この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

三浦隆司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三浦 隆司
基本情報
本名 三浦 隆司(みうら たかし)
通称 ボンバーレフト[1]
階級 スーパーフェザー級
身長 169.5cm[2]
リーチ 176cm[2]
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1984-05-14) 1984年5月14日(33歳)
出身地 秋田県山本郡三種町[3]
スタイル ファイター[4]
プロボクシング戦績
総試合数 37
勝ち 31
KO勝ち 24
敗け 4
引き分け 2
テンプレートを表示

三浦 隆司(みうら たかし、1984年5月14日 - )は、日本プロボクサー秋田県山本郡三種町出身。第42代日本スーパーフェザー級王者。元WBC世界スーパーフェザー級王者。八竜中学校、金足農業高等学校卒業[3][4]帝拳ボクシングジム所属。入場曲はAC/DCBack in Black」。横浜協栄で日本フェザー級王座を2度獲得した三政直は叔父にあたる[4]

来歴

アマチュアボクシングでは、高校時代の2002年によさこい高知国体で優勝するなど40戦34勝の実績を残した。その後、プロへ転向。2003年5月7日にはB級プロテストに合格し、当時の所属先横浜光ボクシングジムの会長関光徳から「サウスポーのファイター型で、パワーがすごく、まったくのプロ向き」と期待された[4]。同年7月12日、パシフィコ横浜で行われた世界戦のアンダーカードとして6回戦でプロデビュー。3-0の判定勝利を収めた。プロ3戦目から8回戦を戦い、2005年9月22日の8戦目では故郷の秋田へ凱旋し、秋田市立体育館で5RTKO勝利を収めた。2006年7月1日、日本スーパーフェザー級1位の松信秀和(宮田)に7RKO勝利を収め、これにより日本同級3位にランク入りを果たした。2007年9月15日、無敗のまま迎えたプロ14戦目で小堀佑介(角海老宝石)の持つ日本スーパーフェザー級王座に同1位として挑戦し、3Rと10Rに2度のダウンを奪われ、0-3(92-97、92-96、94-96)の判定負けを喫した。

2009年1月17日、第30回チャンピオンカーニバルの開幕試合で矢代義光(帝拳)の持つ日本スーパーフェザー級王座に日本同級1位として挑戦し、5Rと7Rに2度のダウンを奪ったが1-0(96-94、95-95、94-94)の判定引分となった。同年7月4日、ダイレクト・リマッチで矢代に日本同級1位として再挑戦。2R終了間際にダウンを先取し、続く3Rには自らもダウンを喫したが、6Rにはさらに2度のダウンを奪い返し、7R0分30秒、タオル投入によるTKO勝利で同王座を獲得した[5]

2009年10月10日、国立代々木競技場第二体育館で日本スーパーフェザー級5位小口雅之(草加有沢)と対戦し、初回に左ストレートでダウンを奪った後は2Rにもダウンを追加したものの左にこだわって倒しきれず[6]、3-0(100-87、100-90、99-89)の判定勝利で初防衛を果たした。2010年2月6日、チャンピオンカーニバルで、WBA世界スーパーフェザー級11位・WBC世界同級12位の日本王者として、日本スーパーフェザー級1位・OPBF東洋太平洋同級3位の岡田誠一(大橋)と対戦。5Rに右目上をカットし、8Rにはローブローで減点を受けたが、2-1(96-93、96-94、94-96)の判定勝利で2度目の防衛を果たした[7]。同年6月5日、日本スーパーフェザー級9位の竹下寛刀(高砂)と対戦し、3R2分57秒TKO勝利を収めて3度目の防衛に成功した[8][9]。同年10月3日、日本スーパーフェザー級1位の稲垣孝(フラッシュ赤羽)と対戦し、9R1分21秒TKO勝利を収めて4度目の防衛に成功した[10]

2011年1月31日、世界初挑戦。東京有明コロシアムWBA世界スーパーフェザー級王者内山高志ワタナベ)との日本人対決に挑み、3回にダウンを奪ったものの、王者の左ジャブを浴び続け、右目が腫れ上がる。そして、8回終了後のインターバルで棄権に追い込まれ、TKO負け[11]。王座奪取はならなかった。その半年後に帝拳ジムに移籍[12]

2011年10月18日、後楽園ホールで元WBC世界スーパーフェザー級暫定ユース王者のホルヘ・ペレス(メキシコ)と対戦し、大差判定勝ちで復帰戦を白星で飾ると同時に帝拳移籍後、第一戦を初勝利で飾った[13]

2012年10月27日、東京国際フォーラム粟生隆寛の前座で元日本ライト級王者で元OPBF同級王者の三垣龍次とライト級10回戦を行い、1R1分37秒TKO勝ちを収めた [14]

2013年4月8日、東京・両国国技館トリプル世界戦の一番手として登場。WBC世界スーパーフェザー級王者ガマリエル・ディアスに挑戦、試合は第1ラウンドにバッティングの減点を取られたが、3回に得意の左ストレートで王者を倒し6回にもダウンを追加し7回には右アッパーで三度目のダウンを奪った。9回には強烈な左ストレートを放ち4回目のダウンを奪った所でそのままカウントアウトでのノックアウト勝ちで王座を獲得した[15]。試合後のインタビューでは今年1月に交通事故が原因で亡くなった父へ勝利の報告をした[16]。また三浦の勝利により国内ジムの男子世界王者は史上最多に並ぶ9人となった[17]

2013年4月15日、世界王者になった事が評価され、自身の地元三種町から町民栄誉賞[18]・さらには同門の五十嵐俊幸以来4人目となる県民栄誉章を授与された[19][映像 1]

2013年8月17日、メキシコ・カンクンにて同級1位セルヒオ・トンプソン(メキシコ)と初防衛戦を行い、2回と6回にダウンを奪って序盤から試合をコントロール、8回にトンプソンの右フックでダウンを奪われるも10回以降は再び攻勢に転じてペースを握り返し、終盤は相手のクリンチに手を焼く場面もあったが、最後の決定打に欠いて12回を終えて判定となり、結果は3-0(113-112、112-110、114-111)の判定勝ちを収め初防衛に成功した[20]

2013年12月31日、東京・大田区総合体育館にて同級2位で元WBC世界スーパーフェザー級ユース王者で元WBCアメリカ大陸スーパーフェザー級王者でクレイジーの愛称を持ち、元サッカー選手の異色の経歴を持つダンテ・ハルドン(メキシコ)と対戦し、9回55秒TKO勝ちを収め2度目の防衛に成功した[21]

2014年11月22日、横浜国際プールにて同級1位のシルバー王者エドガル・プエルタ(メキシコ)と対戦し、6回2分15秒TKO勝ちを収め3度目の防衛に成功した[22]

2015年5月1日、大田区総合体育館で同級8位で元IBF世界フェザー級王者のビリー・ディブと対戦。強烈な左ストレートが決まり、3回1分29秒TKO勝ちを収め4度目の防衛に成功した[23]

2015年5月7日、WBCは最新ランキングを発表し、上述のディブ戦の勝利を評価し、WBCの2015年5月度の月間優秀選手賞に選出した[24]

2015年11月21日、ラスベガスマンダレイ・ベイ・イベント・センターミゲール・コットVSサウル・アルバレスの前座でWBOインターナショナル並びにNABF北米スーパーフェザー級王者でWBC同級1位のフランシスコ・バルガスと対戦。試合はいきなり1回にバルガスの右フックで腰を落としかける苦しい状況となるも、4回終盤にダウンを奪い、その後も的確なパンチを浴びせてバルガスの右目を切るなど優位に試合を進めたが、9回序盤にバルガスの右フックでダウンを喫し、なんとか立ち上がって試合を続行したが、その後も連打を浴びて態勢を立て直せずにレフェリーが試合をストップ、1分31秒TKO負けで5度目の防衛に失敗し王座から陥落した[25][26]。尚、8回までの採点では2-0(76-75, 77-74, 75-75)と三浦がリードしていたことが試合後に公表された[26][27]。日本のマスコミでは三浦が日本人選手として初めてペイ・パー・ビューに出場と報道されたが[28][29]、実際は石田順裕荒川仁人が三浦より先にペイ・パー・ビューに出場している。

2015年12月12日、WBCが最新ランキングを発表し、三浦はWBC世界スーパーフェザー級1位にランクインした[30]

2016年10月17日、同年12月17日にザ・フォーラムオルランド・サリドとWBC世界スーパーフェザー級暫定王座決定戦を行う予定だったが、サリドの負傷欠場により試合は中止となった[31]

2017年1月28日、カリフォルニア州インディオファンタジー・スプリングス・リゾート・カジノでフランシスコ・バルガスVSミゲール・ベルチェットの前座で、WBC世界スーパーフェザー級2位のミゲル・ローマンとWBC世界スーパーフェザー級挑戦者決定戦を行い、12回53秒KO勝ちを収めWBC世界スーパーフェザー級王座への挑戦権を獲得した[32][33]。米国ではHBOのボクシング中継番組『ボクシングアフターダーク』で中継された[34]

2017年2月6日、WBCは最新ランキングを発表し、上述のローマン戦を制しWBC王座への挑戦権を獲得した三浦をWBC世界スーパーフェザー級1位にランクインした[35]

2017年2月7日、WBAは最新ランキングを発表し、三浦をWBA世界スーパーフェザー級14位にランクインした[36][37]

2017年3月21日、WBCはWBC世界スーパーフェザー級王者のミゲール・ベルチェットとWBC世界スーパーフェザー級1位の三浦隆司が同年6月24日にカリフォルニアで対戦することで合意したと発表した[38][39]

2017年5月17日、同年7月15日にカリフォルニア州イングルウッドザ・フォーラムでWBC世界スーパーフェザー級王者のミゲール・ベルチェットと対戦することが決定した[40][41]

2017年7月15日、カリフォルニア州イングルウッドザ・フォーラムでWBC世界スーパーフェザー級王者のミゲール・ベルチェットと対戦し、12回0-3(111-116、108-119、107-120)の判定負けを喫し王座返り咲きに失敗した[42][43]

2017年7月28日、37戦31勝 (24KO) 4敗2分の戦績を残し「色々考えましたが引退する事にしました。後悔ありません。小さい頃からの夢を叶えることが出来たし想像もしてなかったアメリカのリングに立てて最高のボクシング人生でした。ありがとうございました。」と自身のツイッター上で現役引退を表明した[44][45][46]

2017年8月13日、WBCは最新ランキングを発表し、引退した三浦を2017年8月度のWBC世界スーパーフェザー級ランキングから除外した[47][48]

戦績

  • アマチュアボクシング:40戦34勝 (22KO・RSC) 6敗[4]
  • プロボクシング:37戦31勝 (24KO) 4敗2分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2003年7月12日 勝利 6R 判定3-0 佐藤豊(新日本タニカワ) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2003年9月9日 勝利 1R 2:07 KO パデスック・ツインジム タイ王国の旗 タイ
3 2004年2月26日 勝利 3R 2:04 TKO 中村修(姫路木下) 日本の旗 日本
4 2004年5月12日 勝利 1R 2:55 KO サードトラ・サンディジム タイ王国の旗 タイ
5 2004年8月7日 勝利 3R 2:32 TKO 田中秀機(進光) 日本の旗 日本
6 2004年12月4日 引分 8R 判定1-1 鈴木哲記(ワールド日立) 日本の旗 日本
7 2005年4月28日 勝利 6R 1:55 TKO シンサムット・ウアサンパン タイ王国の旗 タイ
8 2005年9月22日 勝利 5R 1:24 TKO ブーンチャイ・キャットパイリン タイ王国の旗 タイ
9 2005年12月7日 勝利 1R 1:48 TKO ポンペット・チュワタナ タイ王国の旗 タイ
10 2006年3月4日 勝利 1R 2:50 KO 小倉健太郎(ワタナベ) 日本の旗 日本
11 2006年7月1日 勝利 7R 3:05 KO 松信秀和(宮田) 日本の旗 日本
12 2006年11月18日 勝利 8R 判定3-0 テンラングー・トー・サマーコム タイ王国の旗 タイ
13 2007年4月14日 勝利 1R 1:05 KO モンコンチャイ・サンディジム タイ王国の旗 タイ
14 2007年9月15日 敗北 10R 判定0-3 小堀佑介(角海老宝石) 日本の旗 日本 日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
15 2008年3月3日 勝利 2R 1:50 KO ダオルン・シッスーイ タイ王国の旗 タイ
16 2008年6月4日 勝利 1R 1:37 KO インシー・シットゴーポン1996 タイ王国の旗 タイ
17 2008年10月6日 勝利 3R 2:33 KO ダオチャイ・シッスーイ タイ王国の旗 タイ
18 2009年1月17日 引分 10R 判定1-0 矢代義光(帝拳) 日本の旗 日本 日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
19 2009年7月4日 勝利 7R 0:30 TKO 矢代義光(帝拳) 日本の旗 日本 日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
20 2009年10月10日 勝利 10R 判定3-0 小口雅之(草加有沢) 日本の旗 日本 日本王座防衛1
21 2010年2月6日 勝利 10R 判定2-1 岡田誠一(大橋) 日本の旗 日本 日本王座防衛2
22 2010年6月5日 勝利 3R 2:57 TKO 竹下寛刀(高砂) 日本の旗 日本 日本王座防衛3
23 2010年10月2日 勝利 9R 1:21 TKO 稲垣孝(フラッシュ赤羽) 日本の旗 日本 日本王座防衛4
24 2011年1月31日 敗北 8R 3:00 TKO 内山高志(ワタナベ) 日本の旗 日本 WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
25 2011年10月18日 勝利 10R 判定3-0 ホルヘ・ペレス メキシコの旗 メキシコ
26 2012年2月4日 勝利 8R 判定3-0 RJ・アノオス フィリピンの旗 フィリピン
27 2012年6月4日 勝利 2R 2:36 TKO ディソン・カグオン フィリピンの旗 フィリピン
28 2012年10月27日 勝利 1R 1:37 TKO 三垣龍次(M.T) 日本の旗 日本
29 2013年4月8日 勝利 9R 1:21 TKO ガマリエル・ディアス メキシコの旗 メキシコ WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
30 2013年8月17日 勝利 12R 判定3-0 セルヒオ・トンプソン メキシコの旗 メキシコ WBC防衛1
31 2013年12月31日 勝利 9R 0:55 TKO ダンテ・ハルドン メキシコの旗 メキシコ WBC防衛2
32 2014年11月22日 勝利 6R 2:15 TKO エドガル・プエルタ メキシコの旗 メキシコ WBC防衛3
33 2015年5月1日 勝利 3R 1:29 TKO ビリー・ディブ オーストラリアの旗 オーストラリア WBC防衛4
34 2015年11月21日 敗北 9R 1:31 TKO フランシスコ・バルガス メキシコの旗 メキシコ WBC王座陥落
35 2016年5月7日 勝利 1R 2:41 KO ジミー・ボルボン フィリピンの旗 フィリピン
36 2017年1月28日 勝利 12R 0:53 KO ミゲル・ローマン メキシコの旗 メキシコ WBC世界スーパーフェザー級挑戦者決定戦
37 2017年7月15日 敗北 12R 判定0-3 ミゲール・ベルチェット メキシコの旗 メキシコ WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
テンプレート

獲得タイトル

受賞歴

脚注

映像資料

  1. ^ WBC新王者・三浦選手が県庁訪問. 秋田魁新報の公式YouTubeチャンネル.. (2013年4月15日). http://www.youtube.com/watch?v=QRjNPJpKg6I 2013年4月18日閲覧。 

出典

  1. ^ 【BOX】三浦、愛称定着へ「ボンバー」連呼! スポーツ報知 2013年4月10日閲覧
  2. ^ a b 内山×三浦 予備検診結果 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年1月29日閲覧
  3. ^ a b 三浦(金農高出)3度目防衛 日本スーパーフェザー級 秋田魁新報 2010年6月5日閲覧
  4. ^ a b c d e f アマ選抜王者三浦が6回戦デビュー ワールドボクシング編集部 2003年5月26日閲覧
  5. ^ ダウン応酬KO決着、三浦新王者-日本S・フェザー級 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年7月4日閲覧
  6. ^ かつらが駄目? 小口奪取失敗 日刊スポーツ 2009年10月11日閲覧
  7. ^ 三浦、流血戦制しV2…日本Sフェザー級 スポーツ報知 2010年2月7日閲覧
  8. ^ 三浦、3回に竹下倒しV3 日本S・フェザー級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年6月5日閲覧
  9. ^ 三浦がTKOでV3 日刊スポーツ 2010年6月5日閲覧
  10. ^ 三浦「世界やりたいっす!!」 稲垣倒し日本王座V4 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年10月3日閲覧
  11. ^ 内山ダウン挽回 三浦にTKO勝ちでV3 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年2月1日閲覧
  12. ^ 内山ダウンさせた強打・元王者三浦が帝拳ジム移籍 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年7月5日閲覧
  13. ^ 内山倒した強打不発……三浦が復帰戦飾る ボクシングニュース「Box-on!」 2011年10月19日閲覧
  14. ^ 三浦が三垣を1回KO 岩佐は判定勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2012年10月27日閲覧
  15. ^ 三浦、TKOでSフェザー級WBC王座を奪取 読売新聞 2013年4月8日閲覧
  16. ^ 三浦選手世界王者に 天国の父に「やったよ」 読売新聞 2013年4月9日閲覧
  17. ^ 国内ジムの男子世界王者、史上最多に並ぶ9人 読売新聞 2013年4月8日閲覧
  18. ^ a b 町民栄誉賞:WBCスーパーフェザー級王者・三浦選手に 出身地の三種町が授与へ /秋田 毎日新聞 2013年4月16日閲覧
  19. ^ a b 県民栄誉章:WBCスーパーフェザー級王者・三浦選手に プロスポーツ4人目、知事が授与発表 /秋田 毎日新聞 2013年4月16日閲覧
  20. ^ 三浦が初防衛 3-0判定/ボクシング 日刊スポーツ 2013年8月17日閲覧
  21. ^ 三浦がハルドンを9回TKO、2度目の防衛に成功 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月31日
  22. ^ 三浦隆司が6回TKO勝ちでV3、統一戦をアピール Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月22日
  23. ^ 三浦隆司がボンバー炸裂でV4、ディブ撃沈 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月1日
  24. ^ RATINGS WBC公式サイト 2015年5月7日
  25. ^ ラスベガスの三浦隆司、ダウン奪うも9回TKO負け Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月22日
  26. ^ a b 【BOX】三浦、9回TKO負け 連打浴びレフェリーストップ スポーツ報知 2015年11月22日閲覧
  27. ^ Vargas Rises From Canvas, Rallies To Stop Miura In Nine Boxing Scene 11/22/2015
  28. ^ 【BOX】三浦、米でV6戦KOでつかむ!”. スポーツ報知 (2015年11月21日). 2015年11月26日閲覧。
  29. ^ 本場ベガスも認めた!三浦 日本人初のPPV有料放送決定”. Sponichi Annex (2015年11月20日). 2015年11月26日閲覧。
  30. ^ 三浦隆司がWBCランク1位、丸田陽七太は一戦で16位 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月15日
  31. ^ Salido injured, Miura fight is off Fightnews.com 2016年10月17日
  32. ^ Miura stops Roman in twelve to earn WBC 130lb world title shot Fightnews.com 2017年1月29日
  33. ^ 三浦隆司が最終回KO勝ち、WBC挑戦者決定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月29日
  34. ^ Viewership numbers are in for Showtime, HBO boxing cards”. ESPN.com (2017年2月2日). 2013年6月21日閲覧。
  35. ^ RATINGS WBC公式サイト 2017年2月6日
  36. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年2月7日
  37. ^ 久保隼&太尊康輝らがWBAランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年2月7日
  38. ^ Berchelt-Miura set for WBC 130lb title clash Fightnews.com 2017年3月21日
  39. ^ BERCHELT AND MIURA REACH AN AGREEMENT FOR WBC SUPER FEATHERWEIGHT TITLE BOUT WBC公式サイト 2017年3月21日
  40. ^ Berchelt-Miura, Smith-Barrera, Corrales-Castellanos Set For 7/15 Boxing Scene.com 2017年5月17日
  41. ^ ベルチェルトvs三浦隆司、7.15フォーラムで挙行 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月18日
  42. ^ Berchelt beats Miura, still WBC 130lb champ Fightnews.com 2017年7月16日
  43. ^ 三浦隆司は大差判定負け、ボンバー不発に終わる Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月16日
  44. ^ 三浦隆司(@bombermiura)参照。
  45. ^ 元世界王者の三浦隆司、ボンバー・レフトが引退表明 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月29日
  46. ^ World 130lb champs Uchiyama, Miura retire Fightnews.com 2017年7月30日
  47. ^ RATINGS WBC公式サイト 2017年8月13日
  48. ^ 小浦翼、久田哲也らが最新WBCランキング入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月14日

関連項目

外部リンク

前王者
矢代義光
第42代日本スーパーフェザー級王者

2009年7月4日 - 2010年12月(返上)

空位
次タイトル獲得者
岡田誠一
前王者
ガマリエル・ディアス
WBC世界スーパーフェザー級王者

2013年4月8日 - 2015年11月21日

次王者
フランシスコ・バルガス