. パーネル・ウィテカー 72万件[30]
1997年9月13日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. ヘクター・カマチョ 56万件[30]
1997年12月6日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. ウィルフレッド・リベラ 24万件[30]
1998年9月18日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. フリオ・セサール・チャベス 2 52万件[30]
1999年2月13日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. アイク・クォーティ 57万件[30]
1999年9月18日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. フェリックス・トリニダード 140万件[30]
2000年6月17日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. シェーン・モズリー 1 59万件[30]
2001年6月23日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. ハビエル・カスティリェホ 40万件[30]
2002年9月14日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. フェルナンド・バルガス 93万件[30]
2003年5月3日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. ルイス・ラモン・カンパス 35万件[30]
2003年9月13日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. シェーン・モズリー 2 95万件[30]
2004年6月5日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. フェリックス・シュトルム 38万件[30]
2004年9月18日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. バーナード・ホプキンス 100万件[30]
2006年5月6日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. リカルド・マヨルガ 92万件[30]
2007年5月5日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. フロイド・メイウェザー・ジュニア 240万件[30]
2008年12月6日 オスカー・デ・ラ・ホーヤ vs. マニー・パッキャオ 125万件[30]

脚注[編集]

  1. ^ 『ボクシング・バイブル』1999年3月29日、著者・ジョー小泉、199頁。
  2. ^ BOXING; DE LA HOYA ACCUSED OF RAPE”. The New York Times (1998年11月26日). 2013年9月14日閲覧。
  3. ^ Oscar De La Hoya has found a new way to score knockouts--by promoting fights himself.”. Forbes.com (2004年4月26日). 2013年9月14日閲覧。
  4. ^ バルガス、薬物検査で陽性 王座戦でデラホーヤに敗北 共同通信社 2002年9月27日
  5. ^ デラホーヤがTKO勝ち 統一世界Sウエルター戦 共同通信社 2003年5月4日
  6. ^ 王者、雪辱ならず 進退には明言避ける 共同通信社 2003年9月14日
  7. ^ プロモーターを召喚へ 世界戦で採点に不正 共同通信社 2003年9月17日
  8. ^ デラホーヤが6階級制覇 WBOミドル級タイトル戦 共同通信社 2004年6月6日
  9. ^ デラホーヤ初のKO負け 統一世界ミドル級戦 共同通信社 2004年9月19日
  10. ^ <ボクシング>デラホーヤがマヨルガを降して王座に返り咲く! - 米国 「AFPBB News」 2006年5月7日
  11. ^ メイウェザー・ジュニア デラホーヤを下し5階級制覇達成 「AFPBB News」 2007年5月6日
  12. ^ デラホーヤが総額110億円訴えられた”. 日刊スポーツ.com (2007年11月17日). 2013年9月14日閲覧。
  13. ^ ボクサー、オスカー・デラホーヤの写真問題 Milana Dravnelさんが裁判所に登場”. AFP (2008年2月18日). 2013年9月14日閲覧。
  14. ^ Pix fixed, so stripper drops Oscar De La Hoya suit”. Dally News (2008年6月9日). 2013年9月14日閲覧。
  15. ^ デラホーヤ フォーブスを判定で下す 「AFPBB News」 2008年5月4日
  16. ^ デラホーヤの銅像がステープルズ・センターに 「AFPBB News」 2008年12月2日
  17. ^ デラホーヤ パッキャオに敗れる 「AFPBB News」 2008年12月7日
  18. ^ 元6階級王者デラホーヤが現役引退を発表 「AFPBB News」 2009年4月15日
  19. ^ パッキャオとデラホーヤ氏「頑張れ日本」 日刊スポーツ 2011年4月9日
  20. ^ 薬と酒で「自殺も考えた」デラホーヤ氏 日刊スポーツ 2011年8月31日
  21. ^ 杉浦大介「NY摩天楼通信」 : 第203回 オスカー・デラホーヤ、衝撃の告白”. スポーツコミュニケーションズ (2011年9月2日). 2013年9月14日閲覧。
  22. ^ De La Hoya talks suicide, drugs and hitting rock bottom during Univision interview”. Yahoo.Sports.com (2011年8月31日). 2013年9月14日閲覧。
  23. ^ 「あれは自分だった」4年前のフォトスキャンダルについてデラホーヤ告白”. マーシュ (2011年9月2日). 2013年9月14日閲覧。
  24. ^ 不世出のボクサー・デラホーヤ「あの女装姿はオレ」”. J-Cast.com (2011年9月7日). 2013年9月14日閲覧。
  25. ^ Oscar De La Hoya threw kinky, coke-fueled sex party: suit”. New York Post (2011年11月10日). 2013年9月14日閲覧。
  26. ^ Oscar De La Hoya has relapsed, admitted himself into a rehab facility”. Yahoo.Sports.com (2013年9月10日). 2013年9月14日閲覧。
  27. ^ デラホーヤ氏、42歳での現役復帰を断念”. AFPBB News (2015年6月30日). 2015年7月6日閲覧。
  28. ^ ボクシング元世界王者デラホーヤ氏を逮捕、飲酒運転容疑で”. AFPBB News (2016年1月26日). 2017年2月4日閲覧。
  29. ^ Oscar De La Hoya arrested on suspicion of drunken driving”. ESPN.com (2016年1月26日). 2017年2月4日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Post-Mayweather-Pacquiao, interest in boxing has sagged in 2015”. Bad Left Hook (2015年10月23日). 2015年10月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ジミー・ブレダル
WBO世界スーパーフェザー級王者

1994年3月5日 - 1994年(返上)

空位
次タイトル獲得者
レジリオ・ツール
空位
前タイトル保持者
ジョバンニ・パリージ
WBO世界ライト級王者

1994年7月29日 - 1996年(返上)

空位
次タイトル獲得者
アルツール・グレゴリアン
前王者
ラファエル・ルエラス
IBF世界ライト級王者

1995年5月6日 - 1995年7月(返上)

空位
次タイトル獲得者
フィリップ・ホリデー
前王者
フリオ・セサール・チャベス
WBC世界スーパーライト級王者

1996年6月7日 - 1997年(返上)

空位
次タイトル獲得者
コンスタンチン・チュー
前王者
パーネル・ウィテカー
WBC世界ウェルター級王者

1997年4月12日 - 1999年9月18日

次王者
フェリックス・トリニダード
空位
前タイトル保持者
フェリックス・トリニダード
WBC世界ウェルター級王者

2000年2月28日 - 2000年6月17日

次王者
シェーン・モズリー
前王者
ハビエル・カスティリェホ
WBC世界スーパーウェルター級王者

2001年6月23日 - 2003年9月13日

次王者
シェーン・モズリー
前WBA正規王者
フェルナンド・バルガス
WBA世界スーパーウェルター級スーパー王者
2002年9月14日 - 2003年9月13日
次スーパー王者
シェーン・モズリー
前王者
フェリックス・シュトルム
WBO世界ミドル級王者

2004年6月5日 - 2004年9月18日

次王者
バーナード・ホプキンス
前王者
リカルド・マヨルガ
WBC世界スーパーウェルター級王者

2006年5月6日 - 2007年5月5日

次王者
フロイド・メイウェザー・ジュニア