コンテンツにスキップ

西田凌佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西田 凌佑
基本情報
本名 西田 凌佑
通称 令和のアンタッチャブル
階級 バンタム級
身長 170.0 cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1996-08-07) 1996年8月7日(27歳)
出身地 奈良県香芝市
プロボクシング戦績
総試合数 9
勝ち 9
KO勝ち 1
敗け 0
引き分け 0
テンプレートを表示

西田 凌佑(にしだ りょうすけ、1996年8月7日 - )は、日本プロボクサー奈良県香芝市出身[1]。現IBF世界バンタム級王者。六島ボクシングジム所属。 

来歴[編集]

王寺工業高校でボクシングを始めた。なお王寺工業高校時代、国体で優勝経験がある[2]

近畿大学でもボクシング部に所属。卒業後、大手パンメーカーに就職したが、ボクシングへの思いが断ちきれず、2019年に六島ボクシングジムに入門[3]

2019年10月3日、タイバンコクでのプロデビュー戦を1回TKO勝利[4]

2020年12月19日、大阪府立体育会館第2競技場で元日本バンタム級王者大森将平と56キロ契約8回戦を行い、8回3-0(79-73、78-74×2)で判定勝ち[5]

2021年4月24日、沖縄コンベンションセンターにて元WBC世界フライ級王者でWBOアジアパシフィックバンタム級王者比嘉大吾に挑戦し、12回3-0(118-110、117-111×2)判定勝ちで王座獲得に成功[6][7]

2021年12月19日、住吉区民センターで大橋哲朗とWBOアジアパシフィックバンタム級タイトルマッチ12回戦を行い、3-0(119-109、118-110、116-112)判定勝ち[8]

2022年10月9日、住吉区民センターでアルジュム・ペレシオとWBOアジアパシフィックバンタム級タイトルマッチ10回戦[9]を行い、3-0(100-90×3)判定勝ち[10]

2023年4月1日、エディオンアリーナ大阪第2競技場で行われた「3150FIGHT SURVIVAL vol.4」でソンセン・ポーヤムとWBOアジアパシフィックバンタム級タイトルマッチ12回戦を行い、3-0(120-107×3)判定勝ち[11]

2023年8月11日、エディオンアリーナ大阪第1競技場で行われた「3150FIGHT vol.6」の中川麦茶vs亀田京之介の前座で、IBF世界バンタム級6位のクリスチャン・メディナとIBF同級挑戦者決定戦12回戦を行い、3-0(116-112、117-111、118-110)判定勝ちを収め、同年8月12日にIBF世界バンタム級王座を戴冠したエマヌエル・ロドリゲスへの挑戦権を獲得した。

2024年1月29日、IBF本部でZoomを通じて行われたエマヌエル・ロドリゲスと挑戦者の西田凌佑との間で行われるIBF世界バンタム級タイトルマッチの入札が行われ、亀田興毅率いる3150FIGHTが300,010ドル(約4600万円)を提示し、ロドリゲスを擁するフレッシュ・プロダクションズ・ボクシングが提示した250,000ドル(約3800万円)を抑えて興行権を落札した。ファイトマネーは、王者のロドリゲスが落札額の65%にあたる195,006ドル(約3000万円)、挑戦者の西田が35%にあたる105,003ドル(約1600万円)を受け取ることになった[12]

2024年5月4日、エディオンアリーナ大阪第1競技場で行われた「LUSHBOMU vol.3 feat.3150FIGHT」で、IBF世界バンタム級王者のエマヌエル・ロドリゲスに挑戦し、4回にロドリゲスからダウンを奪い、12回3-0(115-112×2、117-110)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[13]。六島ジムの世界王者は名城信男に次いで2人目、大阪のジムからの男子世界王者は当時井岡ジム所属だった宮崎亮以来となった。

2024年5月5日、六島ジムで一夜明け会見を行い、六島ジムの枝川孝会長は西田が減量苦を理由に王座を返上した上でスーパーバンタム級へ転向する可能性を示唆した[14]

人物・エピソード[編集]

  • 2023年3月10日、大学の同級生で全日本女子選手権3連覇の元アマチュアボクサーである河野沙捺と入籍[15]。2024年3月27日、女児が誕生[16]

戦績[編集]

  • プロボクシング:9戦 9勝 (1KO) 無敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2019年10月3日 1R 2:01 TKO サコン・ケークン タイ王国の旗 タイ プロデビュー戦
2 2019年12月22日 6R 判定3-0 パブリト・カナダ フィリピンの旗 フィリピン
3 2020年12月19日 8R 判定3-0 大森将平(ウォズ) 日本の旗 日本
4 2021年4月24日 12R 判定3-0 比嘉大吾(Ambition) 日本の旗 日本 WBOアジアパシフィックバンタム級タイトルマッチ
5 2021年12月19日 12R 判定3-0 大橋哲朗(真正) 日本の旗 日本 WBOアジアパシフィック防衛1
6 2022年10月9日 10R 判定3-0 アルジュム・ペレシオ フィリピンの旗 フィリピン WBOアジアパシフィック防衛2
7 2023年4月1日 12R 判定3-0 ソンセン・ポーヤム タイ王国の旗 タイ WBOアジアパシフィック防衛3
8 2023年8月11日 12R 判定3-0 クリスチャン・ヒメネス メキシコの旗 メキシコ IBF世界バンタム級挑戦者決定戦
9 2024年5月4日 12R 判定3-0 エマヌエル・ロドリゲス プエルトリコの旗 プエルトリコ IBF世界バンタム級タイトルマッチ
テンプレート

獲得タイトル[編集]

アマチュア
プロ
  • WBOアジアパシフィックバンタム級王座(防衛3=返上)
  • IBF世界バンタム級王座(防衛0)

脚注[編集]

  1. ^ 比嘉の強打は脚で封じる!元陸上部西田凌佑が金星へ 日刊スポーツ
  2. ^ 第69回国体 少年の部決勝 せりしゅんや的アマボク通信
  3. ^ 比嘉大吾を下した西田凌佑 12.19 WBOアジアパシフィック王座初防衛戦 Boxing News(ボクシングニュース)2021年10月7日
  4. ^ 2019年10月試合結果 日本ボクシングコミッション
  5. ^ 元王者の久高寛之 新鋭大橋哲朗に2-1勝ち 大森将平は敗れる、3戦目の西田凌佑が殊勲 Boxing News(ボクシングニュース) 2020年12月19日
  6. ^ 元世界王者の比嘉大吾まさかの完敗 プロ4戦目の西田凌佑が金星 Boxing News(ボクシングニュース) 2021年4月24日
  7. ^ 西田凌佑、比嘉大吾に判定勝ち 日本男子最速のプロ4戦目で地域王座獲得/BOX サンスポ 2021年4月24日
  8. ^ 【ボクシング】西田凌佑が大橋哲朗に大差3-0判定で初防衛 bbmスポーツ 2021年12月20日
  9. ^ 当初は12回戦で実施予定だったがフィリピンコミッション側からペレシオについて12回戦を行う資格がないとの連絡があったため変更。
  10. ^ 西田凌佑が完封勝ちでWBO・AP王座防衛 アマ2冠の元警察官 井上彪はデビュー戦飾る Boxing News(ボクシングニュース) 2022年10月9日
  11. ^ 西田凌佑がWBO・APバンタム級V3 原優奈は日本S・フェザー級新王者 中島玲が日本S・ウェルター級暫定王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース)2023年4月2日
  12. ^ Emmanuel Rodriguez-Ryosuke Nishida: Kameda Promotions Wins Purse Bid For IBF Title Fight”. Boxing Scene.com (2024年1月30日). 2024年4月16日閲覧。
  13. ^ 【IBFバンタム級 西田凌佑が新チャンピオンに 初めての世界戦で”. NHK (2024年5月4日). 2024年5月4日閲覧。
  14. ^ 新王者・西田凌佑が一夜明け会見 「王座返上も選択肢」と枝川会長”. スポニチ (2024年5月5日). 2024年7月13日閲覧。
  15. ^ “WBOアジア王者西田、全日本女子3連覇の河野さんと結婚「世界王者のベルトが見たいと言われている」次戦V3戦、年内にも世界視野”. デイリースポーツ. (2023年3月29日). https://www.daily.co.jp/ring/2023/03/29/0016189603.shtml 
  16. ^ 「浪速のメイウェザー」西田凌佑が世界初挑戦に向け「井上尚弥が理想」中学時は陸上長距離選手”. 日刊スポーツ (2024年4月9日). 2024年4月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
エマヌエル・ロドリゲス
IBF世界バンタム級王者

2024年5月4日 - 現在

次王者
N/A