矢吹正道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
矢吹 正道
基本情報
本名 佐藤 正道
階級 ライトフライ級
身長 165cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1992-07-09) 1992年7月9日(29歳)
出身地 三重県鈴鹿市
スタイルボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 15
勝ち 12
KO勝ち 11
敗け 3
テンプレートを表示

矢吹 正道(やぶき まさみち、本名:佐藤 正道(さとう まさみち)、1992年7月9日 - )は、日本プロボクサー三重県鈴鹿市出身[1]。第43代日本ライトフライ級王者。現WBC世界ライトフライ級王者。緑ボクシングジム所属。かつては薬師寺ボクシングジムに所属していた[2]。登場曲は麻倉未稀の『ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO』。

人物[編集]

弟の力石政法もプロボクサー[3]。リングネームの矢吹あしたのジョーの主人公の名前からとった。

少年時代は、喧嘩、暴走行為に明け暮れて何度も警察の世話になる[4]

三重県立四日市四郷高等学校在学時にインターハイに出場したが、アマチュアで目立った実績は残していない[5]。17歳で父親になる[6]

プロになった19歳の時に自身を鼓舞すべく、右胸に「ヘッドバット」左胸に「大和心」とタトゥーを逆文字で彫った[4]

現在も個人で建築業を営んでいる[4]

来歴[編集]

2016年3月27日のプロデビュー戦は1回TKO勝ち[7]

2016年西日本フライ級新人王として、東軍代表中谷潤人と対戦して4回0-3(38-39、37-39×2)の判定負けで全日本新人王獲得はならず、プロ初黒星[8]

その後2018年9月29日に後楽園ホールWBAライトフライ級9位のダニエル・マテリョンと50.0キロ8回戦を行い、8回1-2(75-78、77-76、74-78)の判定負けで世界ランク入りはならず[9]

そして2019年12月15日に刈谷市産業振興センターあいおいホールで日本ライトフライ級2位の芝力人とチャンピオンカーニバル最強挑戦者決定戦を行い、4回1分53秒TKO勝ちで日本王座への挑戦権獲得[10]

2020年7月26日、刈谷市あいおいホールで日本ライトフライ級2位の佐藤剛と高橋悠斗の引退で空位となった日本ライトフライ級王座を懸けて対戦し、1回2分55秒KO勝ちを収め、王座を獲得した[11]。同年12月26日、刈谷市あいおいホールで日本ライトフライ級1位の大内淳雅と日本ライトフライ級タイトルマッチを行い、10回3-0(100-99、99-91x2)の判定勝ちを収め、王座初防衛に成功[12]

2021年7月21日、日本王座を返上した。

世界王座獲得[編集]

2021年9月22日、京都市体育館でWBC世界ライトフライ級王者の寺地拳四朗と対戦し、10回TKO勝ちを収め世界王座獲得に成功した[4]

獲得タイトル[編集]

  • 2016年度西日本フライ級新人王
  • 2019年度日本ライトフライ級最強挑戦者
  • 第43代日本ライトフライ級王者(防衛1=返上)
  • WBC世界ライトフライ級王座(防衛0)

戦績[編集]

  • プロボクシング - 16戦13勝3敗(12KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2016年3月27日 勝利 2R 2:29 TKO 堀井翔平(トコナメ) 日本の旗 日本 2016年度中日本新人王フライ級予選/プロデビュー戦
2 2016年8月7日 勝利 1R 2:12 TKO 中村潔(KUWANA) 日本の旗 日本 2016年度中日本新人王フライ級決勝
3 2016年11月6日 勝利 1R 1:04 TKO 那須亮祐(グリーンツダ 日本の旗 日本 新人王西軍代表決定戦
4 2016年12月22日 敗北 4R 判定0-3 中谷潤人M.T 日本の旗 日本 2016年度全日本フライ級新人王決定戦
5 2017年3月26日 勝利 1R 0:58 KO キム・カンミン 大韓民国の旗 韓国
6 2017年7月16日 勝利 2R 0:59 TKO 平井雅樹(宮崎ワールド) 日本の旗 日本
7 2017年11月26日 勝利 1R 2:27 TKO 多田雅(TI山形) 日本の旗 日本
8 2018年4月6日 敗北 1R 1:32 TKO ユーリ阿久井政悟倉敷守安 日本の旗 日本
9 2018年6月17日 勝利 2R 1:44 KO ヒルベルト・ペドロサ パナマの旗 パナマ
10 2018年9月29日 敗北 8R 判定1-2 ダニエル・マテリョン  キューバ
11 2019年1月27日 勝利 5R 2:20 TKO ベ・ミンチュル 大韓民国の旗 韓国
12 2019年5月1日 勝利 6R 1:20 TKO 大保龍斗横浜さくら 日本の旗 日本
13 2019年12月15日 勝利 4R 1:53 TKO 芝力人(RK蒲田) 日本の旗 日本 日本ライトフライ級王座挑戦者決定戦
14 2020年7月26日 勝利 1R 2:55 KO 佐藤剛(角海老宝石 日本の旗 日本 日本ライトフライ級王座決定戦
15 2020年12月26日 勝利 8R 判定3-0 大内淳雅(姫路木下 日本の旗 日本 日本王座初防衛
16 2021年9月22日 勝利 10R 2:59 TKO 寺地拳四朗(BMB) 日本の旗 日本 WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
テンプレート

脚注[編集]

  1. ^ DANGAN216 Dangan
  2. ^ 刈谷市で矢吹正道と多田雅が激突 ボクシングモバイル
  3. ^ リングネームは「矢吹&力石」 実在の兄弟ボクサー飛躍 朝日新聞 2018年12月17日
  4. ^ a b c d 補導歴50回超“ヤンキー”矢吹正道、ケンカ上等新王者 拳四朗V9阻止”. 日刊スポーツ (2021年9月22日). 2021年9月22日閲覧。
  5. ^ “初回KOで日本王座獲得の矢吹正道 『あしたのジョー』から命名の本格派が世界を狙う”. ボクシング・ビート. (2020年9月18日). https://boxingnews.jp/news/77423/ 2021年2月18日閲覧。 
  6. ^ 17歳で父になり、コンビニの廃棄弁当を食った「全てをかけていた」 朝日新聞 2021年9月23日
  7. ^ 2016年3月試合結果 日本ボクシングコミッション
  8. ^ 全日本新人王決定戦、MVP吉開右京、技能は福永亮次 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月23日
  9. ^ WBC3位の小浦翼が大差勝ち OPBFミニマム級V3 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年9月29日
  10. ^ 矢吹正道が5度ダウン奪って日本LF級挑戦権獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2019年12月15日
  11. ^ 矢吹正道の強打爆発 初回KOで王座獲得  日本L・フライ級新王者は11勝すべてKO Boxing News(ボクシングニュース)2020年7月26日
  12. ^ 矢吹が初の判定勝ちでV1 日本L・フライ級戦 WBC王者の寺地拳四朗に宣戦布告 Boxing News(ボクシングニュース)2020年12月26日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
高橋悠斗
第43代日本ライトフライ級王者

2020年7月6日 - 2021年7月21日(返上)

次王者
N/A
前王者
寺地拳四朗
WBC世界ライトフライ級王者

2021年9月22日 - 現在

次王者
N/A