坂田健史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坂田 健史
Takefumi Sakata.jpg
2007年3月19日、後楽園ホールで世界王座を獲得
基本情報
本名 坂田 健史
通称 Burning Fist
階級 フライ級
身長 163cm
リーチ 170cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1980-01-29) 1980年1月29日(37歳)
出身地 広島県安芸郡府中町
スタイル ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 44
勝ち 36
KO勝ち 17
敗け 6
引き分け 2
テンプレートを表示

坂田 健史(さかた たけふみ、1980年1月29日 - )は、東京都稲城市議会議員。日本の元プロボクサー広島県安芸郡府中町出身。第40代WBA世界フライ級王者。協栄ボクシングジム所属。山陽高等学校卒業。愛称は "Burning Fist"。入場曲はEUROPEの "The Final Countdown"。

人物[編集]

元世界王者の竹原慎二と同じ府中町出身。総合格闘家中村和裕は坂田の卒業した府中緑ヶ丘中学校を1年先に卒業している。

高校入学と同時に入部したボクシング部は3か月で退部した[1]。高校2年生の秋に竹原慎二の実父が経営する広島竹原ボクシングジムに入門し、ボクシングを再開した[2]。引退後の竹原からは左のボディブローなどを指導された[3]。この年の夏休みに上京、関東近郊の20ものボクシングジムを見学した上で協栄ジム入門を決意した。

協栄ジム前会長・金平正紀の最後の弟子と言われ[4]、協栄ジムのマネージャー大竹重幸指導の下、幅広い選手達とスパーリングを行う。スパーリングはデビュー以来スタミナアップ効果を高めるため、室温35度、ラウンド間のインターバル30秒で行っている[5]

2006年7月に入籍、2007年7月にハワイホノルルで挙式を行い、2009年10月には長女が誕生した。

特に激戦の続いた2007年には胸囲が1年間で5cm、それまでの3年間で7cm大きくなった。デビュー以来、直接の筋力トレーニングらしいことはほとんどせず、2007年の1年間はサンドバッグを打つことをやめ、ミット打ちとスパーリングで動き回ってパンチを打つ練習に徹していた[6]。また2008年には脈拍数が40bpm台に減少した[7]

2007年7月1日の初防衛・王座統一戦以降、「あこがれのグローブだった。世界タイトルマッチでしかできないこと」[8]との希望により、エバーラスト製8オンスのボクシンググローブが使われている。

デビュー10周年に当たる2008年、陣営は坂田のボクサーとしての有り様を「王道」という言葉で表現した。この「王道」については、今できることを常に全力ですること[9]、自分の納得できるかたちで最高の強さを証明していくこと[10]、など詳細な解釈は分かれる。

来歴[編集]

新人時代[編集]

1998年12月5日、3RTKO勝利でプロデビューを果たした。1999年1月18日のプロデビュー2戦目は協栄ジム前会長・金平正紀がセコンドについた最後の試合となり、現会長の金平桂一郎にとっては、父親と2人でセコンドについた唯一の試合となった[4]。坂田の勝利を見届けると前会長は入院したが、その時点で余命は2週間と医師から告げられていた。坂田は試合後に見舞っている[11]。前会長は約2か月後の3月26日に大腸癌のため65歳で死去した[4]

1999年11月6日、東日本フライ級新人王を獲得。同年12月18日、有永政幸との全日本新人王決定戦では序盤はリードされたが4Rから挽回し、最終回まで打ち合いが続いた。三者ともに58-57の判定勝利を収め、全日本フライ級新人王を獲得した[12]

日本王座獲得[編集]

2001年4月9日、セレス小林の世界挑戦決定にともない空位となった日本フライ級王座を同3位として、世界挑戦経験のある2位川端賢樹と争った。中盤以降は接近戦に持ち込み、最終回まで打ち合い、3-0で判定勝利を収めて無敗のまま日本王者となった[13]。同年7月16日、1位内藤大助を迎えて無敗同士の日本王座初防衛戦。序盤は主導権を握られ、5Rから反撃。9R中盤にバッティングによるカットで流血し、終盤は主導権を奪い合った結果、0-1(96-96、96-96、95-97)での引分防衛となった[14]。この判定に関して起こった騒動についての詳細は大串事件を参照。この後、2位の八尋史朗、4位の仲田瑞男を相手に3度の防衛に成功した。

トラッシュ中沼との1度目の試合

2002年4月30日、WBA14位・WBC9位の日本王者としてWBA9位・WBC7位のトラッシュ中沼を迎えて4度目の防衛戦。トレーナーの大竹重幸は足を使うように指示していたが、中沼の堅いガードにパンチをブロックされて指示を守れず、初回から足を止めての打撃戦となった[10]。7R、9Rにはクリーンヒットを受け、最後まで頭をつけあう接近戦で激しく打ち合ったが、96-97、96-98、96-96の0-2で判定負けとなり、王座を失うとともに初黒星を喫した[15]

トラッシュ中沼との2度目の試合

2003年4月5日、WBC14位としてWBA2位・WBC4位の日本王者トラッシュ中沼への雪辱戦。体格の差を生かすために足を使ったボクシングを心がけた。中間距離を保って中沼の堅いガードの上から打ち続け、9Rに中沼の左フックがクリーンヒットとなった後も丁寧に反撃した。10Rは接近しての打ち合いとなり、97-95、97-96、96-95の3-0判定勝利で王座を奪回した[16][17]。この王座はWBA13位の岡田一夫、3位の伊藤克憲を相手に2度防衛し、2003年12月に返上した。

世界王座挑戦[編集]

ロレンソ・パーラとの1度目の試合

2004年6月4日、有明コロシアムでWBA世界フライ級王者ロレンソ・パーラに同2位として挑戦した。パーラはこの時点でのプロ戦績が23勝 (17KO) 無敗で、前日計量には2度失敗して、3度目にクリアした[18][19]。試合前のハワイキャンプでは世界王者イーグル京和、日本王者中島吉謙も参加しての合同トレーニングが行われ[20]、試合は佐藤修との「WBAダブル世界タイトルマッチ」として開催された。序盤からプレッシャーをかけ、ボディブローでダメージを蓄積させた。2Rには右アッパーを受けて顎の骨を2か所折ったが、4Rには手数の減ったパーラをロープ際に後退させた。パーラは6Rに左フックをカウンターで受けるとロープに掴まるなどして防戦一方になり[21]、これ以降は下がりながらカウンターを合わせ、クリンチを繰り返して試合を運び、10R終了のゴングの後には左フックで加撃する場面もあった[22]。111-117、113-115、114-114の0-2という判定結果がコールされると場内にはブーイングが起こった[21]。来場した元WBA・WBC世界ミニマム級王者の大橋秀行も「あれで勝てないなら、どうやればいいのか」と話した[23]。6月9日、下顎骨骨折のため4時間半の手術を受け[22]、10か月のブランクを余儀なくされた。

ロレンソ・パーラとの2度目の試合

2005年9月19日、WBA世界フライ級王者ロレンソ・パーラに同3位として再挑戦。この前日計量はパーラも1度でクリアした[24]。序盤は有効打でリードされたが、低く距離を詰めて反撃し、4R終盤にはパーラの足を鈍らせた。パーラは離れ際のパンチ、執拗なクリンチ、ホールディングで攻撃をかわした。終盤は下がるパーラを何度もぐらつかせ、11Rにパーラはローブローで減点1を受けた[25]。パーラのグローブのテーピングが解ける場面もあり、攻撃は寸断されがちだった。手数と積極性では初挑戦以上のアピールがあったが、113-115、113-114、114-114の0-2で判定負けとなった。

2006年9月18日、WBA3位・WBC8位の時点で迎えた孫京辰(韓国スーパーフライ級1位)との復帰5戦目は52.0kg契約で行われた。好調な立ち上がりで、5Rに左ボディアッパーで孫をロープ際に後退させ、追撃を仕掛けたところでタオル投入となった。再起5連勝 (4KO) で通算29勝 (14KO) 3敗1分。会長の金平は「スーパーフライ級までであればWBAでもWBCでも早々にチャンスを作りたい」と話した[26]

ロベルト・バスケスとの1度目の試合

2006年9月28日、東京で開催されたWBA総会では世界タイトルマッチ会議が行われ、フライ級王者ロレンソ・パーラが故障した右膝靭帯の治療中であることを受け、暫定王座を設けることが確認された[27]。同年12月2日、フランスパリベルシー総合体育館で行われたWBA世界フライ級暫定王座決定戦を同3位として1位ロベルト・バスケスと争った。バスケスはこの年5月にWBA世界ライトフライ級王座を返上した強打のサウスポーで、この時点でのプロ戦績は23勝 (17KO) 1敗だった。序盤はバスケスに攻勢をとられたが、3Rからペースアップした。5R序盤にバランスを崩したところでバスケスの左ストレートがカウンターで掠り、ダウンとされてカウント8をとられたが、6R以降は徹底的に接近してボディを攻撃した。9Rにはバスケスが距離をとって攻め、カットでドクターチェックを受けたものの、12R終盤までバスケスをロープ際に詰めては連打を放った。判定は113-114、113-115、114-113の1-2でバスケスの強打を支持したが、結果的にダウンでの失点がなければ勝利もしくは引き分けだったため、レフェリングを不運とする声が高かった[28]。バスケス側も「(バスケスが)負けたと思った」と言うほど王座に接近し、正規王者パーラも後に「あの試合では坂田が勝っていたと思う」と話した[29]

世界王座獲得[編集]

ロレンソ・パーラとの3度目の試合

2007年3月15日、予備検診の結果では両者ともに減量の影響も特になく好調だった[30]。3月17日、調印式に続き、WBAスーパーバイザー、JBC、パーラ・坂田両陣営の4者立ち会いの下で、ルールミーティングが行われた。会長の金平は、前日計量で体重を超過した場合、選手は適正体重に落とす最善の努力をし、試合の公平性を期すために当日にも体重を計測するよう要請したが、パーラ陣営の賛同が得られず、計量結果次第で改めて協議することとなった[31][32]。3月18日15時から行われた前日計量でパーラは53.5kgと上限を2.7kg上回り、2時間後の再計量でも52.9kgと2.1kg上回ったため、計量失格によって王座剥奪となった[33]。またこれによりパーラはファイトマネーを35%カットされた。前日に続いての4者協議の結果、試合開始4時間前の17時に非公式の当日計量を行い、バンタム級のリミットにあたる53.5kgを下回っていることを確認した上で両選手の試合出場とタイトルマッチの開催を認めるという極めて異例の措置がとられた[34]。予備検診の結果同様、計量直前に行われたパーラの検診結果にも減量に苦しんだ形跡は特になかった[35]

2007年3月19日、前王者ロレンソ・パーラとの3度目の対戦は同3位として通算4度目の世界挑戦となった。前日に急遽取り決められた通り、この日17時に両選手が計量を受け、パーラが53.3kg、坂田が53.2kgとの結果をもって、ようやく変則タイトルマッチとしての決行をみた[36]。距離を置こうとするパーラに初回から接近し、脇腹にボディブローを集中させた。パーラはロープ際に後退し、クリンチで回避した。2Rにはパーラのガードを崩し、低い姿勢から執拗にボディを当てた。3R開始のゴングとともに坂田はダッシュしたが、パーラはコーナーの椅子から立ち上がれずに首の痛みを訴えて棄権した。3R0分14秒、TKOで坂田が勝利[37]、協栄ジム11人目の世界王者となった[38]。1週間後の3月26日、坂田は東京・青山の梅窓院を訪れ、金平正紀の墓前に勝利を報告した。この日は、同郷の恩師である前会長の9回忌だった[39]

世界王座防衛[編集]

ロベルト・バスケスとの2度目の試合

2007年7月1日、有明コロシアムで正規王者として暫定王者ロベルト・バスケスを迎え、WBA世界フライ級王座統一をかけた初防衛戦を行った。初回は動きが硬く、顎が跳ね上がる場面もあったが、打ち合いに応じるバスケスに対し、2R中盤からは接近しての速いコンビネーションで試合を支配した。9Rにはヒッティングでのカットもあったが、最終回までバスケスをロープ際、コーナーに詰めて連打を放つ展開が続き、116-112、116-113、115-113の3-0で判定勝利を収めた[40][41]

デンカオセーン・カオウィチットとの1度目の試合

2007年10月11日に行われたWBC世界フライ級タイトルマッチにおける亀田大毅反則行為をめぐって、会長の金平はJBCから3か月間のクラブオーナーライセンス停止処分を受け[42]、協栄ジムには抗議電話が集中し[43]、2度目の防衛戦の調印式やルールミーティングでは、大竹重幸が会長代行を務めた[44]。またJBCは、その後初めて行われる世界戦となったこの試合で反則再発防止策をとった[* 1]

2007年11月4日、さいたまスーパーアリーナコミュニティアリーナで2位デンカオセーン・カオウィチットと対戦。この時点でのデンカオセーンのプロ戦績は41戦40勝 (16KO) 1敗 (1KO) だった。JBCは反則再発防止策の1つとして試合開始の約30分前にリングを検査し、問題がなかったことを場内アナウンスで説明した[46]。初回にダウンを喫したが、4Rに左手親指を脱臼[47]したデンカオセーンの失速もあって後半にかけて盛り返した。7R、8Rにはバッティングでカットしながら12Rを戦い、113-113、114-112、112-115という1-1の判定で引き分け防衛を果たしたが、デンカオセーンのホールディングが12Rに減点されていなければ王座を明け渡していたという際どい試合でもあった[48]。この試合は選択試合として行われたが、後日WBAから指名試合と認定された。

2008年3月29日、幕張メッセで7位[* 2]山口真吾を迎えて3度目の防衛戦。序盤は山口にペースを握られ、3R開始早々にダウンを喫し、5Rにはバッティングでのカットもあったが、中盤以降に盛り返し、3-0での判定勝利となった[49]。この試合については、後に坂田自身「反省の多い試合だった」と語っている[50][51]

2008年7月30日、国立代々木競技場第一体育館で3位久高寛之を迎えて4度目の防衛戦。3Rにバッティングによるカットで流血し、試合後には視界の半分は見えていなかったと語ったが、序盤から攻勢に出て安定した試合運びを見せ、3-0の大差判定勝利となった[52]。日本人の世界フライ級王者として4度の防衛は白井義男と並ぶ3位タイ記録である。

デンカオセーン・シンワンチャーとの2度目の試合

2008年12月31日、広島サンプラザホールでリングネームを改めた指名挑戦者のデンカオセーン・シンワンチャーを再度迎えて5度目の防衛戦。広島開催の世界戦は1978年5月7日のWBA世界ライトフライ級王者具志堅用高以来30年ぶりで、また大晦日開催のボクシングの世界戦は日本初であった[53]。初回から激しい打撃戦となったが坂田の手数は少なく、デンカオセーンの強打を上下にいくつか受け、ラウンド終盤に連打を見せた。2Rには目の上を浅くカット。ボディ打ちでペースを掴みかけたが、ラウンド終盤、側頭部に右フックを受けてダウン。8カウントで立ち上がりはしたもののファイティングポーズをとれず、2R2分55秒、自身初のKO負けで王座を失った[54]

再起[編集]

進退を保留していたが、2009年1月27日、現役続行を表明。スーパーフライ級への転向も視野に入れ、世界王座復帰を目指して練習を再開した。同年6月14日、2年3か月ぶりの後楽園ホールでWBAフライ級5位・WBC同級9位として、WBOフライ級14位・韓国同級王者の全鎮萬とスーパーフライ級10回戦を行った。序盤は打ち合いに応じてパンチを受ける場面もあったが3R以降は優位に試合を進め、7Rには全をダウン寸前に追い込み、3-0の大差判定勝利で再起を果たした。同年9月21日には前インドネシアフライ級王者ディッキー・プトラを1RKOで倒し、再起2連勝を収めた[* 3]

2010年2月7日の世界戦で亀田大毅に王座が移動した後、2月20日にはWBAの指示に従ったフライ級契約での世界前哨戦としてインドネシアフライ級王者でOPBF同級8位のエリック・ディアス・シレガーと10回戦を行い、初回KO勝利を収めた[* 4]。9月25日にはWBA世界フライ級タイトルマッチで亀田大毅と対戦したものの、判定0-3で敗れた[68]

引退[編集]

亀田大毅戦に敗戦後、進退を保留していたが、年が明けた2011年1月13日、協栄ジムで現役引退を表明。今後は専修大学の夜間部に通い、経営学を学ぶ[69]

2011年2月27日、同年4月24日に行われる東京都稲城市議会議員選挙に立候補することを表明[70]。開票の結果、2043票の2位で初当選し、市議になった[71]

2011年4月9日、後楽園ホールで引退式を行い、1歳下でスパーリングをしたこともある元東洋太平洋フライ級王者大久保雅史(青木ジム)とエキシビションを披露[72]した。

2012年12月31日、同門の後輩である佐藤洋太が出場し、テレビ東京が中継したトリプル世界戦「THE BEST OF BEST」に解説者として出演した。

2015年5月21日、協栄ジム代表(会長代行)に就任[73]

戦績[編集]

プロボクシング:44戦36勝 (17KO) 6敗 (1KO) 2分

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1998年12月5日 勝利 3R 1:15 TKO 福田晃徳 (角海老宝石) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 1999年1月18日 勝利 4R 判定3-0 奥田昭司 (金子) 日本の旗 日本
3 1999年5月17日 勝利 4R 判定2-0 黒岩宏 (輪島スポーツ) 日本の旗 日本 東日本フライ級新人王トーナメント予選
4 1999年6月29日 勝利 4R 判定3-0 大村宗史 (ワタナベ) 日本の旗 日本
5 1999年7月30日 勝利 3R 1:55 TKO 野口哲彦 (北澤) 日本の旗 日本
6 1999年9月27日 勝利 4R 判定3-0 小嶋武幸 (横浜さくら) 日本の旗 日本 東日本フライ級新人王トーナメント準決勝
7 1999年11月6日 勝利 6R 判定3-0 萩本俊雄 (フラッシュ赤羽) 日本の旗 日本 東日本フライ級新人王トーナメント決勝戦
8 1999年12月18日 勝利 6R 判定3-0 有永政幸 (関博之) 日本の旗 日本 全日本フライ級新人王決定戦
9 2000年2月21日 勝利 4R 0:34 TKO レオ・ラミレス フィリピンの旗 フィリピン
10 2000年4月17日 勝利 8R 判定3-0 ホセ・クラシダJr. フィリピンの旗 フィリピン
11 2000年6月19日 勝利 3R 3:09 KO キッド・パエス フィリピンの旗 フィリピン
12 2000年8月21日 勝利 10R 判定3-0 久保田隆治 (沖) 日本の旗 日本
13 2000年10月16日 勝利 4R 2:53 TKO ジュン・マグシポック フィリピンの旗 フィリピン
14 2000年12月18日 勝利 3R 1:01 TKO 金晟浩 大韓民国の旗 韓国
15 2001年4月9日 勝利 10R 判定3-0 川端賢樹 (姫路木下) 日本の旗 日本 日本フライ級王座決定戦
16 2001年7月16日 引分 10R 判定0-1 内藤大助 (宮田) 日本の旗 日本 日本王座防衛1
17 2001年10月15日 勝利 9R 0:30 TKO 八尋史朗 (帝拳) 日本の旗 日本 日本王座防衛2
18 2002年1月21日 勝利 10R 判定3-0 仲田瑞男 (石丸) 日本の旗 日本 日本王座防衛3
19 2002年4月30日 敗北 10R 判定0-2 トラッシュ中沼 (国際) 日本の旗 日本 日本王座陥落
20 2002年7月15日 勝利 7R 負傷3-0 田中光輝 (八王子中屋) 日本の旗 日本
21 2002年11月18日 勝利 2R 3:10 KO 金振浩 大韓民国の旗 韓国
22 2003年4月5日 勝利 10R 判定3-0 トラッシュ中沼 (国際) 日本の旗 日本 日本フライ級タイトルマッチ
23 2003年9月15日 勝利 7R終了 TKO 岡田一夫 (ロッキー) 日本の旗 日本 日本王座防衛1
24 2003年12月15日 勝利 10R 判定3-0 伊藤克憲 (角海老宝石) 日本の旗 日本 日本王座防衛2/返上
25 2004年6月4日 敗北 12R 判定0-2 ロレンソ・パーラ ベネズエラの旗 ベネズエラ WBA世界フライ級タイトルマッチ
26 2005年4月18日 勝利 1R 1:51 KO ゴントラニー・ゴーグーマノン タイ王国の旗 タイ
27 2005年7月18日 勝利 10R 判定3-0 児玉卓郎 (岐阜ヨコゼキ) 日本の旗 日本 52.5kg契約
28 2005年9月19日 敗北 12R 判定0-2 ロレンソ・パーラ ベネズエラの旗 ベネズエラ WBA世界フライ級タイトルマッチ
29 2005年12月19日 勝利 6R 2:20 TKO 長谷部弘康 (中外) 日本の旗 日本 52.0kg契約
30 2006年3月20日 勝利 5R 2:44 TKO 伊波秀吉 (具志川) 日本の旗 日本
31 2006年5月15日 勝利 6R 負傷2-1 吉田健司 (笹崎) 日本の旗 日本
32 2006年7月17日 勝利 5R 1:38 TKO 裵基錫 大韓民国の旗 韓国 51.5kg契約
33 2006年9月18日 勝利 5R 2:13 TKO 孫京辰 大韓民国の旗 韓国 52.0kg契約
34 2006年12月2日 敗北 12R 判定1-2 ロベルト・バスケス パナマの旗 パナマ WBA世界フライ級暫定王座決定戦
35 2007年3月19日 勝利 3R 0:14 TKO ロレンソ・パーラ ベネズエラの旗 ベネズエラ WBA世界フライ級タイトルマッチ
36 2007年7月1日 勝利 12R 判定3-0 ロベルト・バスケス パナマの旗 パナマ WBA防衛1/王座統一
37 2007年11月4日 引分 12R 判定1-1 デンカオセーン・カオウィチット タイ王国の旗 タイ WBA防衛2
38 2008年3月29日 勝利 12R 判定3-0 山口真吾 (渡嘉敷) 日本の旗 日本 WBA防衛3
39 2008年7月30日 勝利 12R 判定3-0 久高寛之 (仲里・ATSUMI) 日本の旗 日本 WBA防衛4
40 2008年12月31日 敗北 2R 2:55 KO デンカオセーン・カオウィチット タイ王国の旗 タイ WBA王座陥落
41 2009年6月14日 勝利 10R 判定3-0 全鎮萬 大韓民国の旗 韓国 スーパーフライ級契約
42 2009年9月21日 勝利 2R 1:47 KO ディッキー・プトラ  インドネシア
43 2010年2月20日 勝利 1R 2:44 KO エリック・ディアス・シレガー  インドネシア フライ級契約
44 2010年9月25日 敗北 12R 判定0-3 亀田大毅(亀田) 日本の旗 日本 WBA世界フライ級タイトルマッチ
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • 第56回東日本フライ級新人王
  • 第46回全日本フライ級新人王
  • 第45代日本フライ級王座(防衛3)
  • 第47代日本フライ級王座(防衛2=返上)
  • 第40代WBA世界フライ級王座(防衛4)
受賞歴

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 試合前ミーティングを敢行、レフェリー・ジャッジに経緯説明の上で反則取り締まりを厳格化した。他に公開リングチェック、試合後グローブチェックの3つの点で防止策を敷いた[45]
  2. ^ 坂田への挑戦決定にともない、WBAのランキング委員会により、ライトフライ級8位から移された。
  3. ^ 再起2連勝の後、坂田陣営はWBA世界フライ級王座を防衛中のデンカオセーン・カオウィチットからオファーを受けての3度目の世界戦について、WBA幹部の内諾もJBCの承認も取り付けた上で[55]、2009年10月中に正式契約を結んでいた[56]。しかし同年11月のWBA総会で直近の2試合をスーパーフライ級で戦っていることを理由に承認が見送られる一方で、12月17日には亀田大毅陣営から2010年2月7日のデンカオセーンとのリマッチ開催が発表された。総会では坂田の処遇についてフライ級で1試合を消化後にこの勝者と90日以内の指名試合を行う提案がなされたが、これはこの時点で正式決定ではなかった[55]。そのため坂田陣営は12月17日のうちにJBCに対して、総会での提案を正式に決定すること、またこれが確定しない状態ではデンカオセーン対亀田のタイトルマッチ認定を保留にすることについて再確認を促す書面を送付した。JBCはこれを支持し、WBAにも改めて正式な通達を要請した上で2010年2月7日の世界戦の契約書に坂田戦に関する条項を付帯させるよう両陣営に働きかける意向を示した[56]。しかしWBA・JBCの対応は遅滞し[57]、通達の到着は翌2010年1月30日となった[58]。この通達文書には亀田陣営もその指示を遵守する旨の署名をした[59]
  4. ^ 試合後の会見には顧問弁護士も同席し、亀田陣営の署名入りの調印書を披露した上で対戦義務の履行を求めた[59]。この後、亀田陣営も[60]JBCも消極的な対応に終始したが[61][62]、亀田ジムが活動停止に至ったことから[63]、WBAは5月3日にラスベガスでこの試合の興行権を入札にかけることを決定し、亀田ジムが入札に参加しないまま協栄ジムの落札となった[64]。落札後、当初の交渉期限は5月24日と設定されていたが、無期限活動自粛中の亀田ジムに対する正式処分を決定する東日本ボクシング協会の定例理事会開催日と重なったために延期され[65]、5月31日付で金平桂一郎がJBCに契約書を提出した[66]。この延期により、落札日から90日以内と規定されている試合日[67]も延期された。

脚注[編集]

  1. ^ Divers eye 全力で生きるために p.1 坂田健史 WebマガジンDI-VE 2008年12月1日閲覧
  2. ^ WBA王者・坂田健史さん、チャンプの原点語る…広島・安芸郡府中町出身 スポーツ報知大阪版 2008年11月30日閲覧
  3. ^ 広島・安芸郡府中町出身には竹原慎二さんも スポーツ報知大阪版 2008年11月30日閲覧
  4. ^ a b c 正規王者の坂田健史、暫定王者バスケスと6月統一戦へ/師の命日に墓前で立てた誓い スポーツナビ 2007年3月26日閲覧
  5. ^ 坂田が内藤の挑戦者清水をスパーで圧倒 日刊スポーツ 2008年7月8日閲覧
  6. ^ 坂田が2度目防衛へ7cmUP胸囲を自慢 日刊スポーツ 2007年11月2日閲覧
  7. ^ 坂田マラソン選手級心肺機能で再戦に決着 日刊スポーツ 2008年12月27日閲覧
  8. ^ 坂田とバスケス、世界王座統一戦の調印式で火花/手の内を知り尽くした者同士の頂上決戦 スポーツナビ 2007年6月29日閲覧
  9. ^ Divers eye 王道の誇り p.1 坂田健史 WebマガジンDI-VE 2008年12月15日閲覧
  10. ^ a b 「決戦直前独占インタビュー 偽りなき王者のプライド 坂田健史」『実話ナックルズ』2009年2月号、ミリオン出版、2008年12月29日。
  11. ^ 協栄ボクシングジム 坂田健史プロフィール 「キングメイカー・最後の愛弟子」
  12. ^ ボクシング・マガジン編集部編 『日本プロボクシングチャンピオン大鑑』 ベースボール・マガジン社、2004年3月1日 ISBN 4-583-03784-8、188頁。
  13. ^ 「2001全タイトルマッチ - 日本タイトルマッチ」『日本ボクシング年鑑2002』 ボクシング・マガジン編集部編、日本ボクシングコミッション/日本プロボクシング協会協力、ベースボール・マガジン社、2002年3月30日 ISBN 4-583-03687-6、25頁上段。
  14. ^ 「2001全タイトルマッチ - 日本タイトルマッチ」『日本ボクシング年鑑2002』 ボクシング・マガジン編集部編、日本ボクシングコミッション/日本プロボクシング協会協力、ベースボール・マガジン社、2002年3月30日 ISBN 4-583-03687-6、25頁下段。
  15. ^ 「2002全タイトルマッチ - 日本タイトルマッチ」『日本ボクシング年鑑2003』 ボクシング・マガジン編集部編、日本ボクシングコミッション/日本プロボクシング協会協力、ベースボール・マガジン社、2003年4月30日 ISBN 4-583-03746-5、25頁上段。
  16. ^ 坂田「胸を張って世界へ」/中沼を僅差判定で雪辱、王座返り咲き スポーツナビ 2003年4月5日閲覧
  17. ^ 「2003全タイトルマッチ - 日本タイトルマッチ」『日本ボクシング年鑑2004』 ボクシング・マガジン編集部編、日本ボクシングコミッション/日本プロボクシング協会協力、ベースボール・マガジン社、2004年4月30日 ISBN 4-583-03799-6、23頁下段。
  18. ^ ダブルタイトル戦、前日計量 ワールドボクシング編集部 2004年6月3日閲覧
  19. ^ 佐藤&坂田ダブル王座奪取だ!/協栄コンビに追い風 スポーツナビ 2004年6月4日閲覧
  20. ^ ダブル世界タイトルマッチ/キャンプ情報 TBSホームページ 2004年6月4日閲覧
  21. ^ a b 格闘技速報/WBAダブル世界タイトルマッチ スポーツナビ 2004年6月4日閲覧
  22. ^ a b 6月4日の奇跡(後編)〜坂田健史が見せたボクサーの凄味 スポーツナビ 2004年6月16日閲覧
  23. ^ 佐藤、2階級制覇ならず/坂田は大善戦も実らず 会長は判定に不満 スポーツナビ 2004年6月16日閲覧
  24. ^ パーラ、坂田ともに計量をパス=WBAフライ級戦/次期挑戦者・アスルムが早くも敵状視察 スポーツナビ 2005年9月18日閲覧
  25. ^ 行き場を失った拳(1/2)/WBA世界フライ級王座戦「パーラvs坂田」 スポーツナビ 2005年9月20日閲覧
  26. ^ 坂田5回TKO勝ち 世界へゴーサイン月刊ボクシングワールド」オフィシャルサイト 2006年9月18日閲覧
  27. ^ 坂田、暫定王座決定戦へ アスロウムが有力 「月刊ボクシングワールド」オフィシャルサイト 2006年9月28日閲覧
  28. ^ 坂田不運な1-2判定負け パリのWBA暫定戦 「月刊ボクシングワールド」オフィシャルサイト 2006年12月3日閲覧
  29. ^ 世界王者パーラ、坂田戦へ順調な仕上がり/3.19WBA世界フライ級タイトルマッチ スポーツナビ 2007年3月13日閲覧
  30. ^ 両者好調-WBAフライ級戦予備検診 「月刊ボクシングワールド」オフィシャルサイト 2007年3月15日閲覧
  31. ^ WBA世界戦調印式で坂田とパーラが火花/プロモーター金平会長は体重厳守を強く要請 スポーツナビ 2007年3月17日閲覧
  32. ^ 3度目対戦に必勝宣言 パーラに挑む坂田 共同通信 2007年3月17日閲覧
  33. ^ パーラ2.1キロ超過で王座剥奪 「月刊ボクシングワールド」オフィシャルサイト 2007年3月19日閲覧
  34. ^ パーラ、減量に失敗し王座剥奪 WBAフライ級 朝日新聞 2007年3月18日閲覧
  35. ^ パーラが世界戦の前日計量で失格! 王座はく奪/両選手53.5kgでタイトルマッチを実施 スポーツナビ 2007年3月18日閲覧
  36. ^ パーラ53.3キロ-WBAフライ級午後9時ゴング 「月刊ボクシングワールド」オフィシャルサイト 2007年3月19日閲覧
  37. ^ 坂田健史がWBA世界フライ級新王者に/4度目の挑戦で叶えた夢 スポーツナビ 2007年3月20日閲覧
  38. ^ 新チャンピオン坂田健史、喜びの一夜明け会見/「いつでも誰の挑戦でも受ける」 スポーツナビ 2007年3月20日閲覧
  39. ^ 金平先代会長墓前に勝利報告 新王者坂田 「月刊ボクシングワールド」オフィシャルサイト 2007年3月26日閲覧
  40. ^ 坂田健史がWBA世界フライ級王座を統一/暫定王者バスケスにリベンジを果たし、真の王者を証明 スポーツナビ 2007年7月2日閲覧
  41. ^ 坂田、文句なしの判定勝ち WBAフライ級統一戦 「月刊ボクシングワールド」オフィシャルサイト 2007年7月1日閲覧
  42. ^ プロボクシング、亀田大毅選手1年間出場停止 世界戦の反則行為で ウィキニュース 2007年10月16日
  43. ^ 坂田があえて「大毅カラー」で手本示す 日刊スポーツ 2007年10月30日閲覧
  44. ^ 金平会長が坂田の世界戦調印式会見を自粛 日刊スポーツ 2007年10月30日閲覧
  45. ^ JBCが坂田防衛戦で超厳戒態勢 日刊スポーツ 2007年11月4日閲覧
  46. ^ JBCがリング検査を公開 日刊スポーツ 2007年11月5日閲覧
  47. ^ 坂田に挑戦シンワンチャー「自信がある」 日刊スポーツ 2008年12月25日閲覧
  48. ^ 坂田王座死守!-WBA世界フライ級戦 「月刊ボクシングワールド」オフィシャルサイト 2007年11月5日閲覧
  49. ^ 坂田ダウンも逆転判定V3 日刊スポーツ 2008年3月30日閲覧
  50. ^ 【Design Studio】プロボクシングWBA世界フライ級チャンピオン 坂田健史氏 Vol.03-1 世界戦での激闘を振り返って SOFTBANK LIBRA 2008年6月閲覧
  51. ^ 【Design Studio】プロボクシングWBA世界フライ級チャンピオン 坂田健史氏 Vol.03-2 大切なのはいかに「もらわず当てる」か SOFTBANK LIBRA 2008年6月閲覧
  52. ^ 坂田完勝! 大差の判定勝ち 日刊スポーツ 2008年7月31日閲覧
  53. ^ 坂田、新兵器左アッパーで速攻V5だ デイリースポーツ 2008年12月30日閲覧
  54. ^ 坂田、2回KO負け 防衛失敗 中国新聞 2009年1月1日閲覧
  55. ^ a b 亀田大の世界戦めぐり遺恨再燃 金平会長WBA裁定に疑問 夕刊フジ 2009年12月21日閲覧
  56. ^ a b 協栄ジムが「待った」! 亀田大毅の世界戦“承認保留” 夕刊フジ 2009年12月22日閲覧
  57. ^ 次戦の挑戦者が坂田に WBAフライ級王座戦 毎日新聞 2010年1月10日閲覧
  58. ^ TBSニヤッ…“金欠”亀田ファミリーに新たな「金脈」 夕刊フジ 2010年2月8日閲覧
  59. ^ a b 大毅くんやりましょう! 坂田KOで前哨戦クリア スポーツニッポン 2010年2月21日閲覧
  60. ^ 大毅 坂田戦受けて立て 読売新聞大阪版 2010年3月19日閲覧
  61. ^ 亀父騒動でJBCが大毅-坂田仲介拒否も 日刊スポーツ 2010年4月1日閲覧
  62. ^ 亀田大毅VS坂田は予定通り実施へ 毎日新聞 2010年4月6日閲覧
  63. ^ 亀田選手の父、事実上の永久追放 ライセンス取り消し 朝日新聞 2010年4月13日閲覧
  64. ^ 亀田家、興行権“強奪未遂”…遺恨試合は国内で スポーツニッポン 2010年5月5日閲覧
  65. ^ 大毅VS坂田 正式決定は25日以降に スポーツニッポン 2010年5月23日閲覧
  66. ^ WBA世界フライ級、大毅-坂田戦合意 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年5月31日閲覧
  67. ^ 「大毅vs坂田」決定へ! 開催は8月以降に デイリースポーツ 2010年5月30日閲覧
  68. ^ 大毅が坂田に判定勝ち WBAフライ級初防衛 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年9月26日
  69. ^ 元WBAフライ級王者の坂田が引退 2011年1月13日 デイリースポーツ
  70. ^ 元王者の坂田氏 稲城市議選立候補を表明 ― スポニチ Sponichi Annex ボクシング
  71. ^ 稲城市議選 開票結果 確定
  72. ^ 坂田健史 引退のテンカウント! BOXING MASTER 2011年4月11日
  73. ^ “協栄ジム代表に坂田健史氏が就任、金平会長はプロモート業に専念”. スポーツニッポン. (2015年5月22日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2015/05/22/kiji/K20150522010393520.html 

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
セレス小林
第45代日本フライ級王者

2001年4月9日 - 2002年4月30日

次王者
トラッシュ中沼
前王者
トラッシュ中沼
第47代日本フライ級王者

2003年4月5日 - 2003年12月(返上)

空位
次タイトル獲得者
中野博
前王者
ロレンソ・パーラ
WBA世界フライ級王者

2007年3月19日 - 2008年12月31日

次王者
デンカオセーン・カオウィチット