この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

日本のボクシング世界王者一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本のボクシング世界王者一覧は、日本のボクシングの世界王座保持者の一覧である。日本のジムから誕生した世界王者であり、日本国籍を持たないボクサーも含む。また、本記事で取り上げる世界王座は日本ボクシングコミッション (JBC)非公認も含まれており、「日本のジム」も日本プロボクシング協会 (JPBA)加盟ジムとは限らない。一人で複数のタイトルを手に入れた選手に関しては、最初に取ったタイトルの年月日を参考にしている。

男子選手

番号 名前 国籍 在位期間 王座 防衛
1 白井義男 日本の旗 日本 1952年5月19日 - 1954年11月26日 世界フライ級 4
2 ファイティング原田 日本の旗 日本 1962年10月10日 - 1963年1月12日
1965年5月18日 - 1968年2月27日
世界フライ級
WBA・WBC世界バンタム級
0
4
3 海老原博幸 日本の旗 日本 1963年9月18日 - 1964年1月23日
1969年3月30日 - 1969年10月19日
WBA・WBC世界フライ級
WBA世界フライ級
0
0
4 藤猛 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1967年4月30日 - 1968年12月12日 WBA・WBC世界スーパーライト級 1
5 沼田義明 日本の旗 日本 1967年6月15日 - 1967年12月14日
1970年4月5日 - 1971年10月10日
WBA・WBC世界スーパーフェザー級
WBC世界スーパーフェザー級
0
3
6 小林弘 日本の旗 日本 1967年12月14日 - 1971年7月29日 WBA・WBC世界スーパーフェザー級 6
7 西城正三 日本の旗 日本 1968年9月27日 - 1971年9月2日 WBA世界フェザー級 5
8 大場政夫 日本の旗 日本 1970年10月22日 - 1973年1月25日 (死亡により返上) WBA世界フライ級 5
9 柴田国明 日本の旗 日本 1970年12月11日 - 1972年5月19日
1973年3月12日 - 1973年10月17日
1974年2月28日 - 1975年7月5日
WBC世界フェザー級
WBA世界スーパーフェザー級
WBC世界スーパーフェザー級
2
1
3
10 輪島功一[1] 日本の旗 日本 1971年10月31日 - 1974年6月4日
1975年1月21日 - 1975年6月7日
1976年2月17日 - 1976年5月18日
WBA・WBC世界スーパーウェルター級
WBA・WBC[2]世界スーパーウェルター級
WBA世界スーパーウェルター級
6
0
0
11 ガッツ石松 日本の旗 日本 1974年4月11日 - 1976年5月8日 WBC世界ライト級 5
12 大熊正二[3] 日本の旗 日本 1974年10月1日 - 1975年1月8日
1980年5月18日 - 1981年5月12日
WBC世界フライ級
WBC世界フライ級
0
3
13 花形進 日本の旗 日本 1974年10月18日 - 1975年4月1日 WBA世界フライ級 0
14 ロイヤル小林 日本の旗 日本 1976年10月9日 - 1976年11月24日 WBC世界スーパーバンタム級 0
15 具志堅用高 日本の旗 日本 1976年10月10日 - 1981年3月8日 WBA世界ライトフライ級 13
16 工藤政志 日本の旗 日本 1978年8月9日 - 1979年10月24日 WBA世界スーパーウェルター級 3
17 中島成雄 日本の旗 日本 1980年1月3日 - 1980年3月24日 WBC世界ライトフライ級 0
18 上原康恒 日本の旗 日本 1980年8月2日 - 1981年4月9日 WBA世界スーパーフェザー級 1
19 三原正 日本の旗 日本 1981年11月7日 - 1982年2月2日 WBA世界スーパーウェルター級 0
20 渡嘉敷勝男 日本の旗 日本 1981年12月16日 - 1983年7月10日 WBA世界ライトフライ級 5
21 渡辺二郎 日本の旗 日本 1982年4月8日 - 1984年7月5日 (剥奪)
1984年7月5日 - 1986年3月30日
WBA世界スーパーフライ級
WBC世界スーパーフライ級
6
4
22 友利正 日本の旗 日本 1982年4月13日 - 1982年7月20日 WBC世界ライトフライ級 0
23 小林光二 日本の旗 日本 1984年1月18日 - 1984年4月9日 WBC世界フライ級 0
24 新垣諭 日本の旗 日本 1984年4月15日 - 1985年4月26日 IBF世界バンタム級 1
25 浜田剛史 日本の旗 日本 1986年7月24日 - 1987年7月22日 WBC世界スーパーライト級 1
26 六車卓也 日本の旗 日本 1987年3月29日 - 1987年5月24日 WBA世界バンタム級 0
27 井岡弘樹 日本の旗 日本 1987年10月18日 - 1988年11月13日
1991年12月17日 - 1992年11月18日
WBC世界ミニマム級
WBA世界ライトフライ級
2
2
28 大橋秀行 日本の旗 日本 1990年2月7日 - 1990年10月25日
1992年10月14日 - 1993年2月10日
WBC世界ミニマム級
WBA世界ミニマム級
1
0
29 レパード玉熊 日本の旗 日本 1990年7月29日 - 1991年3月14日 WBA世界フライ級 1
30 畑中清詞 日本の旗 日本 1991年2月3日 - 1991年6月14日 WBC世界スーパーバンタム級 0
31 辰吉丈一郎 日本の旗 日本 1991年9月19日 -1992年9月17日
1993年7月22日 - 1994年12月4日 (返上期間あり)
1997年11月22日 - 1998年12月29日
WBC世界バンタム級
WBC世界バンタム級 (暫定)
WBC世界バンタム級
0
0
2
32 鬼塚勝也 日本の旗 日本 1992年4月10日 - 1994年9月18日 WBA世界スーパーフライ級 5
33 平仲明信 日本の旗 日本 1992年4月10日 - 1992年9月9日 WBA世界スーパーライト級 0
34 勇利アルバチャコフ[4] ロシアの旗 ロシア 1992年6月23日 - 1997年11月12日 WBC世界フライ級 9
35 オルズベック・ナザロフ[5] キルギスの旗 キルギス 1993年10月30日 - 1998年5月16日 WBA世界ライト級 7
36 薬師寺保栄 日本の旗 日本 1993年12月23日 - 1995年7月30日 WBC世界バンタム級 4
37 川島郭志 日本の旗 日本 1994年5月4日 - 1997年2月20日 WBC世界スーパーフライ級 6
38 竹原慎二 日本の旗 日本 1995年12月19日 - 1996年6月24日 WBA世界ミドル級 0
39 山口圭司 日本の旗 日本 1996年5月21日 - 1996年12月3日 WBA世界ライトフライ級 1
40 飯田覚士 日本の旗 日本 1997年12月23日 - 1998年12月23日 WBA世界スーパーフライ級 2
41 畑山隆則 日本の旗 日本 1998年9月5日 - 1999年6月27日
2000年6月11日 - 2001年7月1日
WBA世界スーパーフェザー級
WBA世界ライト級
1
2
42 戸高秀樹 日本の旗 日本 1999年3月18日 - 2000年10月9日
2003年10月4日 - 2004年3月6日
WBA世界スーパーフライ級
WBA世界バンタム級 (暫定)
2
0
43 徳山昌守 大韓民国の旗 韓国 2000年8月27日 - 2004年6月28日
2005年7月18日 - 2006年12月6日 (返上)
WBC世界スーパーフライ級
WBC世界スーパーフライ級
8
1
44 星野敬太郎 日本の旗 日本 2000年12月6日 - 2001年4月16日
2002年1月29日 - 2002年7月29日
WBA世界ミニマム級
WBA世界ミニマム級
0
0
45 セレス小林 日本の旗 日本 2001年3月11日 - 2002年3月9日 WBA世界スーパーフライ級 1
46 新井田豊 日本の旗 日本 2001年8月25日 - 2001年10月22日 (返上)
2004年7月3日 - 2008年9月15日
WBA世界ミニマム級
WBA世界ミニマム級
0
7
47 佐藤修 日本の旗 日本 2002年5月18日 - 2002年10月9日 WBA世界スーパーバンタム級 0
48 イーグル・デン・ジュンラパン[6] タイ王国の旗 タイ 2004年1月10日 - 2004年12月18日
2005年8月6日 - 2007年11月29日
WBC世界ミニマム級
WBC世界ミニマム級
1
4
49 川嶋勝重 日本の旗 日本 2004年6月28日 - 2005年7月18日 WBC世界スーパーフライ級 2
50 高山勝成 日本の旗 日本 2005年4月4日 - 2005年8月6日
2006年11月7日 - 2007年4月7日
2013年3月30日- 2014年8月9日
2014年12月31日 - 2015年12月31日
2014年12月31日 - 2015年3月2日 (返上)
2016年8月20日- 2017年4月3日 (返上)
WBC世界ミニマム級
WBA世界ミニマム級 (暫定)
IBF世界ミニマム級
IBF世界ミニマム級
WBO世界ミニマム級
WBO世界ミニマム級
0
0
2
2
0
0
51 長谷川穂積 日本の旗 日本 2005年4月16日 - 2010年4月30日
2010年11月26日 - 2011年4月8日
2016年9月16日 - 2016年12月 (返上)
WBC世界バンタム級
WBC世界フェザー級
WBC世界スーパーバンタム級
10
0
0
52 越本隆志 日本の旗 日本 2006年1月29日 - 2006年7月30日 WBC世界フェザー級 0
53 名城信男 日本の旗 日本 2006年7月22日 - 2007年5月3日
2008年9月15日 - 2010年5月8日
WBA世界スーパーフライ級
WBA世界スーパーフライ級
1
2
54 亀田興毅 日本の旗 日本 2006年8月2日 - 2007年1月18日 (返上)
2009年11月29日 - 2010年3月27日
2010年12月26日-2013年12月6日 (返上)
WBA世界ライトフライ級
WBC世界フライ級
WBA世界バンタム級
1
0
8
55 坂田健史 日本の旗 日本 2007年3月19日 - 2008年12月31日 WBA世界フライ級 4
56 内藤大助 日本の旗 日本 2007年7月18日 - 2009年11月29日 WBC世界フライ級 5
57 ホルヘ・リナレス ベネズエラの旗 ベネズエラ 2007年7月21日 - 2008年8月12日 (返上)
2008年11月28日 - 2009年10月10日
2014年12月30日 - 在位中
2016年9月24日 - 在位中
WBC世界フェザー級
WBA世界スーパーフェザー級
WBC世界ライト級
WBA世界ライト級
1
1
2
1
58 小堀佑介 日本の旗 日本 2008年5月19日 - 2009年1月3日 WBA世界ライト級 0
59 西岡利晃 日本の旗 日本 2008年9月15日 - 2008年12月20日 (正規王座に認定)
2008年12月20日 - 2012年3月15日 (名誉王座に認定)
WBC世界スーパーバンタム級 (暫定)
WBC世界スーパーバンタム級
0
7
60 粟生隆寛 日本の旗 日本 2009年3月12日 - 2009年7月14日
2010年11月26日 - 2012年10月27日
WBC世界フェザー級
WBC世界スーパーフェザー級
0
3
61 石田順裕 日本の旗 日本 2009年8月30日 - 2010年10月9日 WBA世界スーパーウェルター級 (暫定) 1
62 内山高志 日本の旗 日本 2010年1月11日 - 2015年2月21日 (スーパー王座に認定)
(スーパー王者)2015年2月21日 - 2016年4月27日
WBA世界スーパーフェザー級
WBA世界スーパーフェザー級 (スーパー)
9
2
63 亀田大毅 日本の旗 日本 2010年2月7日 - 2011年1月1日 (返上)
2013年9月3日 - 2014年3月19日 (返上)[7]
WBA世界フライ級
IBF世界スーパーフライ級
2
0
64 李冽理 大韓民国の旗 韓国 2010年10月2日 - 2011年1月31日 WBA世界スーパーバンタム級 0
65 下田昭文 日本の旗 日本 2011年1月31日 - 2011年7月9日 WBA世界スーパーバンタム級 0
66 井岡一翔 日本の旗 日本 2011年2月11日 - 2012年6月29日 (返上)
2012年6月20日 - 2012年10月5日 (返上)
2012年12月31日 - 2014年2月28日 (返上)
2015年4月22日 - 在位中
WBC世界ミニマム級
WBA世界ミニマム級
WBA世界ライトフライ級
WBA世界フライ級
3
0
3
5
67 清水智信 日本の旗 日本 2011年8月31日 - 2012年4月4日 WBA世界スーパーフライ級 0
68 八重樫東 日本の旗 日本 2011年10月24日 - 2012年6月20日
2013年4月8日 - 2014年9月5日
2015年12月29日 - 2017年5月21日
WBA世界ミニマム級
WBC世界フライ級
IBF世界ライトフライ級
0
3
2
69 山中慎介 日本の旗 日本 2011年11月6日 - 2017年8月15日 WBC世界バンタム級 12
70 佐藤洋太 日本の旗 日本 2012年3月27日 - 2013年5月3日 WBC世界スーパーフライ級 2
71 五十嵐俊幸 日本の旗 日本 2012年7月16日 - 2013年4月8日 WBC世界フライ級 1
72 河野公平 日本の旗 日本 2012年12月31日 - 2013年5月6日
2014年3月26日 - 2016年8月31日
WBA世界スーパーフライ級
WBA世界スーパーフライ級
0
3
73 宮崎亮 日本の旗 日本 2012年12月31日 - 2013年12月 (返上) WBA世界ミニマム級 2
74 三浦隆司 日本の旗 日本 2013年4月8日 - 2015年11月21日 WBC世界スーパーフェザー級 4
75 江藤光喜 日本の旗 日本 2013年8月1日 - 2013年11月29日 WBA世界フライ級 (暫定) 0
76 亀田和毅 日本の旗 日本 2013年8月1日 - 2015年4月24日 (返上) WBO世界バンタム級 3
77 井上尚弥 日本の旗 日本 2014年4月6日 - 2014年11月6日 (返上)
2014年12月30日 - 在位中
WBC世界ライトフライ級
WBO世界スーパーフライ級
1
5
78 田口良一 日本の旗 日本 2014年12月31日 - 在位中 WBA世界ライトフライ級 6
79 田中恒成 日本の旗 日本 2015年5月30日 - 2016年4月7日 (返上)
2016年12月31日 - 在位中
WBO世界ミニマム級
WBO世界ライトフライ級
1
1
80 木村悠 日本の旗 日本 2015年11月28日 - 2016年3月4日 WBC世界ライトフライ級 0
81 小國以載 日本の旗 日本 2016年12月31日 - 在位中 IBF世界スーパーバンタム級 0
82 福原辰弥 日本の旗 日本 2017年2月26日 - 2017年4月11日 (正規王座に認定)
2017年4月11日 - 在位中
WBO世界ミニマム級 (暫定)
WBO世界ミニマム級
0
0
83 久保隼 日本の旗 日本 2017年4月9日 - 在位中 WBA世界スーパーバンタム級 0
84 拳四朗 日本の旗 日本 2017年5月20日 - 在位中 WBC世界ライトフライ級 0
85 比嘉大吾 日本の旗 日本 2017年5月20日 - 在位中 WBC世界フライ級 0
86 京口紘人 日本の旗 日本 2017年7月23日 - 在位中 IBF世界ミニマム級 0
87 木村翔 日本の旗 日本 2017年7月28日 - 在位中 WBO世界フライ級 0

この他に、袴田巌が2014年にWBC世界フェザー級名誉王座を認定されている。

1998年4月以前は下記の階級の呼称が異なっていた。

  • ミニマム級 → ストロー級
  • ライトフライ級 → ジュニアフライ級
  • スーパーフライ級 → ジュニアバンタム級
  • スーパーバンタム級 → ジュニアフェザー級
  • スーパーフェザー級 → ジュニアライト級
  • スーパーライト級 → ジュニアウェルター級
  • スーパーウェルター級 → ジュニアミドル級
    • 右側が以前使用されていた呼称

女子選手

番号 名前 国籍 在位期間 王座 防衛
1 シュガーみゆき 日本の旗 日本 1997年7月26日 - 1998年10月 IWBF世界ストロー級 2
2 ライカ 日本の旗 日本 2002年12月18日 - 2005年3月15日
2006年5月20日 - 2008年8月11日
2006年12月15日 - 2008年
WIBA世界フェザー級
IFBA世界ジュニアウェルター級
WIBA世界ライト級
1
0
0
3 袖岡裕子 日本の旗 日本 2004年9月18日 - 2004年 初代WIBA世界ミニフライ級 0
4 菊地奈々子 日本の旗 日本 2005年11月7日 - 2007年5月17日 初代WBC世界女子ストロー級 1
5 池山直 日本の旗 日本 2007年11月18日 - 2008年
2014年5月17日 - 在位中
WIBA世界ミニマム級
WBO世界女子アトム級
0
5
6 天海ツナミ 日本の旗 日本 2008年5月18日 - 2009年2月26日 (返上)
2009年2月26日 - 2012年7月9日
IFBA世界バンタム級
WBA世界女子スーパーフライ級
1
4
7 富樫直美 日本の旗 日本 2008年7月13日 - 2012年6月23日[8] WBC世界女子ライトフライ級 7
8 小関桃 日本の旗 日本 2008年8月11日 - 在位中
2015年10月22日 - 2016年5月2日 (返上)
WBC世界女子アトム級
WBA世界女子アトム級
17
0
9 多田悦子 日本の旗 日本 2009年4月11日 - 2013年7月23日
2015年12月11日 - 2017年1月30日
WBA世界女子ミニフライ級
IBF世界女子ミニフライ級
9
0
10 藤岡奈穂子 日本の旗 日本 2011年5月8日 - 2013年9月24日 (返上)
2013年11月13日 - 2015年 (返上)
2015年10月19日 - 2016年9月5日 (返上)
2017年3月13日 - 在位中
WBC世界女子ミニフライ級
WBA世界女子スーパーフライ級
WBO世界女子バンタム級
WBA世界女子フライ級
2
1
1
0
11 安藤麻里 日本の旗 日本 2011年9月22日 - 2012年9月16日
2013年12月14日 - 2014年5月17日
WBA世界女子アトム級
WBC世界女子ミニフライ級
1
0
12 山口直子 日本の旗 日本 2012年7月9日 - 2013年11月13日 WBA世界女子スーパーフライ級 2
13 宮尾綾香 日本の旗 日本 2012年9月16日 - 2015年10月22日 WBA世界女子アトム級 5
14 真道ゴー 日本の旗 日本 2013年5月19日 - 2014年12月6日 WBC世界女子フライ級 2
15 柴田直子 日本の旗 日本 2013年11月14日 - 2017年3月4日 IBF世界女子ライトフライ級 5
16 山田真子 日本の旗 日本 2014年2月9日 - 2014年5月31日 (返上) WBO世界女子ミニフライ級 0
17 黒木優子 日本の旗 日本 2014年5月17日 - 在位中 WBC世界女子ミニフライ級 5
18 池原シーサー久美子 日本の旗 日本 2014年9月20日 - 2016年12月13日 (返上) WBO世界女子ミニフライ級 4
19 古川夢乃歌 日本の旗 日本 2016年8月13日 - 在位中 WBA世界女子アトム級 1
20 好川菜々 日本の旗 日本 2016年10月9日 - 2017年4月29日 WBO世界女子フライ級 0
21 江畑佳代子 日本の旗 日本 2017年5月19日 - 現在 WBO女子世界ミニフライ級 0

なお、一部階級ではWBAの正式な呼称が異なっている。

  • アトム級→ライトミニマム級
  • ミニフライ級→ミニマム級
    • 右側がWBAの呼称。

脚注

  1. ^ 1度目の王座獲得時は「輪島公一」。
  2. ^ 1975年3月22日にWBC王座剥奪。
  3. ^ 1度目の王座獲得・喪失時は「小熊正二」。
  4. ^ 王座獲得当初は「ユーリ海老原」。その後「ユーリ海老原アルバチャコフ」「ユーリ・アルバチャコフ」と改名。
  5. ^ 王座獲得当初は「グッシー・ナザロフ」。
  6. ^ 2度目の王座獲得時、4度目の防衛戦まで「イーグル京和」。
  7. ^ JBCの記録上は2013年12月3日のリボリオ・ソリス戦の敗戦後にルールミーティングに基づき空位となっている。
  8. ^ 2008年12月10日付で暫定から昇格。

関連項目

外部リンク