体重超過

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

体重超過(たいじゅうちょうか)とは体重別階級制などの制限体重を採用している競技において、決められた日時までに制限体重以下に体重を落とせないことを指す。計量オーバー計量失敗体重オーバーと表記されることも有る。

体重超過となった場合、アマチュア競技では失格で試合中止となる場合がほとんどであるが、プロ興行においては選手間およびプロモーター間で協議を行い[1]、罰金や罰則を科した上で試合を続行する場合が多い。

プロボクシング[編集]

プロボクシングでは試合の前日に計量を行うがそれまでに制限体重以下に体重を落とすことが義務付けられている(体重上限の無いヘビー級では試合2日前に計量を行うこともある[2][3])。通常は下着を着用したままでの計量となるが、制限体重以下に落とせなかった場合には全裸による計量も認められている。

計量時刻までに体重を落とせなかった場合には数時間の猶予が与えられ再計量となるが、再計量までにも体重を落とせなかった場合でも興行の成立を優先させる都合のため選手間の協議により罰金(ファイトマネー没収など)が科された上で制限体重が変更され試合が行われることが多く、試合が中止されることは余程の超過や悪質なもの、体調面に問題がある場合などでない限りほぼ無い。

日本では体重超過をした選手に重いボクシンググローブを装着させた上で試合を行うグローブハンデが罰則として科せられていた(2014年限りで廃止[4])が、海外では一般的にグローブハンデが科せられることは無く、体重超過をした選手が相手選手陣営に罰金を支払った上で試合が行われる場合がほとんどである。

世界タイトルマッチでの体重超過[編集]

タイトルマッチにおいては、王者が体重超過した場合は王座を剥奪され、挑戦者が勝利した場合のみ王座が認定される変則ルールが敷かれる。挑戦者が体重超過した場合には挑戦権を剥奪され、王者が勝利した場合のみ防衛が認められる変則ルールが敷かれるか、ノンタイトル戦として行われる。

IBFの独自当日計量[編集]

IBFは独自ルールを施行しており、前日計量に加えて当日計量も実施、前日計量から10ポンド以上増量してはならないと定めている。10ポンド以上増量した場合には体重超過時と同様の措置が採られる。2017年8月からゲンナジー・ゴロフキン対ダニエル・ジェイコブスでジェイコブスがIBF王座獲得の権利を放棄して当日計量を拒否したことをきっかけに、IBFの当日計量を守って増量を10ポンド以下に抑えた選手が当日体重で不利になるのを避けるため、IBFのタイトルマッチでは実施されるが、他団体王座との統一戦に限り当日計量の実施を取りやめた[5]

過去に体重超過のあった世界タイトルマッチ[編集]

体重超過をした選手
体重超過があった世界タイトルマッチ
開催年月日 勝った選手 負けた選手 備考
2018年8月11日 ジョセフ・ディアス ヘスス・マヌエル・ロハス ロハスは体重超過のディアスに敗れるがWBAルールにより王座を保持
2018年6月16日 ダニエル・ローマン モイセス・フローレス
2018年5月26日 カリッド・ヤファイ デビッド・カルモナ
2018年5月5日 エマヌエル・ロドリゲス ポール・バトラー
2018年4月15日 クリストファー・ロサレス 比嘉大吾
2018年3月10日 オスカル・バルデス スコット・クィッグ
2018年3月1日 ルイス・ネリー 山中慎介
2018年1月20日 ロバート・イースター・ジュニア ハビエル・フォルトゥナ
2017年12月9日 リー・セルビー エデュアルド・ラミレス
2017年10月28日 ケイティー・テイラー アナイ・エステル・サンチェス
2017年10月21日 アルベルト・マチャド ジェスレル・コラレス
2017年8月26日 ガーボンタ・デービス フランシスコ・フォンセカ
2017年5月20日 比嘉大吾 フアン・エルナンデス
2017年4月23日 マーロン・タパレス 大森将平
2017年4月22日 アマンダ・セラノ ダイアナ・サンタナ
2017年4月8日 リアム・スミス リアム・ウィリアムズ
2016年12月10日 テレンス・クロフォード ジョン・モリーナ・ジュニア
カリッド・ヤファイ ルイス・コンセプシオン
2016年4月1日 エイドリアン・ブローナー アシュリー・テオフェン
2015年12月17日 ルイス・コンセプシオン エルナン・マルケス
2015年6月13日 ニコラス・ウォータース ミゲル・マリアガ
2015年5月1日 レイムンド・ベルトラン 粟生隆寛 ドーピング違反のため後に無効試合に変更
2015年4月11日 アンディ・リー ピーター・クイリン ノンタイトル戦に変更して開催
*試合結果は引き分け
2015年2月21日 ヘッキー・ブドラー ヘスス・シルベストレ
2014年12月20日 ブライアン・バスケス セルヒオ・トンプソン
2014年10月18日 ゲンナジー・ゴロフキン マルコ・アントニオ・ルビオ
2014年5月3日 ジョンリル・カシメロ マウリシオ・フェンテス
2014年3月1日 オルランド・サリド ワシル・ロマチェンコ
2013年12月13日 リボリオ・ソリス 亀田大毅 負けても王座保持問題を参照
2013年11月16日 アンドレ・ウォード エドウィン・ロドリゲス
2013年6月15日 ミゲル・アンヘル・ガルシア ファン・マヌエル・ロペス
2013年6月8日 ファン・カルロス・サンチェス・ジュニア ロベルト・ソーサ 但し前日計量はパス
2013年5月18日 デボン・アレクサンダー リー・パーディ ノンタイトル戦に変更して開催
2013年4月19日 ハビエル・フォルトゥナ ミゲール・サムディオ
2012年10月20日 ポール・マリナッジ パブロ・セサール・カノ
2012年7月21日 エイドリアン・ブローナー ビセンテ・エスコベド
2012年4月14日 ブランドン・リオス リカルド・アブリル 暫定王座をアブリルに差し戻した
2012年3月24日 ダニー・ガルシア エリック・モラレス
2011年12月3日 ブランドン・リオス ジョン・マレー
2011年10月1日 ローマン・ゴンサレス オマール・ソト
2011年8月14日 ファン・パラシオス アルマンド・トーレス
2010年3月27日 ホアン・グズマン アリ・フネカ
2009年11月21日 マービン・ソンソナ アレハンドロ・エルナンデス *試合の結果は引き分け
2009年8月15日 ノニト・ドネア ラファエル・コンセプシオン
2009年2月14日 ネート・キャンベル アリ・フネカ
2009年1月10日 ゾルト・エルデイ ユーリ・バラシアン
2007年3月19日 坂田健史 ロレンソ・パーラ
2006年10月9日 ワンディー・シンワンチャー 嘉陽宗嗣
2006年10月7日 ホエール・カサマヨール ディエゴ・コラレス カサマヨールを暫定王座に認定
2006年9月16日 ホアン・グズマン ホルヘ・ロドリゴ・バリオス
2006年5月6日 ルイス・アルベルト・ペレス ディミトリー・キリロフ
2006年2月25日 ジョニー・ゴンサレス マーク・ジョンソン ノンタイトル戦に変更して開催
2005年10月8日 ホセ・ルイス・カスティージョ ディエゴ・コラレス ノンタイトル戦に変更して開催
2005年4月8日 ホルヘ・ロドリゴ・バリオス マイク・アンチュド
2004年10月2日 ロセンド・アルバレス ベビス・メンドサ
2004年7月30日 新井田豊 ノエル・アランブレット
2004年3月20日 イヴァン・カルデロン エドガル・カルデナス ノンタイトル戦に変更して開催
2002年8月18日 スティーブ・フォーブス デビット・サントス
2000年9月9日 フレディ・ノーウッド デリック・ゲイナー
2000年8月20日 ジョマ・ガンボア ノエル・アランブレット
1999年9月17日 メッグン・3Kバッテリー マニー・パッキャオ
1998年11月13日 リカルド・ロペス ロセンド・アルバレス
1998年9月22日 フレディ・ノーウッド 松本好二
1998年8月29日 マウリシオ・パストラナ カルロス・ムリーリョ
1996年3月16日 ラタナポン・ソーウォラピン リー・サンドバル
1993年9月11日 トム・ジョンソン シュガー・ベイビー・ロサス
1974年10月18日 花形進 チャチャイ・チオノイ
体重超過で試合中止となった世界タイトルマッチ
開催年月日 選手A 選手B 備考
2015年11月21日 リー・ハスキンス ランディ・カバジェロ
2013年6月28日 ビセンテ・モスケラ ホアン・グズマン
2008年9月4日 ネート・キャンベル ホアン・グズマン
2006年6月3日 ディエゴ・コラレス ホセ・ルイス・カスティージョ
IBFの当日計量で体重超過となった世界タイトルマッチ
開催年月日 勝った選手 負けた選手 備考
2017年3月18日 ゲンナジー・ゴロフキン ダニエル・ジェイコブス ジェイコブスが当日計量を拒否
2011年3月26日 ユリオルキス・ガンボア ホルヘ・ソリス
2010年9月10日 ユリオルキス・ガンボア オルランド・サリド

総合格闘技[編集]

総合格闘技では、ノンタイトル戦であれば1ポンドまでの超過が認められている[6]

世界タイトルマッチでの体重超過[編集]

体重超過をした選手
体重超過があった世界タイトルマッチ
開催年月日 勝った選手 負けた選手 備考
2007年2月3日 アンデウソン・シウバ トラヴィス・ルター ノンタイトル戦に変更して開催

アマチュアボクシング[編集]

日本アマチュアボクシング[編集]

競技者は試合当日、8時から10時の間の指定された時刻に計量するのを原則とするが、組み合わせのため前もって計量することもある。最初の計量で階級が決まるが、2回目以降で超過した場合失格になる。個人トーナメントの場合は2回目以降の体重はその階級に満たなくてもよい。団体トーナメントでは2回目以降の体重が前回の階級に満たないときは、前回の階級かその日の階級で出場できる。選手が希望すれば、全裸で計量することができる。競技者が不可抗力で計量に遅れたときの処理は競技会責任者が決める[7]

招待競技の場合は、超過が500g以内なら試合は行うことができ、3kg以内なら対戦相手が認めれば試合ができるが、いずれの場合でも得点は0とされる[7]

立ち技格闘技[編集]

ムエタイ、キックボクシングなどの立ち技格闘技においては、基本的には国際式ボクシングとルールなどは同じであるが、団体によっては細かい規定が施される。

WBCムエタイの規定では、挑戦者が体重超過した場合も王者が了承すればタイトルマッチとして行われ王者が勝利すれば防衛となるが、挑戦者が勝利した場合は王座は空位となる[8]

K-1ルールでは最初の計量から2時間で規定以内に体重を落とせなかった場合、超過が1kg未満なら減点1、1kg以上2kg未満なら減点2、2kg以上なら失格とする[9]

シュートボクシングの計量は試合当日の10時、競技会開始が17時より前の場合は前日の19時に行われる。再計量は30分毎に3回まで認められ、超過した場合は失格にとどまらず契約金の70%を賠償金として支払わなければならない[10]

柔道[編集]

国際大会での計量は試合前日に行われる。試合当日にも無作為に選ばれた選手が計量を行う。この場合、自身の階級の体重上限より5%以内でなければならない(例えば、100kg級なら105kg以内)。団体戦の場合も前日計量となる。個人戦に出場しない選手の場合は自身の階級の体重超過を認めないが、個人戦に出場した選手の場合は2kg以内なら認められる[11][12][13]。なお、全日本柔道連盟は2013年より国際大会の計量で失格になった選手は強化指定選手から除外することを明文化した[14]。フランス柔道連盟の場合は2ヶ月ほどの国際大会への出場停止を科すだけで、代表チームからの除外は行わない[15]

レスリング[編集]

レスリングの主要大会では原則試合前日に計量が行われ、シングレット(試合着)着用の状態で計量開始時刻から30分以内で制限体重以下に落とすことが義務付けられており、制限体重を超過した場合は失格になる。なお体重が落とせなかった場合でも全裸による計量は認められていない(以前は原則全裸だった)[16][17]。ただし、レスリングワールドカップなど一部の大会では2kgまでの超過が認められる[18]

ウエイトリフティング[編集]

ウエイトリフティングでは各セッション競技開始2時間前に全裸または下着姿で検量が開始され、1時間経っても制限体重以下に落とせなかった場合は失格になる[19][20]

アームレスリング[編集]

オールジャパンアームレスリング連盟(AJAF)と日本アームレスリング連盟(JAWA)の競技規定では、検量で体重超過した場合失格となる[21][22][23]

テコンドー[編集]

ITFの競技規定では超過した場合出場を取り消され、他の階級への再エントリーも認められていない[24]

空手道[編集]

JKJO全日本空手道選手権大会では重量級を除き前日計量と当日計量を実施、上:Tシャツ・下:空手着で服の重さ500gまでを許容範囲として計量を行い、その範囲を超えた場合は失格[25]

プロレス[編集]

メキシコプロレス、すなわちルチャリブレは体重別階級が細かいため体重の数値に対して厳格であり、過去に鶴見五郎のように事後計量で超過して王座剥奪に至ったケースもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山中慎介、ネリをぶっ倒せ! 増加する体重超過を許さぬプライドを懸けた一戦”. VICTORY (2018年3月1日). 2018年3月23日閲覧。
  2. ^ 試合当日から前日に移行した計量 ~ボクシング基礎講座~日本では93年から採用”. WOWOWエキサイトマッチ 海外ボクシングコラムVol.55. 2014年5月4日閲覧。
  3. ^ 2012年7月14日のデビッド・ヘイ対デレック・チゾラも試合2日前に計量が行われた
  4. ^ 前日計量 プロ ボクシング トリプル世界戦 内山高志 ジェスレルコラレス 河野公平 田口良一[リンク切れ]
  5. ^ IBF cuts same-day weight checks for unified title fights”. ESPN.com (2017年8月23日). 2017年10月30日閲覧。
  6. ^ 【UFC JAPAN】公開計量終了、五味の相手ディエゴが体重超過 MMAPLANET 2013年3月2日
  7. ^ a b (社)日本アマチュアボクシング連盟競技規則 (PDF)”. 2015年3月16日閲覧。
  8. ^ “【NJKF】梅野の挑戦者が計量オーバー、どうなるWBCムエタイ世界戦”. eFight. (2015年7月19日). http://efight.jp/news-20150719_187124 
  9. ^ K-1WGP公式ルール
  10. ^ 公式ルール SHOOT BOXING SHONAN GYM
  11. ^ 国際柔道連盟試合審判規定(2014-2016)
  12. ^ IJF審判規定の決定版(解釈)
  13. ^ 2014-2016 IJF refereeing Rule
  14. ^ 計量失格で強化指定除外へ=全柔連 時事通信 2013年5月11日
  15. ^ jusqu'au 31 décembre pour son problème de poids
  16. ^ [レスリング] 米満達弘(自衛隊体育学校)<Vol.2>「ブルース・リーを目指せ!」 現代ビジネス 2012年5月31日
  17. ^ レスリングの技&ルール”. 2014年5月4日閲覧。
  18. ^ 【女子ワールドカップ・特集】吉田沙保里は快調に2連勝、登坂絵莉は51kg級世界チャンピオンを破る! 日本レスリング協会 2014年3月16日
  19. ^ 競技・競技会規則 (PDF) 日本ウエイトリフティング協会 2015年8月24日閲覧
  20. ^ ロンドンオリンピック2012 ウエイトリフティング 概要・説明 - JOC 2015年3月16日閲覧
  21. ^ 第三回 AJAF 西日本アームレスリング選手権大会 (PDF)
  22. ^ http://www.endogym.com/jawa/taikai/youkou/090315youkou%28touhoku%29.pdf
  23. ^ http://www.junglegym-jp.com/arm/2003101201.pdf
  24. ^ ジュニアおよびシニア ITF 世界選手権大会 ITF テコンドー競技規定国際テコンドー連盟(2013 年 1 月 1 日より施行) (PDF)
  25. ^ 第7回JKJO全日本空手道選手権大会 出場選手募集案内 (PDF)

関連項目[編集]