オルズベック・ナザロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オルズベック・ナザロフ
基本情報
本名 オルズベック・ナザロフ
通称 グッシー
階級 ライト級
国籍 キルギスの旗 キルギス
誕生日 (1966-08-30) 1966年8月30日(52歳)
出身地 Flag of Kyrgyz SSR.svg キルギス・ソビエト社会主義共和国
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 27
勝ち 26
KO勝ち 19
敗け 1
テンプレートを表示
獲得メダル
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
男子 ボクシング
世界ボクシング選手権
1986 リノ ライト級
ヨーロッパボクシング選手権
1987 トリノ ライト級

オルズベック・ナザロフOrzubek Nazarov1966年8月30日 - )は、キルギス共和国・カント出身のタジク人プロボクサー。元WBA世界ライト級王者。

来歴[編集]

1989年秋、勇利アルバチャコフ(後のWBC世界フライ級王者)等と共にソ連(当時)から来日。協栄ボクシングジムにスカウトされた6人のアマチュアエリートボクサーの1人であった(来日の橋渡し役は、スポーツ平和党初代党首で当時参議院議員に初当選して間もないアントニオ猪木)。

1990年2月1日、「グッシー・ナザロフ」のリングネームでプロデビュー(リングネームの「グッシー」はWBA世界ライトフライ級王座を13度防衛した協栄ジム出身の元世界王者具志堅用高に風貌が似ていた事と同じ強打のサウスポーから名付けられた)。西沢誠(後の日本ライト級王者)を初回KO勝ち。

1991年4月22日、6戦目で日本ライト級王座を獲得。同王座は2度防衛後に返上した。

1992年5月11日、12戦目でOPBF東洋太平洋ライト級王座を獲得。世界挑戦準備のため1993年9月に王座を返上するまで5度の防衛に成功。

1993年10月21日、18戦目で世界王座初挑戦。敵地南アフリカに渡り、WBA世界ライト級王者ディンガン・トベラに挑む。4回にプロ初のダウンを奪われるも、10回にダウンを奪い返すなど、猛反撃を展開。12回判定勝ちを収め、無敗のまま世界王座を獲得した[文献 1]。トベラとは翌1994年3月19日の初防衛戦で再戦し、この時も12回判定勝ちを収めた[文献 2]

その後、本人の強い希望により、リングネームを本名「オルズベック・ナザロフ」に改める。

1995年5月15日の3度目の防衛戦からは3戦連続で日本国内で試合を行うが、海外出身の「輸入ボクサー」であるが故、同時期の国内の現役世界王者と比べて知名度は格段に低かった。そのため、試合でも観衆をあまり多く集められず、ファイトマネーも安い状態であった(テレビ中継も深夜に関東ローカルでの録画中継枠を確保するのが精一杯)。こうした背景から、1996年4月15日の5度目の防衛成功後は試合すら出来ない状況に陥る。協栄ジムと交渉の末、同年12月、同ジムを離れフランスに拠点を移すことを正式に決定。

1997年5月10日、フランス移籍初戦。1年1か月ぶりの試合であったが、長期間のブランクを感じさせずレバンダー・ジョンソンに7回TKO勝ち。6度目の王座防衛に成功。その後、ノンタイトル戦を2度行い、いずれも勝利。

1998年5月16日、7度目の防衛戦。ジャン・バチスト・メンディ(フランス)の挑戦を受け、12回判定負け。4年半あまり保持してきた世界王座を手放し、結局この試合を最後に現役を引退した。

戦績[編集]

  • アマ:175戦153勝(80RSC)12敗
  • プロ:27戦26勝(19KO)1敗


日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1990年2月1日 勝利 1R KO 西沢誠 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 1990年4月12日 勝利 3R TKO 田鎔万 大韓民国の旗 韓国 --
3 1990年7月9日 勝利 1R KO 野口泰雪 日本の旗 日本 --
4 1990年9月10日 勝利 1R KO 斉藤孝 日本の旗 日本 --
5 1990年11月12日 勝利 1R KO 堂本忠志 日本の旗 日本 --
6 1991年4月22日 勝利 4R KO 八木賢治 日本の旗 日本 日本ライト級王座獲得
7 1991年8月1日 勝利 2R KO 丸山☆美 日本の旗 日本 防衛1
8 1991年10月28日 勝利 4R KO アーニー・アレスナ フィリピンの旗 フィリピン --
9 1991年12月16日 勝利 10R 判定 ダウマイ・シスコドム タイ王国の旗 タイ --
10 1992年3月11日 勝利 1R KO 中野猛仁 日本の旗 日本 防衛2
(1992年2月17日、日本ライト級王座返上)
11 1992年4月10日 勝利 2R KO ノバラットナエ・ワオワラボル タイ王国の旗 タイ --
12 1992年5月11日 勝利 12R 判定 大友厳 日本の旗 日本 OPBFライト級王座獲得
13 1992年6月24日 勝利 10R KO フランシス・ベラスケス フィリピンの旗 フィリピン 防衛1
14 1992年9月28日 勝利 2R KO ノバラットナエ・ワオワラボル タイ王国の旗 タイ 防衛2
15 1992年12月11日 勝利 5R KO アーニー・アレスナ フィリピンの旗 フィリピン 防衛3
16 1993年3月22日 勝利 2R KO 宗光植 大韓民国の旗 韓国 防衛4
17 1993年7月19日 勝利 12R 判定 ボーイ・リーガス フィリピンの旗 フィリピン 防衛5
(1993年9月21日、OPBFライト級王座返上)
18 1993年10月21日 勝利 12R 判定 ディンガン・トベラ  南アフリカ共和国 WBA世界ライト級王座獲得
19 1994年3月19日 勝利 12R 判定 ディンガン・トベラ  南アフリカ共和国 防衛1
20 1994年12月10日 勝利 2R KO ジョーイ・ガマチェ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 防衛2
21 1995年5月15日 勝利 2R KO 朴元 大韓民国の旗 韓国 防衛3
22 1995年11月14日 勝利 12R 判定 ディンド・カノイ フィリピンの旗 フィリピン 防衛4
23 1996年4月15日 勝利 4R KO アドリアヌス・タロケ  インドネシア 防衛5
24 1997年5月10日 勝利 7R TKO レバンダー・ジョンソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 防衛6
25 1997年10月4日 勝利 4R KO オスカー・ロペス アルゼンチンの旗 アルゼンチン --
26 1998年4月8日 勝利 8R 判定 フレディ・クルス ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 --
27 1998年5月16日 敗北 12R 判定 ジャン・バチスト・メンディ フランスの旗 フランス WBA世界ライト級王座陥落
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • 1987年ヨーロッパ・アマチュアボクシング選手権ライト級優勝
  • 日本ライト級王座
  • OPBF東洋太平洋ライト級王座
  • WBA世界ライト級王座

参考文献[編集]

  • ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年
  1. ^ 242頁下段
  2. ^ 243頁上段

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
八木賢治
第40代日本ライト級王者

2001年6月23日 - 1991年3月11日(返上)

次王者
齋藤孝
前王者
大友厳
第26代OPBF東洋太平洋ライト級王者

1992年5月11日 - 1993年9月21日(返上)

次王者
アドリアヌス・タロケ
前王者
ディンガン・トベラ
WBA世界ライト級王者

1993年10月21日 - 1998年5月16日

次王者
ジャン・バチスト・メンディ