セルヒオ・トンプソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はディアス第二姓(母方の)はサントスです。
セルヒオ・トンプソン
基本情報
本名 セルヒオ・フェルナンド・ディアス・サントス
Sergio Fernando Díaz Santos
通称 Yeyo
階級 スーパーフェザー級
身長 165cm
リーチ 173cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 (1983-10-29) 1983年10月29日(35歳)
出身地 キンタナ・ロー州チェトゥマル
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 30
KO勝ち 26
敗け 4
テンプレートを表示

セルヒオ・トンプソンSergio Thompson、男性、1983年10月29日 - )は、メキシコプロボクサーチェトゥマル出身。ペペ・ゴメスのカンクン・ボクシング所属。トレーナーはクレメンテ・メディナ。

来歴[編集]

2006年1月28日、キンタナ・ロー州カンクンのカンクン闘牛場でデビュー戦を行い、3-0の判定勝ちを収めデビュー戦を勝利で飾った。

2009年11月20日、キンタナ・ロー州カンクンでアサエル・ゴンサレスと対戦し、プロ初黒星となる0-2(93-97、93-97、95-95)の判定負けを喫した。

2010年2月20日、ユカタン州メリダポリフォルム・サムナでクリスチャン・アラソラとWBCムンドヒスパノスーパーフェザー級王座決定戦を行い、4回1分7秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功すると共に再起に成功した。

2010年8月6日、キンタナ・ロー州カンクンでリサルド・モレノと対戦し、8回2分15秒TKO勝ちを収めWBCムンドヒスパノスーパーフェザー級王座の初防衛に成功した。

2010年9月7日、キンタナ・ロー州カンクンでWBCインターナショナルライト級王者アリシャー・ラヒモフと対戦し、1-2(110-118、111-117、115-113)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2010年11月6日、ユカタン州メリダポリフォルム・サムナホセ・エルナンデスと対戦し、3回2分53秒TKO勝ちを収め再起に成功した。

2011年10月15日、キンタナ・ロー州チェトゥマルでアサエル・ゴンサレスとFECARBOXスーパーフェザー級王座決定戦を行い、7回KO勝ちを収め王座獲得に成功すると共に2年ぶりの再戦で雪辱を果たした。

2012年3月31日、キンタナ・ロー州カンクンのオアシス・ホテル・コンプレックスでホルヘ・リナレスとWBC世界ライト級挑戦者決定戦を行い、2回2分27秒TKO勝ちを収め指名挑戦権を獲得した[1]

2012年5月26日、キンタナ・ロー州カンクンのオアシス・ホテル・コンプレックスでファン・ラモン・ソリスとWBCインターナショナルスーパーフェザー級シルバー王座決定戦を行い、5回2分34秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年10月27日、キンタナ・ロー州チェトゥマルでルイス・アルマンド・フアレスと対戦し、5回2分31秒TKO勝ちを収めWBCインターナショナルスーパーフェザー級シルバー王座の初防衛に成功した[2]

2013年1月19日、タバスコ州ビヤエルモサでモイセス・カストロと対戦し、5回1分25秒TKO勝ちを収めWBCインターナショナルスーパーフェザー級シルバー王座の2度目の防衛に成功した[3]

2013年8月17日、キンタナ・ロー州カンクンのカンクン闘牛場でWBC世界スーパーフェザー級王者三浦隆司と対戦し、2回、6回にダウンを奪われ、8回はダウンを奪い返すが、0-3(111-114、110-114、112-113)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[4]

2013年12月14日、キンタナ・ロー州プラヤ・デル・カルメンでセサール・チャベスと対戦し、初回KO勝ちを収め再起に成功した。

2014年3月8日、ネバダ州ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナリカルド・アルバレスとWBCインターナショナルライト級王座決定戦を行い、 3-0(95-93、95-93、97-91)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[5]

2014年8月2日、キンタナ・ロー州チェトゥマルでアドネス・アグエロと対戦し、3-0(97-92、96-93、96-93)の判定勝ちを収めた。

2014年12月20日、キンタナ・ロー州カンクンでWBA世界スーパーフェザー級暫定王者ブライアン・バスケスと対戦する予定だったが、バスケスが前日計量で3ポンド体重超過の133ポンドを計測し計量失格となり王座を剥奪された。試合はトンプソンが勝てば王座を獲得し、バスケスが勝てば王座は空位となるという条件で行われたが、序盤から完全に主導権を握られ、トンプソンにとってプロ初のKO負けとなる9回終了時に棄権によるTKO負けを喫し王座獲得に失敗した[6][7]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ショック! リナレス2回TKO負け ボクシングニュース「Box-on!」 2012年4月1日
  2. ^ “メヒカニート”和毅25連勝 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年10月29日
  3. ^ トンプソン、シルバー王座防衛 ワイルダーは27連続KO ボクシングニュース「Box-on!」 2013年1月21日
  4. ^ 三浦、ダウンの応酬制して初防衛 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年8月18日
  5. ^ リナレス、荒川に大差3-0 世界挑戦権ゲット Boxing News(ボクシングニュース) 2014年3月9日
  6. ^ Vasquez Batters Yeyo Thompson; Title Remains Vacant WBA公式サイト 2014年12月21日
  7. ^ 体重超バスケスがトンプソンをTKO Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月22日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]