大橋ボクシングジム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社フェニックス・プロモーション
Phoenix Promotion Co. Ltd.,
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1丁目7-12
ハウスプラン横浜ビル
設立 1994年
業種 サービス業
事業内容 ボクシングジムの運営
宅地建物取引
代表者 代表取締役 大橋秀行
外部リンク www.ohashi-gym.com
テンプレートを表示

大橋ボクシングジム(おおはしボクシングジム)は、横浜市神奈川区に所在するプロボクシングジムである。運営は株式会社フェニックス・プロモーション。2002年までは大橋スポーツジムと称していた。

概略[編集]

WBCWBA世界ストロー級王者である大橋秀行現役引退直後に地元横浜で1994年春に設立。

オープンから5年後、大橋会長の横浜高校専修大学ヨネクラジムの後輩松本好二がチーフトレーナーに就任し、さらに5年後の2004年6月28日には地元の横浜アリーナで所属選手である川嶋勝重徳山昌守(当時の所属は金沢)を1RKOで下しWBC世界スーパーフライ級王座を獲得した(年間最高試合)。

月に1回のスパーリング大会、プロテスト合格者によるプレデビュー戦、さらにキッズや女子ボクシングの試合も行っている。特に女子については大橋会長が東日本ボクシング協会会長就任後にボクシング界に働きかけた上で解禁を実現させ、解禁後にはジムで女子選手も抱えるようになった。2012年9月16日には宮尾綾香が敵地大阪で安藤麻里フュチュール)を判定で降しWBA女子世界ライトミニマム級王座を獲得し、ワタナベジムに次いで2例目となる男女世界王者を輩出したジムとなった。

テレビ東京帝拳プロモーションとのタイアップにより複数世界戦を定期的に開催しており、その他にも後楽園ホールで「フェニックスバトル」を主催、横浜文化体育館で(大橋が練習生時代から親交深い)花形進率いる花形ジムとの対抗戦を共催している。なお、「フェニックスバトル」は当初テレビ朝日エキサイトボクシング」で放送されていたが、日テレG+ダイナミックグローブ」枠、2012年10月2日の興行からはTBSガッツファイティング」枠を経て、2013年4月16日の興行はフジテレビEXCITING TIME」で放送され、以降は主に「ダイヤモンドグローブ」で放送。2000年10月以降のフェニックスバトルでは大会最優秀選手に「富久信介杯」が授与されているが、この賞杯は営団日比谷線中目黒駅構内列車脱線衝突事故で死亡した当時17歳の練習生の名前に由来している[1]

2006年11月から2010年2月まで、スポンサーである消費者金融のエイワ本社(横浜市西区平沼)内に豪勢な施設を建て、そこをジムとしていた。

2010年3月1日、エイワの建物から撤退し、同市神奈川区に移転した[2]。大橋の手から離れた旧ジムは「エイワスポーツジム」となり、キックボクシングや空手を教えている。

2013年、パワーピット(当時サラエンタテインメント)と提携[3]

大橋会長は宅地建物取引士の資格を持っており、フェニックス・プロモーションは宅地建物取引業も手がけている。

所属選手[編集]

ジム出身世界王者[編集]

主な現役選手[編集]

  • 八重樫東(元WBA世界ミニマム級王者、WBC世界フライ級王者、IBF世界ライトフライ級王者)
  • 細野悟(元OPBF東洋太平洋フェザー級王者)
  • 翁長吾央(スーパーフライ級世界ランカー、日本王座決定戦2度出場)
  • 岡田誠一(元日本スーパーフェザー級王者)
  • 原隆二(元日本ミニマム級王者、元OPBF東洋太平洋ミニマム級王者)
  • 井上尚弥(WBO世界スーパーフライ級王者、WBC世界ライトフライ級王者、OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者)
  • 井上拓真(OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者)
  • 松本亮(元OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者)
  • 清水聡(フェザー級、ロンドンオリンピックバンタム級銅メダリスト、現OPBF東洋太平洋フェザー級王者)

引退した主な選手[編集]

小説[編集]

落語家桂歌蔵は同ジム最初期の入門者であり、自身の小説『前座修業』にて同ジム初期の姿を生き生きと描いている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]