清水聡 (ボクサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
清水 聡
基本情報
本名 清水 聡
階級 フェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1986-03-13) 1986年3月13日(31歳)
出身地 岡山県の旗 岡山県総社市
プロボクシング戦績
総試合数 2
勝ち 2
KO勝ち 2
敗け 0
テンプレートを表示
清水 聡 Boxing pictogram.svg
個人情報
生誕名 清水 聡
国籍 日本
生誕 (1986-03-13) 1986年3月13日(31歳)[1]
岡山県総社市[2]
身長 179cm[1][3]
リーチ 181cm[4]
体重 56 kg (123 lb)[1]
スポーツ
競技

男子 ボクシング

階級 フェザー級
バンタム級
所属 駒澤大学(2004年4月 - 2009年3月)[5]
自衛隊体育学校(2009年4月 - 2014年3月)[1]
ミキハウス(2014年4月 - )[6]
特徴 サウスポーアウトボクシング[7]
2軸重心同時打撃[8][9]

清水 聡(しみず さとし、1986年3月13日 - )は、日本プロボクサー大橋ボクシングジム所属。2012年ロンドンオリンピックバンタム級銅メダリスト。北京オリンピックフェザー級日本代表。2014年3月まで陸上自衛隊自衛隊体育学校に所属する自衛官で、階級は3等陸尉であったが[10]、2016年のリオデジャネイロオリンピック出場権獲得に向けてAPB(AIBAプロボクシング)への参加を決意したことにともない、2014年4月にミキハウスに入社した[6]。所属 ミキハウス 、マネジメントは競泳の立石諒と同じ GSPR

来歴[編集]

岡山県総社市出身[2]。小学生の時は電子ピアノに熱中し[5]、中学生時代は卓球部に所属していた[4]。これらが「リズム感や動体視力を養うのに役立った」と清水は後に語っている[11]。中学3年生の時、父親の友人・守安竜也が会長を務める倉敷守安ボクシングジムでボクシングを始める。元からサウスポーで、守安によればスピードとコンビネーションに優れ、ボクシングを続けたらいい選手になると思ったという[12]。この頃から五輪出場を目指していた[13]

その後、関西高等学校から駒澤大学経営学部経営学科に進学。2004年の彩の国まごころ国体と2007年の全日本選手権(技能賞も獲得)、秋田わか杉国体で優勝。2005年と2007年に世界ボクシング選手権へ出場。2008年北京オリンピックアジア予選を2位で勝ち抜き、フェザー級の出場権を獲得した[14]

北京オリンピック[編集]

北京オリンピックではシード選手として8月15日の2回戦から出場し[15]、そこで前年度世界選手権3位の初戦(2回戦)ヤクプ・キリクトルコ)に判定負。キリクは準決勝で結果的に同優勝者で翌年も2009年世界ボクシング選手権大会制覇し同階級廃止後はライト級2011年世界ボクシング選手権大会ロンドンオリンピック (2012年) におけるボクシング競技制するワシル・ロマチェンコウクライナ)に判定負。このキリク戦採点は清水にとって納得のいくものではなかったが[8][16]、そこでの経験は自信にもつながった[17]。2008年度プロ・アマチュア年間表彰選手選考会でアマチュア部門の優秀選手賞に選出された[18]

高校卒業時から何度かプロ転向を勧められ、破格の金額を提示されたことも世界戦を組むからと言われたこともあるが[13]、「プロのチャンピオンベルトよりメダルの方が何倍も価値がある」との自負心から[4]、アマチュアボクシングを続けてオリンピックに再挑戦することを決意した[19]

2009年4月、陸上自衛隊に入隊。翌5月、ハバロフスク開催のコンスタンチン記念大会ではフェザー級でセルゲイ・ボドピャノフ2007年世界選手権バンタム級金メダリスト・2009年世界選手権フェザー級銀メダリスト)に敗れ、銅メダルを獲得[20][21]珠海開催のアジア選手権でも同級銅メダリストとなった[14][22][21]。同年のトキめき新潟国体には図らずもライト級で出場することになったが[23]、僅差で決勝を制し[24][25]、2004年のバンタム級優勝[26]、2007年のフェザー級優勝(5試合すべてRSC勝利)[27]と合わせて、この大会の3階級制覇を成し遂げた。この大会において、岡山県はボクシングで初の競技別天皇杯を獲得[28][21]。同年11月22日、第79回全日本選手権フェザー級で優勝を収め、技能賞も獲得した。

2010年1月、度重なる脱臼に悩まされてきた左肩を手術[9]。同年のゆめ半島千葉国体中国ブロック大会にライト級で出場し、全RSC勝ちを収めた[29]。しかし、オリンピックでは女子ボクシングが種目に加わった影響で、次の大会からは清水が主戦場としていた男子のフェザー級が廃止となることが決まり[19]、AIBA(国際ボクシング協会) では2010年9月からすべての関連大会をフェザー級をなくした階級制で行うことになった[30]。そのため清水は国体の中国ブロック大会の1週間後にはアジア競技大会にバンタム級で出場したが[8]、準々決勝で敗退した[14]

2012年4月12日、カザフスタンアスタナで行われたアジア選手権で、清水はバンタム級で出場し、2009年の同大会でのフェザー級銅メダルに続き[14][2]、再び銅メダルを獲得した。この結果、同じく自衛隊須佐勝明と共に、ロンドンオリンピックの出場が決定した[31]。五輪ボクシング競技において2大会連続で日本代表となったのは6人目である[32](過去に石丸利人黒岩守東悟三浦国宏辻本和正[33]

ロンドンオリンピック[編集]

2012年のロンドンオリンピックでは7月28日の1回戦から出場[15]ガーナのアイザック・ドグボエを判定で下し、勝利した。オリンピックの男子ボクシング日本勢において、シドニーオリンピック以来12年ぶりの白星となった[34]

8月1日の2回戦では、アゼルバイジャンのマゴメド・アブドゥルハミドフと対戦した。アブドゥルハミドフは6度キャンバスに倒れたが[映像 1]、レフェリーは一度もカウントを取らないという物議を醸す判定であり、清水は判定を不服として抗議した[35]。この抗議はAIBAに認められ、判定を覆して清水はRSCでの勝利となった。この勝利により、清水は日本代表として24年ぶりにベスト8に進出した[36]。レフェリーはトルクメニスタン人であり、技術委員会で処分が検討され[37]、検討の結果、国際アマチュアボクシング協会は、このトルクメニスタン人のレフェリーをロンドンオリンピックから直ちに追放する処分を発表した。なお、イギリスBBCは2011年、国際アマチュアボクシング協会が、アゼルバイジャンに金メダル2個を保証する見返りに1000万ドル(約7億8000万円)の貸し付けを受けたとの買収疑惑を報じている。これに対して国際アマチュアボクシング協会は事実無根としていた[38]。この試合のハイライト動画はNHKのウェブサイトで8月13日頃までに7万件近いアクセス数を記録した[39]

8月5日の準々決勝では、アルジェリアのモハメドアミン・ウアダヒと対戦した。清水は17-15の判定でウアダヒを破り、準決勝への進出を決めた。なお、オリンピックのボクシング競技では3位決定戦を行わないため、この時点で銅メダル以上が確定した。

8月10日の準決勝ではイギリスのルーク・キャンベルに11-20で敗れ、銅メダルが確定した。キャンベルはこの大会で金メダルを獲得[40]。オリンピックの男子ボクシングにおける日本選手のメダル獲得は、メキシコシティオリンピック(1968年)の森岡栄治以来、44年ぶりである[41]。このメダル獲得により総社市初の市民栄誉賞などを受け[42]、8月30日に埼玉県から彩の国功労賞を受賞、9月14日には同市で祝賀パレードを行った[43]

将来的には後進の育成などを考えているが[44]、大会後の活動についてはルール変更などの情勢を見ながら決め[45]、現役続行の場合にはライト級に転向する可能性があることも示唆した[46]。尻上がりに調子が上がる性質のため、ロンドン五輪では準決勝が最も動きがよかったと振り返る一方で[47]、長期の減量のために準決勝では体力的に限界だったことも明かしている[17]

ロンドン五輪銅メダル紛失事件[編集]

2013年3月24日に東京都内でイベントに参加した後、ロンドン五輪で獲得した銅メダルを紛失。原宿警察署は4月2日に遺失届、同月4日には盗難の被害届を受理した。過去には1964年東京五輪レスリング金メダリストの吉田義勝、1988年ソウル五輪レスリング金メダリストの小林孝至がメダルを紛失しているが、いずれも数日以内に発見されていた[48]

2013年7月、大津市長の越直美を表敬訪問した際には、2016年のリオデジャネイロオリンピックでもメダル獲得を目指す意向を表明した[49]。しかし、ロンドン五輪で清水とともにボクシング競技メダリストとなった村田諒太がプロに転出したため、清水はこの後「アマチュアボクシングの顔」として東京五輪招致活動や東日本大震災の被災地訪問などで多忙な日々を過ごした[50]。紛失したメダルは翌2014年になっても戻らず、清水は同年4月に「失くしたメダルを取り戻せれば」と、日本人選手として初めてボクシングでオリンピック2大会連続でのメダル獲得を目指すことを改めて発表した[51]

メダルの発見[編集]

2016年1月18日、フジテレビの「すぽると!GOLD」に出演し、紛失していた銅メダルを自宅で発見した事を報告すると共に久々に公の場で披露した。メダルが見つかったのは10日前の同年1月8日で、上述のイベントから帰宅後、無意識に衣装ケースへ入れた事を完全に忘れていたといい、発見した瞬間「やばい…」とケースの蓋を一旦閉めたという。番組内では「応援して下さるファンや関係者の皆様、無事メダルが見つかりました。大変お恥ずかしい…ご心配お掛けしました」と謝罪しつつ、「次はもっといい色のメダルを獲って恩返ししたい」と8月開催のリオデジャネイロオリンピックに向けての決意を新たにした[52][53]。また、9日に盗難届けを取り下げ、イベント会場だった東京体育館には謝罪したという[54]

AIBAプロボクシング[編集]

その2014年4月3日、同時にAIBAからのオファーに応じ、五輪出場権を獲得する上で不利にならないようにAPB(AIBAプロボクシング)への参加を決心し、4月下旬には日本人選手として初めてAPBと正式契約を交わすことになった[55]。APBには各階級8選手が参加。各階級から2人が五輪出場権を獲得できる[56]。APBからは契約金やファイトマネーを受け取ることになるが[55]、これは自衛隊体育学校の規則に反するため、3月末日付で同校を離れ、4月1日付でミキハウスに入社した[6]。これにともない、練習拠点を母校の駒澤大学などに移した[57]。APBでの規定ラウンド数(6回、8回、12回)に対応するための準備期間を設け、清水は夏以降に出場する[58]

2014年4月5日、ロンドン五輪以来1年8か月ぶりの公式試合として[59]味の素ナショナルトレーニングセンターで開催された2014年アジア競技大会の日本代表選考会にライト級で出場し、同級の代表選手に選出された。APBにはバンタム級での出場を予定しているが、アジア大会にはライト級で出場することになった[60]

2014年11月、出場を表明していたAPBの試合を欠場したことでAIBAから1年間の出場停止処分を科された[61]

リオ五輪予選代表選考会、プロ転向[編集]

2016年1月26日、リオ五輪アジア・オセアニア地区予選(3月、中国)の代表選考会で成松大介(自衛隊)と対戦し、0-2の判定負けを喫して補欠に回ることになり、自力での五輪出場はなくなった[61]

この敗退をきっかけにプロ転向を決断し、大橋ボクシングジムに所属することとなった[62]

人物[編集]

駒澤大学進学後に全日本選手権で初の全国制覇を成し遂げると母校愛を強め、同大学初の現役五輪選手になるために留年することを選び、その所属選手として北京五輪に出場した[5]。北京五輪では納得のいかない判定で敗退したが[8]、4年後の2012年、ロンドン五輪で銅メダルを獲得。駒澤大学出身者として初の五輪個人競技メダリストとなった[63]

このメダルは五輪ボクシング競技で日本代表として44年ぶりの獲得メダルとなり、コーチの樋山茂からは「チームのムードメーカーとして先陣切って、よくやってくれた」[64]、また日本アマチュアボクシング連盟(現・日本ボクシング連盟)会長の山根明からは「生まれ変わっても、こんな思いはできない」「精いっぱい頑張っていた」と健闘を讃えられた[65]

同大会で金メダルを獲得した村田諒太とは2004年からナショナルチームで合宿や練習をともにしてきた[映像 2]。2人は北京五輪代表の川内将嗣とも同期である[66]

受賞歴[編集]

  • プロ・アマチュア年間表彰
    • 2008年アマチュアボクシング部門 優秀選手賞[18]
    • 2009年アマチュアボクシング部門 優秀選手賞[67]
    • 2010年アマチュアボクシング部門 技能賞[68]
    • 2012年アマチュアボクシング部門 優秀選手賞[69]
  • 総社市市民栄誉賞(2012年) [42]
  • 岡山県県民栄誉賞(2012年)[70]
  • 岡山県スポーツ特別顕賞(2012年)[70]
  • 彩の国スポーツ功労賞(2012年)[71]
  • 人見絹枝スポーツ顕彰 特別スポーツ栄誉賞(2012年)[72]
  • OHKスポーツ功労者賞 特別賞(2012年)[21]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ロンドンオリンピック2012 清水 聡(ボクシング)プロフィール”. 日本オリンピック委員会 (2012年). 2012年8月2日閲覧。
  2. ^ a b c 防衛省・自衛隊:自衛隊岡山地方協力本部”. 自衛隊岡山地方協力本部 (2012年). 2012年8月2日閲覧。
  3. ^ AIBA(国際ボクシング協会)によるAIBA関連の詳細な試合結果 (英語)
  4. ^ a b c “清水、44年ぶりメダル確定「日本人は強いんだ」…ボクシング”. スポーツ報知. (2012年8月7日). オリジナル2012年10月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121005050424/http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20120806-OHT1T00256.htm 2012年9月21日閲覧。 
  5. ^ a b c “清水、地元・英国選手に逆転ならず 完敗で銅メダル…ボクシング”. スポーツ報知. (2012年8月11日). http://web.archive.org/web/20120811000444/http://hochi.yomiuri.co.jp/london2012/etc/news/20120811-OHT1T00048.htm 2012年9月21日閲覧。 
  6. ^ a b c 清水、なくしたメダル“取り戻す”リオへ意欲”. サンケイスポーツ. p. 2 (2014年4月3日). 2014年4月12日閲覧。
  7. ^ 駒大ボクシング部OB 清水聡選手 オリンピックで銅メダル!!”. 駒澤大学教育後援会 (2012年8月10日). 2014年4月13日閲覧。
  8. ^ a b c d 自衛隊体育学校アスリートのドラマ 第48話 予想を裏切り続ける清水聡のスイッチ”. 自衛隊体育学校web (2010年). 2012年8月29日閲覧。
  9. ^ a b 自衛隊体育学校アスリートのドラマ 第72話 “非体育会系”ボクサーの強さの秘密は「異質」 清水聡”. 自衛隊体育学校web (2012年8月). 2012年8月28日閲覧。
  10. ^ “「感動と勇気を与えてください」田中大臣防衛省でロンドン五輪出場内定自衛官を激励・見送り”. 自衛隊ニュース. http://www.boueinews.com/news/2012/20120601_3.html 2012年6月27日閲覧。 
  11. ^ 上田融 (2012年9月20日). “努力の大切さ訴える ロンドン五輪ボクシング銅 清水選手、小学校で”. 東京新聞. オリジナル2012年10月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121012100506/http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20120920/CK2012092002000134.html 2012年9月21日閲覧。 
  12. ^ 小林一彦 (2012年8月6日). “五輪ボクシング:清水、きっかけはバラエティー番組”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/sports/news/20120806k0000e050220000c.html 2012年8月9日閲覧。 
  13. ^ a b “清水 48年ぶり金狙う! アフリカ王者下しメダル確定”. スポーツニッポン. (2012年8月7日). http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/08/07/kiji/K20120807003849971.html 2012年8月9日閲覧。 
  14. ^ a b c d ASBC(アジアボクシング連盟)による主な試合結果 (英語)
  15. ^ a b Sports-Reference.com によるオリンピックでの試合結果 (英語)
  16. ^ Ed Odeven (2008年8月16日). “Japan's boxers lose in first round” (英語). ジャパンタイムズ. http://www.japantimes.co.jp/text/so20080816a1.html 2012年8月26日閲覧。 
  17. ^ a b “五輪男子ボクシング 「銅」の清水選手に聞く 岡山”. MSN産経ニュース. (2012年9月11日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/120911/oky12091102120002-n1.htm 2012年9月14日閲覧。 
  18. ^ a b 2008年度年間優秀選手表彰式開催”. 日本ボクシングコミッション (2009年1月). 2012年8月15日閲覧。
  19. ^ a b “通じた「2度目」への思い=清水、44年ぶりの偉業-ボクシング〔五輪・ボクシング〕”. 時事通信. (2012年8月6日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012080600260 2012年8月9日閲覧。 
  20. ^ 善理俊哉 (2009年). “ロシアから帰還 清水聡”. せりしゅんや的アマボク通信. 2013年3月6日閲覧。
  21. ^ a b c d 平成24年OHKスポーツ功労者賞特別賞 岡山”. 岡山放送 (2012年). 2013年3月6日閲覧。
  22. ^ AIBA(国際ボクシング協会)による主な試合結果 (英語)
  23. ^ 清水聡 (2009年9月30日). “新潟国体が、はーじまーるよー!”. 北京五輪男子ボクシング代表選手のブログ. 2012年8月28日閲覧。
  24. ^ 第64回国民体育大会ボクシング競技会 対戦結果表”. トキめき新潟国体加茂市実行委員会. p. 12 (2009年10月6日). 2012年8月28日閲覧。
  25. ^ チーム駒大、国体で優勝ラッシュ!”. 駒大スポーツ コマスポ (2009年10月6日). 2012年8月28日閲覧。
  26. ^ 埼玉・彩の国まごころ国体(秋季大会)ボクシング競技・5日目”. 駒大スポーツ コマスポ (2004年10月29日). 2012年8月28日閲覧。
  27. ^ 清水3年ぶりの国体優勝!”. 駒大スポーツ コマスポ (2007年10月8日). 2012年8月28日閲覧。
  28. ^ “新潟国体を振り返って”. 山陽新聞. (2009年10月7日). http://svr.sanyo.oni.co.jp/feature/sports/other/2009/10/07/20091007102035.html 2013年3月6日閲覧。 
  29. ^ 第65回国民体育大会中国ブロック大会 ボクシング競技 競技結果”. 公益財団法人 広島県体育協会 (2010年). 2012年8月28日閲覧。
  30. ^ “AIBA drops Featherweight division” (英語). New Vision. (2009年9月11日). http://www.newvision.co.ug/D/8/30/694322 2012年8月29日閲覧。 
  31. ^ ロンドン五輪 期待の星 オリンピックへカウントダウン”. 自衛隊ニュース (2012年5月15日). 2014年4月12日閲覧。
  32. ^ 小園あずさ (2012年7月16日). “【迷彩服のアスリートに迫る】 (2) ボクシングバンタム級 肩の手術乗り越えた清水聡、日本代表の「誇り」胸に2大会連続の五輪へ”. MSN産経ニュース. p. 1. 2012年9月17日閲覧。
  33. ^ 過去の日本代表五輪出場選手成績一覧表”. 大田区アマチュアボクシング連盟ホームページ (2008年2月23日). 2012年9月17日閲覧。
  34. ^ “清水が逆転初戦突破!日本勢12年ぶり白星…男子バンタム級”. スポーツ報知. (2012年7月30日). http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/sports/article/news/20120730-OHO1T00128.htm 
  35. ^ “提訴認め、清水の勝利に 国際ボクシング連盟”. サンケイスポーツ. 共同通信. (2012年8月2日). http://www.sanspo.com/london2012/news/20120802/box12080212360002-n1.html 
  36. ^ “ダウン3度認め、清水がRSC勝ち”. 日刊スポーツ. (2012年8月2日). http://london2012.nikkansports.com/boxing/news/f-sp-tp0-20120802-993939.html 
  37. ^ “判定に日本抗議、覆り準々決勝に…ボクシング”. 読売新聞. (2012年8月2日). http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2012/news/martialarts/boxing/1/20120802-OYT1T00901.htm 
  38. ^ “「疑惑の判定」レフェリー追放処分…買収報道も”. 読売新聞. (2012年8月3日). http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2012/news/martialarts/boxing/1/20120803-OYT1T00335.htm 
  39. ^ 織田淳嗣 (2012年8月26日). “「ネットで五輪」アクセス4億 日本人以外、マイナー競技にも注目”. SankeiBiz. 2012年8月26日閲覧。
  40. ^ “村田、48年ぶり金=1点差の接戦制す-ボクシング〔五輪・ボクシング〕”. 時事通信. (2012年8月12日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201208/2012081200040 2012年8月28日閲覧。 
  41. ^ “清水4強、44年ぶりメダル確定”. 時事通信. (2012年8月6日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012080600066 
  42. ^ a b 石井尚、小林一彦 (2012年8月12日). “ロンドン五輪:おめでとう銅メダル 総社出身・ボクシングの清水選手”. 毎日新聞岡山版. http://mainichi.jp/area/okayama/news/20120812ddlk33050265000c.html 2012年8月15日閲覧。 
  43. ^ “ボクシング銅メダルの清水、地元でパレード”. サンケイスポーツ. 共同通信. (2012年9月14日). http://www.sanspo.com/sports/news/20120914/box12091412520002-n1.html 2012年9月14日閲覧。 
  44. ^ “ロンドン「銅」清水は進退保留…プロ転向は否定”. スポーツ報知大阪版. (2012年8月27日). http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/sports/article/news/20120827-OHO1T00105.htm 2012年9月14日閲覧。 
  45. ^ “清水、村田の言動「コロコロ変わる」”. デイリースポーツ. (2012年8月31日). http://www.daily.co.jp/olympic/2012/08/31/0005342978.shtml 2012年9月1日閲覧。 
  46. ^ “清水ライト級転向も…ハンド開幕戦始球式”. スポーツ報知大阪版. (2012年9月2日). http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/sports/article/news/20120902-OHO1T00113.htm 2012年9月14日閲覧。 
  47. ^ “清水、決勝に進めず銅メダル確定 「ホッとしたけど悔しい」”. スポーツナビ. (2012年8月10日). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20120810-00000044-spnavi-spo.html 2012年8月10日閲覧。 
  48. ^ “ロンドン銅の清水がメダル紛失? 盗難?”. 日刊スポーツ. (2013年4月9日). http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20130409-1109817.html 2013年5月11日閲覧。 
  49. ^ “五輪メダルに大津市長「重い」”. 読売新聞. (2013年7月10日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shiga/news/20130709-OYT8T01544.htm 2013年7月10日閲覧。 
  50. ^ 五輪銅メダルの清水が現役継続宣言!”. Boxing News (2014年2月14日). 2014年4月12日閲覧。
  51. ^ 清水、なくしたメダル“取り戻す”リオへ意欲”. サンケイスポーツ. p. 3 (2014年4月3日). 2014年4月12日閲覧。
  52. ^ 清水聡、紛失していたロンドン五輪の銅メダル発見”. 日刊スポーツ (2016年1月18日). 2016年1月19日閲覧。
  53. ^ 清水聡 紛失ロンドン五輪メダル発見「恥ずかしい」”. 日刊スポーツ (2015年1月19日). 2016年1月20日閲覧。
  54. ^ “清水聡 失くした銅メダル発見で謝罪「ご迷惑をお掛けしました」”. スポニチ Sponichi Annex. (2016年1月19日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2016/01/19/kiji/K20160119011883920.html 
  55. ^ a b 「五輪出場の近道、APBに参加します」清水聡会見”. Boxing News (2014年4月4日). 2014年4月12日閲覧。
  56. ^ アマ側が立ち上げたプロボクシング組織APB”. サンケイスポーツ. p. 2 (2014年4月11日). 2014年4月13日閲覧。
  57. ^ ロンドン五輪銅の清水がリオへ復帰会見”. 日刊スポーツ (2014年4月3日). 2014年4月12日閲覧。
  58. ^ ロンドン銅清水、五輪へプロになる”. 日刊スポーツ (2014年4月4日). 2014年4月12日閲覧。
  59. ^ 清水はライト級で出場 4月5日にアジア大会代表選考”. Boxing News (2014年3月19日). 2014年4月12日閲覧。
  60. ^ 清水がライト級で出場 アジア大会代表選考会”. Boxing News (2014年4月6日). 2014年4月12日閲覧。
  61. ^ a b “清水 リオ自力切符消えた…五輪代表選考会で流血判定負け”. スポニチ Sponichi Annex. (2016年1月1日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2016/01/26/kiji/K20160126011922480.html 
  62. ^ ロンドン銅の清水聡プロ転向「2年以内に世界王者」 日刊スポーツ 2016年7月5日
  63. ^ “ロンドン五輪銅メダル祝賀会 清水「みんなで取ったもの」”. スポーツニッポン. (2012年10月28日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2012/10/28/kiji/K20121028004432390.html 2012年10月28日閲覧。 
  64. ^ 佐藤隆志 (2012年8月11日). “清水銅! 準決は大差判定負け”. 日刊スポーツ. http://london2012.nikkansports.com/boxing/news/p-sp-tp0-20120811-998843.html 2012年8月19日閲覧。 
  65. ^ “44年ぶり快挙「胸いっぱい」=恩師ら銅に感涙-ボクシング清水”. 時事通信. (2012年8月11日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201208/2012081100004 2012年8月19日閲覧。 
  66. ^ “同期の清水、超緊張の村田に「負けてこいよ」”. スポーツ報知. (2012年8月13日). オリジナル2012年10月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121011033825/http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20120813-OHT1T00022.htm 2012年8月19日閲覧。 
  67. ^ 長谷川が2年連続MVP 最高試合は西岡×ゴンサレス戦”. ボクシングニュース「Box-on!」 (2010年1月6日). 2012年8月15日閲覧。
  68. ^ 2010年度年間優秀選手表彰式”. 日本ボクシングコミッション (2011年2月25日). 2012年8月15日閲覧。
  69. ^ 2012年間表彰 アマMVPは村田諒太”. ボクシングニュース「Box-on!」 (2013年1月7日). 2013年3月6日閲覧。
  70. ^ a b 清水聡選手の県民栄誉賞ならびにスポーツ特別顕賞授与式”. 岡山県ホームページ (2012年9月12日). 2012年9月14日閲覧。
  71. ^ “虎党・清水、低迷の虎にカツ入れる!”. デイリースポーツ: pp. 1–2. (2012年8月31日). http://www.daily.co.jp/olympic/2012/08/31/0005342972.shtml 2012年9月1日閲覧。 
  72. ^ “第12回岡山市人見絹枝スポーツ顕彰表彰式”. 岡山市. (2012年9月). http://www.city.okayama.jp/shiseidiary/shisei_01598.html 2012年10月28日閲覧。 

映像資料[編集]

  1. ^ (英語) Boxing Men's Bantam (56kg) Round of 16 Replay - London 2012 Olympic Games (試合全容). IOC(国際オリンピック委員会)の公式YouTubeチャンネル.. (2012年8月1日). 該当時間: 51:44. http://www.youtube.com/watch?v=O9gauFnqWgI 2012年8月19日閲覧。 
  2. ^ 【メダリスト映像第22回:ボクシング 清水聡選手&村田諒太選手】. 2020オリンピック・パラリンピック招致委員会の公式YouTubeチャンネル.. (2012年8月12日). 該当時間: 0:58. http://www.youtube.com/watch?v=mrUP7ILaq0s 2012年8月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]