この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

山内鈴蘭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまうち すずらん
山内 鈴蘭
プロフィール
愛称 らんらん
生年月日 1994年12月8日
現年齢 21歳
出身地 日本の旗 日本千葉県
血液型 O型
公称サイズ([1]時点)
身長 / 体重 153 cm / kg
活動
所属グループ SKE48 チームSメンバー
(元AKB48 9期研究生→チーム4→チームB)
活動期間 2009年 -
他の活動 ゴルファー
事務所 ホリプロ
アイドル: テンプレート - カテゴリ

山内 鈴蘭(やまうち すずらん、1994年12月8日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループSKE48チームSのメンバーである。AKB48の元メンバー。

千葉県出身。ホリプロ所属。

略歴

2009年

2010年

2011年

2012年

  • 3月25日、コンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』の3日目の公演においてホリプロへの移籍打診があったことが発表され[8][9]、9月に正式に移籍した。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル選抜総選挙』では54位で、フューチャーガールズに選出された[10]
  • 8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チーム再編に伴うチームBへの異動とチーム4の消滅が発表された[11][12]
  • 11月1日、チームBに異動。
  • 11月3日、チームBウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する[13]

2013年

2014年

  • 2月24日、『AKB48グループ大組閣祭り』において、SKE48チームSへの移籍が発表される[15]
  • 4月4日、さいたまスーパーアリーナで行われた『AKB48グループ春コンinさいたまスーパーアリーナ〜思い出は全部ここに捨てていけ!〜』SKE48単独コンサートにおいて、SKE48メンバーとして初出演。
  • 4月23日、AKB48 チームBウェイティング公演の千秋楽において、山内を含む移籍メンバーの壮行会が行われる[16]
  • 4月25日、「大組閣祭り」後の新体制での「制服の芽」公演初日において、SKE48劇場公演に初出演[17]。SKE48での活動を開始。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル選抜総選挙』では69位で、アップカミングガールズに選出された[18]

2015年

  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 41stシングル選抜総選挙』では63位で、フューチャーガールズに選出された[19]
  • 10月5日、劇場デビュー7周年記念特別公演において、SKE48内のユニット「デッドストックダイヤモンド」のメンバーに選ばれる[20]

人物

  • 愛称は、らんらん[21]
  • キャッチフレーズは「一番可愛いらんらん。アナタの笑顔が見たいから鈴蘭パワー全開でいきます!!」。
  • 一人っ子[22]
  • 趣味はストラップやグッズ集め、ヘアスタイルを決めること[22]
  • 特技はゴルフ書道、ダンス。中でもゴルフは、小学校3年生のころからコースに出ていたという[注 1]。アマチュアゴルファーでもあり、『週刊AKB』ではプロデューサーの後藤喜男とドライバーの飛距離対決(ドライビングコンテスト)をして勝利する程であった[注 2]。また父からは「プロ(ゴルファー)になって欲しい」と言われていたという[23]。2012年元日放送のゴルフ特番で、古閑美保(プロゴルファー)と共演しゴルフの才能を認められ、その後古閑から「プロを目指すなら本気になれ」とアドバイスを受け、本格的にプロゴルファーへの挑戦を決意。その模様は自らが出演するテレビ東京の番組『ごるふなでしこ』で紹介された。
  • 篠原涼子の出演するドラマを観て芸能界に興味を持った。目標とする芸能人も篠原だが、自身の目標は「歌も演技もバラエティもなんでも出来ちゃうマルチタレント[22]
  • 長所はいつでも元気で明るくてポジティブなところ、短所はあまり人の話を聞かないところ[22]
  • AKB48に入るまでは年末年始を日本国外で過ごしていた[24]
  • レコ☆Hits!』スタッフ・山内剛(日放)の姪である[注 3]

AKB48

  • 高いところが平気で、『AKB48ネ申テレビ』の企画で他6人のメンバーとともに全高338mのマカオ・タワーを訪れ、高所恐怖症でなくとも恐怖を感じる地上233mからのバンジージャンプに挑んだ際、最初に挑んだ峯岸みなみが恐怖のあまりギブアップした直後に、多少の恐怖心は表しながらも「飛んだらもっと頑張れる気がしたんですよ。自分自身が変われる気がして」と考え、2011年の目標を「私自身をたくさんの人に知ってもらうこと」と表明した直後ジャンプに成功した[注 4]。さらに同番組の企画で、グアム絶叫マシン『スリングショット』に乗せられた際は、乗る前こそ号泣していたものの、いざ動き出した後は一転「楽しい!これ楽しい!」「最高!」とアトラクション下で見守る他メンバーに聞こえるほど絶叫し、笑顔で戻って来たため、同じアトラクションを既に体験し終始恐怖で絶叫していた他のメンバーからは「お前(泣いたのは)演技だろ!」と指摘された[注 5]
  • 高橋みなみからは「喜怒哀楽がきれいに出来(る)」ため「女優向き」で、「彼女なりに一生懸命」だが、他のメンバーから「ニヤ顔」と言われるほど笑っていることが多いため「誤解されることもあると思う」と評されている[注 6]
  • 「千葉組」でいつも一緒に帰宅する仲の中村から、帰宅途中に寝入り、よだれを垂らしていることを指摘されている[注 5]
  • 目標にしているメンバーは渡辺麻友
  • 誕生日の12月8日は2005年にAKB48劇場が開業した日であり、多田愛佳(現・HKT48)・横山由依の誕生日でもある。さらに多田とは生年と血液型も同一である。
  • 番組の企画で行われたフィーリングカップル5対5において、意中の峯岸かなた(男装した峯岸みなみ)に対しチラチラと視線を合わせたり外したりを繰り返し、最終的にカップルを成立させている。バッドボーイズの清人からくせ者とコメントされている[注 7]

AKB48・SKE48での参加楽曲

シングルCD選抜楽曲

SKE48名義

AKB48名義

アルバムCD選抜楽曲

AKB48名義

  • ここにいたこと」に収録
    • High school days - 「チーム研究生」名義
    • ここにいたこと - 「AKB48+SKE48+SDN48+NMB48」名義
  • 1830m」に収録
    • ファースト・ラビット
    • 直角Sunshine - 「チーム4」名義
    • 青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義
  • 次の足跡」に収録
    • 他人行儀なSunset beach
    • ぽんこつブルース
    • 悲しき近距離恋愛 - 「Team B」名義
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!」に収録
    • 生き続ける

その他の参加楽曲

劇場公演ユニット曲

研究生「アイドルの夜明け」公演

  • 口移しのチョコレート

研究生「恋愛禁止条例」公演

  • ツンデレ!

研究生「シアターの女神」公演

  • ロッカールームボーイ

チームB 5th Stage「シアターの女神」公演

  • ロマンスかくれんぼ(前座ガール)
  • ロッカールームボーイ※
    平嶋夏海のアンダー

チームA 6th Stage「目撃者」公演

  • ミニスカートの妖精(前座ガールズ)
    倉持明日香の全員曲アンダー

チームK 6th Stage「RESET」公演

  • 檸檬の年頃(前座ガールズ)
  • 心の端のソファー※
    梅田彩佳のアンダー

チーム4 1st Stage「僕の太陽」公演

  • アイドルなんて呼ばないで(バックダンサー)
  • 愛しさのdefense

梅田チームB ウェイティング公演

チームS 5th Stage「制服の芽」公演

  • 思い出以上
  • 女の子の第六感※
    松井珠理奈のユニットアンダー

出演

テレビドラマ

バラエティ

ゴルフ番組

  • 2011三井住友VISA太平洋マスターズ プロアマチャリティートーナメント(2011年11月12日、TBS)
  • わいわいガチGOLF(2012年1月1日、テレビ東京)
  • ごるふなでしこ(2012年4月7日 - 9月30日、テレビ東京) - 単独レギュラー
  • AKB48山内鈴蘭のカシオワールドオープンへの道-ステージONE-(2012年9月23日、テレビ高知
  • 2012三井住友VISA太平洋マスターズ プロアマチャリティートーナメント(2012年11月11日、TBS)
  • 見どころ満載PGAツアー(2013年10月2日、NHK BS1/10月5日、NHK総合テレビジョン
  • 2013三井住友VISA太平洋マスターズ プロアマチャリティートーナメント(2013年11月17日、TBS)
  • 所さんの楽しいゴルフ 2014(2014年1月4日、テレビ東京)
  • 2014長嶋茂雄Invitational セガサミーカップゴルフトーナメント(2014年7月3日・7月4日、Ustream - ゲスト解説)
  • 叙々苑カップ第15回芸能人ゴルフ(2014年8月3日、テレビ東京)
  • ゴルフの真髄(2014年8月23日・30日、テレビ東京)
  • SKE48の恋するドラコン(2015年4月2日 - 9月30日、TOKYO MX
  • 叙々苑カップ第16回芸能人ゴルフ大会 ビートたけしvs五木ひろしvs里見浩太朗(2015年7月12日、テレビ東京)
  • たかの友梨CUP 第38回平尾昌晃チャリティゴルフ(2015年12月27日、テレビ東京)
  • 橋本マナミ ゴルカツ。〜ゴルフで人生を楽しくしよう!〜(2016年7月2日 - 7月23日、関西テレビ
  • THE芸能人ゴルフチャンピオン決定戦~第17回叙々苑カップ~(2016年7月3日、テレビ東京)

舞台

ラジオ

ネット配信

  • すみれと鈴蘭!トークの掟48 (2015年12月25日 - 、スマホでUSEN

CM

  • 明治「ザバスミルク グレープフルーツ風味」(2016年) ※ WEB CM [26]

イベント

書籍

雑誌・新聞連載

カレンダー

  • 山内鈴蘭 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 山内鈴蘭 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 卓上 山内鈴蘭 2014年カレンダー(2013年12月6日、ハゴロモ)

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 『AKB48 LIVE!! ON DEMAND』2分間自己紹介コメント
  2. ^ 2011年7月15日放送分
  3. ^ 『レコ☆Hits!』2011年7月5日放送分において木下優樹菜が発言。
  4. ^ 『AKB48ネ申テレビスペシャル〜プロジェクトAKB in マカオ〜』2010年12月26日放送分
  5. ^ a b 『AKB48ネ申テレビスペシャル〜もぎたて研究生 in グアム〜』2011年4月17日放送分
  6. ^ 『AKB48ネ申テレビスペシャル』2011年11月6日放送分
  7. ^ 『AKBINGO!』2012年10月31日放送分

出典

  1. ^ SKE48 プロフィール
  2. ^ プロアマ大会スタート時間 とおとうみ浜松オープン公式サイト
  3. ^ AKB山内鈴蘭240ヤードプロ並み - 日刊スポーツ 2011年5月19日
  4. ^ 「チーム4発足」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年6月7日)
  5. ^ 「AKB48 24thシングルじゃんけん選抜決定!&1位〜8位発表!」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年9月20日)
  6. ^ プロ・アマチャリティトーナメント出場選手”. 2011三井住友VISA太平洋マスターズ公式サイト (2011年11月8日). 2011年11月10日閲覧。
  7. ^ AKB山内鈴蘭 衝撃260ヤードショット”. 日刊スポーツ (2011年11月10日). 2011年11月10日閲覧。
  8. ^ メンバー15人の移籍先事務所発表”. Nikkan Sports News (2012年3月25日). 2012年4月8日閲覧。
  9. ^ AKB横山&SKE松井玲奈ら15人が所属事務所移籍へ”. オリコン (2012年3月26日). 2012年4月8日閲覧。
  10. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ 2012年6月6日
  11. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  12. ^ 東京ドーム公演初日サプライズ!AKB、新チーム体制発表 - スポーツニッポン 2012年8月24日
  13. ^ 小嶋陽菜、親知らずでツインテール封印-AKB48・新チームBウェイティング公演 - マイナビニュース(2012年11月4日)
  14. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)
  15. ^ AKB48グループ大組閣祭り 組閣後 SKE48 - AKB48公式サイト
  16. ^ 「ステージ立ち続けたい」AKB48梅田彩佳、笑顔で決意表明 - ナタリー(2014年4月24日)
  17. ^ 宮澤佐江、SKE48劇場デビュー「すっごいチームになる」 - オリコン、2014年4月26日(同日閲覧)
  18. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  19. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2015年6月6日)
  20. ^ SKE48、7周年で初のユニットデビュー 来年には2ndアルバムも”. ORICON STYLE (2015年10月6日). 2015年10月6日閲覧。
  21. ^ “AKB山内鈴蘭 プロゴルファー目指す”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年3月14日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120314-916992.html 2016年4月17日閲覧。 
  22. ^ a b c d FLASH』増刊「まるっとAKB48スペシャル」 2011年5月1日号(光文社[要ページ番号]
  23. ^ Golfな女性たち GOLF WOMAN SPECIAL Vol.9 山内鈴蘭さん Style Woman 2011年8月11日閲覧
  24. ^ 『AKB48総選挙公式ガイドブック』(講談社[要ページ番号]
  25. ^ “SKE48のみでミュージカル「AKB49~恋愛禁止条例~」上演”. Yahoo!ニュース. (2015年1月10日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150110-00000031-tospoweb-ent 2015年1月10日閲覧。 
  26. ^ ~なりたい自分へ!カラダづくり~ 元運動部なら、絶対マネしたくなる?! “スポーツ小ネタ”満載の「部活ワザ選手権」ムービー公開 運動部OBが集結! コロコロチキチキペッパーズ、SKE48・山内鈴蘭さんも挑戦!”. CM JAPAN (2016年2月17日). 2016年2月17日閲覧。

外部リンク