田中教仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 教仁
基本情報
階級 ミニマム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1985-02-21) 1985年2月21日(34歳)
出身地 東京都板橋区[1]
スタイル オーソドックス[2]
プロボクシング戦績
総試合数 25
勝ち 18
KO勝ち 10
敗け 7
テンプレートを表示

田中 教仁(たなか のりひと、1985年2月21日 - )は、日本プロボクサー東京都板橋区出身。第30代日本ミニマム級王者。三迫ボクシングジム所属。かつてはドリームボクシングジムに所属していた[3]

来歴[編集]

ボクシングを始めたきっかけは強くなりたかったことから。

2005年3月7日で加藤聖慈とミニマム級4回戦を戦い、3回TKO勝ちでデビュー戦を白星で飾った[4]

その後8連勝して2007年10月31日に後楽園ホール堀川謙一とミニマム級8回戦を戦い、8回1-2(76-77、75-78・78-77)判定負けでプロ初黒星を喫した[5]

2010年9月5日に後楽園ホールで日本ミニマム級1位のブンブン東栄と最強後楽園ミニマム級決勝を行い、1回1分42秒TKO勝ちで日本タイトル挑戦権を獲得した[6]2011年4月2日に後楽園ホールで日本ミニマム級王者八重樫東と日本ミニマム級タイトルマッチを行い、10回0-3(91-100、92-99、91-99)判定負けで日本王座獲得に失敗した[7]

2017年2月、三迫ボクシングジムに移籍[8]。同月9日に5年3か月ぶりの試合でKO勝ちを収めた[9]

そして2018年4月17日に後楽園ホールで行われた「DANGAN211」のメインイベントでOPBF東洋太平洋ミニマム級王者小浦翼とOPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチを行い、5回2分38秒TKO負けを喫して王座獲得に失敗した[10]。同年10月21日に久留米で行われた「最強挑戦者決定戦」で日本ミニマム級1位の榮拓海と戦い、8回2-1(76-75、77-75、74-77)判定勝ちで日本タイトル挑戦権を獲得した[11]

2019年1月12日に後楽園ホールで行われた「DANGAN220」で日本ミニマム級王者小野心と日本ミニマム級タイトルマッチを行い、8回22秒TKO勝ちを収めて日本王座獲得に成功した[12]

獲得タイトル[編集]

  • 2006年度東日本ミニマム級新人王
  • 2010年度日本ミニマム級最強挑戦者
  • 2018年度日本ミニマム級最強挑戦者
  • 第30代日本ミニマム級王座(防衛0)

戦績[編集]

  • プロボクシング - 25戦18勝7敗(10KO)

脚注[編集]

  1. ^ DIAMOND GLOVE_20170219 DANGAN
  2. ^ BoxRecレーティング 【国内/男子】ミニマム級 (47.62 kg以下) BOXINGアンテナ
  3. ^ 【写真】久田 恭裕(横浜さくら)vs田中 教仁(ドリーム)【後篇】 武士道ボクシングⅢ 2010年8月7日
  4. ^ 試合結果 Dream Boxing Gym
  5. ^ 2007年10月試合結果 日本ボクシングコミッション
  6. ^ 【写真】ブンブン東栄(一力)vs田中 教仁(ドリーム)  武士道ボクシングⅢ 2010年9月11日
  7. ^ 2011年4月試合結果 日本ボクシングコミッション
  8. ^ 【ボクシング】チャンピオンカーニバル開幕戦で王座交代!田中教仁が小野心を8回TKOで新チャンピオン ベースボール・マガジン社Web 2019年1月13日
  9. ^ 麻生興一が日本SL級新王者、松山和樹を8回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2017年2月9日
  10. ^ 小浦翼がダウン挽回 5回TKOでOPBFミニマム級V2 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年4月17日
  11. ^ ミニマムはスプリット判定で田中教が挑戦権獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年10月21日
  12. ^ 田中教仁が8回TKO勝ち、日本ミニマム級王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2019年1月12日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
小野心
第29代日本ミニマム級王者

2019年1月12日 - 現在

次王者
N/A