須佐勝明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
須佐 勝明 Boxing pictogram.svg
個人情報
生誕名 須佐 勝明
国籍 日本
生誕 (1984-09-13) 1984年9月13日(34歳)[1]
福島県会津若松市[2]
身長 163 cm (5 ft 4 in)[1]
体重 52 kg (115 lb)[1]
スポーツ
競技

男子 ボクシング

階級 フライ級[1]
所属 自衛隊体育学校[1]

須佐 勝明(すさ かつあき、1984年9月13日 - )は、日本のアマチュアボクシング選手。福島県会津若松市出身[2]2012年ロンドンオリンピックフライ級日本代表[1]陸上自衛隊に勤務する自衛官で、階級は1等陸尉。

来歴[編集]

会津工業高校から東洋大学に進み、2005年の全日本選手権バンタム級で初優勝[3]2006年のアジア競技大会では1階級下のフライ級で銅メダル獲得。卒業後はプロからの誘いを受けるが、オリンピックを目指すためにアマチュア選手としてボクシングを続けることを決めた。

2007年(平成19年)4月、陸上自衛隊に入隊し、自衛隊体育学校に進む。

2007年世界選手権に出場するも16位に終わり、翌年の北京オリンピックもアジア予選で敗退して逃した。

その後一度は引退を決めるが、2009年復帰。全日本選手権復活優勝を遂げた。

2010年、カザフスタンプレジデント杯で優勝[3]アジア競技大会で2大会連続銅メダル。

2011年もインドネシア大統領杯で優勝。

2012年4月9日、カザフスタンアスタナで開かれたボクシングのアジア選手権で4強入りし、ロンドンオリンピックの出場権を手に入れた[4]

2012年8月1日、ロンドンオリンピックに出場。1回戦でキューバのロベイシー・ラミレスと対戦し、判定負けを喫した[5][映像 1]。ラミレスはこの大会で金メダルを獲得し[6]、須佐はその後、引退を表明した[7]。なお、同大会のミドル級では大学の1年後輩・村田諒太が金メダル獲得。

人物[編集]

活躍の場はアマチュアでありながら、プロからも一目置かれており、亀田興毅も「海外でもいろんな選手とスパーリングをしたけど、あんなに強いのはおらんかったな」[8]「3ラウンドまでやったら(プロの)世界チャンピオンより強いと思う」[9]と認めるほどの実力である。

受賞歴[編集]

  • プロ・アマチュア年間表彰
    • 2005年アマチュアボクシング部門 敢闘賞[10]
    • 2006年アマチュアボクシング部門 最優秀選手賞[11]
    • 2007年アマチュアボクシング部門 優秀選手賞[12]
    • 2010年アマチュアボクシング部門 最優秀選手賞[13][14]
    • 2011年アマチュアボクシング部門 技能賞[15]
    • 2012年アマチュアボクシング部門 技能賞[16]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f ロンドンオリンピック2012 須佐 勝明(ボクシング)プロフィール”. 日本オリンピック委員会 (2012年). 2012年8月3日閲覧。
  2. ^ a b 選手プロフィール 須佐 勝明 - ロンドンオリンピック特集”. 東洋大学. 2012年7月30日閲覧。
  3. ^ a b 自衛隊体育学校web/ストーリー/ボクシング 須佐勝明 カザフスタン共和国大統領杯”. 自衛隊体育学校. 2012年4月10日閲覧。
  4. ^ “ボクシング須佐が五輪へ アジア予選で4強入り”. スポニチ. (2012年4月9日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2012/04/09/kiji/K20120409003015780.html 
  5. ^ “ボクシングフライ級初戦 須佐が判定負け ロンドン五輪”. 河北新報. (2012年8月1日). http://www.kahoku.co.jp/news/2012/08/20120801t64027.htm 
  6. ^ フライ級はラミレスが金メダル=ボクシング〔五輪・ボクシング〕”. 時事通信社 (2012年8月13日). 2012年8月21日閲覧。
  7. ^ “完全燃焼 五輪ボクシング須佐選手”. 福島放送. (2012年8月1日). http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=2012080114 
  8. ^ 加藤一二三VS須佐勝明 アマトップがひかれた天才棋士 (1/2ページ) SANSPO.COM 2011年12月22日
  9. ^ 亀田興毅「オリンピック!」 2012年4月30日
  10. ^ 長谷川初のMVP”. boxing.jp (2005年12月). 2012年8月15日閲覧。
  11. ^ 2006年度年間優秀選手表彰式開催”. 日本ボクシングコミッション (2007年1月23日). 2012年8月15日閲覧。
  12. ^ 2007年度年間優秀選手表彰式開催”. 日本ボクシングコミッション (2008年1月23日). 2012年8月15日閲覧。
  13. ^ アマMVPは須佐 優秀選手賞は初の女子(新本)”. ボクシングニュース「Box-on!」 (2010年12月28日). 2012年8月15日閲覧。
  14. ^ MVP西岡、須佐ら 2010年の表彰選手集合!!”. ボクシングニュース「Box-on!」 (2011年1月16日). 2012年8月15日閲覧。
  15. ^ 年間優秀選手決定”. 日本ボクシングコミッション (2012年1月6日). 2012年8月15日閲覧。
  16. ^ 2012年間表彰 アマMVPは村田諒太”. ボクシングニュース「Box-on!」 (2013年1月7日). 2013年3月6日閲覧。

映像資料[編集]

  1. ^ (英語) Boxing Men's Fly (52kg) Round of 32 Full Replay -- London 2012 Olympic Games (試合全容). IOC(国際オリンピック委員会)の公式YouTubeチャンネル.. (2012年7月30日). 該当時間: 47:12. http://www.youtube.com/watch?v=lj045JG-_SE 2012年8月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]