谷口将隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
谷口 将隆
基本情報
本名 谷口 将隆
通称 MATADOR
階級 ミニマム級
身長 162cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1994-01-19) 1994年1月19日(28歳)
出身地 兵庫県神戸市
スタイルボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 18
勝ち 15
KO勝ち 10
敗け 3
引き分け 0
テンプレートを表示

谷口 将隆(たにぐち まさたか、1994年1月19日 - )は、日本のプロボクサー。現WBO世界ミニマム級王者。元WBOアジアパシフィックミニマム級王者。第31代日本ミニマム級王者。ワタナベボクシングジム所属。

人物[編集]

小学6年生で極真空手を始め、基礎を築く

中学2年生で垂水フィットネスボクシングに入会し、ボクシングと出会う

高校時代は神戸第一高等学校でボクシング部に所属し、インターハイでベスト8になる

大学時代は龍谷大学でボクシング部主将を務め、岐阜国体長崎国体で準優勝し、全日本選手権で3位の成績を2度収め、大学卒業後、ワタナベボクシングジムでプロデビュー

来歴[編集]

2020年12月3日、後楽園ホールで日本ミニマム級3位の佐宗緋月と日本ミニマム級王座決定戦を行い、10回37秒TKO勝ちを収め王座を獲得した[1]

2021年6月7日、後楽園ホールで日本ミニマム級1位の仲島辰郎と対戦し、5回1分35秒TKO勝ちを収め、初防衛に成功した[2]

2021年10月18日、王座を返上した[3]

2021年12月14日、両国国技館東京都墨田区)に於いてWBO世界ミニマム級王者のウィルフレド・メンデスプエルトリコ)と対戦し、11回1分8秒TKO勝ちを収め二度目の挑戦で王座を奪取した[4]

2022年4月22日、後楽園ホールでWBO世界ミニマム級5位の石澤開と2年7か月ぶりに再戦するも前日計量で石澤が失格となるも谷口が勝てば防衛、石澤が勝てば空位となる条件で試合は通常通り行われ、11回2分29秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した[5]

戦績[編集]

アマチュア戦績
  • 74戦55勝(16KO)19敗
プロボクシング戦績
  • 18戦15勝(10KO)3敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考・会場
1 2016年4月3日 1R 1:58 KO ペットサイファー・ルークメーラムポーイジム タイ王国の旗 タイ プロデビュー戦
2 2016年5月23日 1R 1:30 KO タウィーチャイ・オームアンチョン タイ王国の旗 タイ
3 2016年6月19日 2R 1:41 TKO ジェン・モラノ フィリピンの旗 フィリピン
4 2016年8月7日 4R 1:32 TKO トンチャイレック・チャイヨンジム タイ王国の旗 タイ
5 2016年10月13日 8R 判定2-1 デクスター アリメント フィリピンの旗 フィリピン
6 2016年12月31日 6R 判定3-0 ビセンテ・バウティスタ・ジュニア フィリピンの旗 フィリピン
7 2017年4月9日 10R 判定0-2 小西伶弥真正 日本の旗 日本 日本ミニマム級王座決定戦
8 2017年6月27日 1R 終了 TKO ベンジー・バルトロメ フィリピンの旗 フィリピン
9 2017年7月30日 1R 2:05 TKO ナーヨレック・サイトーンジム タイ王国の旗 タイ
10 2017年11月13日 12R 判定0-2 小浦翼E&Jカシアス 日本の旗 日本 OPBF東洋太平洋ミニマム級王座決定戦
11 2017年12月31日 3R 1:56 TKO パティパーン・プラジュアブスック タイ王国の旗 タイ
12 2018年2月8日 6R 2:16 負傷判定3-0 レイマーク・タダイ フィリピンの旗 フィリピン
13 2018年11月13日 12R 判定3-0 ジョエル・リノ フィリピンの旗 フィリピン WBOアジアパシフィックミニマム級王座決定戦
14 2019年2月26日 12R 判定0-3 ビック・サルダール フィリピンの旗 フィリピン WBO世界ミニマム級タイトルマッチ
15 2019年9月21日 8R 判定3-0 石澤開M.T 日本の旗 日本 日本ミニマム級王座挑戦者決定戦
16 2020年12月3日 10R 0:37 TKO 佐宗緋月(T&T) 日本の旗 日本 日本ミニマム級王座決定戦
17 2021年6月7日 5R 1:35 TKO 仲島辰郎(平仲) 日本の旗 日本 日本王座防衛1
18 2021年12月14日 11R 1:08 TKO ウィルフレド・メンデス プエルトリコの旗 プエルトリコ WBO世界ミニマム級タイトルマッチ
19 2022年4月22日 11R 2:29 TKO 石澤開(M.T) 日本の旗 日本 WBO防衛1
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • WBOアジアパシフィックミニマム級王座(防衛0=返上)
  • 第31代日本ミニマム級王座(防衛1=返上)
  • WBO世界ミニマム級王座(防衛1)

脚注[編集]

  1. ^ WBO3位 谷口将隆が日本ミニマム級新王者 完勝ペースで最終回にストップ呼び込む Boxing News(ボクシングニュース)2020年12月3日
  2. ^ 谷口将隆が日本ミニマム級V1 世界挑戦は「いつでも大丈夫」 Boxing News(ボクシングニュース)2021年6月7日
  3. ^ WBOから対戦指令の谷口将隆 日本ミニマム級王座返上 Boxing News(ボクシングニュース)2021年10月18日
  4. ^ "谷口将隆が世界王座奪取! 2度目の世界挑戦で11回TKO勝ち「夢じゃないかな」". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 14 December 2021. 2021年12月14日閲覧
  5. ^ 初防衛成功の谷口将隆、V2戦は「間隔空けたい」過酷な減量から「近い将来の転級も」渡辺会長”. 日刊スポーツ (2022年4月23日). 2022年4月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
田中教仁
第31代日本ミニマム級王者

2020年12月3日 - 2021年10月18日(返上)

空位
次タイトル獲得者
石澤開
前王者
ウィルフレド・メンデス
WBO世界ミニマム級王者

2021年12月14日 - 現在

次王者
N/A